19歳女性のナマ告白「私はこうして不倫に落ちました」 #4

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2020-03-23 06:00
投稿日:2020-03-23 06:00
 自動車教習所のS教官(36・既婚)と不倫中の女子大生M子さん(19)。それぞれに妻、同い年の恋人というパートナーがいるにもかかわらず、ついに二人はラブホテルへ。S教官の丁寧なクンニリングスや、「キレイだ」「可愛い」などの甘い囁きに、M子さんは身も心もトロトロに――。
 そして、ついにS教官のペニスが彼女の体内を割り裂いてきた。

第一回目はコチラ
第二回目はコチラ
第三回目はコチラ

ついにその瞬間を迎え…

やっとひとつになれた(写真:iStock)
やっとひとつになれた (写真:iStock)

――ついにS教官のペニスが、M子さんの体に挿入された。詳しく教えて下さい。

「はい……こうしている今も、体が熱くなってしまいます。S先生のモノが私の体を貫いた瞬間、凄まじい快楽の電流が子宮から背筋まで一気に突き抜けたんです。

 正常位ですから、お互いの顔を見つめたまま。表情に滲みでる興奮や欲情、憧れていたS先生とやっとひとつになれた悦びに、めまいがするほどの昂(たかぶ)りを覚えました」

――続けて下さい

「挿入直後、S先生は『痛くない?』と私の体を気づかってくれました。

 私が以前、同い年の恋人とのセックスが苦痛だと相談していたので、いたわりの言葉をかけてくれたんです。

 でも、痛みや苦痛など全く感じないほど私は濡れて、男性器を迎えるに十分な潤いをたたえていました。自分がこれほど濡れるんだと思ったのは、初めてかもしれません。

 相手しだいでセックスは苦痛にも快感にもなるんだって実感しました」

初めてセックスで悦びを感じた

恋人とのセックスは苦痛ばかりだったのに…(写真:iStock)
恋人とのセックスは苦痛ばかりだったのに… (写真:iStock)

――素晴らしい瞬間だったのですね。その後は?

「はい……私はS先生に『痛くないです。もっと奥まで欲しい』と、自ら腰をせりあげてしまったんです。寸分の隙もなく吸いつきあう性器の結合が、さらに深まりました。膣奥までグサリと勃起をねじこまれて……でも、体は驚くほど歓喜の悲鳴をあげているのがわかるんです。熱い粘膜の奥から、さらにジュワ……と愛液が噴きだしていって――。

 先生は『M子の膣内(なか)、キツイ。気持ちいいよ』って、私のひざ裏を抱えたままゆっくりと腰を前後し始めたんです」

――聞いていて、私まで体が火照ってきました。続けて下さい。

「初めは、私のひざ裏を抱えた状態の正常位でした。ズンズンとリズミカルに抜き差しされるペニスの摩擦と圧迫に、私、恥ずかしほど大きな声をあげてしまったんです。『先生、気持ちいい。もっと、もっと』って……。

 だって、恋人とのセックスはいつも痛みと苦痛を強いられてきたんです。それがS先生とのセックスは悦びしか感じない。

 私のあられもないあえぎ声に、S先生もさらに興奮したみたいで、エネルギッシュで力強い胴突きを浴びせられました」

エロコク 新着一覧


強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク
カップルでのお出かけ羞恥プレーにも! 一石三鳥の活躍ぶり
 膣トレが盛んな昨今、グッズも多様化しています。骨盤の内側に張り巡らされた骨盤底筋群を刺激し、鍛えるためのグッズのことで...
桃子 2021-10-03 06:00 エロコク
同性とはいえ不倫…つらいのに彼女のキスは甘美で優しくて
 結婚10年目にして女性と恋に落ちてしまったW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。お相手の女性は、新宿二丁目のレズビ...
蒼井凜花 2021-10-01 06:00 エロコク
ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク