恋人の過激SEX浮気LINEを発見→傷心で向かった先はSMクラブ

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2020-07-31 11:21
投稿日:2020-03-20 06:00
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる傘寿系脳みそ性器は、女の子大好き。ひろしの浮気が発覚し、自暴自棄のわたしのSMバー体験を語ります。

傷心のわたしは俳優Sのいる西麻布のSMバーへ

界隈では有名な「ブラックローズ」(写真:小悪魔ドルチェ寿司)
界隈では有名な「ブラックローズ」 (写真:小悪魔ドルチェ寿司)

【vol.46】

 信じていた男がいとも簡単に浮気をしたことが発覚したことで……しかも、飄々と嘘をつけるパーソナリティということにも悲しみが止まらず、嗚咽しながら指定された西麻布の「ブラックローズ」前でタクシーを降ります。

 雑居ビルの6階へ着くと、その瞬間、むせるような甘い匂いと真っ赤な世界が広がります。

 自暴自棄で、傷心で、四の五の言わずにめちゃくちゃになりたいときに、なんと御誂え向きのステージなんでしょう。

 カウンターで何人かと飲んでいる俳優Sを見つけます。マネジャーさんとその他2人くらい、女子がいないことでなんとなくホッとします。

 合流するときって、最初からいた女子の品定めの目が怖いんですよね。特にこういう風にわたしから「どこかで飲んでないですか~?」なんて聞いて、呼んでもらったときは十中八九、他の面々は初対面のことが多いわけです。なぜなら自分の知り合いを集めた飲み会でなく、とりあえず突然ジョインという立場だから。

 しかも取り繕うことも、気も遣えないこの状況、ただ、異性とアホみたいに酔っ払ってグッチャグチャになりたいだけですからね。

 そんなとき初対面の女子がいた場合、フレンドリーにこちらからどんどん話しかけて、相手のことは根掘り葉掘り聞かず、自分の出自を明らかにして、相手に敵ではないという関係性を築き心を開いてもらって、同席している男性も安心させて、ようやくはじめて、その場での仲間と認めてもらえるまで軽く1時間はかかります。

 女子はそこらへん、本当に厳しいですから。でもそんな気分じゃないわけで、そういうとき、他に女子がいない男子だけの飲み会に合流するのは、最高に気が楽です。特にこんな精神状態のときは……。

突然のロウソクでタラリタラリと洗礼

病みつきになりそう…(写真:iStock)
病みつきになりそう… (写真:iStock)

「お~~! キタキタ!! こっちこっち」

 Sは嬉しそうに手招きをしてくれます。見るからに酔っ払っていて、本当に“ちょうどいい”。こういうちょうどよさって、なかなかないんですよね、途中合流のとき。

 しかも屈託のない心からの笑顔だっていうことが、すぐに、もう手に取るようにわかるトロけるような笑顔なので、わたしも笑顔で駆け寄り、

「突然なのに快く、ありがとうございます! とっても嬉しいです! もうわたし、奢っちゃいますから今日!!!」

 その言葉に、ほかの男性陣も相好を崩します。カウンターでSの隣に座らされると、グラスにオーパスが注がれます。

「ちょっと腕出して」

 と、カウンターの中のお姉さんに言われて腕をカウンターに差し出すと、手のひらをおさえられ、ぶっといロウソクが掲げられます。次の瞬間、ロウソクのロウが腕の内側にタラリタラリと降ってくるのです!

「きゃああああああああああああああああ」

 その反応に、全員大爆笑で、とっても嬉しそう。でもこのSMバーは、ショーが主で、働いているお姉さんたちはみんなプロフェッショナルのダンサーさんたち。しかもここで使われているロウソクのロウは、ビジュアルで見ると死ぬほど熱そうなのですが、一切熱くないロウ。

 気負ってきたけれど、一切背徳感なしのヘルシーSM。四つん這いでお尻を叩かれたり、牢屋に入れられたりしながらも、とりあえず浴びるようにワインを喰らいます。

やっぱり来た! ひろしからの鬼電&LINE

 2時間くらいして、ひろしからの鬼電とLINEが怒涛のように入ってきました。ひろしの浮気相手との過激エロLINEをそのままにしてきたので、わたしが何をしたか、何を知ったか、どうしていないか、すべて分かっている。

「どこにいるのか」

「なにをしているのか」

「電話に出なさい」

「こんなに心配させて、わしを殺す気か」

という脅しLINEから、

「どうしたのですか」

「明日も早いのだから、とりあえず帰ってきなさい」

「週末には軽井沢に一緒に行こうと思っていますよ」

という境界性パーソナリティ障害に近いようなLINEが続々と入ってきます。

 人前で携帯を見ないことを美徳としているわたしは、トイレにいくふりをしてトイレの中ですべてのメッセージを既読にし、携帯の電源を落とすと、扉を開けました。

エロコク 新着一覧


FILM
 あなたは、ラブグッズを使ったことがありますか? 「興味はあるけれど機会がない」「周りにバレたら困る……」と、尻込みして...
FILM
 女性はクリトリスの刺激が大好きです♡  ラブグッズ業界はそのへんをしっかり心得ているので、あの手この手でクリに...
桃子 2020-09-26 06:00 エロコク
FILM
 カラダ目当ての男って、私は嫌いじゃありません。「ヤリ逃げされた」とか「遊ばれた」とか言ってる女子もいるけど、性欲を満た...
FILM
 リモートワーク、リモート飲み会……。リモートという言葉がこんなに使われる日が来るなんて、誰が予想したでしょう。ラブグッ...
桃子 2020-09-20 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 手にした瞬間、ずっしりと重い。「ウィーバイブ ワンド」は私が試してきた数々のラブグッズの中でも最重量級です。  ...
桃子 2020-09-18 12:03 エロコク
FILM
 気持ち良さとは理屈によるものではない、と思われがちです。たしかに、セックスではフィーリングが大事。でも実は、体の仕組み...
桃子 2020-09-07 11:06 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 ツイッター上で、性的な画像や発言などの投稿をくりかえす“裏垢女性”のアカウント。目にする度に「いったい何の目的があって...
大泉りか 2020-09-02 18:00 エロコク
FILM
「骨まで愛して」という懐メロを聴いたことがあります。人には見えない、自分の芯のところまで愛されたいという、情念や執着があ...
桃子 2020-08-29 06:00 エロコク
FILM
 “リモバイ”という言葉が分かるなら、あなたはラブグッズ上級者。この連載でも何度か取り上げてきましたが、リモートバイブ、...
桃子 2020-08-24 15:29 エロコク
FILM
 日々、男女のセックスを書いている官能作家の筆者ですが、実はセックス時、膣内(なか)でイクことができません。  こ...
蒼井凜花 2020-08-18 23:35 エロコク
FILM
 クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”グッズ。大流行となって、一時期は新商品が乱発していました。現...
桃子 2020-08-15 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 学生時代、見た目はふんわりお嬢さま系なのに、大型バイクを乗り回す同級生がいました。その意外性にドキドキしたものです。今...
桃子 2020-08-12 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...