スリルがたまらない?不倫で得られるもの&失われるもの

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-03-29 06:00
投稿日:2020-03-29 06:00
 あなたは、不倫にどんなイメージを持っていますか? 中には、「スリルを味わえる楽しい恋愛」と思っている人もいるかもしれませんね。しかし、不倫とは根本的に人を裏切り傷つけるもの。得られるものもあれば、失うものもあります。その失われるものの大きさを知れば、未然に不倫も防げるかもしれません。

不倫で得られる5つのもの

楽しい時間を過ごすだけの関係?(写真:iStock)
楽しい時間を過ごすだけの関係? (写真:iStock)

 芸能人の不倫スキャンダルが増えている最近。報道を見るたびにドキッとする人もいれば、「許せない」と思う人もいるでしょう。

 当然、不倫は良いことではありません。もちろん、不倫をしている人だって、「良いことをしている」とは思っていないでしょう。では、なぜ不倫をする人は突っ走ってしまうのか、何を得ようとしているのでしょうか?

1. 結婚を考えず、スリルを味わえる恋愛

 不倫をしている人は、不倫を「結婚を考えずに済むから楽な恋愛」と思う傾向にあります。人目を気にしながらのデートは非日常なスリルを味わえますし、楽しい時間を過ごすだけの関係として、不倫相手を理想的な存在だと考える人もいるでしょう。

 しかし、過ごす時間が長くなれば、愛情は大きくなってしまうもの。少しずつ独占欲が湧いてくることで、楽しいだけの恋愛ではなくなってしまいます。

2. 中途半端なパートナー

 ずっとフリーでいると、「一人が寂しい」と思うもの。「誰でも良いから、一緒にいてくれる人がほしい」と、思う人もいるでしょう。

 そんな人にとっての不倫相手は、中途半端な関係でありながらも、一応一緒に過ごすことができるため、寂しさを癒すことができます。

3. 人生経験が増える

 不倫をした人のほとんどは、苦しい思いをしています。なぜなら、遊びのつもりで付き合っていた相手に本気になってしまい、それが叶わないことを知ってしまうから。

 しかし、こういった辛い思いは、不倫関係からしか経験できないものです。切ない思い、後ろめたい思いを抱えながら恋愛を続けていくという経験は、誰もがするものではありません。人生経験の1つとして、後の人生に良くも悪くも影響するでしょう。

4. 人の優しさに気づき、優しくなれる

 不倫中は、さまざまな葛藤をすることになります。相談した友達に励まされたり、怒られたりすることもあるはず。

 苦しい時には、人のありがたみというのが身に染みるものです。そんな経験をすることで、あなた自身も優しくなることができるはずです。

5. 相手を見る目が養われる

 不倫の辛さを経験すると、「もう、二度と不倫はしたくない」と思うものでしょう。人を傷つけ、裏切り、結局自分自身も傷つくわけですから、幸せな恋愛とは言えません。

 しかし、そんな恋愛をしたからこそ、今後、恋愛をする相手を見る目が養われるでしょう。相手の言葉や行動で、どんな人なのかを判断できるようになります。

不倫の代償は大きい! 不倫で失う5つのもの

大切なものを失うことも(写真:iStock)
大切なものを失うことも (写真:iStock)

 不倫で得られるものがある反面、失うものも多くあります。冒頭でもお伝えしましたが、基本的に不倫は人を裏切る行為。誰かを傷つけて得る幸せなんて、あり得ないと思っていた方が良いでしょう。そこで次に、不倫で失うものについてお伝えしていきます。

1. 友達を失うこともある

 普通の恋愛であれば、何か悩んだ時に友達に相談する人も多いはず。仲の良い友達であれば、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

 しかし、不倫の相談となれば、どんなに仲の良い友達であっても快く相談に乗ることはないでしょう。あなたの行動や言葉に呆れ、離れていってしまうかもしれません。

2. 訴えられたらお金も失う

 不倫をしている人の中には、「相手が既婚者」という人もいれば、「どちらも既婚者」という人もいるでしょう。

 そんな人は、不倫がバレることで慰謝料を求められる可能性があります。万が一、それが原因で相手が離婚をするなんてことになれば、多額の慰謝料を請求されるかもしれません。

3. 状況によっては仕事がなくなることも

 不倫相手が、実は「同じ職場の人」という人もいるはず。そんな人は、職場でも相手と会うことができるため、スリルを楽しんでいるかもしれませんね。

 しかし、職場内での不倫の場合、バレれば状況によって地方に飛ばされたり、最悪の場合、契約解除になることも考えられます。

4. あなたが既婚者であれば、家族を失う可能性も

 あなたが既婚者の場合、不倫がバレてしまうと家族を失ってしまうかもしれません。

 あなたにとっては単なる遊びだったかもしれませんが、家族は大きな傷を負うことになります。そして、配偶者だけでなく、お子さんがいる場合には親権を取られてしまい、お子さんとの幸せな日々まで失う可能性があるでしょう。

5. 自分自身への自信喪失

 不倫を楽しんでいる人は、「私に魅力があるから、こういう関係になっているんだ」と、自分を過大評価してしまう人が少なくありません。優越感に浸っている人もいるでしょう。

 しかし、相手は単なる遊び、都合の良い相手としか思っていないかもしれません。万が一、周りにバレれば簡単に切られてしまい、一気に自分自身への自信まで失ってしまうことになるでしょう。

不倫は一時の幸せでしかない! 本当の幸せを見つけよう

本当にそれでいいの?(写真:iStock)
本当にそれでいいの? (写真:iStock)

 不倫をしている人、これから不倫をしようとしている人は、一時の感情で行動するのは避けた方が無難です。不倫から、幸せを見つけることなんてできません。

 万が一、略奪できたとしても、相手は簡単に浮気するような相手です。そんな人を信用することができますか? また同じように浮気し、今度はあなたが捨てられてしまうかもしれません。幸せになりたいと思うのであれば、誰かを傷つけるような恋愛ではなく、祝福される恋愛を見つけましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-28 18:52 ラブ