結婚に見た目は必要?「ラブ・イズ・ブラインド」に学ぶこと

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2020-03-25 06:00
投稿日:2020-03-25 06:00
 コロナの影響で家にこもる時間が急増加! そんなときは、Netflix鑑賞がはかどってしまいますよね。「テラスハウス」をはじめとした恋愛リアリティーショーが大人気のNetflixですが、今期の大本命は、恋愛実験番組「ラブ・イズ・ブラインド」!

外見を一切見ることなく結婚を決められるか

外見を見ることなく、会話だけで結婚を決められるか(写真:iStock)
外見を見ることなく、会話だけで結婚を決められるか (写真:iStock)

「ラブ・イズ・ブラインド」は、集められた男女がお互いの外見を実際に見ることなく、会話だけで相手に対してプロポーズし、結婚を決めることができるか否かを実験するリアリティーショー。

 さまざまな男女が登場し、内容も非常に刺激的。他人の恋愛のやり取りを見るのって楽しいですからね。

 この番組では、実際に外見を一切見ることなく、プロポーズして晴れて婚約するカップルが数多く生まれています。「外見」を排除することで「外見以外の要素」に目を向けなければならなくなるため、相手の内面をより理解した上で相手を選ぶことができるようになる感じがしますね。

 さて、番組の内容も気になりながらも、実際の「婚活」でも役に立ちそうな点が「ラブ・イズ・ブラインド」には数多くあったので、そちらを紹介したいと思います!

恋愛と結婚の最大の違いは「外見」の重要性!?

家事や育児に協力してくれる?(写真:iStock)
家事や育児に協力してくれる? (写真:iStock)

 まずは、この番組の主題にもなっている「外見」の重要性です!

 2回目以降のデートをしたいかどうかを決める要素には、「内面」よりも「外見」が重要であることは、さまざまな心理的な実験からも明らかになっています。

 裏を返せば、どれだけ内面的に魅力がある人に対しても、「外見」というノイズによって多くの人が判断を誤っているということでもあります。

「自分はイケメン好きじゃないから」 という方でも、一緒にいて居心地がいいと感じる理由には、「雰囲気」や「清潔感」といった外面的な部分が影響をしていることが多いのです。

 でも、結婚はこうした「恋愛」における性的な魅力とは異なる資質が必要となります。

 子どもができた時の育児の献身度や、共働きをするときの家事への貢献、相手の立場にたって考えることができるかという思いやり、生活で重視する価値感など、結婚に必要な要素って数多くあり、こうしたものと「外見」とは、全く関係ないですよね。

 つまり、なんとなく「自分は外見を重視しない」と思うだけではなく、「外見より絶対上位に来る条件」を明確に決めてパートナーを選ぼうとしなければ、「外見的魅力」に流されてしまう可能性が高いので注意が必要です。

コミュニケーション能力に騙されないこと

話している内容にも注意(写真:iStock)
話している内容にも注意 (写真:iStock)

 次に落とし穴になりがちなのが「コミュニケーション能力」の高い男性です。 でも、それって外見じゃなく内面のことだし、いいじゃない?って思いますよね。

 実はコミュニケーション能力は2種類あって、自分のことを良く見せるためのものと、相手と話し合うためのものとがあるんです。ここで要注意なのは言うまでもなく、前者の“自分を良く見せるため”のコミュニケーション能力。

「ラブ・イズ・ブラインド」でもこういうコミュニケーション能力抜群の男が出演しておりました。しかしながら、問題はこういうタイプの男性は具体的なことを話さなくても、相手にいい感じの印象を与えるのが非常に得意だということ。

 騙されないためには、話の雰囲気ではなく、話している内容に目を向けるようにしましょう。

結局、外見のタイプってどれくらい大事なの?

破局の原因は「外見」ではない(写真:iStock)
破局の原因は「外見」ではない (写真:iStock)

 さて、「ラブ・イズ・ブライド」は外見を全く見ることなくプロポーズをするわけですが、プロポーズ後に相手の見た目が気に入らなくて、気持ちが冷めちゃうってこともあるんじゃない?って気になりますよね。

 こちらの番組、プロポーズの時点で番組が完結するのではなく、その4週間後に結婚式を挙げるまでが描かれています。つまり、プロポーズから結婚するまでの間で、現実を見てお互いげんなりしたり、喧嘩したり、やっぱり顔が生理的に好きじゃない、とかそういう問題にぶち当たるための時間がしっかり用意されているんです。

 プロポーズでは、実際に6組のカップルが生まれましたが、このうち最後まで想いを貫き真実の愛にたどり着いたカップルは、残念ながら全員ではありませんでした。

 でもですね、この別れの原因の中で「顔が好みじゃない」という理由のカップルは一組もいなかったんです。結局、一度深い関係になってしまえば、外見のタイプって重要度がすごい下がるんでしょうね。それより、結局は性格とか価値観とかお金とか、そんな問題なんですよ、別れの原因になるのって。

 そんな当たり前のことを、改めて再確認できる意味でも大変良い番組だと思います。まだ見てない方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ