結婚に見た目は必要?「ラブ・イズ・ブラインド」に学ぶこと

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2020-03-25 06:00
投稿日:2020-03-25 06:00
 コロナの影響で家にこもる時間が急増加! そんなときは、Netflix鑑賞がはかどってしまいますよね。「テラスハウス」をはじめとした恋愛リアリティーショーが大人気のNetflixですが、今期の大本命は、恋愛実験番組「ラブ・イズ・ブラインド」!

外見を一切見ることなく結婚を決められるか

外見を見ることなく、会話だけで結婚を決められるか(写真:iStock)
外見を見ることなく、会話だけで結婚を決められるか (写真:iStock)

「ラブ・イズ・ブラインド」は、集められた男女がお互いの外見を実際に見ることなく、会話だけで相手に対してプロポーズし、結婚を決めることができるか否かを実験するリアリティーショー。

 さまざまな男女が登場し、内容も非常に刺激的。他人の恋愛のやり取りを見るのって楽しいですからね。

 この番組では、実際に外見を一切見ることなく、プロポーズして晴れて婚約するカップルが数多く生まれています。「外見」を排除することで「外見以外の要素」に目を向けなければならなくなるため、相手の内面をより理解した上で相手を選ぶことができるようになる感じがしますね。

 さて、番組の内容も気になりながらも、実際の「婚活」でも役に立ちそうな点が「ラブ・イズ・ブラインド」には数多くあったので、そちらを紹介したいと思います!

恋愛と結婚の最大の違いは「外見」の重要性!?

家事や育児に協力してくれる?(写真:iStock)
家事や育児に協力してくれる? (写真:iStock)

 まずは、この番組の主題にもなっている「外見」の重要性です!

 2回目以降のデートをしたいかどうかを決める要素には、「内面」よりも「外見」が重要であることは、さまざまな心理的な実験からも明らかになっています。

 裏を返せば、どれだけ内面的に魅力がある人に対しても、「外見」というノイズによって多くの人が判断を誤っているということでもあります。

「自分はイケメン好きじゃないから」 という方でも、一緒にいて居心地がいいと感じる理由には、「雰囲気」や「清潔感」といった外面的な部分が影響をしていることが多いのです。

 でも、結婚はこうした「恋愛」における性的な魅力とは異なる資質が必要となります。

 子どもができた時の育児の献身度や、共働きをするときの家事への貢献、相手の立場にたって考えることができるかという思いやり、生活で重視する価値感など、結婚に必要な要素って数多くあり、こうしたものと「外見」とは、全く関係ないですよね。

 つまり、なんとなく「自分は外見を重視しない」と思うだけではなく、「外見より絶対上位に来る条件」を明確に決めてパートナーを選ぼうとしなければ、「外見的魅力」に流されてしまう可能性が高いので注意が必要です。

コミュニケーション能力に騙されないこと

話している内容にも注意(写真:iStock)
話している内容にも注意 (写真:iStock)

 次に落とし穴になりがちなのが「コミュニケーション能力」の高い男性です。 でも、それって外見じゃなく内面のことだし、いいじゃない?って思いますよね。

 実はコミュニケーション能力は2種類あって、自分のことを良く見せるためのものと、相手と話し合うためのものとがあるんです。ここで要注意なのは言うまでもなく、前者の“自分を良く見せるため”のコミュニケーション能力。

「ラブ・イズ・ブラインド」でもこういうコミュニケーション能力抜群の男が出演しておりました。しかしながら、問題はこういうタイプの男性は具体的なことを話さなくても、相手にいい感じの印象を与えるのが非常に得意だということ。

 騙されないためには、話の雰囲気ではなく、話している内容に目を向けるようにしましょう。

結局、外見のタイプってどれくらい大事なの?

破局の原因は「外見」ではない(写真:iStock)
破局の原因は「外見」ではない (写真:iStock)

 さて、「ラブ・イズ・ブライド」は外見を全く見ることなくプロポーズをするわけですが、プロポーズ後に相手の見た目が気に入らなくて、気持ちが冷めちゃうってこともあるんじゃない?って気になりますよね。

 こちらの番組、プロポーズの時点で番組が完結するのではなく、その4週間後に結婚式を挙げるまでが描かれています。つまり、プロポーズから結婚するまでの間で、現実を見てお互いげんなりしたり、喧嘩したり、やっぱり顔が生理的に好きじゃない、とかそういう問題にぶち当たるための時間がしっかり用意されているんです。

 プロポーズでは、実際に6組のカップルが生まれましたが、このうち最後まで想いを貫き真実の愛にたどり着いたカップルは、残念ながら全員ではありませんでした。

 でもですね、この別れの原因の中で「顔が好みじゃない」という理由のカップルは一組もいなかったんです。結局、一度深い関係になってしまえば、外見のタイプって重要度がすごい下がるんでしょうね。それより、結局は性格とか価値観とかお金とか、そんな問題なんですよ、別れの原因になるのって。

 そんな当たり前のことを、改めて再確認できる意味でも大変良い番組だと思います。まだ見てない方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【女性版】マッチングアプリで「モテ無双」できる写真とは?
 日常生活で「いい出会いがない」と嘆いたり、マッチングアプリは昔やっていたけれど、なかなかマッチしなかったと不満に思う方...
若林杏樹 2020-11-30 06:00 ラブ
気分屋の彼氏と幸せになれる?特徴&上手に付き合うコツ4つ
 気分屋の彼氏と付き合っていると、本当に疲れますよね。日によって言うことが違ったり、機嫌がコロコロ変わったり……。好きな...
恋バナ調査隊 2020-11-30 06:00 ラブ
満月と女性の密接な関係とは? 体や恋愛に与える影響5つ
 昔から、満月と女性の体には深い関わりがあると言われてきました。実際に、満月が女性に与える影響は大きく、体調不良になった...
恋バナ調査隊 2020-11-30 06:00 ラブ
距離を縮めて♡恋愛に発展させる7つのLINEテクニック!
 今や連絡ツールの主流になっているLINE。男女の出会いの多くも、LINE交換から恋愛に発展するケースが多いのではないで...
恋バナ調査隊 2020-11-29 06:00 ラブ
サプライズはもう古い!必ず喜ばれるプレゼント~選びの極意
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。クリスマスシーズンが近づくと、そろそろプレゼントのことを考えますね。頭を悩ま...
山崎世美子 2020-11-28 06:00 ラブ
「彼女は何も悪くないのに」完璧な妻への劣等感に苦悩する夫
「冷酷と激情のあいだvol.22〜女性編〜」では、結婚わずか1年で夫が別人になったと感じている妻・Aさんの嘆きをご紹介し...
並木まき 2020-11-28 06:08 ラブ
向上心はどこへ…究極のヒモ男を掴んだかもしれない妻の苦渋
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-28 06:07 ラブ
好きになりたいのに…未練を断たずに次の恋愛はできるの?
 離婚後にモテ期が到来して二度目の独身を謳歌する人もいれば、傷心のまま新しい恋愛に踏み出せない人も。いざ恋愛のチャンスが...
七味さや 2020-11-27 06:00 ラブ
飽きない彼女になりたい♡ いつまでも愛される女性の特徴5つ
 彼氏と長続きしたいけれど、いつもマンネリ化して結局別れてしまうと悩んでいる人は多いようです。でも、中には長く続くほどに...
恋バナ調査隊 2020-11-27 06:00 ラブ
願いは書けば叶う?ママ活男子の“夢見るプロフィール”の中身
 願いごとがあるのなら、それを書く(もしくはスマホなどに入力する)ことで、叶いやすくなるという話をよく聞きます。ママ活男...
内藤みか 2020-11-26 06:00 ラブ
恋が終わる残念なLINEの特徴6つ&男性が喜ぶ返信の仕方
 好きな人とLINEを交換できたのはいいものの、LINEがつまらなさすぎて自然消滅してしまった……という経験をお持ちの人...
恋バナ調査隊 2020-11-26 06:00 ラブ
男性がドキっとする女性のギャップとは? 作り方4つのコツ♡
 恋愛を進展させるためには、「ギャップ」が効果的。コツさえ掴めば誰にでも簡単に身につけられる恋愛テクニックですが、何から...
恋バナ調査隊 2020-11-25 06:00 ラブ
28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 16:03 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ