実は軽くない!関西女性の性格や特徴&恋愛観や好相性の男性

コクハク編集部
更新日:2020-06-14 06:00
投稿日:2020-06-14 06:00
 関西女性というと「なんだかノリがよくて軽そう」「大阪のオカンみたいな強烈キャラ?」、そんなイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかし、実はそのイメージ、ちょっと違うかもしれません。
 そこで今回は、関西女性の性格や特徴、恋愛傾向までをまるっと紹介! 今までと違う魅力を見つけてくださいね。

関西女性の性格&特徴!

意外と奥ゆかしいところも…(写真:iStock)
意外と奥ゆかしいところも… (写真:iStock)

 さっそく、関西女性の性格や特徴からチェックしていきましょう。ちなみに、「関西」というと、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、和歌山県、奈良県と三重県の2府5県と言われることもありますが、三重県は「東海地方」として別の記事で紹介したいと思います!

お喋りが大好き&声が大きい

 関西女性はお喋りが大好き。物の言い方もストレートで、「これは言わない方が良いかも」と計算をしたり、場を読んだりすることが苦手。自己主張が強いため、「ガンガン言われるのが苦手……」という男性とは相性が悪いかも? でも、世の女性に多い「言わなくても察して欲しい願望」があまりないため、付き合いやすい相手とも言えます。

 また、声が大きいのも関西女性の特徴。注目されたいゆえに声が大きくなってしまっている可能性もありますが、関西地方の独特のイントネーションがそう思われる理由かもしれません。

お笑いが大好き

 関西男性と同じく、関西女性はお笑いが大好き。生まれ育った土地の特性でもありますが、ボケツッコミは日常茶飯事。特に大阪出身の男女はオチのない話に厳しく、「で、オチは?」なんてついつい突っ込んでしまいます。

 そのため、関西女性の中では「面白いかどうか」が、男性を選ぶ時の重要ポイントになります。下記の「関西女性の好みの男性タイプ」で、詳しくご紹介するのでご覧くださいね。

金銭感覚がしっかりしている

 関西出身の女性は、金銭感覚がしっかりしています。「値切れるものは値切る」という風潮が強いため、安くて良い商品を購入することに闘志を燃やします。無駄遣いがあまりなく、お店ではクーポン券などを上手に使って買い物をしたりもします。

 とはいえ、「ここぞ!」という時にはしっかりお金を使うのも関西女性。お金の使い方のバランスが良いため、結婚後には家計を切り盛りするのも得意です。

比較的せっかち

 関東では、人気のスイーツ店に女性が行列を作っている光景をよく見かけます。しかし、関西女性は比較的せっかちなため、「並んでまで欲しいの?」と考える人も多いよう。とにかく、待つことが嫌いなんです。

 ちなみに、関西ではカウントダウン機能がついている信号までも登場しています。青信号に変わるまでの秒数を表示することで、信号無視を軽減できるのだとか。「待ちたくない=時間に厳しい」ということでもあるため、関西出身の方との待ち合わせには注意が必要かも!

情に厚くややお節介

 関西女性は、情に厚いのも特徴。人懐っこくすぐに他人と仲良くなれるため、一度仲間と認識した人にはとことん愛情を持って接します。

 ただし、ややお節介気味な部分も持ち合わせているのが関西女性の魅力でもあり、良くない部分でもあります。クールな付き合い方を望む男性にとっては、「図々しい」「鬱陶しい」と思ってしまうところがあるかもしれません。

関西女性の恋愛傾向は?

身体の関係には慎重派(写真:iStock)
身体の関係には慎重派 (写真:iStock)

 お喋り好きでストレート、情に厚い関西女性のイメージは、「The 大阪のオカン」かもしれませんね。でも、恋愛傾向を見ると、少し違う一面を発見できるはず。さっそく、チェックしていきましょう。

一歩下がってついていきたい

 口調が強めで、偉そうに指図したりもする関西男性は、基本的に女性よりも優位な立場でいたい亭主関白気味なところがあります。そんな関西男性を見て育ってきた関西女性は、意外にも男性を立て、一歩下がってついていきたいと思う大和撫子体質。

 冗談の中に本音を含ませる関西男性の気持ちを汲んで、時に話を流したり、反対に寄り添ったりと上手にコントロールができるため、お付き合いをする男性の顔色を読み取って行動するのが得意でしょう。

実は軽くなく身持ちが固い

「ノリが良い=軽い」という印象を持つ方は多いと思いますが、実は関西女性は軽いようで軽くありません。「初デートで体を許したくない」「付き合う前でも体を許せる」と思う方は関東女性に比べると、関西女性の方が少ないというデータまでありました。

 もちろん、個人差はありますが、関西女性の少し派手な外見やイメージだけで判断してしまうのは早計でしょう。

男性の浮気に厳しい

 関西女性は、ほかの地域と比べると男性の浮気に厳しいようです。プロのお店でのサービスに対しても強い嫌悪感を表し、「浮気!」と考える方も多いです。そして、男性の浮気が判明したら、一気に怒りが沸点に到達!激しい制裁を下す場合も。

 とはいえ、男性がアダルト動画を見たりする行為に対しては、関東女性よりも寛容。「当たり前」という感覚を持っている女性が多く、要はほかの女性との接触があるかないかを重要視する傾向にあるということですね。

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ