社内恋愛がバレない5つのポイント&バレた時のデメリット

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-04-03 06:00
投稿日:2020-04-03 06:00
 恋人ができれば、友達や同僚に伝えたくなるもの。しかし、社内恋愛の場合には、バレてしまった時にデメリットがあるため、職場の人には伝えない方が無難でしょう。そこで今回は、社内恋愛でバレないためのポイント&バレてしまった時のデメリットをご紹介します。

社内恋愛がバレないようにするには?5つのポイント

社内恋愛はばれないようにが鉄則!(写真:iStock)
社内恋愛はばれないようにが鉄則! (写真:iStock)

 同じ職場に恋人がいる人は、毎日職場で顔を合わせることができるため、仕事も楽しくなるのではないでしょうか?しかし、社内恋愛はバレないようにすることも大切。まずは、そのポイントをお伝えしていきます。

1. 交際後も互いの態度を変えない

 交際後に話し方が変わったり、急に親しげな接し方をするようになれば、「もしかして、付き合っているの?」と、すぐに感づかれてしまいます。

 そのため、交際がスタートしてからも仕事とプライベートをきっちりと分けて、接し方を変えないことが重要です。

2. 交際していることを誰にも言わない

 職場にいる仲の良い同僚や頼れる先輩に、「彼と付き合っていることを言いたい!」と思う人も多いでしょう。

 しかし、どんなに仲の良い知り合いであっても、社内恋愛は秘密にしておいた方が良いです。信頼している相手であっても、どこからどう周りにバレるか分かりません。

3. 職場近くでデートしない

 同じ職場で仕事をしていれば、仕事帰りにデートの約束をすることもあるでしょう。その時に、ついつい便利な職場の近くで待ち合わせをしてしまいがち。

 しかし、会社の近くでは誰が見ているか分かりません。待ち合わせやデート場所は、できれば職場から離れた場所を選ぶようにしましょう。

4.同じ日に休日を取らない

 恋人ができれば、有給を利用して一緒に旅行などに出かけたいもの。しかし、社内恋愛中の相手と一緒に旅行に出かけるとなれば、同じ時期に有休をとることになり、周りに気づかれることになります。

 どうしても連休を取りたい場合には、不自然にならないように日程をずらすなど工夫しましょう。

5. SNSでの投稿には気を付ける

 SNSで日々の出来事などを、発信している人も多いでしょう。しかし、社内恋愛中の人は、このSNSにも注意が必要です。

 たとえば、どちらもSNSをやっていて二人ともがデート先や食事などの写真をアップすれば、「これって、同じ場所じゃない?」と、気づかれることになります。部屋の中の写真などからもバレる可能性があるため、注意しましょう。

社内恋愛がバレたらどうなる?気を付けたいデメリット

転勤なんてこともあり得る(写真:iStock)
転勤なんてこともあり得る (写真:iStock)

 社内恋愛中の人の中には「堂々と交際したい」と、思っている人もいるでしょう。確かに、周りに交際を隠して、コソコソ付き合い続けるのは疲れてしまいますから……。

 しかし、社内恋愛が周りに知られてしまうと、思わぬデメリットになる可能性もあるので、注意が必要なんです。

1. 周りに気を使われる

「人には迷惑はかけていないし……」なんて、思う人も多いでしょう。しかし、「仕事上は何も変わらない」と思っていても、周りにいる人は少なからず二人に気を使うはずです。

「他の女性と組ませるのは、避けた方が良いだろうか?」など、気苦労をかけてしまう可能性があることは、頭に入れておきましょう。

2. 詮索されたり、冷やかされたりする

 恋愛は二人のペースで進めるもの。結婚なども考えているのであれば、なおさら互いに慎重に交際を進めたいと思っていることでしょう。

 しかし、交際が周りにバレてしまえば、「どっちから告白したの?」と詮索されたり、「結婚するの?」なんて冷やかされることもあります。そんな詮索や冷やかしから、関係がうまくいかなくなる可能性もあります。

3. どちらかが異動になることも

 恋愛は自由なものではありますが、職場の環境によっては職場恋愛を良しとしないところもあります。

 そんな職場に勤めている場合、交際がバレることでどちらかが異動になってしまったり、場合によっては転勤を命じられる可能性もあるため、注意が必要です。

4. ライバルに嫉妬される

 好きな人と交際できるというのは、とても嬉しいこと。しかし、あなたの嬉しさの裏では泣いている人がいるかもしれません。

 特に、相手がモテる人の場合、あなたの交際に嫉妬するライバルが何人もいる可能性があります。無視されるなどの嫌がらせを受けて、職場での居心地が悪くなってしまうかもしれません。

5. 別れた時に気まずくなる

 職場恋愛の一番のデメリットともいえるのが、別れてしまった時に気まずくなることでしょう。周りにも二人の交際が知られていれば、当然、気を使わせてしまいます。

 もちろん、当人同士も職場で毎日のように顔を合わせるため、気まずさを感じるはず。さらには、知りたくもない相手のその後の恋愛事情などが、耳に入ってくるかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


よい出会いのために…超スローマッチンング時代にできること
 2度目の緊急事態宣で出会いや恋愛の機会を奪われた人が大勢います。長引くコロナ禍により、男女のマッチングにかなりのスロー...
内藤みか 2021-03-04 06:00 ラブ
付き合う前に見極めて! 嘘つき男性の特徴&見破るポイント
 どんなにタイプの男性でも、嘘つきと分かれば気持ちは冷めてしまうもの。付き合ってから、信用できない相手だと知るのは辛いで...
恋バナ調査隊 2021-03-04 06:00 ラブ
そんなに頑張らなくてもOK!男性の気を引く簡単な方法って?
 皆さんは「カレを落としたい!」と思った時、どんな行動を取りますか? 美容にお金をかけたり、ボディラインがきれいに見える...
若林杏樹 2021-03-03 06:00 ラブ
成婚数No.1仲人姉さんが告白!大人婚できる人は質問でわかる
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-03 06:00 ラブ
思わずゾワ〜ッ…勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選
 LINEに届く内容の中でも、特に困るのが男性からのちょっと痛いLINEです。相手を傷つけたり、面倒なことになったりしな...
結婚相手の選び方♡重視するポイント&男性が求めている条件
結婚は、女性にとって人生を大きく変える最大のイベントです。そのため、結婚願望はあっても「本当にこの人でいいのか……」と、...
恋バナ調査隊 2021-03-02 06:21 ラブ
離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ
結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-03-01 06:00 ラブ
浮気する女性の5つの心理や特徴! 浮気中に見せるサインも
 近年、芸能人の浮気や不倫が話題になっていますが、身近な友人で浮気する女性がいるという人も多いでしょう。実は、浮気をする...
恋バナ調査隊 2021-02-28 06:00 ラブ
独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共...
山崎世美子 2021-02-27 06:00 ラブ
復縁を望む元カノの心を悟りつつも…応えられない男性の本音
「冷酷と激情のあいだvol.32〜女性編〜」では、元カレと復縁したいのに、あと一歩のところで関係が進まない女性・Yさんの...
並木まき 2021-02-27 03:05 ラブ
恋人時代みたいに話すのに…元彼と復縁できない女性の苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-02-27 03:03 ラブ
口癖がうつる?“彼氏に話し方が似てきた”と感じる瞬間6選
 彼氏との付き合いが長くなると、ふとした瞬間に「なんだか彼氏に似てきたな」と思う瞬間がありませんか? 口癖や話し方など、...
恋バナ調査隊 2021-02-26 06:00 ラブ
浮気、音信不通…恋愛のトラウマによる影響&克服する方法
「恋愛はただただ甘くて楽しいもの」そんなふうに思えるあなたは、とても幸せな人かもしれません。実は、元カレの浮気や突然の自...
リタ・トーコ 2021-02-26 06:00 ラブ
コロナ禍に元カノに連絡してしまう男性の心理を分析してみた
 新型コロナウイルスの影響で、男女の出会いのシーンもかなり制限された状態が続いています。そんななか、元カレから連絡が来た...
内藤みか 2021-02-25 06:00 ラブ
実はモテる♡ ツンデレ女子の恋愛の特徴&男性が惚れる瞬間
 いつもクールで冷たく、たまにしか笑わない“ツンデレ女子”。男性の前でも媚びを売らないので、一見モテなさそうなのですが、...
恋バナ調査隊 2021-02-25 06:00 ラブ