社内恋愛がバレない5つのポイント&バレた時のデメリット

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-04-03 06:00
投稿日:2020-04-03 06:00
 恋人ができれば、友達や同僚に伝えたくなるもの。しかし、社内恋愛の場合には、バレてしまった時にデメリットがあるため、職場の人には伝えない方が無難でしょう。そこで今回は、社内恋愛でバレないためのポイント&バレてしまった時のデメリットをご紹介します。

社内恋愛がバレないようにするには?5つのポイント

社内恋愛はばれないようにが鉄則!(写真:iStock)
社内恋愛はばれないようにが鉄則! (写真:iStock)

 同じ職場に恋人がいる人は、毎日職場で顔を合わせることができるため、仕事も楽しくなるのではないでしょうか?しかし、社内恋愛はバレないようにすることも大切。まずは、そのポイントをお伝えしていきます。

1. 交際後も互いの態度を変えない

 交際後に話し方が変わったり、急に親しげな接し方をするようになれば、「もしかして、付き合っているの?」と、すぐに感づかれてしまいます。

 そのため、交際がスタートしてからも仕事とプライベートをきっちりと分けて、接し方を変えないことが重要です。

2. 交際していることを誰にも言わない

 職場にいる仲の良い同僚や頼れる先輩に、「彼と付き合っていることを言いたい!」と思う人も多いでしょう。

 しかし、どんなに仲の良い知り合いであっても、社内恋愛は秘密にしておいた方が良いです。信頼している相手であっても、どこからどう周りにバレるか分かりません。

3. 職場近くでデートしない

 同じ職場で仕事をしていれば、仕事帰りにデートの約束をすることもあるでしょう。その時に、ついつい便利な職場の近くで待ち合わせをしてしまいがち。

 しかし、会社の近くでは誰が見ているか分かりません。待ち合わせやデート場所は、できれば職場から離れた場所を選ぶようにしましょう。

4.同じ日に休日を取らない

 恋人ができれば、有給を利用して一緒に旅行などに出かけたいもの。しかし、社内恋愛中の相手と一緒に旅行に出かけるとなれば、同じ時期に有休をとることになり、周りに気づかれることになります。

 どうしても連休を取りたい場合には、不自然にならないように日程をずらすなど工夫しましょう。

5. SNSでの投稿には気を付ける

 SNSで日々の出来事などを、発信している人も多いでしょう。しかし、社内恋愛中の人は、このSNSにも注意が必要です。

 たとえば、どちらもSNSをやっていて二人ともがデート先や食事などの写真をアップすれば、「これって、同じ場所じゃない?」と、気づかれることになります。部屋の中の写真などからもバレる可能性があるため、注意しましょう。

社内恋愛がバレたらどうなる?気を付けたいデメリット

転勤なんてこともあり得る(写真:iStock)
転勤なんてこともあり得る (写真:iStock)

 社内恋愛中の人の中には「堂々と交際したい」と、思っている人もいるでしょう。確かに、周りに交際を隠して、コソコソ付き合い続けるのは疲れてしまいますから……。

 しかし、社内恋愛が周りに知られてしまうと、思わぬデメリットになる可能性もあるので、注意が必要なんです。

1. 周りに気を使われる

「人には迷惑はかけていないし……」なんて、思う人も多いでしょう。しかし、「仕事上は何も変わらない」と思っていても、周りにいる人は少なからず二人に気を使うはずです。

「他の女性と組ませるのは、避けた方が良いだろうか?」など、気苦労をかけてしまう可能性があることは、頭に入れておきましょう。

2. 詮索されたり、冷やかされたりする

 恋愛は二人のペースで進めるもの。結婚なども考えているのであれば、なおさら互いに慎重に交際を進めたいと思っていることでしょう。

 しかし、交際が周りにバレてしまえば、「どっちから告白したの?」と詮索されたり、「結婚するの?」なんて冷やかされることもあります。そんな詮索や冷やかしから、関係がうまくいかなくなる可能性もあります。

3. どちらかが異動になることも

 恋愛は自由なものではありますが、職場の環境によっては職場恋愛を良しとしないところもあります。

 そんな職場に勤めている場合、交際がバレることでどちらかが異動になってしまったり、場合によっては転勤を命じられる可能性もあるため、注意が必要です。

4. ライバルに嫉妬される

 好きな人と交際できるというのは、とても嬉しいこと。しかし、あなたの嬉しさの裏では泣いている人がいるかもしれません。

 特に、相手がモテる人の場合、あなたの交際に嫉妬するライバルが何人もいる可能性があります。無視されるなどの嫌がらせを受けて、職場での居心地が悪くなってしまうかもしれません。

5. 別れた時に気まずくなる

 職場恋愛の一番のデメリットともいえるのが、別れてしまった時に気まずくなることでしょう。周りにも二人の交際が知られていれば、当然、気を使わせてしまいます。

 もちろん、当人同士も職場で毎日のように顔を合わせるため、気まずさを感じるはず。さらには、知りたくもない相手のその後の恋愛事情などが、耳に入ってくるかもしれません。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ