社内恋愛がバレない5つのポイント&バレた時のデメリット

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-04-03 06:00
投稿日:2020-04-03 06:00
 恋人ができれば、友達や同僚に伝えたくなるもの。しかし、社内恋愛の場合には、バレてしまった時にデメリットがあるため、職場の人には伝えない方が無難でしょう。そこで今回は、社内恋愛でバレないためのポイント&バレてしまった時のデメリットをご紹介します。

社内恋愛がバレないようにするには?5つのポイント

社内恋愛はばれないようにが鉄則!(写真:iStock)
社内恋愛はばれないようにが鉄則! (写真:iStock)

 同じ職場に恋人がいる人は、毎日職場で顔を合わせることができるため、仕事も楽しくなるのではないでしょうか?しかし、社内恋愛はバレないようにすることも大切。まずは、そのポイントをお伝えしていきます。

1. 交際後も互いの態度を変えない

 交際後に話し方が変わったり、急に親しげな接し方をするようになれば、「もしかして、付き合っているの?」と、すぐに感づかれてしまいます。

 そのため、交際がスタートしてからも仕事とプライベートをきっちりと分けて、接し方を変えないことが重要です。

2. 交際していることを誰にも言わない

 職場にいる仲の良い同僚や頼れる先輩に、「彼と付き合っていることを言いたい!」と思う人も多いでしょう。

 しかし、どんなに仲の良い知り合いであっても、社内恋愛は秘密にしておいた方が良いです。信頼している相手であっても、どこからどう周りにバレるか分かりません。

3. 職場近くでデートしない

 同じ職場で仕事をしていれば、仕事帰りにデートの約束をすることもあるでしょう。その時に、ついつい便利な職場の近くで待ち合わせをしてしまいがち。

 しかし、会社の近くでは誰が見ているか分かりません。待ち合わせやデート場所は、できれば職場から離れた場所を選ぶようにしましょう。

4.同じ日に休日を取らない

 恋人ができれば、有給を利用して一緒に旅行などに出かけたいもの。しかし、社内恋愛中の相手と一緒に旅行に出かけるとなれば、同じ時期に有休をとることになり、周りに気づかれることになります。

 どうしても連休を取りたい場合には、不自然にならないように日程をずらすなど工夫しましょう。

5. SNSでの投稿には気を付ける

 SNSで日々の出来事などを、発信している人も多いでしょう。しかし、社内恋愛中の人は、このSNSにも注意が必要です。

 たとえば、どちらもSNSをやっていて二人ともがデート先や食事などの写真をアップすれば、「これって、同じ場所じゃない?」と、気づかれることになります。部屋の中の写真などからもバレる可能性があるため、注意しましょう。

社内恋愛がバレたらどうなる?気を付けたいデメリット

転勤なんてこともあり得る(写真:iStock)
転勤なんてこともあり得る (写真:iStock)

 社内恋愛中の人の中には「堂々と交際したい」と、思っている人もいるでしょう。確かに、周りに交際を隠して、コソコソ付き合い続けるのは疲れてしまいますから……。

 しかし、社内恋愛が周りに知られてしまうと、思わぬデメリットになる可能性もあるので、注意が必要なんです。

1. 周りに気を使われる

「人には迷惑はかけていないし……」なんて、思う人も多いでしょう。しかし、「仕事上は何も変わらない」と思っていても、周りにいる人は少なからず二人に気を使うはずです。

「他の女性と組ませるのは、避けた方が良いだろうか?」など、気苦労をかけてしまう可能性があることは、頭に入れておきましょう。

2. 詮索されたり、冷やかされたりする

 恋愛は二人のペースで進めるもの。結婚なども考えているのであれば、なおさら互いに慎重に交際を進めたいと思っていることでしょう。

 しかし、交際が周りにバレてしまえば、「どっちから告白したの?」と詮索されたり、「結婚するの?」なんて冷やかされることもあります。そんな詮索や冷やかしから、関係がうまくいかなくなる可能性もあります。

3. どちらかが異動になることも

 恋愛は自由なものではありますが、職場の環境によっては職場恋愛を良しとしないところもあります。

 そんな職場に勤めている場合、交際がバレることでどちらかが異動になってしまったり、場合によっては転勤を命じられる可能性もあるため、注意が必要です。

4. ライバルに嫉妬される

 好きな人と交際できるというのは、とても嬉しいこと。しかし、あなたの嬉しさの裏では泣いている人がいるかもしれません。

 特に、相手がモテる人の場合、あなたの交際に嫉妬するライバルが何人もいる可能性があります。無視されるなどの嫌がらせを受けて、職場での居心地が悪くなってしまうかもしれません。

5. 別れた時に気まずくなる

 職場恋愛の一番のデメリットともいえるのが、別れてしまった時に気まずくなることでしょう。周りにも二人の交際が知られていれば、当然、気を使わせてしまいます。

 もちろん、当人同士も職場で毎日のように顔を合わせるため、気まずさを感じるはず。さらには、知りたくもない相手のその後の恋愛事情などが、耳に入ってくるかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ