カップルの“コロナ破局”はなぜ起こる?3つの原因&改善策

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-05-12 04:15
投稿日:2020-04-20 06:00
 世はコロナ。数カ月前は予想もできなかったこの緊急事態ですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?「コロナ破局」「コロナ離婚」なんてワードもよく見かける今日この頃、夫婦だけではなくカップルにもコロナの影響は忍び寄ってきているようですね。
 でも、実はこの滅多にないコロナ危機を、絆が深まるチャンスに変える方法はあると思うんです。そこで、コロナ破局の原因&改善策について考えてみました。

カップルの「コロナ破局」が起こる3つの原因&改善策

価値観の違いが浮き彫りに(写真:iStock)
価値観の違いが浮き彫りに (写真:iStock)

 世界中の誰もが経験したことがない、コロナ危機。異常な状況なので「コロナ破局」というワードが流行ってしまうのも無理はありませんが……。まずは、なぜカップルのコロナ破局が起こりやすいのか、原因と改善策を併せてご紹介します。

【原因1】価値観の違いが露呈されたから

 コロナ破局が起こる一番の原因は、「価値観の違い」でしょう。リモートワーク中の彼女に、「自粛は当たり前!」と言われても、毎日出社しなければならない職種の彼氏は、「そんな悠長なことを言ってられない」と思うでしょうし、予防を徹底しているのに、「都内に出ているあなたに会いたくない」と言われたら、「自分だってスーパーに行くだろう?」なんて、押し問答が起こってしまいます。

 要は、コロナに関して「どの程度の危機感を持っているのか」、価値観の違いが露呈されるからこそ、コロナ破局が起こりやすくなっているのではないかと思うのです。

【改善策】お互いの考えを否定しない

「これが正しい」と言われることは、日々変わります。そもそも今回の「COVIDー19」という未知のウイルスへの完璧な対策や、後の世の中を知る人は誰もいません。

 だからこそ、お互いの考えを一旦飲み込むことが大切でしょう。職場や家庭状況、経済的に影響を受けるかどうかなど、環境によって人それぞれコロナへの考え方は違って当たり前。でも、それでも、誰もが日々を頑張っていることは間違いないのですから。

 正論がないコロナについてカップル間で話し合うのは悪いことではありませんが、否定し合っても疲弊するだけです。

お互いの気持ちが離れていく(写真:iStock)
お互いの気持ちが離れていく (写真:iStock)

【原因2】単純に会えないから

 普段頻繁に会っているカップルであれば、単純に会えないこともコロナ破局の原因になり得るでしょう。当たり前のように癒し癒されていた時間が、突然当たり前ではなくなってしまうのですから、ストレスになっても仕方ありません。

「こんな時こそ、会おうよ!」と、一方が提案しても、もう一方が医療従事者であったり、高齢の家族と同居している場合などには、「こんな時だからこそ、会えないのが分からないの?」となり、またここでも、環境の違いからコロナ破局因子が発生します。

【改善策】いつも以上に相手のことを考えて連絡をこまめに行う

 会えないのがつらいのは、お互い様。だからこそ、いつも以上に相手のことを考えて行動することが大切でしょう。相手が今、どんな環境に置かれているのかを想像して思いやること。当たり前かもしれませんが、いたわり合いたいものですね。

 でも、会いたい気持ちは伝えておくべきです。「会いたいとか、今はそんなこと言ってられないでしょ!」なのか、「会いたいけど、今は我慢だね」なのか、言い方ひとつで伝わり方は変わります。連絡をこまめに取って、この期間を粛々と乗り越えるほかないのでしょう。

【原因3】「コロナ疲れ」だから

 毎日家に引きこもっていると、テレビや新聞、ネットニュースからコロナについての情報が絶え間なく入ってきます。芸能人の不倫ニュースで盛り上がっていた頃は、まだまだ平和でしたよね。コロナビールの生産停止とか、フェイクニュースじゃないの!?なんて思った私です。

 とにかく世の中、「コロナ疲れ」なんです。精神的に疲れてしまうため、カップル間でも普段なら起こらないような喧嘩が勃発しやすくなるのは、ある意味仕方のないことなのかもしれません。

【改善策】SNSやニュースから離れる

 コロナ関連のニュースを「ただの情報」として皆が捉えていれば良いのですが、SNSでは考え方の違いについて傍観することができずに意見し、論争が起こっていたりするのをしばしば見かけます。これも、コロナ疲れの原因であったり。

 個人的な話になりますが、私はコロナ疲れを感じたらSNSやニュースから離れてみるようにしています。1日の終わりにだけ今日の世の中の状況をチェックするなど、見る頻度を減らすだけで気持ちがすごく楽になります。

一緒に嘆き、励まし、乗り切る!という思考が大切なのかも?

2人の結びつきが試される(写真:iStock)
2人の結びつきが試される (写真:iStock)

 数カ月前に離婚した私。「コロナ離婚」が起こる可能性については、すごく理解ができたりもします。それぞれの突然のリモートワーク、子どもの幼稚園や学校の休校、家事の分配、経済的な負担、などなど、理由がありすぎるんです。

 でも、将来結婚を考えているカップルであれば、この滅多にない機会はチャンスでもあるかも? 夫婦の離婚理由になりがちな「価値観の違い」を、事前に見極めることができるんですから。

 同棲中のカップルの場合には、お互いの仕事環境の変化や経済的な問題など、楽しいことばかりではない「擬似夫婦生活」のような状況が起こったりもするでしょう。個々の価値観をどのように擦り合わせていけるか、この際チェックしてみるのもありです。

 カップルが争ったところで、コロナは止まりません。「まったく困ったね! でも、がんばろうね! コロナ終わったら何食べに行こう?」と、一緒に嘆き、励まし、乗り切る!という思考が大切なのかも? いかがでしょうか。

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ