カップルの“コロナ破局”はなぜ起こる?3つの原因&改善策

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-05-12 04:15
投稿日:2020-04-20 06:00
 世はコロナ。数カ月前は予想もできなかったこの緊急事態ですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?「コロナ破局」「コロナ離婚」なんてワードもよく見かける今日この頃、夫婦だけではなくカップルにもコロナの影響は忍び寄ってきているようですね。
 でも、実はこの滅多にないコロナ危機を、絆が深まるチャンスに変える方法はあると思うんです。そこで、コロナ破局の原因&改善策について考えてみました。

カップルの「コロナ破局」が起こる3つの原因&改善策

価値観の違いが浮き彫りに(写真:iStock)
価値観の違いが浮き彫りに (写真:iStock)

 世界中の誰もが経験したことがない、コロナ危機。異常な状況なので「コロナ破局」というワードが流行ってしまうのも無理はありませんが……。まずは、なぜカップルのコロナ破局が起こりやすいのか、原因と改善策を併せてご紹介します。

【原因1】価値観の違いが露呈されたから

 コロナ破局が起こる一番の原因は、「価値観の違い」でしょう。リモートワーク中の彼女に、「自粛は当たり前!」と言われても、毎日出社しなければならない職種の彼氏は、「そんな悠長なことを言ってられない」と思うでしょうし、予防を徹底しているのに、「都内に出ているあなたに会いたくない」と言われたら、「自分だってスーパーに行くだろう?」なんて、押し問答が起こってしまいます。

 要は、コロナに関して「どの程度の危機感を持っているのか」、価値観の違いが露呈されるからこそ、コロナ破局が起こりやすくなっているのではないかと思うのです。

【改善策】お互いの考えを否定しない

「これが正しい」と言われることは、日々変わります。そもそも今回の「COVIDー19」という未知のウイルスへの完璧な対策や、後の世の中を知る人は誰もいません。

 だからこそ、お互いの考えを一旦飲み込むことが大切でしょう。職場や家庭状況、経済的に影響を受けるかどうかなど、環境によって人それぞれコロナへの考え方は違って当たり前。でも、それでも、誰もが日々を頑張っていることは間違いないのですから。

 正論がないコロナについてカップル間で話し合うのは悪いことではありませんが、否定し合っても疲弊するだけです。

お互いの気持ちが離れていく(写真:iStock)
お互いの気持ちが離れていく (写真:iStock)

【原因2】単純に会えないから

 普段頻繁に会っているカップルであれば、単純に会えないこともコロナ破局の原因になり得るでしょう。当たり前のように癒し癒されていた時間が、突然当たり前ではなくなってしまうのですから、ストレスになっても仕方ありません。

「こんな時こそ、会おうよ!」と、一方が提案しても、もう一方が医療従事者であったり、高齢の家族と同居している場合などには、「こんな時だからこそ、会えないのが分からないの?」となり、またここでも、環境の違いからコロナ破局因子が発生します。

【改善策】いつも以上に相手のことを考えて連絡をこまめに行う

 会えないのがつらいのは、お互い様。だからこそ、いつも以上に相手のことを考えて行動することが大切でしょう。相手が今、どんな環境に置かれているのかを想像して思いやること。当たり前かもしれませんが、いたわり合いたいものですね。

 でも、会いたい気持ちは伝えておくべきです。「会いたいとか、今はそんなこと言ってられないでしょ!」なのか、「会いたいけど、今は我慢だね」なのか、言い方ひとつで伝わり方は変わります。連絡をこまめに取って、この期間を粛々と乗り越えるほかないのでしょう。

【原因3】「コロナ疲れ」だから

 毎日家に引きこもっていると、テレビや新聞、ネットニュースからコロナについての情報が絶え間なく入ってきます。芸能人の不倫ニュースで盛り上がっていた頃は、まだまだ平和でしたよね。コロナビールの生産停止とか、フェイクニュースじゃないの!?なんて思った私です。

 とにかく世の中、「コロナ疲れ」なんです。精神的に疲れてしまうため、カップル間でも普段なら起こらないような喧嘩が勃発しやすくなるのは、ある意味仕方のないことなのかもしれません。

【改善策】SNSやニュースから離れる

 コロナ関連のニュースを「ただの情報」として皆が捉えていれば良いのですが、SNSでは考え方の違いについて傍観することができずに意見し、論争が起こっていたりするのをしばしば見かけます。これも、コロナ疲れの原因であったり。

 個人的な話になりますが、私はコロナ疲れを感じたらSNSやニュースから離れてみるようにしています。1日の終わりにだけ今日の世の中の状況をチェックするなど、見る頻度を減らすだけで気持ちがすごく楽になります。

一緒に嘆き、励まし、乗り切る!という思考が大切なのかも?

2人の結びつきが試される(写真:iStock)
2人の結びつきが試される (写真:iStock)

 数カ月前に離婚した私。「コロナ離婚」が起こる可能性については、すごく理解ができたりもします。それぞれの突然のリモートワーク、子どもの幼稚園や学校の休校、家事の分配、経済的な負担、などなど、理由がありすぎるんです。

 でも、将来結婚を考えているカップルであれば、この滅多にない機会はチャンスでもあるかも? 夫婦の離婚理由になりがちな「価値観の違い」を、事前に見極めることができるんですから。

 同棲中のカップルの場合には、お互いの仕事環境の変化や経済的な問題など、楽しいことばかりではない「擬似夫婦生活」のような状況が起こったりもするでしょう。個々の価値観をどのように擦り合わせていけるか、この際チェックしてみるのもありです。

 カップルが争ったところで、コロナは止まりません。「まったく困ったね! でも、がんばろうね! コロナ終わったら何食べに行こう?」と、一緒に嘆き、励まし、乗り切る!という思考が大切なのかも? いかがでしょうか。

ラブ 新着一覧


FILM
 離婚経験者のみなさま、離婚した理由を周りに聞かれることって、ありますよね? その時、どんな風に説明していますか? ...
七味さや 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
「理想の男性は?」と聞かれた時、“頼りがいがある年上男性”と答える女性は多いでしょう。年上男性は仕事経験だけでなく人生経...
恋バナ調査隊 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
 近ごろ、マッチングアプリでママ活を始めようとする社会人男性が急増しています。なかには「40代ですがママ募集してます」と...
内藤みか 2020-09-17 06:00 ラブ
FILM
 男性をデートに誘う時、LINEなら顔を見なくて済むので勇気も出ますよね♡ でも、どんな風に誘ったら良いのか悩んでしまっ...
恋バナ調査隊 2020-09-17 06:00 ラブ
FILM
 “駆け引き”と聞くと、あまり良いイメージを持たない方も多いでしょう。しかし、恋愛においては、時に駆け引きが必要なことも...
恋バナ調査隊 2020-09-16 06:00 ラブ
FILM
 好きな男性が脈ありか脈なしかを知りたい場合、LINEから心理を読み解くのが有効です。実は、男性の深層心理は、知らず知ら...
恋バナ調査隊 2020-09-16 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-15 06:00 ラブ
FILM
 素敵な男性と出会うと、「どうせ、彼女がいるんだろうな……」と思ってしまう人は多いはず。でも、そこで諦めてしまえば、せっ...
恋バナ調査隊 2020-09-15 06:00 ラブ
FILM
 LINEって顔が見えないからこそ、つい大胆になってしまいがちですよね。その落とし穴に一番ハマりやすいのが「恋愛下手の女...
恋バナ調査隊 2020-09-14 06:00 ラブ
FILM
「チャラい男には、引っかかるまい」と気をつけていても、好みの外見である異性と出会えば、判断力が鈍りやすいのも、女性の“あ...
並木まき 2020-09-14 06:00 ラブ
FILM
 女性の前でいい格好をしたがる「ええかっこしい」な男ほど、背伸びした発言で、自分に酔いしれたLINEを送りつけてきます。...
並木まき 2020-09-13 06:00 ラブ
FILM
 イケメン男性と付き合う友達を見て、「私もあんな彼氏がほしい!」と思ったことがある人は多いはず。しかし、イケメンとの恋愛...
恋バナ調査隊 2020-09-13 06:00 ラブ
FILM
 頻繁にLINEで連絡を取るようになった彼。でも、遊びか本命かって気になりませんか? 実は、連絡を取っているLINEその...
恋バナ調査隊 2020-09-12 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍ではデートもままならないことから、浮気をする男性が減っているなんて話も耳にします。しかし一方では、どんなご時世...
並木まき 2020-09-12 06:00 ラブ
FILM
 離婚しようと思って結婚する人なんていないですよね。ほとんどの人が「これが最後の恋愛だ」と思って結婚するんだと思います...
七味さや 2020-09-11 06:00 ラブ
FILM
 男性が付き合っている彼女に会いたくなるのは、どのような時なのでしょう? いつもは気まぐれでわがままな彼だったとしても、...
恋バナ調査隊 2020-09-11 06:00 ラブ