コロナ破局の理由&対策を解説!自粛中の過ごし方のポイント

コクハク編集部
更新日:2020-05-12 04:15
投稿日:2020-05-02 06:00
 コロナウイルス蔓延からの緊急事態宣言、そして、外出自粛……。世界中が団結してこの危機を乗り越えなければならない事態なのに、現実は、目の前のパートナーとの日常にストレスを感じて余裕がなくなっている方も多いようです。ここでは、パートナーとうまくいかなくなる理由や対策、自粛期間の乗り越え方をご紹介します。

コロナ破局が起こる理由&対策方法!ケースごとに解説!

家飲みを楽しくおしゃれに(写真:iStock)
家飲みを楽しくおしゃれに (写真:iStock)

 コロナ破局が起こる原因はカップルによってそれぞれですが、大きく分けると「価値観の違い」「コミュニケーション不足」「家事分担への不満」が、理由として挙げられるでしょう。

 まずは、実際にコロナトラブルが発生している4つのケース&対策方法をご紹介します。

【理由1】「外飲みをしてくる…」コロナ自粛への価値観の違い

「夫はリモートワークができない仕事で普段通り出勤しているのですが、今でも外飲みをしてきたりするんです。私はスーパーへの買い物の頻度を減らし、徹底的に予防をしているというのに……!

 もともとお酒好きな人なので気持ちは分からなくもないですが、感染のリスクもあるのに無神経に思えてしまって。それに、一人で待っていると心細いですし……。酔っ払って帰ってくる夫をみると、考え方の違いに悲しくなってしまいます」(34歳:主婦)

【対策】家飲みを楽しく!アイテムや工夫を取り入れる

 飲み会やお花見、イベントが次々と中止となり、世間は自粛ムード。でも、出勤必須の職種の方の場合、仕事の疲れを癒そうと、ついつい飲んで帰ってしまう方も多いようです。

 そんなパートナーにお困りの方におすすめしたいのが、家飲みを楽しくするアイテムや工夫を取り入れること。たとえば、家庭用のビールサーバーを購入してみたり、この機会に、燻製やぬか漬けなど一手間かかるおつまみ作りに取り組んでみるのも良いと思います。

「おうち居酒屋」にしてお品書きを作ってみるなど、ユーモアを含んだ工夫をしてみると、パートナーも速攻で帰ってきて家飲みを楽しんでくれるかもしれません。お揃いのグラスや食器を新調するだけでも、気分が上がりますよ。

家庭内で起こるすれ違い……(写真:iStock)
家庭内で起こるすれ違い…… (写真:iStock)

【理由2】「タバコの臭いが嫌!」家庭内で起こるすれ違い

「私は大のタバコ嫌いですが、パートナーは大のタバコ好き。今までは“仕事先や外食でしか吸わない”と決めてくれていたのに、コロナ自粛で在宅勤務になってから一転、家でもタバコを吸うようになってしまいました。しかも、今どき紙巻きタバコです。

 換気扇の下で吸うとはいえ、吸わない私からするとやっぱり煙が臭くて……。部屋にも臭いがついてしまいそうで、イライラしてしまいます。キッチンにはタバコの細かい灰が飛んでいますし、もう、料理や掃除をしたくありません……」(39歳:専門職)

紙巻きタバコからの乗り換えも
紙巻きタバコからの乗り換えも

【対策】理想を押し付けない!臭いが少ない加熱式タバコを提案

 こんなご時世ですが、自粛で行動を制限されている中、愛煙家に「禁煙」を押し付けるのはトラブルのもとになってしまいがち……。なぜなら、タバコを吸う方のほとんどは「タバコを吸うこと」が習慣化されていて、ストレス発散や息抜きであったり、気持ちを仕事モードに切り替えるスイッチになっているからです。

 とはいえ、嫌煙家の方にとって、タバコの煙はつらすぎますよね。やめて欲しいという理想はわからなくもないですが、ここはひとまず、臭いが少なく灰も飛ばない加熱式タバコを提案して、お互い歩み寄ってみるのはいかがでしょうか?

 高温加熱式だと燃やしたような臭いがありますが、低温加熱式であれば臭いがほとんどないだけでなく、燃えカスが出ないのもメリットですよ。

おうち映画で楽しいを共有(写真:iStock)
おうち映画で楽しいを共有 (写真:iStock)

【理由3】「顔を合わせると喧嘩勃発!」コミュニケーション不足

「夫はリモート、私は職業柄外に出る仕事のため、コロナ自粛になってから生活習慣がガラッと変わってしまいました。そのせいもあり、なんだかギスギス……。帰宅後、溜まった洗い物を見るだけでぐったりですよ。顔を合わせるたびに喧嘩が勃発していて、とにかく疲れます。

 スキンシップも減ってしまって、チャレンジしていた妊活もいつ再開されることやら……早くコロナが過ぎ去って欲しいです。」(35歳:販売)

【対策】今こそ「一緒に」何かをする時間を作る

 コロナ自粛の中、コミュニケーション不足を気にしているカップルはとても多いです。中には家庭内での接触ですら避けている方もいるようですが、こんな時こそ、「一緒に」何かをする時間を作ってみてください。

 お互いがリモートワークだったとしても、「◯曜日には映画を見よう」「休日はジョギングで体を動かそう」など、出来事を共有することが大切でしょう。コミュニケーションを絶やさないことが、コロナ破局を防ぐカギを握ります。

たまにはデリバリーもいいよね(写真:iStock)
たまにはデリバリーもいいよね (写真:iStock)

【理由4】「家事分担が不公平!」家庭内のバランスが崩れる

「コロナ以前、普段の家事はおもに私が担当していましたが、『各自で夕食を済ませる』、『土日は一緒に外食しに行く』など、適度に手を抜ける環境にありました。

 でも、今は自粛中。外食にも行けません。でも、お互い在宅仕事なのに、毎食のご飯作りや後片付け、掃除、洗濯、ゴミ出しなどの家事を、なぜ私だけがやらないといけないのでしょうか?正直、不公平に感じてしまって……。

 家計は夫7:私3くらいの割合なのですが、せめて3割は家事をやってくれないと、割に合いません!」(33歳:IT)

【対策】きっちり分担!手抜きタイミングをスケジュールに入れる

 コロナ禍の今、家事分担で喧嘩が勃発しているカップルは多いです。特にお子さんがいる兼業主婦の場合には、育児と家事、仕事と自粛前よりも忙しくなっているのが現状でしょう。

 家事分担については、やはり一度しっかり話し合う必要があります。すべてを平等にというのは難しくても、「食器洗いは必ずしてもらえる」と思うだけで心の余裕はできるものです。

 また、手抜きするタイミングを作ってみるのもおすすめです。たとえば、3日に1回はテイクアウトやデリバリーをする!と決めるだけでも、その日の食事作り&お皿洗いの手間が省けますよ。

ラブ 新着一覧


FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 好きだった彼と付き合うことになったら、誰だって「ずっと一緒にいたい」と思うものでしょう。しかし、一緒にいる時間が長くな...
恋バナ調査隊 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 離婚経験者のみなさま、離婚した理由を周りに聞かれることって、ありますよね? その時、どんな風に説明していますか? ...
七味さや 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
「理想の男性は?」と聞かれた時、“頼りがいがある年上男性”と答える女性は多いでしょう。年上男性は仕事経験だけでなく人生経...
恋バナ調査隊 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
 近ごろ、マッチングアプリでママ活を始めようとする社会人男性が急増しています。なかには「40代ですがママ募集してます」と...
内藤みか 2020-09-17 06:00 ラブ
FILM
 男性をデートに誘う時、LINEなら顔を見なくて済むので勇気も出ますよね♡ でも、どんな風に誘ったら良いのか悩んでしまっ...
恋バナ調査隊 2020-09-17 06:00 ラブ
FILM
 “駆け引き”と聞くと、あまり良いイメージを持たない方も多いでしょう。しかし、恋愛においては、時に駆け引きが必要なことも...
恋バナ調査隊 2020-09-16 06:00 ラブ
FILM
 好きな男性が脈ありか脈なしかを知りたい場合、LINEから心理を読み解くのが有効です。実は、男性の深層心理は、知らず知ら...
恋バナ調査隊 2020-09-16 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-21 14:47 ラブ
FILM
 素敵な男性と出会うと、「どうせ、彼女がいるんだろうな……」と思ってしまう人は多いはず。でも、そこで諦めてしまえば、せっ...
恋バナ調査隊 2020-09-15 06:00 ラブ
FILM
 LINEって顔が見えないからこそ、つい大胆になってしまいがちですよね。その落とし穴に一番ハマりやすいのが「恋愛下手の女...
恋バナ調査隊 2020-09-14 06:00 ラブ