出会い方の一つ!マッチングアプリの魅力&後悔しない注意点

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-28 06:00
投稿日:2020-06-28 06:00
 人との出会いというのは、とても不思議なもの。自然な出会いもあれば、必然的な出会いもあるでしょう。マッチングアプリの出会い方も、一つの出会いの形です。ここでは、マッチングアプリの魅力&注意点を紹介します。

一つの出会い方!マッチングアプリの5つの魅力

マッチングアプリのメリットは?(写真:iStock)
マッチングアプリのメリットは? (写真:iStock)

 恋人がほしいけれど、「出会いがない」と思っている人の中には、積極的に行動できていない人も多いでしょう。マッチングアプリというと、ついつい敬遠する方も多いと思いますが、実は魅力もたくさん。出会い方の一つの方法として、ご覧ください!

1. 普段の生活では出会えない人と出会える

 普段の生活の中で人と出会うには、それぞれ限りがあります。家と職場の往復だけでは、家族や職場の人、取引先の人以外、新たな出会いを見つけるのは難しいものです。

 マッチングアプリは、普段の生活では出会うことのない人との出会いを見つけられるのが一番の魅力。知らない世界を知ることにもつながります。

2. マイペースに無理なくコミュニケーションがとれる

「仕事が忙しくて、恋活の暇がない」という人にとっても、マッチングアプリはとても便利。空いた時間を使って、スマホ一つで新たな出会いを見つけることができます。あなたの都合の良い時にやり取りできますから、無理なくコミュニケーションがとれるでしょう。

3. 会う前から相手の出会い目的が明確

 恋活している人の中には、「結婚まで考えられる相手を見つけたい」「すぐに結婚したい」と思っている人も多いでしょう。そんな人にとって、無駄な時間はできるだけ避けたいはず。

 マッチングアプリであれば、友達を探しているのか、結婚相手を探しているのか、事前にそれぞれの利用目的を確認することができます。ニーズに合った相手を見つけることができますよ。

4. 気軽に出会いを探せる

 レストランで食事をしている時、タイプの人を見かけたからといって声を掛けられる人は少ないでしょう。

 しかし、マッチングアプリであれば「タイプだな」という人を見つけたら、気軽にメッセージを送ることができます。同時に複数の人ともやり取りできるため、より自分にぴったりの人を見つけられる可能性が高いでしょう。

5. アプリを通したやり取りが安心

 合コンなどでの出会いの場合、気になる相手がいたとしても連絡先を交換しなければ、先に進むことができません。しかし、タイプだからといって、素性が知れない人と連絡先を交換するのに抵抗を感じる人も多いはず。

 その点、マッチングアプリであればアプリ内を通して連絡を取ることができるため、安心なやり取りができるでしょう。

マッチングアプリでの出会いを後悔しないためには?5つの注意点

時間をかけて信頼関係を作ろう(写真:iStock)
時間をかけて信頼関係を作ろう (写真:iStock)

 マッチングアプリというと、「遊び目的の人もいるのでは?」と、利用をためらう人もいるでしょう。後々後悔しないためには、注意点を頭に入れておくことで冷静な判断ができるはずです。

1. すぐに会わない

 出会いを求めている人の中には、「今すぐ恋人がほしい」と、メッセージのやり取りをほとんど行わずにすぐに会ってしまう人がいます。しかし、これでは相手がどんな人かを判断することができず、後々後悔する可能性が高くなってしまいます。

 そうならないためには、メッセージのやり取りを何度も繰り返し、「この人なら大丈夫」と冷静に判断できてから会うことが肝心です。

2. 個人情報は伝えない

 マッチングアプリをしている人は、基本的には出会いを求めている場合が多いです。しかし、ある程度の期間やり取りをしてみなければどんな人かは分かりません。

 そのため、信頼できるまでは相手に個人情報は伝えないことが必須。電話番号はもちろん、職場や自宅がどの辺にあるのかについても教えないようにしましょう。

3. 時間をかけて信頼関係を築く

 マッチングアプリを利用する際、運が良ければすぐに気が合う相手が見つかることもあるでしょう。しかし、アプリを通して連絡を取っている間は、慎重になる必要があります。時間をかけて、相手との信頼関係を築いていきましょう。

4. 自分のことを美化して伝えない

 

 マッチングアプリで相手を探す時には、写真をチェックしながら好みの人を探す人が多いでしょう。これは、相手にとっても同じこと。

 実際会ったら「タイプと違った」と思われてしまうリスクがあるため、アプリの写真や自分のことを伝える際には自分を美化しすぎないことも大切です。せっかく会うところまで漕ぎつけても、恋人に進展することがなくなってしまうかもしれません。

5. 会う時は、昼間の人が多い場所、もしくは友達同伴で

 アプリを通して何度も交流をしていると、どんな人なのかもある程度見えてきますし、「会ってみたい」という思いも強くなるでしょう。

 しかし、どんなに話が盛り上がっていたとしても、初対面ということを忘れてはいけません。実際に会うことになったら、昼間の人が多い場所、もしくは友達同伴で会うことが大切です。トラブルなどに巻き込まれる心配が少なくなります。

マッチングアプリの魅力を活かした出会い方もあり!

 マッチングアプリの出会い方には、不安を感じる人も多いでしょう。実際、マッチングアプリで出会った人とトラブルに発展してしまうケースもあります。

 しかし、自由に利用できるアプリだからこそ、あなた自身が冷静に判断し、注意点を踏まえた上で利用できれば、トラブルも避けることができるはず。

 マッチングアプリの使い方はあなた次第。素敵な出会いが見つかるといいですね。

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 06:00 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...