デートの必要なし!アプリにはびこる“地雷男子”の見分け方

七海 ライター
更新日:2020-05-20 11:28
投稿日:2019-12-25 06:00
「あ、『いいね』が来てる。どんな人だろう!」
 マッチング系のアプリを使ったことのある女性なら、誰しも“地雷ユーザー”に当たってしまって時間を無駄にした……という失敗談を持っているはず。
 ネットでの出会いは効率的なぶん、おかしな人もたくさんいます。どうせデートするならできるだけ精度の高い“マッチング”がいいですよね。会わなくても「地雷男子」とわかる見分け方をご紹介します。

ふざけたユーザーネームで登録している

ネットで出会う“地雷男子”に気をつけて(写真:iStock)
ネットで出会う“地雷男子”に気をつけて (写真:iStock)

「ゴルバチョフ」「P太郎」「豊島区のクマさん」……これらは筆者が実際にアプリの中で見かけた登録名です。もちろん、匿名で登録することを咎めることはできませんし、もしかしたらすごく用心深い人なのかもしれません。ですが、やはり良い印象は持たないですよね。

 明らかに本名とかけ離れた名前で登録している人と実際に会ったこともありますが、大抵は遊び目的か、恋人がいたり既婚者だったりしました。身バレを防ぐためにそういった登録名にしているのでしょう。

 真面目に恋人を探している人だったら、無難な名前で登録するのではないでしょうか? なので、こういったタイプは避けたほうが無難です。「すごくユーモアがある人なのかもしれない!」という期待も捨てた方がベター。

接写の自撮りしか載せていない

写真を盛るのはお互いさまだけど(写真:iStock)
写真を盛るのはお互いさまだけど (写真:iStock)

 ごはんの写真ばかり載せている、写真加工アプリでネコ耳を生やしている、などは誰もが避ける“地雷ユーザー”ですが、意外と見誤りやすいのは接写を載せているタイプ。「なんか、すごいかっこいい人っぽい」と雰囲気にだまされて待ち合わせをすると、イメージしていた人と全然違う人が現れた! というのはよく聞く話です。

 男性からも「接写しか載せていない女の子は実物と全然違うことが多い」との愚痴はよく耳にします。自撮りを日常的にする女性ならわかると思いますが、接写は盛りやすいんです。ちょっと太っていても、頭髪が残念でも、顔が大きくても、雰囲気イケメン風に撮ることができます。

 そして、脳は足りない情報を与えられると、想像で良いように補完するクセがあります。一部隠れているけど、きっとイケメンなパーツの持ち主に違いない! そう決めつけて会いに行くとガッカリする羽目になります。

 もちろん、アプリで写真を盛るのはもはやお互いさまですし、よくあることですから、中身は普通のしっかりした男性であることもあります。とはいえ、面食い女性はこの手法に落胆させられることになるので、オススメできません。

文章が不自然なほどポジティブ

ポジティブすぎる文章に違和感…(写真:iStock)
ポジティブすぎる文章に違和感… (写真:iStock)

「毎日死にたいと思いながら生きていましたが、あることをキッカケに明るく、積極的な人生にチェンジしました!」

「僕と一緒にいる人は絶対に未来が輝くことを約束します♪ もっと人生を向上させたいと1ミリでも思っていたら、いいねください」

 笑顔のアイコン、ユーザーネームはごく普通のイニシャル、プロフィールも簡素ではなくしっかり埋めてある。だけど、なんとなく怪しい。

 文章がポジティブすぎる人ってたまにいませんか? 「すごく明るい人なのかな?」「子供のように純粋な人なのかな?」と好感を抱いて会ってみると、目的が全然違うことがわかってガッカリしたことがありました。一体どうしてなのか。

 宗教に勧誘されたり、ネットビジネスに熱心に誘ってくるタイプに多いんです。「僕はこの人にあってから人生でずっといいことばかり起こったんだ。**ちゃんも会ってみない?」「パーティがあるから行ってみない?」などと誘ってきたら、確定と言っていいでしょう。

 彼らからしたら悪意はないだけに、少々厄介なユーザーでもあります。しかし、「恋人が欲しい」という目的で使うのなら、この手のタイプとはミスマッチなので避けるべきでしょう。

LINEのIDを載せている

”誰でもカモン”な人はお断り!(写真:iStock)
”誰でもカモン”な人はお断り! (写真:iStock)

「課金していないので、メッセージはLINEからください」とLINEのIDやQRコードを載せている人は後を絶ちません。

 確かに効率的なのかもしれません。ですが、危機管理能力のなさの露呈でしかないですよね。それに、「課金していない」ということは、できるだけコストをかけずに出会いたい、というケチな男性であることを自らひけらかしていることでもあります。二つの意味で会うのは避けた方がいいでしょう。

 真面目に恋人が欲しいと思っていたら、“誰でもカモン”というようなスタンスは取らないはずですから。

まとめ

 マッチングアプリをやったことがない人に、「アプリに登録してる男なんてろくな奴いないでしょ」と止められることは時々あります。確かに、びっくりするほど常識がない人や、理解不能な人に時々当たってしまうことも事実です。

 ですが、それらは気をつけていれば避けられる事故なので、防衛も兼ねて、怪しそうな人がいたらスルーした方が円滑な恋活になります。せっかく選ぶ側にいるのですから、“地雷男子”はしっかりと見分けましょう。

ラブ 新着一覧


浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼氏が優しいのは最初だけ…? 残念な理由2つと抜け出す方法
 せっかく付き合えた彼氏。なぜか毎回、最初は楽しいのに数カ月経つとデートや連絡が激減したり、奢ってくれなくなったり、「好...
若林杏樹 2021-10-13 06:00 ラブ
運命の出会いを果たし…夫の元から去った女性の意外な選択
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-10-13 06:00 ラブ