コロナでも「浮気」や「不倫」を自粛できなかった人の言い分

内藤みか 作家
更新日:2020-06-18 06:10
投稿日:2020-06-18 06:00
 いよいよ全面解除も近い新型コロナウイルスの自粛要請。とはいえ、今後も当面は密を避け、ソーシャルディスタンスを保ちながら慎重に暮らす必要があるといいます。そんななか、コロナ禍であっても浮気や不倫を自粛できなかった人たちもいます。

エッチをやめられない!

消毒してるから大丈夫でしょ(写真:iStock)
消毒してるから大丈夫でしょ (写真:iStock)

 実はラブホテルは休業要請対象ではなかったので、自粛期間中も利用することができました。そのため、地方でも都会でも、ラブホテルが平日の昼から満室という現象があちこちで起きていたのです。自宅で暇を持て余した人たちが訪れていたのかもしれません。

 こうした施設を利用する人たちには、理由があります。たとえば、親と同居なので、エッチをするときはラブホテルを利用するしかないというカップルもいます。彼らは前々からラブホデートを続けてきたし、ホテルならちゃんと消毒しているから大丈夫だろうという考えだったのです。

【あわせて読みたい】濃厚接触お構いなし…自粛中もラブホテルが大混雑だった理由

浮気や不倫をやめられない!

浮気相手が元で子供に感染したら…(写真:iStock)
浮気相手が元で子供に感染したら… (写真:iStock)

「相手が本当に大切だからこそ、今は会わないほうがいい」とあちこちで言われていた状況でしたが、それでも会ったカップルには、さまざまな事情があったと思われます。自粛期間に逢瀬を重ねたカップルをやみくもに非難するべきではありません。ただ、問題なのは、恋人や配偶者がいるのに、外で浮気や不倫を重ねてしまった人です。

 恋人や配偶者に秘密で他の異性と濃厚接触をした場合、その浮気相手から感染したら、大変なことになります。恋人や配偶者にまで感染のリスクを負わせてしまうかもしれないのです。こうなると単に浮気や不倫だけの問題にはとどまりません。命の問題にもなってしまいかねないのです。

出会いをやめられない!

ちょっとだけ会ってみない?(写真:iStock)
ちょっとだけ会ってみない? (写真:iStock)

 恋人や夫を信じていた人が浮気の事実を知ったら、大変な衝撃です。コロナ禍の真っ只中だった場合、心も体も傷ついてしまうかもしれないから、なおさらです。大切な人から大切にされるどころか、危険な目に遭わされたら、彼に愛されているのかも信じられなくなってしまうでしょう。

 感染症が心配な時期にもかかわらず浮気や不倫をやめられない人のことは、注視する必要があるかもしれません。マッチングアプリにも「コロナだけど、ちょっとなら大丈夫だと思うので会いませんか?」「既婚者ですが、それでもいいという人、安全そうな場所で遊びませんか?」などという自粛知らずの書き込みが後を絶ちませんでした。

「今は出かけるべきではないとわかっているけど、誰かと体を重ねたいという欲求を抑えられない」「バレたら何もかも終わりだと思うけど、ガマンできなくて続けてしまう」というのが、彼らの言い分です。浮気や不倫の「いけないことをしているスリル」が病みつきになっていると言う人もいます。

ラブ 新着一覧


年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
彼からずっと愛される女性は何が違う? 5つの特徴&NG行動
 多くの女性が、大好きな彼からずっと愛される女性でいたいと思っているでしょう。しかし、現実は価値観の違いやマンネリ化が原...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
“ご褒美彼女”になって彼を癒す存在になる♡ 4つのポイント
 社会で戦う男性たちの疲れを、包み込んで癒す「ご褒美彼女」。女性から会いたいと言わなくても、「頑張ったから会いたい!」「...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
イケてる男性を自分のトリコにして浮気もさせない方法とは?
 皆さん、浮気をされたことはありますか? 浮気されるととてもツライですよね。競争率が高い男性を見事GETしても、この先ま...
若林杏樹 2021-07-21 06:00 ラブ
はじめての待ち合わせデート♡印象をアップさせる方法まとめ
 大好きな彼と、はじめての待ち合わせデート♡ ウキウキドキドキしてしまいますよね! 「このデートを成功させて、絶対に恋を...
恋バナ調査隊 2021-07-21 06:00 ラブ