コロナでも「浮気」や「不倫」を自粛できなかった人の言い分

内藤みか 作家
更新日:2020-06-18 06:10
投稿日:2020-06-18 06:00
 いよいよ全面解除も近い新型コロナウイルスの自粛要請。とはいえ、今後も当面は密を避け、ソーシャルディスタンスを保ちながら慎重に暮らす必要があるといいます。そんななか、コロナ禍であっても浮気や不倫を自粛できなかった人たちもいます。

エッチをやめられない!

消毒してるから大丈夫でしょ(写真:iStock)
消毒してるから大丈夫でしょ (写真:iStock)

 実はラブホテルは休業要請対象ではなかったので、自粛期間中も利用することができました。そのため、地方でも都会でも、ラブホテルが平日の昼から満室という現象があちこちで起きていたのです。自宅で暇を持て余した人たちが訪れていたのかもしれません。

 こうした施設を利用する人たちには、理由があります。たとえば、親と同居なので、エッチをするときはラブホテルを利用するしかないというカップルもいます。彼らは前々からラブホデートを続けてきたし、ホテルならちゃんと消毒しているから大丈夫だろうという考えだったのです。

【あわせて読みたい】濃厚接触お構いなし…自粛中もラブホテルが大混雑だった理由

浮気や不倫をやめられない!

浮気相手が元で子供に感染したら…(写真:iStock)
浮気相手が元で子供に感染したら… (写真:iStock)

「相手が本当に大切だからこそ、今は会わないほうがいい」とあちこちで言われていた状況でしたが、それでも会ったカップルには、さまざまな事情があったと思われます。自粛期間に逢瀬を重ねたカップルをやみくもに非難するべきではありません。ただ、問題なのは、恋人や配偶者がいるのに、外で浮気や不倫を重ねてしまった人です。

 恋人や配偶者に秘密で他の異性と濃厚接触をした場合、その浮気相手から感染したら、大変なことになります。恋人や配偶者にまで感染のリスクを負わせてしまうかもしれないのです。こうなると単に浮気や不倫だけの問題にはとどまりません。命の問題にもなってしまいかねないのです。

出会いをやめられない!

ちょっとだけ会ってみない?(写真:iStock)
ちょっとだけ会ってみない? (写真:iStock)

 恋人や夫を信じていた人が浮気の事実を知ったら、大変な衝撃です。コロナ禍の真っ只中だった場合、心も体も傷ついてしまうかもしれないから、なおさらです。大切な人から大切にされるどころか、危険な目に遭わされたら、彼に愛されているのかも信じられなくなってしまうでしょう。

 感染症が心配な時期にもかかわらず浮気や不倫をやめられない人のことは、注視する必要があるかもしれません。マッチングアプリにも「コロナだけど、ちょっとなら大丈夫だと思うので会いませんか?」「既婚者ですが、それでもいいという人、安全そうな場所で遊びませんか?」などという自粛知らずの書き込みが後を絶ちませんでした。

「今は出かけるべきではないとわかっているけど、誰かと体を重ねたいという欲求を抑えられない」「バレたら何もかも終わりだと思うけど、ガマンできなくて続けてしまう」というのが、彼らの言い分です。浮気や不倫の「いけないことをしているスリル」が病みつきになっていると言う人もいます。

ラブ 新着一覧


好きになりたいのに…未練を断たずに次の恋愛はできるの?
 離婚後にモテ期が到来して二度目の独身を謳歌する人もいれば、傷心のまま新しい恋愛に踏み出せない人も。いざ恋愛のチャンスが...
七味さや 2020-11-27 06:00 ラブ
飽きない彼女になりたい♡ いつまでも愛される女性の特徴5つ
 彼氏と長続きしたいけれど、いつもマンネリ化して結局別れてしまうと悩んでいる人は多いようです。でも、中には長く続くほどに...
恋バナ調査隊 2020-11-27 06:00 ラブ
願いは書けば叶う?ママ活男子の“夢見るプロフィール”の中身
 願いごとがあるのなら、それを書く(もしくはスマホなどに入力する)ことで、叶いやすくなるという話をよく聞きます。ママ活男...
内藤みか 2020-11-26 06:00 ラブ
恋が終わる残念なLINEの特徴6つ&男性が喜ぶ返信の仕方
 好きな人とLINEを交換できたのはいいものの、LINEがつまらなさすぎて自然消滅してしまった……という経験をお持ちの人...
恋バナ調査隊 2020-11-26 06:00 ラブ
男性がドキっとする女性のギャップとは? 作り方4つのコツ♡
 恋愛を進展させるためには、「ギャップ」が効果的。コツさえ掴めば誰にでも簡単に身につけられる恋愛テクニックですが、何から...
恋バナ調査隊 2020-11-25 06:00 ラブ
28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 16:03 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ