浮気性の彼氏のLINE写真に彼女が仕込んだ“暗黙のメッセージ”

うかみ綾乃 小説家
更新日:2020-06-21 06:00
投稿日:2020-06-21 06:00
ただの仕事関係者なのに勘違いをした男(写真:iStock)
ただの仕事関係者なのに勘違いをした男 (写真:iStock)

 パートナーがいるにもかかわらず、別の女性に手を出したがる男たち。つくづく人として理解不能です。

 ライフワークのように口説き回る遊び中毒タイプもいれば、本気になって舞いあがる昇天タイプもおり、こちらもうっかり「男ってのはそういうもんだ」と諦めてしまいがちですが、パートナーにとっては当然、傷つくことで、言い寄られる女にしても、軽く見られることで傷つくし煩わしいし、周りに誤解されでもしたら仕事にも名誉に関わって大変迷惑。

 ただ、ときには浮気男を上手く抑えたり、相手の女性を、穏便な形で遠ざける妻(彼女)さんもいるんですね。今回は共感するかしないはさて置いて、私が「なるほどなぁ」と膝を打った、妻(彼女)さんたちの浮気男対処エピソードをご紹介します。

彼の写真にビューティモード

 このとき言い寄られたのは、私の友人のA子(20代、出版社勤め)。仕事で知り合ったB(40代)はイベント会社スタッフ。初対面で気に入られ、以後、毎日のようにLINEが届くようになりました。

 Bは独身でひとり暮らしとのこと。A子としては独身だとかを含めて興味はなく、それでも目上の仕事関係者なのであまり無下にもできません。

 Bは毎晩、近況報告やデートの誘いとともに、草野球でバットを構えている自分の写真なども送ってきます。そういう子供っぽさは憎めないものの、いろいろ詰めが甘く、写真の中にはベッドで猫とたわむれているような、どう見ても彼女さんが撮ったのだろうショットも混じっています。

 このとき、「いいお写真ですね、彼女さんが撮ったんですか」とくらい返しておいても良かったのですが、そうなるとBは逆に「俺に彼女がいるのか気にしてるのかな」と自惚れそうでもあり、いずれにしても美人のA子にとって、こういうのはよくあるちょっとした台風のようなもの。

 しばらく無難に対応しておけば、そのうち熱を冷ましてくれるだろうと、短く丁寧な返信のみに終始していました。

LINEに届いた写真、いままでと違うのは…

とにかくしつこいけど断りづらい(写真:iStock)
とにかくしつこいけど断りづらい (写真:iStock)

 ところがBの舞い上がりは止まりません。やがて深夜に酔っていそうな勢いで、「A子ちゃんと温泉行きたい♡」「お湯の中でタッチしてもらえたらチョー幸せ♡」などと、不愉快極まりない文言まで送ってくるようになりました。

 ここらできっぱり振ってあげるべきだろうか。でも仕事関係で気まずくなるのは面倒臭い。さすがにストレスを感じはじめていた頃のことです。Bから「髪型変えたよ!」と、写真付きのLINEが届きました。

 その写真は背景からして自宅っぽく、やはり彼女さんが撮ったもののようです。が、いままでとは違うのは、ビューティモードがかけられていたことでした。おー、補正20%くらいか……。

 想像するに、彼女さんは最近、浮ついた様子でスマホを弄っているBに、また病気が始まったと気づいていたのだと思います。そしていつものようにBの写真を撮り、今回はあえてビューティモードをかけたのかもしれません。

 Bは多くの男性と同じようにビューティアプリに詳しくなく、補正20%程度なら「なんか俺、男前じゃん!」と単純に嬉しがり、あるいは彼女さんから「ビューティかけたよ」と教えられても、見た人は気づかないだろうと思い込み、というか、いろいろ考えるよりもまずはともあれ「俺の男前の写真、A子ちゃんに送らなきゃ!」といそいそLINEし、彼女さんは、Bのその行動まで見越していたのだと思います。

こんな使い道もあったとは!

彼女さんも大変だけどがんばって!(写真:iStock)
彼女さんも大変だけどがんばって! (写真:iStock)

 もしもこれが彼女さんからの無言の牽制ならまたしんどいですが、A子はむしろ、脇の甘い浮気男と付き合っている彼女さんからの、「うちのがいつもすみません。良かったらこれ、突っ込んでやってください」とのアシストを受け取った気がしました。

 無駄にしませんよ。A子は早速Bに返信。

「今回はビューティモードまでかけられて、彼女さんの愛がこもってますね!」

 めでたくこれ以降、Bからの言い寄りLINEはストップしました。なにかと役立つビューティアプリですが、こんな使い道もあったとは。

 Bがまだ浮気男の割にマシだったのは、彼女さんの存在だけは隠そうとしていたことです。とにもかくにも、彼女さんがしっかりしていそうな方だったのが幸いしたエピソードでした。

(水際対策編、次回も続きます)

うかみ綾乃
記事一覧
小説家
2011年「窓ごしの欲情」(宝島社文庫)で日本官能文庫大賞新人賞受賞。’12年「蝮の舌」(悦文庫)で第二回団鬼六賞大賞受賞。コラムニスト、映画の原作&脚本家としても活躍中。近著に「蜜味の指」(幻冬舎アウトロー文庫)。2020年から原作映画『モンブランの女』(『モンブランを買う男』AubeBooks)が全国で公開中。
ブログ http://ukamiayano.blog.fc2.com/

関連キーワード

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ