浮気性の彼氏のLINE写真に彼女が仕込んだ“暗黙のメッセージ”

うかみ綾乃 小説家
更新日:2020-06-21 06:00
投稿日:2020-06-21 06:00
ただの仕事関係者なのに勘違いをした男(写真:iStock)
ただの仕事関係者なのに勘違いをした男 (写真:iStock)

 パートナーがいるにもかかわらず、別の女性に手を出したがる男たち。つくづく人として理解不能です。

 ライフワークのように口説き回る遊び中毒タイプもいれば、本気になって舞いあがる昇天タイプもおり、こちらもうっかり「男ってのはそういうもんだ」と諦めてしまいがちですが、パートナーにとっては当然、傷つくことで、言い寄られる女にしても、軽く見られることで傷つくし煩わしいし、周りに誤解されでもしたら仕事にも名誉に関わって大変迷惑。

 ただ、ときには浮気男を上手く抑えたり、相手の女性を、穏便な形で遠ざける妻(彼女)さんもいるんですね。今回は共感するかしないはさて置いて、私が「なるほどなぁ」と膝を打った、妻(彼女)さんたちの浮気男対処エピソードをご紹介します。

彼の写真にビューティモード

 このとき言い寄られたのは、私の友人のA子(20代、出版社勤め)。仕事で知り合ったB(40代)はイベント会社スタッフ。初対面で気に入られ、以後、毎日のようにLINEが届くようになりました。

 Bは独身でひとり暮らしとのこと。A子としては独身だとかを含めて興味はなく、それでも目上の仕事関係者なのであまり無下にもできません。

 Bは毎晩、近況報告やデートの誘いとともに、草野球でバットを構えている自分の写真なども送ってきます。そういう子供っぽさは憎めないものの、いろいろ詰めが甘く、写真の中にはベッドで猫とたわむれているような、どう見ても彼女さんが撮ったのだろうショットも混じっています。

 このとき、「いいお写真ですね、彼女さんが撮ったんですか」とくらい返しておいても良かったのですが、そうなるとBは逆に「俺に彼女がいるのか気にしてるのかな」と自惚れそうでもあり、いずれにしても美人のA子にとって、こういうのはよくあるちょっとした台風のようなもの。

 しばらく無難に対応しておけば、そのうち熱を冷ましてくれるだろうと、短く丁寧な返信のみに終始していました。

LINEに届いた写真、いままでと違うのは…

とにかくしつこいけど断りづらい(写真:iStock)
とにかくしつこいけど断りづらい (写真:iStock)

 ところがBの舞い上がりは止まりません。やがて深夜に酔っていそうな勢いで、「A子ちゃんと温泉行きたい♡」「お湯の中でタッチしてもらえたらチョー幸せ♡」などと、不愉快極まりない文言まで送ってくるようになりました。

 ここらできっぱり振ってあげるべきだろうか。でも仕事関係で気まずくなるのは面倒臭い。さすがにストレスを感じはじめていた頃のことです。Bから「髪型変えたよ!」と、写真付きのLINEが届きました。

 その写真は背景からして自宅っぽく、やはり彼女さんが撮ったもののようです。が、いままでとは違うのは、ビューティモードがかけられていたことでした。おー、補正20%くらいか……。

 想像するに、彼女さんは最近、浮ついた様子でスマホを弄っているBに、また病気が始まったと気づいていたのだと思います。そしていつものようにBの写真を撮り、今回はあえてビューティモードをかけたのかもしれません。

 Bは多くの男性と同じようにビューティアプリに詳しくなく、補正20%程度なら「なんか俺、男前じゃん!」と単純に嬉しがり、あるいは彼女さんから「ビューティかけたよ」と教えられても、見た人は気づかないだろうと思い込み、というか、いろいろ考えるよりもまずはともあれ「俺の男前の写真、A子ちゃんに送らなきゃ!」といそいそLINEし、彼女さんは、Bのその行動まで見越していたのだと思います。

こんな使い道もあったとは!

彼女さんも大変だけどがんばって!(写真:iStock)
彼女さんも大変だけどがんばって! (写真:iStock)

 もしもこれが彼女さんからの無言の牽制ならまたしんどいですが、A子はむしろ、脇の甘い浮気男と付き合っている彼女さんからの、「うちのがいつもすみません。良かったらこれ、突っ込んでやってください」とのアシストを受け取った気がしました。

 無駄にしませんよ。A子は早速Bに返信。

「今回はビューティモードまでかけられて、彼女さんの愛がこもってますね!」

 めでたくこれ以降、Bからの言い寄りLINEはストップしました。なにかと役立つビューティアプリですが、こんな使い道もあったとは。

 Bがまだ浮気男の割にマシだったのは、彼女さんの存在だけは隠そうとしていたことです。とにもかくにも、彼女さんがしっかりしていそうな方だったのが幸いしたエピソードでした。

(水際対策編、次回も続きます)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-27 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ