浮気性の彼氏のLINE写真に彼女が仕込んだ“暗黙のメッセージ”

うかみ綾乃 小説家
更新日:2020-06-21 06:00
投稿日:2020-06-21 06:00
ただの仕事関係者なのに勘違いをした男(写真:iStock)
ただの仕事関係者なのに勘違いをした男 (写真:iStock)

 パートナーがいるにもかかわらず、別の女性に手を出したがる男たち。つくづく人として理解不能です。

 ライフワークのように口説き回る遊び中毒タイプもいれば、本気になって舞いあがる昇天タイプもおり、こちらもうっかり「男ってのはそういうもんだ」と諦めてしまいがちですが、パートナーにとっては当然、傷つくことで、言い寄られる女にしても、軽く見られることで傷つくし煩わしいし、周りに誤解されでもしたら仕事にも名誉に関わって大変迷惑。

 ただ、ときには浮気男を上手く抑えたり、相手の女性を、穏便な形で遠ざける妻(彼女)さんもいるんですね。今回は共感するかしないはさて置いて、私が「なるほどなぁ」と膝を打った、妻(彼女)さんたちの浮気男対処エピソードをご紹介します。

彼の写真にビューティモード

 このとき言い寄られたのは、私の友人のA子(20代、出版社勤め)。仕事で知り合ったB(40代)はイベント会社スタッフ。初対面で気に入られ、以後、毎日のようにLINEが届くようになりました。

 Bは独身でひとり暮らしとのこと。A子としては独身だとかを含めて興味はなく、それでも目上の仕事関係者なのであまり無下にもできません。

 Bは毎晩、近況報告やデートの誘いとともに、草野球でバットを構えている自分の写真なども送ってきます。そういう子供っぽさは憎めないものの、いろいろ詰めが甘く、写真の中にはベッドで猫とたわむれているような、どう見ても彼女さんが撮ったのだろうショットも混じっています。

 このとき、「いいお写真ですね、彼女さんが撮ったんですか」とくらい返しておいても良かったのですが、そうなるとBは逆に「俺に彼女がいるのか気にしてるのかな」と自惚れそうでもあり、いずれにしても美人のA子にとって、こういうのはよくあるちょっとした台風のようなもの。

 しばらく無難に対応しておけば、そのうち熱を冷ましてくれるだろうと、短く丁寧な返信のみに終始していました。

LINEに届いた写真、いままでと違うのは…

とにかくしつこいけど断りづらい(写真:iStock)
とにかくしつこいけど断りづらい (写真:iStock)

 ところがBの舞い上がりは止まりません。やがて深夜に酔っていそうな勢いで、「A子ちゃんと温泉行きたい♡」「お湯の中でタッチしてもらえたらチョー幸せ♡」などと、不愉快極まりない文言まで送ってくるようになりました。

 ここらできっぱり振ってあげるべきだろうか。でも仕事関係で気まずくなるのは面倒臭い。さすがにストレスを感じはじめていた頃のことです。Bから「髪型変えたよ!」と、写真付きのLINEが届きました。

 その写真は背景からして自宅っぽく、やはり彼女さんが撮ったもののようです。が、いままでとは違うのは、ビューティモードがかけられていたことでした。おー、補正20%くらいか……。

 想像するに、彼女さんは最近、浮ついた様子でスマホを弄っているBに、また病気が始まったと気づいていたのだと思います。そしていつものようにBの写真を撮り、今回はあえてビューティモードをかけたのかもしれません。

 Bは多くの男性と同じようにビューティアプリに詳しくなく、補正20%程度なら「なんか俺、男前じゃん!」と単純に嬉しがり、あるいは彼女さんから「ビューティかけたよ」と教えられても、見た人は気づかないだろうと思い込み、というか、いろいろ考えるよりもまずはともあれ「俺の男前の写真、A子ちゃんに送らなきゃ!」といそいそLINEし、彼女さんは、Bのその行動まで見越していたのだと思います。

こんな使い道もあったとは!

彼女さんも大変だけどがんばって!(写真:iStock)
彼女さんも大変だけどがんばって! (写真:iStock)

 もしもこれが彼女さんからの無言の牽制ならまたしんどいですが、A子はむしろ、脇の甘い浮気男と付き合っている彼女さんからの、「うちのがいつもすみません。良かったらこれ、突っ込んでやってください」とのアシストを受け取った気がしました。

 無駄にしませんよ。A子は早速Bに返信。

「今回はビューティモードまでかけられて、彼女さんの愛がこもってますね!」

 めでたくこれ以降、Bからの言い寄りLINEはストップしました。なにかと役立つビューティアプリですが、こんな使い道もあったとは。

 Bがまだ浮気男の割にマシだったのは、彼女さんの存在だけは隠そうとしていたことです。とにもかくにも、彼女さんがしっかりしていそうな方だったのが幸いしたエピソードでした。

(水際対策編、次回も続きます)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ