ゲームから恋愛に発展?「あつ森」で出会ったカップルに聞く

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-05-20 11:32
投稿日:2020-05-13 06:00
 3月の発売と同時に、Nintendo Switch本体の価格を高騰させるまでに人気沸騰している「あつまれどうぶつの森」(以下「あつ森」)。TikTokやYouTubeなどでも、やってみた動画や解説動画が山ほど出ています。積極的にフレンドとコミュニケーションすることでゲームを効率的に進めることができるので、ユーザー同士のコミュニケーションも多く交わされています。
 そんな中、「あつ森」を通じて交際に発展したというアラサーカップルも登場。そこで、「あつ森」の恋愛的なポテンシャルを、実際に付き合い始めたカップルに聞いてみました。

ゲームという共通の趣味を通して「恋愛」に至るまで

ゲームをきっかけに付き合うことに(写真:iStock)
ゲームをきっかけに付き合うことに (写真:iStock)

 今回は「あつ森」を通してお互いに仲を深め、実際に交際を始めたカップルに馴れ初めをインタビューしてきました。

ーーお二人は「あつ森」を始めるまでは全く面識がなかったということですよね?

♂:そうです。奇跡的にお互い同じ県に住んでいましたが、「あつ森」で島民として知り合い、一緒にゲームしていく中で付き合うまでに至りました。

ーーどのように仲良くなっていったのかをお伺いしてもいいですか?

♂:「あつ森」って、けっこう知らないユーザー同士でも交流がしやすいようになっているんですよ。一人で島を開拓するよりも、他のユーザーに協力してもらった方が簡単にゲームを進められるので、SNSでも積極的に「あつ森」ユーザーたちが交流しているんです。

 例えば自分の島にはまだ生えていないフルーツを分けてもらったりとか、株の売り買いをフレンドの島ですることでお金儲けをしやすくなったりとか。僕と彼女はその「株の売り買い」で、SNSでたまたま「#あつ森」というハッシュタグをつけている彼女の投稿を見かけて仲良くなったんです。

♀:私よりも彼の方がゲームをやり込んでいたので、フルーツや家具をもらったりといった交流を、よくするようになったんです。私は花をたくさん育てていたので、レアな色の花を分けてあげたり。

 もともとSNSで知り合ったので、お互いのTwitterをフォローし合っていたこともあり、ゲームのことをつぶやくたびに交流していたので、ほぼ毎日一緒にゲームをするようになりました。仲良くなってからはLINEも交換していたから、電話しながらゲームしたりしてたもんね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“女子アナ”上等!結婚願望が叶わないトホホ女性の共通点とは
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-09 06:15 ラブ
男性にモテる癒し系女性になりたい♡ 性格&外見9つの特徴
 男性は、付き合う女性に癒しを求めているもの。そのため、一緒にいて安心できるふんわりした印象の「癒し系女性」は、いつの時...
恋バナ調査隊 2021-03-09 06:04 ラブ
不安が尽きない彼…別れるべき?安心をくれる人との違いとは
 パートナーによって人生って変わりますよね。相性の良いパートナーを得て以前よりも幸せそうになった人、パートナーとうまくい...
七味さや 2021-03-08 12:34 ラブ
誠実な男性の5つの見分け方♡ 選ばれる女性になる準備とは?
 多くの女性が、理想の男性に求める条件として挙げるのが「誠実さ」でしょう。だって、誠実に向き合ってくれる男性となら、「幸...
恋バナ調査隊 2021-03-08 06:00 ラブ
あざとい女性がモテるのはなぜ?理由&真似したい5つの特徴
 “あざとい女性”というと、「計算高そう」というイメージが強いですよね。少し前まで、そんなあざとい女性は、同性からだけで...
恋バナ調査隊 2021-03-07 06:00 ラブ
男が依存してしまう…離れられなくなる女性の“絶対法則”4選
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世界人口74億人。パートナーとの出会いはすごいご縁です。できれば仲良くやって...
山崎世美子 2021-03-06 06:00 ラブ
夫婦に言葉は必要?妻のダメ出しが理解できずレスに苦しむ夫
「冷酷と激情のあいだvol.33〜女性編〜」では、心のこもっていない言葉を交わす夫にうんざりしている妻・Fさんの疲弊をご...
並木まき 2021-03-06 05:04 ラブ
ロボットといるみたい…薄っぺらい夫の言葉に疲弊する女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-03-06 05:06 ラブ
他人を不快にする“非モテ行為5選”!自分の格まで下げないで
 緊急事態宣言の解除の日が待ち遠しい昨今。桜の開花とともに、かつてのようなリアル対面での交流が増えてくるかもしれません。...
蒼井凜花 2021-03-05 06:00 ラブ
よい出会いのために…超スローマッチンング時代にできること
 2度目の緊急事態宣で出会いや恋愛の機会を奪われた人が大勢います。長引くコロナ禍により、男女のマッチングにかなりのスロー...
内藤みか 2021-03-04 06:00 ラブ
付き合う前に見極めて! 嘘つき男性の特徴&見破るポイント
 どんなにタイプの男性でも、嘘つきと分かれば気持ちは冷めてしまうもの。付き合ってから、信用できない相手だと知るのは辛いで...
恋バナ調査隊 2021-03-04 06:00 ラブ
そんなに頑張らなくてもOK!男性の気を引く簡単な方法って?
 皆さんは「カレを落としたい!」と思った時、どんな行動を取りますか? 美容にお金をかけたり、ボディラインがきれいに見える...
若林杏樹 2021-03-03 06:00 ラブ
成婚数No.1仲人姉さんが告白!大人婚できる人は質問でわかる
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-03 06:00 ラブ
思わずゾワ〜ッ…勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選
 LINEに届く内容の中でも、特に困るのが男性からのちょっと痛いLINEです。相手を傷つけたり、面倒なことになったりしな...
結婚相手の選び方♡重視するポイント&男性が求めている条件
結婚は、女性にとって人生を大きく変える最大のイベントです。そのため、結婚願望はあっても「本当にこの人でいいのか……」と、...
恋バナ調査隊 2021-03-02 06:21 ラブ
離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ