同棲が別れのきっかけに…参考にしたい失敗例&成功するコツ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-07-27 06:00
投稿日:2020-07-27 06:00
 同棲を始める時には、誰だって幸せな生活をイメージするものです。中には、結婚前提で同棲をスタートさせる人もいるでしょう。しかし、中には同棲したことがきっかけで、関係が壊れてしまうカップルもいるのです。
 そこで今回は、知っておきたい失敗例や失敗しないためのポイントをご紹介します。これから同棲を始める人は、ぜひチェックしてみてください。

経験者多数!多くの人が経験した同棲6つの失敗例

あんなに仲が良かったのに…(写真:iStock)
あんなに仲が良かったのに… (写真:iStock)

 恋人ができると「ずっと一緒にいたい」と思うものです。デートが終わる時に「帰りたくない」と、寂しい気持ちにあることもありますよね。そんなカップルにとって、同棲は夢のような生活に映っているでしょう。

 しかし、中には同棲をしたことで別れを迎えてしまうカップルもいます。実際に別れてしまったカップルは、どんな理由で同棲に失敗しているのでしょうか?

1. 金銭感覚が違った

 どんなに付き合いの長いカップルでも、お互いのお財布事情は以外と知らないもの。お給料や貯蓄、どんな使い方をしているのかには、触れていない人も多いはずです。

 しかし、同棲生活が始まると、当然ながら二人のお金で生活していくことになります。ちゃんと支払いをしない、お金にだらしないといった一面に気づいたり、意外な浪費癖に気づくことで、気持ちが冷めてしまう人もいます。

2. 束縛しすぎた

 同棲生活がスタートすると彼への思いや存在が大きくなり、ついつい束縛してしまう人もいます。残業の連絡や友達との飲み会などがあるたびに、嫌な顔をしてしまう人もいるでしょう。

 このような生活を続けると彼はあなたの存在が重荷になってしまい、ストレスになってしまう可能性があるでしょう。同棲生活でストレスを作らないためには、縛り過ぎないことも大切です。

3. 一人の時間が取れなくなった

 どんなに好きな人との生活が楽しくても、たまには「一人になりたい」と思うことがあるでしょう。特に喧嘩した後などは、同じ部屋にいるのも気まずいはずです。

 しかし、ワンルームの部屋などで暮らしている場合には、なかなか一人になることができません。その結果、行き詰まってしまい、別れを選んでしまう人もいます。

4. 家事負担がうまくできなかった

 同棲はあくまでも共同生活ですから、楽しいことばかりではありません。生活をしていくためには、料理や掃除、洗濯といった家事が必要不可欠です。

 お互いに仕事が落ち着いている時には、「早く帰った方が家事をやればよい」と思うことができますが、どちらも忙しくなるとそうはいきません。二人とも忙しくなり心に余裕がなくなれば、喧嘩が増え、関係が壊れてしまうこともあります。

5. 恋愛感情がなくなってしまった

 同棲生活で婚姻届けは出しませんが、実質的には結婚生活とほとんど変わりません。そのため、同棲生活が長くなればなるほど、「恋人」というよりは「家族」という感覚に変わってしまうこともあります。

 その結果、男女という感覚が薄れて恋愛感情がなくなってしまい、別れを選ぶカップルも少なくありません。

6. 生活リズムが違った

 長く付き合っている恋人でも、定期的なデートだけでは分からないことがたくさんあります。その一つが生活リズム。

 一緒に生活する上で、起きる時間、寝る時間、食事のタイミングなどの違いは、大きなストレスになることも。このことが原因で、同棲を解消する人もいます。

同棲生活を成功させるために押さえておきたい3つのコツ

生活に必要な経費についても共有しておく(写真:iStock)
生活に必要な経費についても共有しておく (写真:iStock)

 同棲の失敗例を知ると、不安に感じる人も多いかもしれませんね。しかし、失敗例を知ることで、成功させるポイントを掴むこともできるはずです。

1. お互いに認め合う

 同棲生活が始まると、相手の嫌な部分を見つけたり、おかしな癖に気づくこともあります。どんなに好きな相手でも他人ですから、価値観や考え方が違うのは仕方がありません。相手を認めなければ、共同生活は破綻してしまいます。

 万が一、気になるところを見つけても、あなたの価値観や考えを押し付けないようにしましょう。どうしても譲れないところがあれば、「こうした方がやりやすいよ」など、やんわりと伝えることがポイントです。

2. 女性であることを忘れない

 彼氏と一緒に暮らし始めると、慣れ合いが出てきてしまうものです。同棲前はメイクやおしゃれに手抜きをしなかったのに、普段からすっぴん、下着姿でウロウロすることすら平気になってしまう人もいます。

 これでは、彼氏にとって女性として見られなくなってしまう恐れがあります。どんなに一緒に暮らしていても女性であることを忘れず、自分磨きを怠らないようにしましょう。

3. ルール作りで不安や不満を減らす

 同棲生活を円満に過ごすためには、何よりも二人ならではのルールを作っておくことがポイントです。

 たとえば、お金のこと、家事分担、連絡ルールを事前に作っておけば、喧嘩のリスクが減るはずです。マンネリ化を防ぐためには、定期的なデート日なども決めておくと良いかもしれませんね。

失敗例やポイントを抑えれば、同棲は怖くない!

楽しい毎日が待っている♪(写真:iStock)
楽しい毎日が待っている♪ (写真:iStock)

 同棲には、メリットもデメリットもあります。失敗した人の話を聞くと、マイナスのイメージを抱く人も多いかもしれませんね。しかし、失敗話をマイナスと受け止めるのではなく、教訓として考えることができれば、円満な同棲生活を目指すことができるはずです。

 これから同棲を考えている人は、ぜひ失敗例と成功するコツをチェックして、幸せな同棲生活を目指してくださいね!

ラブ 新着一覧


“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「ヤリモク男」を見分ける5つの方法 狙われる女性の特徴は?
 好きなタイプの男性からアプローチされたら、すぐにOKしてしまう女性もいるでしょう。でも、どんなにタイプでも、相手をしっ...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
「ダサい彼氏」改造計画!諦める前に一緒に取り組む5つの策
 彼氏のことは好きだけど、「なんかダサい……」と感じている女性は少なくないようです。しかし、実際はというと、ダサいと思い...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
彼氏の家にお泊まりしてドン引き!「歯磨きしたことないよ」
 大好きな彼氏とのはじめてのお泊まりデート。ドキドキワクワクしながら家に向かってみたら、彼氏の素顔や知られざる真実にドン...
恋バナ調査隊 2022-06-26 06:00 ラブ