夫の私物を勝手に処分…自分の欲求のため手段を選ばない鬼嫁

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-08-01 06:00
投稿日:2020-08-01 06:00
 鬼嫁と呼ばれる女性の中には、夫を思い通りにコントロールできないと、不機嫌になるタイプも珍しくありません。さらには自分の意のままに夫を動かすためなら、手段を選ばない鬼嫁も……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁たちの暴挙をご紹介します。

1:女ウケしそうな私物は勝手に処分

怪しいものはすべて捨てる(写真:iStock)
怪しいものはすべて捨てる (写真:iStock)

「妻は、俺がいつか浮気するんじゃないかと言って、やたら俺の身の回りを管理したがります。

 最初のうちは愛されている証かな、なんて悠長に構えていたのですが、どうやらそういう話ではないらしい。俺自身には無関心だし夜の営みだって何年もないから、要するに嫁のプライドの問題っぽいです。

 それで最近は、俺が買った服や小物が妻から見て女ウケするものだと、キレられた挙句に捨てられます。『こんなチャラい服を着て、女にモテたいなんて許せない』などと怒られるのですが、俺はそんなつもりはないんですよ。

 でも妻から見てモテるための買い物だと認定されれば、どんなに気に入って買ったものでも容赦なく捨てられちゃうんです……」(35歳男性/サービス)

2:子どもをダシに我を通す

子どもを理由に鬼電(写真:iStock)
子どもを理由に鬼電 (写真:iStock)

「嫁は出産後に鬼嫁と化し、もはや手の打ちようがないほどひどいです。子どもはすでに5歳なので、今は産後のメンタル不調ってわけでもないと思います。

 特に嫁がいやがるのが、俺が飲みに行くことで、友達との飲みの席は子どもができて以来、すべて断っています。でも仕事の飲み会は出なくちゃいけないのもあるから、そこは嫁を説得して参加させてもらっているんですが……。

 飲み会が始まって1時間くらいすると、大抵、嫁から鬼電がかかってきて、子どもが熱を出したとか体調が悪そうだとか言われるので、結局飲み会の途中で帰らなきゃならならないんです。

 でも実際に帰ってみると、子どもはピンピンしていて元気。嫁からは『さっきまでは、かなり体調が悪そうだった』と言われるんですが、俺は嫁が俺を帰宅させるために嘘を言っていたと思っています。

 毎回こんな感じなので、職場の人からはうちの子どもに深刻な持病があると誤解されています……」(37歳男性/不動産)

3:DV夫に仕立て上げ大騒ぎ

絶叫で夫を思い通りに…(写真:iStock)
絶叫で夫を思い通りに… (写真:iStock)

「妻は交際当時には穏やかな女性だったのに、結婚してから本性を出しましたね。感情の起伏が激しく、自分が思った通りにするためなら、手段を選ばない女です。

 僕が一番困っているのが、夫婦喧嘩をすると、近所中に聞こえる声で騒いだ挙句に『夫に殺されそう!』と叫びながらアパートの廊下を走り回ること。

 幸いにもまだ大ごとにはなっていませんが、アパートの住人からは、僕がDV夫だと思われているかもしれないです。

 若い世帯ばかり住んでいるアパートで、近所付き合いがほぼないのですが、住人と顔を合わせるとギョッとした顔をされることもあり……。

 大騒ぎする妻をなだめるために、夫婦喧嘩では、いつも僕が折れますが、こんな生活には本気で疲れてきました」(33歳男性/建設)

まとめ ~ わがままな鬼嫁に苦しむ夫たち

 鬼嫁には、自らの理不尽な理想や要求を、夫に対して平然と突き付ける人が多いです。だからこそ「鬼嫁」と呼ばれるわけですが、そんな妻と生活を共にする夫にとっては、日常生活が脅かされる事態にもなりがちです。

 そんな妻の心情の根底に、夫への愛や嫉妬心など、夫婦だからこその感情がある場合には、夫への思いやりが感じられるので、まだ改善の余地があります。

 しかし、妻のプライドやわがままな気質だけを背景に、夫をコントロールしたがっているケースは厄介。自分の言動によって、夫がどんな気持ちになるかなんてお構いなしに、ただ要求を満たそうとするわけですから、話し合いも通用しないパターンが多いのです。

 こういった鬼嫁になる女性には「夫なら、妻の意向を受け入れて当たり前」「夫婦なら、思ったことを全部言うべき」などの価値観をもつ女性も少なくなく、自分が暴挙に出ているとは、これっぽっちも思っていない女性も珍しくありません。

【並木まきオンラインサロン】スマホ時間で毎日を楽しく!

 コクハク内の並木まき公式オンラインサロン「#まきコク」では、現在新規メンバーを募集中。

 自宅でライタースキルの資格が取得でき、大好評の「オンラインライター講座」、悩める妻をサポートする「集まれ!毒義母の森~ヨメノミカタプロジェクト~」など多彩なコンテンツ。

 いつものスマホ時間を使って自分磨きしてみませんか?

↓詳細はこちら↓
https://salon.kokuhaku.love/namikimaki

関連キーワード

ラブ 新着一覧


それでも顔で稼ぎたい!コロナ禍にイケメンはここにいる
 コロナ禍は芸能界を目指すイケメンたちにも容赦なく襲いかかっています。出演予定の舞台が感染拡大の影響で次々と延期や中止に...
内藤みか 2021-01-28 06:00 ラブ
もう彼と別れたい…上手な別れ方6選&やってはいけないこと
 大好きな男性と付き合うことになったら、「このまま結婚できたらいいなぁ」と、思う人も多いでしょう。しかし、交際期間が長く...
恋バナ調査隊 2021-01-28 06:00 ラブ
いくつあてはまる? モテる肉食系女子の6つの特徴&注意点
 最近、自分からアプローチをしない「草食系男子」が増えている一方、自分から積極的にアプローチする「肉食系女子」も増えてい...
恋バナ調査隊 2021-01-28 06:00 ラブ
恋愛モチベが上がらない…オトナ女子の恋ゴコロの高め方とは
 恋愛や結婚をしたくないわけじゃないんだけど、そこに至るまでが面倒くさい。恋活サービスもやり取りするのが億劫。気軽に遊ん...
若林杏樹 2021-01-27 06:00 ラブ
チャラい男と付き合うとどうなる? 特徴やあるあるを紹介!
 あなたの周りに、チャラい男はいますか? 一般的に「チャラい男」とは、女慣れしていて遊んでいそうな人のことを言います。も...
恋バナ調査隊 2021-01-27 06:00 ラブ
婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ