家庭内カーストが残酷…鬼嫁たちの“夫泣かせ”な在宅勤務事情

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-04-27 06:00
投稿日:2020-04-27 06:00
 共働き家庭における鬼嫁は、在宅勤務中にも、鬼っぷりが消えない人もいるようです。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、鬼嫁たちの“夫泣かせ”な在宅勤務事情に迫ります。

1:家庭内カーストが加速

妻の方が年収が高いからって…(写真:iStock)
妻の方が年収が高いからって… (写真:iStock)

「夫婦ともに在宅勤務中です。けれど、在宅勤務になってからというもの、妻の性格の悪さに、改めてウンザリしています。

 と言うのも、妻は仕事をしながら、朝から晩まで僕にあれこれと家のことを指図。僕だって仕事があるのに『あなたの仕事は私よりも簡単でしょ』と平然と言ってのけ、僕をこきつかうんです。

 我が家は妻が専門職で、僕より年収も高い。完全に家庭内カーストができあがっていて、在宅勤務になったことで、さらにそれが、露呈している感じです……。怒らせると怖いので、指示が出るたびに渋々、仕事の手を止めて妻の要求に応えていますが、メンタル的にもしんどいです」(38歳男性)

 すでに家庭内カーストが存在していると、空気を変えるのは至難の技に。根拠の有無に関係なく「私のほうが、夫より上」と信じて疑わない鬼嫁ほど、夫を都合よくこきつかうのでしょう。

2:給料と同額のフリマ売り上げを要求

自宅待機になってから言い合いばかり(写真:iStock)
自宅待機になってから言い合いばかり (写真:iStock)

「僕の勤務先がクローズしていて、自宅待機中です。妻はもともと家でできる仕事をフリーランスで請け負っていて、そんなに大きな影響はないみたいですね。自宅待機中には給料が出ないので、家計は厳しくなる見込みです。

 それで、もともと性格がキツい妻からは、僕の私物をフリマアプリで売って、給料と同額のお金を用意するように言われました。でも、僕はもともと物を買わないので、売るって言っても必要なものしか手元になくて……。とてもじゃないけれど、給料と同額のお金なんて準備できそうにありません。

 これまでの生活費は、ほとんど僕の給料でやってきていたのに、さらに追い打ちをかけるような妻からの過酷な要求に言葉を失いました」(32歳男性)

 非常時には、お互いが協力しあっていく夫婦が一般的。しかし鬼嫁には、より多くの負担を夫に強いるタイプも多そうです。

3:身近な夫が部下代わり

面倒な書類仕事は夫に丸投げ(写真:iStock)
面倒な書類仕事は夫に丸投げ (写真:iStock)

「妻は小さいながらも自分のお店を持っている経営者で、僕は会社員です。うちは妻のほうが日頃から威張っている関係ですが、双方が在宅勤務になってからは、妻は僕を自分の部下のように扱い、有無を言わせずに仕事を手伝わされています。

 僕は僕で、在宅勤務中にやるべきことがたくさんあるんですが、妻にはまったく聞き入れてもらえず『スタッフみんなに在宅勤務してもらっているから、人手が足りない。夫なら、妻の仕事を手伝って当然でしょう』と、面倒な書類仕事などを僕に丸投げ。妻のお店を立ち上げたばかりの初期に、厚意でサポートしてあげていた時期があるので、僕は妻の業務については確かに詳しいんですけど……。

 とは言っても、僕自身の仕事に影響が出るくらい、いろんなことを押し付けてくる妻は鬼だなと思います。性格がキツいので、なんか言うと何倍にもなって返ってくるから、家の中の空気を悪くしたくなくて従っていますけどね……」(37歳男性)

 厚意で手伝うのと強要されるのとでは、夫の心理的な負担は大きく異なりますよね。頼みやすい人に面倒なことを押し付けるのは、鬼嫁らしいと言えばそれまでですが…。

 ◇  ◇  ◇

 鬼嫁が在宅勤務をすると、もっとも身近な存在である夫に火の粉が飛んでくるケースも。そんな鬼嫁たちに流されながら、在宅勤務に励む夫は、少なくないのかもしれません……。一日も早く平穏な日常が戻ることを願うばかりです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男が依存してしまう…離れられなくなる女性の“絶対法則”4選
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世界人口74億人。パートナーとの出会いはすごいご縁です。できれば仲良くやって...
山崎世美子 2021-03-06 06:00 ラブ
夫婦に言葉は必要?妻のダメ出しが理解できずレスに苦しむ夫
「冷酷と激情のあいだvol.33〜女性編〜」では、心のこもっていない言葉を交わす夫にうんざりしている妻・Fさんの疲弊をご...
並木まき 2021-03-06 05:04 ラブ
ロボットといるみたい…薄っぺらい夫の言葉に疲弊する女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-03-06 05:06 ラブ
他人を不快にする“非モテ行為5選”!自分の格まで下げないで
 緊急事態宣言の解除の日が待ち遠しい昨今。桜の開花とともに、かつてのようなリアル対面での交流が増えてくるかもしれません。...
蒼井凜花 2021-03-05 06:00 ラブ
よい出会いのために…超スローマッチンング時代にできること
 2度目の緊急事態宣で出会いや恋愛の機会を奪われた人が大勢います。長引くコロナ禍により、男女のマッチングにかなりのスロー...
内藤みか 2021-03-04 06:00 ラブ
付き合う前に見極めて! 嘘つき男性の特徴&見破るポイント
 どんなにタイプの男性でも、嘘つきと分かれば気持ちは冷めてしまうもの。付き合ってから、信用できない相手だと知るのは辛いで...
恋バナ調査隊 2021-03-04 06:00 ラブ
そんなに頑張らなくてもOK!男性の気を引く簡単な方法って?
 皆さんは「カレを落としたい!」と思った時、どんな行動を取りますか? 美容にお金をかけたり、ボディラインがきれいに見える...
若林杏樹 2021-03-03 06:00 ラブ
成婚数No.1仲人姉さんが告白!大人婚できる人は質問でわかる
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-03 06:00 ラブ
思わずゾワ〜ッ…勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選
 LINEに届く内容の中でも、特に困るのが男性からのちょっと痛いLINEです。相手を傷つけたり、面倒なことになったりしな...
結婚相手の選び方♡重視するポイント&男性が求めている条件
結婚は、女性にとって人生を大きく変える最大のイベントです。そのため、結婚願望はあっても「本当にこの人でいいのか……」と、...
恋バナ調査隊 2021-03-02 06:21 ラブ
離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ
結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-03-01 06:00 ラブ
浮気する女性の5つの心理や特徴! 浮気中に見せるサインも
 近年、芸能人の浮気や不倫が話題になっていますが、身近な友人で浮気する女性がいるという人も多いでしょう。実は、浮気をする...
恋バナ調査隊 2021-02-28 06:00 ラブ
独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共...
山崎世美子 2021-02-27 06:00 ラブ
復縁を望む元カノの心を悟りつつも…応えられない男性の本音
「冷酷と激情のあいだvol.32〜女性編〜」では、元カレと復縁したいのに、あと一歩のところで関係が進まない女性・Yさんの...
並木まき 2021-02-27 03:05 ラブ
恋人時代みたいに話すのに…元彼と復縁できない女性の苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-02-27 03:03 ラブ