家庭内カーストが残酷…鬼嫁たちの“夫泣かせ”な在宅勤務事情

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-04-27 06:00
投稿日:2020-04-27 06:00
 共働き家庭における鬼嫁は、在宅勤務中にも、鬼っぷりが消えない人もいるようです。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、鬼嫁たちの“夫泣かせ”な在宅勤務事情に迫ります。

1:家庭内カーストが加速

妻の方が年収が高いからって…(写真:iStock)
妻の方が年収が高いからって… (写真:iStock)

「夫婦ともに在宅勤務中です。けれど、在宅勤務になってからというもの、妻の性格の悪さに、改めてウンザリしています。

 と言うのも、妻は仕事をしながら、朝から晩まで僕にあれこれと家のことを指図。僕だって仕事があるのに『あなたの仕事は私よりも簡単でしょ』と平然と言ってのけ、僕をこきつかうんです。

 我が家は妻が専門職で、僕より年収も高い。完全に家庭内カーストができあがっていて、在宅勤務になったことで、さらにそれが、露呈している感じです……。怒らせると怖いので、指示が出るたびに渋々、仕事の手を止めて妻の要求に応えていますが、メンタル的にもしんどいです」(38歳男性)

 すでに家庭内カーストが存在していると、空気を変えるのは至難の技に。根拠の有無に関係なく「私のほうが、夫より上」と信じて疑わない鬼嫁ほど、夫を都合よくこきつかうのでしょう。

2:給料と同額のフリマ売り上げを要求

自宅待機になってから言い合いばかり(写真:iStock)
自宅待機になってから言い合いばかり (写真:iStock)

「僕の勤務先がクローズしていて、自宅待機中です。妻はもともと家でできる仕事をフリーランスで請け負っていて、そんなに大きな影響はないみたいですね。自宅待機中には給料が出ないので、家計は厳しくなる見込みです。

 それで、もともと性格がキツい妻からは、僕の私物をフリマアプリで売って、給料と同額のお金を用意するように言われました。でも、僕はもともと物を買わないので、売るって言っても必要なものしか手元になくて……。とてもじゃないけれど、給料と同額のお金なんて準備できそうにありません。

 これまでの生活費は、ほとんど僕の給料でやってきていたのに、さらに追い打ちをかけるような妻からの過酷な要求に言葉を失いました」(32歳男性)

 非常時には、お互いが協力しあっていく夫婦が一般的。しかし鬼嫁には、より多くの負担を夫に強いるタイプも多そうです。

3:身近な夫が部下代わり

面倒な書類仕事は夫に丸投げ(写真:iStock)
面倒な書類仕事は夫に丸投げ (写真:iStock)

「妻は小さいながらも自分のお店を持っている経営者で、僕は会社員です。うちは妻のほうが日頃から威張っている関係ですが、双方が在宅勤務になってからは、妻は僕を自分の部下のように扱い、有無を言わせずに仕事を手伝わされています。

 僕は僕で、在宅勤務中にやるべきことがたくさんあるんですが、妻にはまったく聞き入れてもらえず『スタッフみんなに在宅勤務してもらっているから、人手が足りない。夫なら、妻の仕事を手伝って当然でしょう』と、面倒な書類仕事などを僕に丸投げ。妻のお店を立ち上げたばかりの初期に、厚意でサポートしてあげていた時期があるので、僕は妻の業務については確かに詳しいんですけど……。

 とは言っても、僕自身の仕事に影響が出るくらい、いろんなことを押し付けてくる妻は鬼だなと思います。性格がキツいので、なんか言うと何倍にもなって返ってくるから、家の中の空気を悪くしたくなくて従っていますけどね……」(37歳男性)

 厚意で手伝うのと強要されるのとでは、夫の心理的な負担は大きく異なりますよね。頼みやすい人に面倒なことを押し付けるのは、鬼嫁らしいと言えばそれまでですが…。

 ◇  ◇  ◇

 鬼嫁が在宅勤務をすると、もっとも身近な存在である夫に火の粉が飛んでくるケースも。そんな鬼嫁たちに流されながら、在宅勤務に励む夫は、少なくないのかもしれません……。一日も早く平穏な日常が戻ることを願うばかりです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-28 18:52 ラブ