硬派でオクテ? 中国地方出身の男性の性格や特徴&恋愛観は

コクハク編集部
更新日:2020-08-31 06:00
投稿日:2020-08-31 06:00
 シリーズ「地域で違う!男女の恋愛観まるっと調査!」、今回は、中国地方出身の男性編! 中国地方は、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県の5県。中国地方の男性の性格や特徴、恋愛観などをまるっとチェックしていきましょう!

中国地方出身の男性の性格&特徴!

ドラマで有名になった「瓦蕎麦」は山口名物(写真:iStock)
ドラマで有名になった「瓦蕎麦」は山口名物 (写真:iStock)

 中国地方というと、みなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか? まずは、中国地方出身の男性の性格や特徴をご紹介します。

明るくてさっぱりしている

 中国地方の男性は、明るくてさっぱりとした性格の方が多いです。地域にもよりますが、瀬戸内海に接している山陽地方は年間を通して雨が少なく、カラッとした気候が県民性を表しているかのよう。

 特に広島県の男性は陽気な楽天家が多く、「今を楽しむ」性格の人が多いです。流行にも敏感ですが、熱しやすく冷めやすいのが玉にキズでもあります。

郷土愛が強い

 郷土愛が強いのも、中国地方の男性の特徴でしょう。2019年度の都道府県愛着度ランキングによると、広島県・岡山県はベスト20位以内に。(参考:DIAMOND online)

 また、中国地方全土を通して野球熱は高め。広島カープファンが多いかと思いきや、広島県に対抗意識がある岡山県は阪神ファンが多いのだとか。共通の話題に困った時に野球の話をするのは良いですが、好きな球団については探りを入れてからにしましょう。

タフでバイタリティがある

 のんびりしていそうな中国地方の男性ですが、実は野心家で好奇心旺盛、タフでバイタリティに溢れています。

 真面目で忍耐強い一面もあり、新しいことにどんどんチャレンジをします。実力が伴えば、ひたすら上を目指して出世街道を駆け上がるタイプの方も多いでしょう。

見栄っ張りで駆け引き上手

 中国地方の男性は、見栄っ張りともよく言われます。これは、もともと持っている負けず嫌いな一面のせいでもあるでしょう。見栄を張ってお金を出してしまうことも、よくあるようです。

 また、中国地方の中でも岡山県男性は、合理主義で駆け引き上手。一見温和な雰囲気ですが、頭の中では自分が損をしないようにきちんと計算ができる世渡り上手な部分も見受けられます。

中国地方出身の男性の恋愛傾向は?

恋愛観は件によって異なる傾向が(写真:iStock)
恋愛観は件によって異なる傾向が (写真:iStock)

 明るくタフ、そして見栄っ張り、と「The 男性」というような中国地方の男性ですが、恋愛傾向はいかがでしょうか?

県によって積極度は違う

 中国地方は、県によって恋愛への積極度が異なるようです。

恋愛に積極的な県

 比較的、恋愛に積極的なのは、岡山県、広島県の男性。岡山県の男性は備え持っている駆け引き上手な一面を活かして、上手にアプローチを仕掛けていきます。

 対して、広島県男性はオクテな一面もあると言われるものの、その場限りの恋に身を投じてしまうことも。ただ、本気に好きになった女性には意外にもオクテとも言われます。

恋愛に消極的な県

 島根県、鳥取県、山口県の男性は、恋愛に対してとても慎重。「徐々に距離を縮めてから告白」など、恋愛における順番を大切にします。良い意味で堅実、悪い意味で無難、といったところでしょうか。

 いったんお付き合いが始まると、献身的で良い彼氏、夫になってくれるでしょう。

硬派で古風な考えを持つ

「男尊女卑」が根強いのも、中国地方の男性に見られる意外な特徴かもしれません。「男性は一歩リードし、女性は一歩下がってついてくる」のような、硬派で古風な考え方をする方が多いです。

 中国地方の中でも、島根県、山口県の男性はその傾向が強いようです。

将来を見据えたパートナー探しに余念がない

 中国地方の男性は、将来を見据えたパートナー探しに余念がありません。特に島根県は離婚率も低いことで知られていますが、一緒に将来を歩んでいける女性かどうか、じっくり吟味します。

 また、中国地方は男女ともに金銭的にも堅実。ローンよりも、現金派の方が多いです。財布の紐を一緒にきちんと締めてくれるか、そんなところもチェックされるかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 LINEでの恋の駆け引きテクニックはいろいろありますが、意外にみんな使いこなせていないのが、スタンプテクニック。実は、...
恋バナ調査隊 2020-09-30 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ