別れ話を何度しても…結婚に前のめりな彼女に悩む男性の本音

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-10-17 06:16
投稿日:2020-10-17 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、彼女と別れたいと思っているのに、1年以上も別れられずにいる男の心情をお届けします。

別れ話が通じない

愛情は冷める一方(写真:iStock)
愛情は冷める一方 (写真:iStock)

 Yさんは40歳独身。いわゆるハイスペックな仕事をしていて、自分の事務所を構えているイケメン男子です。交際中の彼女は35歳。すでに交際3年目ですが、実は「これまでに彼女に何度も別れたいと言っているが、別れられずに困っている」のだそう。いったいどういうことなのでしょうか。

「交際中の彼女Uとは、飲み会で知り合い、そのまま付き合うことになりました。でも、付き合って1年過ぎた頃に、Uとは価値観も生活スタイルも合わないなって思ったので、僕から最初の別れ話を切り出しました。ところが、Uはその場では別れ話を了承したものの、その翌日から何度も連絡をしてくるだけでなく、家や職場にも押しかけてきて、『私たちは、別れていない。あれはただの喧嘩でしょ』と言って、僕と接触を持ちたがるんです。

 最初の別れ話のときには、まだ今ほど愛情が冷めていなかったこともあって、もう一度やり直すことにしましたが、付き合っていると、やっぱり彼女との“違い”ばかりが際立って……。僕の中では、一緒にいればいるほどUへの愛情が冷めていくのがわかりました」

実体のない交際なのに結婚への意欲を

月1回食事だけの関係なのに…(写真:iStock)
月1回食事だけの関係なのに… (写真:iStock)

 相性の悪さを痛感したというYさん。その後も、何度もUさんに別れ話をするも、初回の別れ話のときのような展開が続き、そのうちに“別れたくても、別れてくれない”という稀有な状況に陥っていたのだそうです。

「そんな状況なんで、もちろんUとは1年以上も肉体関係をもっていませんし、今では、デートも月に1回あればいいほうです。そのデートも、ただ食事に一緒に行くだけにしています。そういうふうに、“付き合っている”とは言っても実態のない交際にすれば、さすがのUも諦めてくれるかなって思ったんです」

 ところが−−。彼女であるUさんは、交際を諦めるばかりか、結婚へ意欲的な発言を繰り返すようになり、Yさんは頭を抱えます。

「よりを戻してからも何度も別れ話をしている僕に対し、Uは『もう交際3年目だし、そろそろ結婚して責任をとってほしい。私の貴重な結婚適齢期をすべてあなたに捧げたんだから』と言い出したんです……」

 これにはYさんもびっくり。お世辞にも「順調」とはいえない交際なのに、まさか彼女から結婚の話が出るとは思っていなかったそうです。もともと生真面目な性格のYさんは、彼女からこう主張されたことにより「確かに、ビシッと別れられなかった自分にも責任があるかもしれない」と考えるようになったと言います。

「だけど、結婚って責任感だけでするものでもないよなぁって思うし、Uとは何もかもが合わない上に、正直、僕はUに対して、今では愛情のかけらすらありません。だけど、本心を伝えても、別れ話をしても、いつものパターンで。何事もなかったように接触してくるので、どうしたらいいのかわからなくなってしまいました」

無視をしても効果なし

もしかしてハメられたのでは…(写真:iStock)
もしかしてハメられたのでは… (写真:iStock)

「Uさんに別の好きな人ができてくれればいいのに」と、ため息まじりに語るYさん。周りに相談すると、無視をするのが一番だとアドバイスをもらうものの、Uさんにはまったく効き目がないので、困り果てているのだとか。

「警察沙汰にするほどのことでもないし、かと言って、交際を続けるのも無理だし。話してもわかってくれないUに対し、最近では“ハメられた”とすら思っています」とYさん。

 しかし、交際相手であるUさんの認識は、少々異なるようです。次回は、彼女であるUさんの主張をご紹介します。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 女性の恋は「減点方式」だといわれています。一般的にアプローチを受ける側である女性は、複数の選択肢から選ぼうとすると減点...
七味さや 2020-10-30 06:00 ラブ
FILM
 初めて男性をLINEでデートに誘う時って、「断られたらどうしよう」と、すごく緊張しますよね。そんな時には、成功率をアッ...
恋バナ調査隊 2020-10-30 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍で、驚くほど多くの不倫カップルが会うことができなくなり、そのまま別れに至りました。そんななか、今でも仲が続いて...
内藤みか 2020-10-29 06:00 ラブ
FILM
「恋の寿命は3年」って、よく言われますよね。実際、今感じている新鮮な気持ちを3年経った頃にも感じていられると断言できる人...
恋バナ調査隊 2020-10-28 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-28 18:28 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ