別れ話を何度しても…結婚に前のめりな彼女に悩む男性の本音

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-10-17 06:16
投稿日:2020-10-17 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、彼女と別れたいと思っているのに、1年以上も別れられずにいる男の心情をお届けします。

別れ話が通じない

愛情は冷める一方(写真:iStock)
愛情は冷める一方 (写真:iStock)

 Yさんは40歳独身。いわゆるハイスペックな仕事をしていて、自分の事務所を構えているイケメン男子です。交際中の彼女は35歳。すでに交際3年目ですが、実は「これまでに彼女に何度も別れたいと言っているが、別れられずに困っている」のだそう。いったいどういうことなのでしょうか。

「交際中の彼女Uとは、飲み会で知り合い、そのまま付き合うことになりました。でも、付き合って1年過ぎた頃に、Uとは価値観も生活スタイルも合わないなって思ったので、僕から最初の別れ話を切り出しました。ところが、Uはその場では別れ話を了承したものの、その翌日から何度も連絡をしてくるだけでなく、家や職場にも押しかけてきて、『私たちは、別れていない。あれはただの喧嘩でしょ』と言って、僕と接触を持ちたがるんです。

 最初の別れ話のときには、まだ今ほど愛情が冷めていなかったこともあって、もう一度やり直すことにしましたが、付き合っていると、やっぱり彼女との“違い”ばかりが際立って……。僕の中では、一緒にいればいるほどUへの愛情が冷めていくのがわかりました」

実体のない交際なのに結婚への意欲を

月1回食事だけの関係なのに…(写真:iStock)
月1回食事だけの関係なのに… (写真:iStock)

 相性の悪さを痛感したというYさん。その後も、何度もUさんに別れ話をするも、初回の別れ話のときのような展開が続き、そのうちに“別れたくても、別れてくれない”という稀有な状況に陥っていたのだそうです。

「そんな状況なんで、もちろんUとは1年以上も肉体関係をもっていませんし、今では、デートも月に1回あればいいほうです。そのデートも、ただ食事に一緒に行くだけにしています。そういうふうに、“付き合っている”とは言っても実態のない交際にすれば、さすがのUも諦めてくれるかなって思ったんです」

 ところが−−。彼女であるUさんは、交際を諦めるばかりか、結婚へ意欲的な発言を繰り返すようになり、Yさんは頭を抱えます。

「よりを戻してからも何度も別れ話をしている僕に対し、Uは『もう交際3年目だし、そろそろ結婚して責任をとってほしい。私の貴重な結婚適齢期をすべてあなたに捧げたんだから』と言い出したんです……」

 これにはYさんもびっくり。お世辞にも「順調」とはいえない交際なのに、まさか彼女から結婚の話が出るとは思っていなかったそうです。もともと生真面目な性格のYさんは、彼女からこう主張されたことにより「確かに、ビシッと別れられなかった自分にも責任があるかもしれない」と考えるようになったと言います。

「だけど、結婚って責任感だけでするものでもないよなぁって思うし、Uとは何もかもが合わない上に、正直、僕はUに対して、今では愛情のかけらすらありません。だけど、本心を伝えても、別れ話をしても、いつものパターンで。何事もなかったように接触してくるので、どうしたらいいのかわからなくなってしまいました」

無視をしても効果なし

もしかしてハメられたのでは…(写真:iStock)
もしかしてハメられたのでは… (写真:iStock)

「Uさんに別の好きな人ができてくれればいいのに」と、ため息まじりに語るYさん。周りに相談すると、無視をするのが一番だとアドバイスをもらうものの、Uさんにはまったく効き目がないので、困り果てているのだとか。

「警察沙汰にするほどのことでもないし、かと言って、交際を続けるのも無理だし。話してもわかってくれないUに対し、最近では“ハメられた”とすら思っています」とYさん。

 しかし、交際相手であるUさんの認識は、少々異なるようです。次回は、彼女であるUさんの主張をご紹介します。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ