倦怠期を越えれば…別れ話を繰り返す彼に耐える女性の心情

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-10-17 06:17
投稿日:2020-10-17 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、恋人から何度も別れ話をされているものの辛抱を続けている女性の心情をお届けします。

別れ話をする癖がある

クールな彼はすぐに別れ話を持ち出す(写真:iStock)
クールな彼はすぐに別れ話を持ち出す (写真:iStock)

「冷酷と激情のあいだvol.16〜男性編〜」では、交際相手と別れたいのに、なかなか別れられずに苦悩を抱える男性・Yさんの本心をお届けしました。では、彼女であるUさんの本心はいかに……?

「Yとは交際3年目ですが、正直言ってラブラブって感じではありません。何度も別れ話も出ていて、そのたびにヨリを戻しています。Yはシャイな性格なのか、交際初期こそ愛情表現が豊かでしたが、付き合って1年経ったくらいから、私にはクールな態度で接してくるようになりましたね。彼には、唐突に別れ話をする癖があって、そのたびに、私が彼の話を流してあげています」

今は倦怠期だから…

倦怠期を乗り越えさえすれば…(写真:iStock)
倦怠期を乗り越えさえすれば… (写真:iStock)

 最近では、デートの回数も激減し、日常的な連絡もほとんど取り合うことがなくなっていると寂しげに語るUさん。しかし「今がちょうど倦怠期なのかもしれない」と考えています。

「付き合って3年目ですので、ちょうど倦怠期に入っているのだと思います。本音では、交際初期のようにラブラブな関係でいたいけれど、長く付き合っているとそうもいかないですよね。寂しいのは確かですが、これを乗り越えなければ、結婚なんてないと思うし、Yの気持ちが再燃するまでは、根気よく待たなくてはいけないと思っています」

 実はUさんは、これまでの異性経験が少なく、Yさんは初恋の人の次に付き合った、生涯で2人目の恋人なのだそう。

「私は昔から、なかなか異性を好きにはなれず、学生時代にも恋人はいませんでした。だけどYには、最初に会ったときから感じるものがあって……。自分でもびっくりするほど、順調に交際へと進みました。なので、私は彼との出会いを運命だと感じていますし、倦怠期に負けて別れてしまえば、私はこの先誰とも結婚できないんじゃないかなって思います。

 私は将来、子どもは3人欲しいんです。年齢的にそろそろ産まないと間に合わないから焦りはありますけど……。Yが倦怠期から抜け出せない以上は、焦って結婚する必要もないんだろうなと、諦めて彼を見守るつもりです。彼にも、子どもが3人欲しい話は過去にしているので、そのあたりは彼も理解していると思います」

本当は今すぐ結婚したいけど(写真:iStock)
本当は今すぐ結婚したいけど (写真:iStock)

 今は、かなり強い態度で別れを主張している恋人に対し、とにかく時間をかけて倦怠期を乗り越えるしかないと覚悟を決めていると言うUさん。本当は今すぐにでも結婚したいけれど、“彼女”として、彼の気持ちも尊重したいと口にしていました。

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが現実でしょう。まさにこれこそが男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼氏が優しいのは最初だけ…? 残念な理由2つと抜け出す方法
 せっかく付き合えた彼氏。なぜか毎回、最初は楽しいのに数カ月経つとデートや連絡が激減したり、奢ってくれなくなったり、「好...
若林杏樹 2021-10-13 06:00 ラブ
運命の出会いを果たし…夫の元から去った女性の意外な選択
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-10-13 06:00 ラブ
おしゃべりor無口な彼女どっちがいい?男性の本音を紹介
 おしゃべりな彼女と無口な彼女、あなたはどちらですか?「無口だとつまらないと思われるかも……」「おしゃべりな女は嫌われる...
恋バナ調査隊 2021-10-12 06:00 ラブ
ぞぞっ!パートナーが“DV男”かどうかを見抜く質問と禁句の話
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-12 06:00 ラブ
恋愛に見返りを求めてしまう人必見!デメリット&抜け出し方
 好きな人と付き合えただけで幸せを感じていたはずなのに、交際が進むにつれて「もっと愛されたい」と欲張りになる人は少なくあ...
恋バナ調査隊 2021-10-11 06:00 ラブ
次のデートに♡カラオケデートの4つのメリット&成功の秘訣
 彼とのデートが決まったら、「どこに行こう?」と、盛り上がるプランを考える人も多いでしょう。デートといえば映画や遊園地と...
恋バナ調査隊 2021-10-11 06:00 ラブ
LINEに隠された彼の本心は? 文章から分かる男性心理5つ
 男性の知り合いや友達とLINEのやりとりをしていると、「ん? これってどういう意味だろう?」と、相手の本心が気になるこ...
恋バナ調査隊 2021-10-10 06:00 ラブ