カレの「助けたくなっちゃう本能」をくすぐりまくる行動とは

若林杏樹 漫画家
更新日:2020-10-26 06:00
投稿日:2020-10-26 06:00
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合っていたけれど、オトナな魅力の虜になってしまう男性も増えてます。
 しかし、自立したオトナ女子は何かとひとり行動や、自分ですべてをこなしてしまいがち。仕事の部分でも「一人でやったほうが早く終わる……」なんて思って、男性が近づけないようなオーラを出してしまうことも。
 気になるカレの「助けたくなる本能」をくすぐる、オトナ女子だからできるモテ術をお伝えします!

得意なことをお願いする、お礼は必ずする

 カレの後ろからツンツン、甘えた声で「お願〜い♡」なんてことはやらずに、ちょっとした頼みごとをしてみてください。そして、お願いすることはきちんと気になるカレの得意分野にすること。

 営業職でご飯好きな彼だったら、おすすめのイタリアンを聞いてみる、筋トレが好きな彼だったら、重い書類や機材を運ぶ時お願いしてみる……など、適性をみて判断するのがいいです。

 最初は簡単なことからお願いして、必ずお礼をしましょう。

「ありがとう」の言葉と笑顔が一番なのですが、ちょっとしたお菓子とメモの手紙を添えるとなお良し。しばらくすると向こうから自然と、「何か手伝うことある?」なんて聞かれちゃいます!

 承認欲求を満たし、得意分野で力を発揮し、オトコを立ててあげるのがオトナ女子の魅力だと思います。ぜひ、カレの「助けたくなっちゃう本能」をくすぐってみてくださいね!

登場人物紹介

だら先輩
北海道旅行から帰ってきましたー!スープカレーばかり食べていたような気がする。あふれるくらいのイクラが乗ったどんぶり食べたのはいい思い出。

ギャルちゃん
だら先輩、会社に許可とってテレワークのワーケーションしてたなぁ。いいなぁ。私もやりたいけど、旅行先に仕事持ち込まないタイプだからなんとも…!

マユゲさん
だらちゃんって何気にモテてるんだよなぁ。「何か手伝いましょうか?」って新卒の子にしか言われたことないよ……。任せられないんだよなぁ仕事…

メガネくん
だらちゃんにまたお願い事されちゃって、エクセルでデータまとめておきました。まぁボク得意だし、綺麗にまとめれるんだよね!え、えへ。いつでも手伝うからね!だらちゃん!!

若林杏樹
記事一覧
漫画家
初の著書『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』がベストセラーに。前職は私立大学職員。ニックネームはあんじゅ先生。
漫画ブログX

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ