「妻を他の男性に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #4

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2020-11-20 17:00
投稿日:2020-11-20 17:00
 出張ホストの美青年Yくん(24)の巧みなクンニリングスに身もだえする妻を見たエリート商社マンMさん(43)。ネトラレであるMさんのペニスはかつてないほど急角度に勃起していた。Yくんが用意していたバイブレーターを手にした際、Mさんはそれに待ったをかけ、あろうことか、妻U子さん(34)に対し、「Yくんにフェラチオしてあげなさい」と告げていた――。官能作家の筆者が徹底インタビューした待望の第4話!
 これまでの話はコチラから。

跪いてのフェラチオを命令

夫の前なのに…(写真:iStock)
夫の前なのに… (写真:iStock)

――クンニリングスで恍惚とした奥さまに、あえて「フェラチオをしてあげなさい」と命じたのですね。

「はい、気づけばそう告げていました。クンニをされている時、妻と僕はずっと見つめあっていました。ずっとレスだった僕ら夫婦のセックスが、Yくんの介入により再び戻ってきたという歓喜の念がこみ上げて……U子のフェラチオする顔を見たい衝動が抑えきれなくなったんです。

――続けて下さい

「驚いていたU子でしたが、『はい、あなたが望むなら……』と上体を起こしました。

 Yくんが下着を脱ぐと、ペニスがぶるんとバネ仕掛けのように反り返ってね。その若さ漲(みなぎ)る雄々しい男根に、U子の潤んだ瞳がさらに淫靡に輝いたんです。

 僕は、妻のフェラチオする姿がよく見えるように、『Yくんは立ったままで、U子はひざまずきなさい』と告げました。フェラする姿を真横から見ようと、位置を指示したんです。

 Yくんは細身で長身の美青年ですが、ペニスは立派なものでした。プロフィールにはペニスのサイズが15センチと書かれていていましたが、もっと大きく見えましたよ。特にカリが広がっていて、肉厚だったことを覚えています。

 嫉妬どころか、これから始まる妻のフェラチオが早く見たくてたまりませんでしたよ」

かつて夫が教えたやり方で…

歪んだ美貌がいやらしい(写真:iStock)
歪んだ美貌がいやらしい (写真:iStock)

――そして、いよいよ奥さまのフェラチオが始まったのですね。

「はい、Yくんは手早くコンドームを装着しました。U子は陰毛から反り返る肉棒の根元を支え持ち、まずは伸ばした舌先でチロチロと裏スジを舐め上げていました。Yくんが『う……』と唸りました。妻はしばらく左右に顔を傾けながら、竿(さお)の部分に唾液をまぶしていました。

 このやり方は、以前、僕が教えた記憶があります。『すぐに咥えず、まずは焦らすようにじっくり幹の部分を舐めまくってほしい』と。

 妻はそれを覚えていたのかもしれません。丹念に肉棒を舐めまわしたのち、やがて、濡れた唇がOの字に開き、亀頭からぱっくりと勃起を咥えこんだんです。『んぐ……』と妻が唸りました。

 Yくんも『ああっ……』と歯を食いしばっていました。プロと言えども、フェラチオの快感には耐えきれないといった具合に眉間にしわを寄せて、ペニスを舐めしゃぶるU子を見おろしているんです。

『ああ、U子さんのフェラ、気持ちいいですよ。舌の絡ませ具合がたまらない』って言いながら……」

――聞いている私まで、ドキドキします。続けて下さい。

「妻のフェラ姿を見て、僕のペニスはもう一回り膨らみました。

 尿道口からはおびただしい透明汁が噴きだして……。U子はなおも『ン……うぐ』とくぐもったあえぎを漏らし、ジュブジュブと唾音(つばおと)を鳴らしながら、情熱的なフェラチオを浴びせていました。

 首を打ち振るたび、髪が散りはねて……それだけじゃない、乳首を硬く尖らせた乳房もゆさゆさ揺れて、たまらなくエロティックなんです。

 僕は我慢できず、『U子、フェラ顔を僕にも見せて』と命じたんです。頬を紅潮させたまま、U子は従順にこちらに顔を向けてきました。愛らしい顔立ちだけに、勃起を頬張って間延びした歪んだ美貌が、ひどくいやらしくてね……」

「セックスしよう。ただし…」

我慢できない(写真:iStock)
我慢できない (写真:iStock)

――Mさんの興奮が十分伝わってきます。

「そして、『僕を見つめたまま、フェラを続けなさい。タマ袋も舐めてあげるんだよ』と告げたんです。

 妻は陶酔しきったように、僕と視線を絡めながら、Yくんの勃起を深々と咥えこみ、舐めしゃぶっていました。

 肉棒を吐き出したら、顔を傾けてぶらさがる陰嚢も片方ずつ口に含んでいました。おそらくアメ玉のように口内で睾丸を転がしているんでしょうね。

 それを思うと、僕自身もフェラチオをされている気持ちになって、さらに下半身が煮えたぎるように激しい疼きに襲われたんです」

――続けて下さい。

「そして、我慢できなくなった僕は、ソファーから立ち上がりました。そして、『U子、ベッドでセックスしよう。ただし、Yくんにもフェラチオしてあげながらだよ』と告げたんです」

 続きは次回

関連キーワード

エロコク 新着一覧


やっておいて損はない! 3つのボールで日常的に膣トレを♡
 今年は膣トレグッズが豊作です。コロナ禍を経て、これまで以上に自身の体に目が向くようになったからでしょうか。  膣...
桃子 2020-11-21 06:00 エロコク
シンプルで軽いのに振動は重量級!ヘビロテしたくなる電マ
 使いやすい道具って、見た目はなんの変哲もないものが多いですよね。先日、旅行先でお箸を買ったのですが最初から手になじんで...
桃子 2020-11-14 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #3
 ネトラレとは「自分の妻や恋人の女性を他人に抱かせる(奪われる)ことで興奮する」性癖を意味します。  妻を自分以外の男...
蒼井凜花 2020-11-13 06:00 エロコク
吸引系でセルフ前戯の後は…ミドルサイズのバイブをイン♡
 吸引系にしてはずいぶん大きいなぁ――。これが「幸福吸引 超愛振動 2WAY 吸引バイブ」の第一印象でした。クリトリスに...
桃子 2020-11-07 06:00 エロコク
オイルをほんの数滴…指先でそっと触れただけで全身に快感が
 感度アップ系セクシュアルアメニティーブランド「センスバ」から新商品が届きました。  ラブグッズの世界ではここ数年...
桃子 2020-10-31 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #2
「ネトラレ(寝取られ)」という言葉をご存じでしょうか。官能小説やアダルトゲーム等ではすでに定番化しているこちらの分野、い...
蒼井凜花 2020-10-30 06:00 エロコク
膣トレにも目標設定を カラフルボールで楽しくトレーニング
「トレーニングは、効いている実感がないと続かない」――これは誰もが同意してくれることではないでしょうか。加えて、目標も必...
桃子 2020-10-24 08:49 エロコク
もこもこ泡とぬるぬるローション…官能が刺激される入浴剤
 日に日に秋の色が濃くなっていくこの季節、ぬくもりが恋しくなりませんか? 私はなります! セックスしたいとか気持ち良くな...
桃子 2020-10-17 06:00 エロコク
新たな性感帯を知るチャンス♡自分のカラダを探索してみて
「ビーン スポット ピンク」には度肝を抜かれました。私だけではないはず。このS字形の物体が最新バイブレーターだと聞いて、...
桃子 2020-10-12 16:34 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #1
「ネトラレ(寝取られ)」という言葉をご存じでしょうか。官能小説やアダルトゲーム等ではすでに定番化しているこちらの分野、い...
蒼井凜花 2020-10-11 06:38 エロコク
おすすめ人気膣トレグッズ5選!感度UPでもっとキレイに♡
「膣トレ」って、聞いたことがある人は多いでしょう。締まりが良くなる、イキやすくなるなど、セックス時にメリットがあるだけで...
ローターとしても挿入しても♡遠隔操作もできちゃう優れモノ
「安物買いの銭失い」という言葉がありますが、ラブグッズをコレクションし始めたころの私は、まさにそれでした。というよりも、...
桃子 2020-10-05 06:00 エロコク
SEX観を変えた映画と彼…“無理しない”に気づいた人形プレイ
 その人の生き方は、セックスのシーンでも滲み出るのではないでしょうか。受け身だったり恥ずかしがるよりも、アクティブで主体...
大泉りか 2020-10-03 06:00 エロコク
編集部&プロが選ぶ 女性に優しいおすすめラブグッズ10選♡
 あなたは、ラブグッズを使ったことがありますか? 「興味はあるけれど機会がない」「周りにバレたら困る……」と、尻込みして...
デリケートゾーン全体をカバー…マッサージされるような快感
 女性はクリトリスの刺激が大好きです♡  ラブグッズ業界はそのへんをしっかり心得ているので、あの手この手でクリに...
桃子 2020-09-26 06:00 エロコク
ヤリモク男は悪いの?あなたも“ヤリモク女”になっちゃえば?
 カラダ目当ての男って、私は嫌いじゃありません。「ヤリ逃げされた」とか「遊ばれた」とか言ってる女子もいるけど、性欲を満た...