「妻を他の男性に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #4

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2020-11-20 17:00
投稿日:2020-11-20 17:00
 出張ホストの美青年Yくん(24)の巧みなクンニリングスに身もだえする妻を見たエリート商社マンMさん(43)。ネトラレであるMさんのペニスはかつてないほど急角度に勃起していた。Yくんが用意していたバイブレーターを手にした際、Mさんはそれに待ったをかけ、あろうことか、妻U子さん(34)に対し、「Yくんにフェラチオしてあげなさい」と告げていた――。官能作家の筆者が徹底インタビューした待望の第4話!
 これまでの話はコチラから。

跪いてのフェラチオを命令

夫の前なのに…(写真:iStock)
夫の前なのに… (写真:iStock)

――クンニリングスで恍惚とした奥さまに、あえて「フェラチオをしてあげなさい」と命じたのですね。

「はい、気づけばそう告げていました。クンニをされている時、妻と僕はずっと見つめあっていました。ずっとレスだった僕ら夫婦のセックスが、Yくんの介入により再び戻ってきたという歓喜の念がこみ上げて……U子のフェラチオする顔を見たい衝動が抑えきれなくなったんです。

――続けて下さい

「驚いていたU子でしたが、『はい、あなたが望むなら……』と上体を起こしました。

 Yくんが下着を脱ぐと、ペニスがぶるんとバネ仕掛けのように反り返ってね。その若さ漲(みなぎ)る雄々しい男根に、U子の潤んだ瞳がさらに淫靡に輝いたんです。

 僕は、妻のフェラチオする姿がよく見えるように、『Yくんは立ったままで、U子はひざまずきなさい』と告げました。フェラする姿を真横から見ようと、位置を指示したんです。

 Yくんは細身で長身の美青年ですが、ペニスは立派なものでした。プロフィールにはペニスのサイズが15センチと書かれていていましたが、もっと大きく見えましたよ。特にカリが広がっていて、肉厚だったことを覚えています。

 嫉妬どころか、これから始まる妻のフェラチオが早く見たくてたまりませんでしたよ」

かつて夫が教えたやり方で…

歪んだ美貌がいやらしい(写真:iStock)
歪んだ美貌がいやらしい (写真:iStock)

――そして、いよいよ奥さまのフェラチオが始まったのですね。

「はい、Yくんは手早くコンドームを装着しました。U子は陰毛から反り返る肉棒の根元を支え持ち、まずは伸ばした舌先でチロチロと裏スジを舐め上げていました。Yくんが『う……』と唸りました。妻はしばらく左右に顔を傾けながら、竿(さお)の部分に唾液をまぶしていました。

 このやり方は、以前、僕が教えた記憶があります。『すぐに咥えず、まずは焦らすようにじっくり幹の部分を舐めまくってほしい』と。

 妻はそれを覚えていたのかもしれません。丹念に肉棒を舐めまわしたのち、やがて、濡れた唇がOの字に開き、亀頭からぱっくりと勃起を咥えこんだんです。『んぐ……』と妻が唸りました。

 Yくんも『ああっ……』と歯を食いしばっていました。プロと言えども、フェラチオの快感には耐えきれないといった具合に眉間にしわを寄せて、ペニスを舐めしゃぶるU子を見おろしているんです。

『ああ、U子さんのフェラ、気持ちいいですよ。舌の絡ませ具合がたまらない』って言いながら……」

――聞いている私まで、ドキドキします。続けて下さい。

「妻のフェラ姿を見て、僕のペニスはもう一回り膨らみました。

 尿道口からはおびただしい透明汁が噴きだして……。U子はなおも『ン……うぐ』とくぐもったあえぎを漏らし、ジュブジュブと唾音(つばおと)を鳴らしながら、情熱的なフェラチオを浴びせていました。

 首を打ち振るたび、髪が散りはねて……それだけじゃない、乳首を硬く尖らせた乳房もゆさゆさ揺れて、たまらなくエロティックなんです。

 僕は我慢できず、『U子、フェラ顔を僕にも見せて』と命じたんです。頬を紅潮させたまま、U子は従順にこちらに顔を向けてきました。愛らしい顔立ちだけに、勃起を頬張って間延びした歪んだ美貌が、ひどくいやらしくてね……」

「セックスしよう。ただし…」

我慢できない(写真:iStock)
我慢できない (写真:iStock)

――Mさんの興奮が十分伝わってきます。

「そして、『僕を見つめたまま、フェラを続けなさい。タマ袋も舐めてあげるんだよ』と告げたんです。

 妻は陶酔しきったように、僕と視線を絡めながら、Yくんの勃起を深々と咥えこみ、舐めしゃぶっていました。

 肉棒を吐き出したら、顔を傾けてぶらさがる陰嚢も片方ずつ口に含んでいました。おそらくアメ玉のように口内で睾丸を転がしているんでしょうね。

 それを思うと、僕自身もフェラチオをされている気持ちになって、さらに下半身が煮えたぎるように激しい疼きに襲われたんです」

――続けて下さい。

「そして、我慢できなくなった僕は、ソファーから立ち上がりました。そして、『U子、ベッドでセックスしよう。ただし、Yくんにもフェラチオしてあげながらだよ』と告げたんです」

 続きは次回

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

関連キーワード

エロコク 新着一覧


横暴SEXで“分散”決意!乳房、卵巣を失った40代主婦は新たな男を探す#4
 乳がんをきっかけに両乳房と卵巣を切除した香織さん(仮名・49歳主婦/子供アリ)。  彼女は抗がん剤治療が一区切り...
蒼井凜花 2024-02-23 06:00 エロコク
一石三鳥!35歳の主婦が出会い系掲示板で出会った超優良パパ
 運動不足で血行が悪くなり、肩凝りや腰痛が出始めたという方も多いのでは。  そんな中、今回お話を聞かせてくれたのは...
中山美里 2024-02-20 06:00 エロコク
遠隔プレイ専用ローター爆誕!マグネット装備でフィット感◎
 生活雑貨でも何でも、従来のアイテムがちょっとの工夫で劇的に使いやすくなることってありますよね。なんで前からなかったのか...
桃子 2024-02-18 06:00 エロコク
パンティの奥が熱い…乳房、卵巣を失った40代主婦。男の誘いに抗えず#3
 乳がんをきっかけに両乳房と卵巣を切除した香織さん(仮名・49歳主婦/子供アリ)。彼女は、単身赴任をきっかけ外泊するのが...
蒼井凜花 2024-02-16 06:00 エロコク
パパ活も多様化の時代…収入のためではなく手段として愛人に
 長引く不況で勤めている会社もどうなるか分からない昨今。副業しようかと考える方も多いはず。  そんな中で3年前あた...
中山美里 2024-02-13 06:00 エロコク
プリプリのボディが“中”でグルグル回転♡ああん、気持ちいい
 レトロな雰囲気のバイブレーター、懐かしく感じる人もいれば、新鮮! と感じる人もいるでしょう。 「無限輪廻くねりん...
桃子 2024-02-11 06:00 エロコク
乳房と卵巣を失った40代主婦「愛されたい…」マチアプで男漁り #2
 乳がんをきっかけに両乳房と卵巣を切除した香織さん(仮名・49歳主婦/子供アリ)。  彼女は、単身赴任をきっかけ外...
蒼井凜花 2024-02-21 20:26 エロコク
顔だけじゃなくて職業&年収も…オジサマだって盛りたいです
 いつもはパパ活女子を対象にインタビュー取材をしている私ですが、先日、愛人探しを最近になって始めたという50歳の男性に話...
中山美里 2024-02-07 06:00 エロコク
吸われて軽く叩かれて…マルチユースなバイブレーターに夢中
 人は常に、新たな刺激を求めます。吸引系グッズといわれるものが2017年ごろに登場してから、吸われる快感に目覚めた女性は...
桃子 2024-02-04 06:00 エロコク
女って怖い! 35歳主婦が25キロのダイエットに成功したワケ
 そろそろ女性たちの口から「薄着の季節に向けてダイエットしなきゃ」という言葉が出始めるこの季節。  冬は何かと食べ...
中山美里 2024-01-30 06:00 エロコク
平たいフォルムの面が刺激♡ 新しい心地よさを体験してみて
 平たいフォルムの「極天 -kiwami ten- rotor キワミテン ローター 菱」。女性には、まるで薄型の生理用...
桃子 2024-01-28 06:00 エロコク
パパを逃がさないために! 25歳フリーターの驚きの“隠し玉”
 ある取材でこんなことを言っていたキャバ嬢がいました。 「指名のお客さんをできるだけ長く引っ張るために“あと一押し...
中山美里 2024-01-23 06:00 エロコク
今年デビューを考えているなら…お手軽価格&シンプルさが◎
 2024年が始まったばかりですが、今年こそグッズデビューをしたいと思っている女性に、お伝えしたいこと。それは「お手軽価...
桃子 2024-01-21 06:00 エロコク
40代人妻探偵の止まらない性欲! 涙の極秘SEXからお掃除フェラまで #5
 探偵事務所に所属する探偵・波子さん(仮名・48歳既婚/子供なし)は、5回にわたる不妊治療(体外受精)を受けたが、子供は...
蒼井凜花 2024-01-19 06:00 エロコク
男も女もカップルでもひとりでも! 無限に楽しめるグッズ♡
 2024年っぽさを感じる新商品といえば、「TENGA ユニ」で決まりでしょう。男性も女性も、カップルでもひとりでも楽し...
桃子 2024-01-14 06:00 エロコク
40代人妻探偵の危険な性欲 依頼人の自爆に触発→オナニーで3度イキ #4
 探偵事務所に所属する探偵・波子さん(仮名・48歳既婚/子供なし)は、5回にわたる不妊治療(体外受精)を受けたが、子供は...
蒼井凜花 2024-01-19 13:32 エロコク