「妻を他の男性に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #4

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2020-11-20 17:00
投稿日:2020-11-20 17:00
 出張ホストの美青年Yくん(24)の巧みなクンニリングスに身もだえする妻を見たエリート商社マンMさん(43)。ネトラレであるMさんのペニスはかつてないほど急角度に勃起していた。Yくんが用意していたバイブレーターを手にした際、Mさんはそれに待ったをかけ、あろうことか、妻U子さん(34)に対し、「Yくんにフェラチオしてあげなさい」と告げていた――。官能作家の筆者が徹底インタビューした待望の第4話!
 これまでの話はコチラから。

跪いてのフェラチオを命令

夫の前なのに…(写真:iStock)
夫の前なのに… (写真:iStock)

――クンニリングスで恍惚とした奥さまに、あえて「フェラチオをしてあげなさい」と命じたのですね。

「はい、気づけばそう告げていました。クンニをされている時、妻と僕はずっと見つめあっていました。ずっとレスだった僕ら夫婦のセックスが、Yくんの介入により再び戻ってきたという歓喜の念がこみ上げて……U子のフェラチオする顔を見たい衝動が抑えきれなくなったんです。

――続けて下さい

「驚いていたU子でしたが、『はい、あなたが望むなら……』と上体を起こしました。

 Yくんが下着を脱ぐと、ペニスがぶるんとバネ仕掛けのように反り返ってね。その若さ漲(みなぎ)る雄々しい男根に、U子の潤んだ瞳がさらに淫靡に輝いたんです。

 僕は、妻のフェラチオする姿がよく見えるように、『Yくんは立ったままで、U子はひざまずきなさい』と告げました。フェラする姿を真横から見ようと、位置を指示したんです。

 Yくんは細身で長身の美青年ですが、ペニスは立派なものでした。プロフィールにはペニスのサイズが15センチと書かれていていましたが、もっと大きく見えましたよ。特にカリが広がっていて、肉厚だったことを覚えています。

 嫉妬どころか、これから始まる妻のフェラチオが早く見たくてたまりませんでしたよ」

かつて夫が教えたやり方で…

歪んだ美貌がいやらしい(写真:iStock)
歪んだ美貌がいやらしい (写真:iStock)

――そして、いよいよ奥さまのフェラチオが始まったのですね。

「はい、Yくんは手早くコンドームを装着しました。U子は陰毛から反り返る肉棒の根元を支え持ち、まずは伸ばした舌先でチロチロと裏スジを舐め上げていました。Yくんが『う……』と唸りました。妻はしばらく左右に顔を傾けながら、竿(さお)の部分に唾液をまぶしていました。

 このやり方は、以前、僕が教えた記憶があります。『すぐに咥えず、まずは焦らすようにじっくり幹の部分を舐めまくってほしい』と。

 妻はそれを覚えていたのかもしれません。丹念に肉棒を舐めまわしたのち、やがて、濡れた唇がOの字に開き、亀頭からぱっくりと勃起を咥えこんだんです。『んぐ……』と妻が唸りました。

 Yくんも『ああっ……』と歯を食いしばっていました。プロと言えども、フェラチオの快感には耐えきれないといった具合に眉間にしわを寄せて、ペニスを舐めしゃぶるU子を見おろしているんです。

『ああ、U子さんのフェラ、気持ちいいですよ。舌の絡ませ具合がたまらない』って言いながら……」

――聞いている私まで、ドキドキします。続けて下さい。

「妻のフェラ姿を見て、僕のペニスはもう一回り膨らみました。

 尿道口からはおびただしい透明汁が噴きだして……。U子はなおも『ン……うぐ』とくぐもったあえぎを漏らし、ジュブジュブと唾音(つばおと)を鳴らしながら、情熱的なフェラチオを浴びせていました。

 首を打ち振るたび、髪が散りはねて……それだけじゃない、乳首を硬く尖らせた乳房もゆさゆさ揺れて、たまらなくエロティックなんです。

 僕は我慢できず、『U子、フェラ顔を僕にも見せて』と命じたんです。頬を紅潮させたまま、U子は従順にこちらに顔を向けてきました。愛らしい顔立ちだけに、勃起を頬張って間延びした歪んだ美貌が、ひどくいやらしくてね……」

「セックスしよう。ただし…」

我慢できない(写真:iStock)
我慢できない (写真:iStock)

――Mさんの興奮が十分伝わってきます。

「そして、『僕を見つめたまま、フェラを続けなさい。タマ袋も舐めてあげるんだよ』と告げたんです。

 妻は陶酔しきったように、僕と視線を絡めながら、Yくんの勃起を深々と咥えこみ、舐めしゃぶっていました。

 肉棒を吐き出したら、顔を傾けてぶらさがる陰嚢も片方ずつ口に含んでいました。おそらくアメ玉のように口内で睾丸を転がしているんでしょうね。

 それを思うと、僕自身もフェラチオをされている気持ちになって、さらに下半身が煮えたぎるように激しい疼きに襲われたんです」

――続けて下さい。

「そして、我慢できなくなった僕は、ソファーから立ち上がりました。そして、『U子、ベッドでセックスしよう。ただし、Yくんにもフェラチオしてあげながらだよ』と告げたんです」

 続きは次回

関連キーワード

エロコク 新着一覧


トップブランドの潤滑剤♡ シルクのような質感にうっとり
 本日紹介するのは、スウェーデン発のブランド・LELOによる「アドバンスドパフォーマンスモイスチャライザー」です。香水の...
桃子 2022-08-14 06:00 エロコク
「童貞のペニス…」息子のカテキョをリビングで受け入れて#2
 中2の息子を持つA子さん(37歳主婦)は、家庭教師として来たU君(21歳有名私大3年/独身)にほのかな恋心を抱いていた...
蒼井凜花 2022-08-12 13:40 エロコク
未経験者からお尻攻めの上級者まで♡ ローター好きも大満足
 2022年も半ばを過ぎて、シンプルなバイブレーターとさまざまな形のアタッチメントを合体させ、何通りもの刺激を提供するグ...
桃子 2022-08-07 06:00 エロコク
人気急上昇L字型バイブ! 抜けにくいから面の刺激を楽しめる
 ここのところ人気急上昇のL字形バイブ。アイテムも増えつつあり、いろんな機能を搭載したものが登場しているので、自分のニー...
桃子 2022-07-31 06:00 エロコク
彼は私のもの!実姉から略奪不倫し恋人に戻った妹の執念 #6
 幼い頃から2歳上の姉と比べられ続け、つらい幼少期、青春時代を過ごしたH子さん(27歳クラブホステス/独身)。華やかな美...
蒼井凜花 2022-07-29 06:00 エロコク
シンプルさゆえの威力を発揮♡抜き差しする手が止まらない!
 バイブの多機能化が止まらない昨今。人気のクリ吸引系と合体したタイプや、ピストンするタイプなどハイスペックなものが次から...
桃子 2022-07-24 06:00 エロコク
姉に勝利! 同居する義兄を待ち伏せし復讐ガレージ不倫愛 #5
 幼少期から2歳上の姉と比べられて育ってきたH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  彼女はロングヘアの似合うス...
蒼井凜花 2022-07-29 11:29 エロコク
クリが吸われ、中からは揺さぶられ…そして不思議な現象が♡
 L字形バイブが増えています。この真っ赤な「クリクリ中毒」を見ればおわかりになると思いますが、L字の1辺を挿入し、もう1...
桃子 2022-07-17 06:00 エロコク
客との愛欲に溺れ諦めたら…実姉の婚約者として現れた彼 #4
 幼少期から2歳上の姉と比べ続けられて育ったH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  ロングヘアの似合うエキゾチ...
蒼井凜花 2022-07-22 10:42 エロコク
アタッチメントが4つ!大きな口に吸われて深い快楽の渦へ♡
 ドイツ発のブランド「サティスファイヤー」は、ラブグッズ界のトレンドセッターだと思っています。時代の空気をキャッチしたア...
桃子 2022-07-10 06:00 エロコク
未来の義兄とノーパンデートSEX!開発される悦びを知った#3
 幼いころから2歳上の姉と比べ続けられてきた苦い過去を持つH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  彼女は「元モ...
蒼井凜花 2022-07-19 14:18 エロコク
果物挿入するならホンモノより…見た目実力どちらにもキュン
 野菜や果物を挿入するって、官能小説やピンク映画では“定番”のひとつだったと思います。もう10年近く前のことですが、「ラ...
桃子 2022-07-03 06:00 エロコク
未来の義兄に抱かれても止まらない実姉へのマウンティング#2
 幼いころから実姉と比べ続けられて育ったH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  華やかな美貌とグラマラスなスタ...
蒼井凜花 2022-07-08 11:18 エロコク
新感覚!ピューピュー水が噴き出る膣洗浄機兼バイブレーター
 まず写真を見てください。シックなブラックカラーの挿入部はスタンダードですが、下に目を移すと……何コレ?  透明な...
桃子 2022-06-26 06:00 エロコク
挿入部“大”なバイブ!特殊ローターが絶妙な動きをリピート♡
 今回紹介するグッズは、中級者向けです。  最近フェムテックという言葉をよく耳にするようになり、ラブグッズにも注目...
桃子 2022-06-19 06:00 エロコク
“二穴責め”の快楽 同窓会W不倫で破廉恥なセレブ妻になった#5
 東京・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催された高校の同窓会に出席した。 ...
蒼井凜花 2022-06-17 06:00 エロコク