「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2020-11-27 06:00
投稿日:2020-11-27 06:00
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しようとしたエリート商社マンのMさん(43)は、ついに、出張ホストの介入により、数年ぶりに妻U子さん(34)とセックスをすることになった。しかし、いよいよ挿入という時、夫のMさんが命じたのは、出張ホストの美青年Yくん(24)にフェラチオをしてながら夫婦のまぐわいをするという、AVのようなセックスだった。
 これまでの話はコチラから。

自分の言葉に驚いた

他人に抱かれる妻の姿に興奮(写真:iStock)
他人に抱かれる妻の姿に興奮 (写真:iStock)

――出張ホストYくんにフェラチオをしながら、挿入を試みたとは驚きです。

「実は、僕自身も妻にそう告げて、改めて驚いた……というのが本音です。思わず、口をついて出た言葉ですね。しかし、最大限まで勃起したペニスは、さらにもう一段階ふくらみを増したんです。自分でも信じられないほど欲情が抑えきれませんでした」

――続けて下さい

「ベッドに仰向けになったU子の両脚を広げて、僕はYくんのクンニリングスで十分に濡れたヴァギナに亀頭を押し当てました。『ああうっ』と妻があえぎましたが、その声さえもが僕の興奮を高めるスパイスとなって――。

 熟れたザクロのように真っ赤にたぎる女膣めがけて、ひとおもいに腰を突き入れました。ズブッ……ズブズブッ……と柔らかな女肉がペニスに吸いつき、肉襞が絡みつきました。

 潤沢に濡れたU子の膣路は、いとも簡単にいきり立つ勃起を根元まで受け入れたんです。『ううっ』と僕は唸りました。寸分の隙もなく吸着する粘膜が、四方八方から僕のペニスを締めつけてきたんです。

『ああっ、アナタ……ッ』と、U子は大きく身をのけぞらせました。が、僕は容赦しませんでした。数年ぶりに交わった状態で、すぐさまYくんの若棒を咥える姿を見たかったんです。そしてペニスで串刺したまま、『早くYくんにフェラチオしてあげなさい』と告げました」

けなげにフェラを続ける妻

妻の中で…(写真:iStock)
妻の中で… (写真:iStock)

 Mさんは、ここまで一気に話すと、「ちょっと失礼」とテーブルに置かれた水を飲みほし、はあっとため息をついた。彼の興奮が私にも伝わってくる。

 彼は言葉を継いだ。

「U子は僕の肉棒をヴァギナに深々と呑みこんだ状態で、湿った息をつきながら、鋭く勃起したYくんのペニスに唇を寄せました。

 Yくんも男根の根元をにぎり、亀頭をU子の唇に近づけます。『早く咥えなさい』と再度命じると、U子自らペニスを手でつかみ、濡れた唇を開いてパクリと頬張ったんです。

 Yくんのうめき声と同時に、僕はU子のひざを引き寄せ、さらにペニスを叩き込みました。ズンズンと抜き差しのスピードを徐々に速め、激しい胴突きを見舞うたび、U子は「うううっ……くううっ」と叫びました。

 そして、美貌を歪めて、ジュブジュブと淫らな唾音を響かせながら、まるで僕の抜き差しに応えるかのように、激しいフェラを浴びせていったのです。

 僕は、妻の凄艶なフェラ顔と、抜き差しのたびに生き物のように巻きこまれる肉ビラ、愛液でぬめ光る己(おの)が男根に視線を行き来させました。渾身の一撃を見舞うと、彼女は大きく身をよじらせ、しかし、咥えこんだペニスは決して吐き出さない――夫に命じられた他人への口唇愛撫をけなげに続けているんです。

 そのなまめかしくも愛らしい光景を目の当たりにすると、まばたきや呼吸することすら忘れて、ひたすら激しく腰を送り出し、煮詰めた飴のようにたぎる女膣に肉棒をぶちこんでいました。ペニスを叩きこんでは引き抜き、引き抜いてはぶちこんで――すでに女体は興奮で真っ赤に色づき、大粒の汗を飛び散らせていました。『あううっ』『くううっ』と三人の叫ぶ声が重なって、ベッドがギシギシときしんで――徐々に尿管に熱いものがせりあがってきました。

 射精の兆しであることは明白です。僕は『U子、出すよ。U子の膣内(なか)に出すよ』と叫び、盛大なとどめの一撃を浴びせました。直後、痺れるような愉悦とともに、ドクドクッ、ドクドクッ……と、U子の膣奥で射精したんです」

極上のきっかけになった「プロを交えてのセックス」

3人でのセックスはその後も続いた(写真:iStock)
3人でのセックスはその後も続いた (写真:iStock)

――続けて下さい

「僕は果てましたが、彼女はまだ絶頂を迎えてはいないようでした。しかし、今まで咥えていたYくんのペニスを吐き出すと『ああ、アナタのモノ……ドクドクと脈打ってる……嬉しい』とギュッと目をつむりながら、満足そうに呟いたんです」

――奥さまも幸せだったでしょうね。

「はい、あとになって訊くと、イクことはできなくとも『女は心でセックスする生き物だから、アナタとひとつになれたこと自体、すごく幸せだった』と言ってくれました。

――Yくんの存在……つまり「ネトラレ」であることについては?

「それも問題なかったようです。元々、彼は男の僕から見てもプロ意識の高い好青年でしたし、妻自身がネットの中から選んだ出張ホストだったので……」

――ご夫婦のセックスレスも解消したと?

「はい、定期的にセックスはしています。しかし、やはり僕は他の男性が介入してくれた方が断然興奮する。そのことを知っている妻は『またYくんを呼びましょうか』と言い、あれから四回、Yくん指名で3Pを経験したんです」

――四回も?

「はい、二度目からはセックス後にはルームサービスを頼んで、三人でホテルのディナーを楽しみました。彼には立ち入ったことは訊きませんが、『今度は、目隠しをしてみようか』と僕が提案すると、妻は恥ずかしそうに目を伏せながらも、内心、喜んでいるのが伝わってくるんです。

 Yくんは「お二人が望むプレイは、全力でご協力させて頂きます」と誠実で心強い言葉をにこやかに言ってくれるんです。夫婦のセックスとは別に、「プロを交えてのセックス」はセックスレス夫婦にとって極上の起爆剤となりました」

胸に抱いた不謹慎な思い

タブーだからこそ感じる魅力(写真:iStock)
タブーだからこそ感じる魅力 (写真:iStock)

 Mさんは、そうほほ笑んだ。

 しかし、次いで「こう言ったら不謹慎かもしれませんが……」と声をひそめた。

「そのうち、Yくんとの3Pも飽きてくるんじゃないかと思う自分がいるんです。

 その時は、別の出張ホストを呼ぶのがいいのか……。で、最初に自分がネトラレだと知るきっかけとなった会社の部下であるKくんにも妻を抱かせてみたいな、と思うようになってね……もちろん、妻には伝えていませんが、そうなったら自分はどれほど刺激的な体験をするんだろうと……いや、本当に不謹慎なんですが、タブーだからこそ魅力を感じるんですよね。

 近い将来、我が家で開催される恒例の鍋パーティーにK君を呼んで、酔った勢いで、本音をぶつけてみようかなと思うこともしばしばです。夫婦の在り方、セックスに正解はないと思います」


 インタビューを終えた後、Mさんは「今夜は妻と外食することになっているので……」と照れ笑いをした。夫婦仲がいいのは、彼の一点の曇りのない瞳から想像できる。

 ただ、これは私の勝手な想像だが、Mさんは外食先でも、きっと道行く男性を観察し、「妻を抱かせるにふさわしい男性を吟味しているに違いない」と感じている。

 Mさん夫婦がこれからどうなるのか、またインタビューをさせて頂きたいと切に思った。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク
カップルでのお出かけ羞恥プレーにも! 一石三鳥の活躍ぶり
 膣トレが盛んな昨今、グッズも多様化しています。骨盤の内側に張り巡らされた骨盤底筋群を刺激し、鍛えるためのグッズのことで...
桃子 2021-10-03 06:00 エロコク
同性とはいえ不倫…つらいのに彼女のキスは甘美で優しくて
 結婚10年目にして女性と恋に落ちてしまったW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。お相手の女性は、新宿二丁目のレズビ...
蒼井凜花 2021-10-01 06:00 エロコク
ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク