女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-01-15 06:00
投稿日:2021-01-15 06:00
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば大丈夫」というエッチもゼロではありません。可能な限り感染防止策を考えた上で、ウイズコロナのセックスをまとめてみました。
 と言うのも、筆者自身が極度の「不潔恐怖症」で、普段から地べたに座れない、地べたにバッグを置けない、ドアノブや電車のつり革には触れたくない、公共トイレは使いたくない、タクシーや電車のイスにも座りたくない等は当たり前で、常に雑菌との戦いなのです。
 ただ、この病的なほどの不潔恐怖症は、コロナ禍ではむしろプラスに働くのでは、と思っています。そんな筆者が、「ウィズコロナのセックス」を提案したいと思います。

1. ホテル選びは換気に注意

コロナ禍でも愛し合いたい…どうすればいい?(写真:iStock)
コロナ禍でも愛し合いたい…どうすればいい? (写真:iStock)

 まずは場所選びからです。

 ラブホテルは往々にして、窓が開かない設計になっています。ですから、「ベッドやバスルームが広い」などの利点を差し引いても、感染リスクを回避して、シティホテルをお勧めします。

 デイユースならリーズナブルな値段で使用できるはずです。

2. 服や髪、スマホの汚れもチェック!

とにかくまず手洗いを!(写真:iStock)
とにかくまず手洗いを! (写真:iStock)

 入室したら、まずは手洗いうがいをしましょう。

 筆者は、携帯用の除菌スプレーや除菌シートを持ち歩いており、外出先でもタイミングを見て使用しています。髪の毛にもウイルスが付着していることもあるので、ヘッドスカーフや帽子で髪を守り、室内で脱ぐようにしています。

 スマホも除菌シートでさっとひとふき。衣服に雑菌がついていることを考えると、抱きしめ合うのは衣服を脱いでからのほうが安全ですね。

 手を洗っても、スマホや洗面所の蛇口、ドアノブに触れたなら、そのたび、除菌シートで手指を拭くのが安心です。

3. リスクの高いキスはNG

キスにも感染リスクがあるけれど…(写真:iStock)
キスにも感染リスクがあるけれど… (写真:iStock)

 うがいをして、歯も磨いたんだからキスはOKだろうと思う方も多いと思います。

 しかし、もし相手が知らずに感染していたら、アナタにもそのリスクがのしかかってきます。ですから、キスは「可能な限り、避けた方が無難」と意識しましょう。

 もちろん「キスがNG」と言うわけではありません。最終決断はアナタ自身がしてください。

エロコク 新着一覧


アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク
カップルでのお出かけ羞恥プレーにも! 一石三鳥の活躍ぶり
 膣トレが盛んな昨今、グッズも多様化しています。骨盤の内側に張り巡らされた骨盤底筋群を刺激し、鍛えるためのグッズのことで...
桃子 2021-10-03 06:00 エロコク
同性とはいえ不倫…つらいのに彼女のキスは甘美で優しくて
 結婚10年目にして女性と恋に落ちてしまったW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。お相手の女性は、新宿二丁目のレズビ...
蒼井凜花 2021-10-01 06:00 エロコク
ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク