いわゆるSMではダメ…精神的に屈服させられることに興奮する

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2019-05-24 18:05
投稿日:2019-05-18 19:00
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと主体的に性を楽しめるようになる。女性の様々な性癖に迫ります。

 マゾであること――“M”という性癖は、比較的世の中によく知られている性向のひとつだと思います。けれど、一口に“M”といっても、あまりに範囲は広く、その願望は千差万別。そこで今回は“M”の性癖を持つという沙由美さん(仮名、24歳、滋賀県)にお話を聞かせていただきました。

「私は性癖としてはMに分類されると思います。無理やりレイプみたいにされるのが好きなんです。暴力とセックスで隷属させられることに非常に興奮します。けれども、言葉責めだったり、いわゆるボンデージなどの、SMっていうんでしょうか。なんというか、初めから相手が、精神的に優位に立っている行為には興奮できないんです。あくまで対等というか、むしろ自分の立場が上の状態で、犯されて、精神的に屈服させられることに興奮するんです」

 沙由美さんが「暴力とセックスで隷属させられること」に目覚めたのは14歳。放課後、数学教師に質問していた時のこと。言葉の行き違いで喧嘩になり、カッとなった教師に胸ぐら掴まれた際、死ぬほど興奮していることに気がついたのがキッカケだったそうです。現在、その密かな願望をいったいどうやって叶えているのでしょうか。

河川敷での「理想のシチュエーション」

「最初は、彼氏に『首絞めて』って言うところから手探りで始めて、後に付き合った人が格闘技の経験者だったので、関節固めてもらったまま、して欲しいってお願いしたこともあります。そのあたりから、男性にある程度頼めるようになりました。形式だけでも興奮するために、男性に『今から抵抗するから、無理やり犯す形でセックスしてほしい』とか。ただどうしても予定調和になってしまうのがジレンマなのと、基本的に皆さん、困惑するんですよね。『痛そうだし、申し訳ない』とか言われます」

 相手の男性の困惑にも負けず、ビンタやグーパンと噛みつきあり、というルールでのレイプごっこを楽しんだりもするという沙由美さん。

「もちろん、実際にレイプされるとなると、命の危険への心配が先に来ちゃうんですけど……実は、理想のシチュエーションが一つありまして。以前ネットの誰かの投稿で見たのですが、夜の河川敷とかで『今から10秒全力で逃げろ、そのあと俺がお前を追いかけてその場で犯す』っていうプレイをした芸人さんがいたらしくて、それを一度はやってみたいです。逃げたいし捕まえられたい。そのまま好きにされたいです」

  ◇  ◇  ◇

 今回、話を聞いていて思ったのは、より満足度の高いセックスをする手段のひとつとして、自分の性癖を相手に伝え、率直に欲しいことを告げるのがすごく有効だということ。パートナーに赤裸々な願望を告げるのは、なかなかハードルが高いと感じる女性もいるかもしれませんが、それを乗り越えれば、より豊かな性の世界が広がるのです。

欲望を赤裸々に語ってくれる女性を募集中

 この連載では、ご自身の欲望を赤裸々に語ってくれる女性を募集しています。匿名で構いませんし、事前に原稿もご確認できます。わたしたちの抱いている欲望が決して恥ずかしいものないことを知り、より伸び伸びと、性を楽しむことが出来る世の中が早く来るように、皆さまのご協力をお待ちしております。

 取材を受けてもいいという女性は、rika.oizumi★gmail.com (★は@ にしてください)もしくは https://twitter.com/ame_rika までDMでご連絡くださいませ。秘密は厳守いたします。

大泉りか
記事一覧
作家・コラムニスト
ライトノベルや官能を執筆するほか、セックスと女の生き方や、男性向けの「モテ」をレクチャーするコラムを多く手掛ける。新刊は「女子会で教わる人生を変える恋愛講座」(大和書房)。著書多数。趣味は映画(映画館で年間100本以上)、海外旅行。愛犬と暮らして14年目の犬飼い。X

関連キーワード

エロコク 新着一覧


お医者さんごっこの続きを…31歳シンママと幼馴染の秘密の遊戯
 今回ご登場いただくのは、帰省した際に幼なじみの浩くんと再会し、それを機に愛人エッチするようになったというシングルマザー...
中山美里 2024-04-09 06:00 エロコク
クリを吸い上げ、はじいて、叩く♡ 1台で3役の優れもの
 買ったはいいけどあまり使わない…。そんなモノが多ければ多いほど、家が雑然としてしまいます。  これはラブグッズに...
桃子 2024-04-19 17:41 エロコク
スマホレンズを股間に向けられたネトナン師、恐怖のSEXから起死回生#5
 高学歴・高収入のジンさん(仮名・49歳会社経営/前妻との間に子供アリ)。彼は経営者の傍ら、「ネトナン師(ネット上のナン...
蒼井凜花 2024-04-05 06:00 エロコク
紳士服売り場の試着室で♡50代性欲強めパパとドキドキプレイ
 今回お話を聞かせてくれたのは、以前に百貨店の紳士服売り場で働いていたことがあるという主婦のルリ子さん。  パパ探...
中山美里 2024-04-02 06:00 エロコク
ネトナン師も驚愕!12歳愛娘の「ママ友」がSEX動画を撮し出して… #4
 高学歴・高収入のジンさん(仮名・49歳会社経営/前妻との間に子供アリ)。彼は経営者の傍ら、「ネトナン師(ネット上のナン...
蒼井凜花 2024-04-05 11:48 エロコク
ホテルに入ると男性が2人いて…24歳パパ活女子の恐怖体験
 突然ですが、あなたは風俗やパパ活女子と遊ぶ場合、「お金を払ってる自分の方が立場が強い」と思いますか? それとも思いませ...
中山美里 2024-03-26 06:00 エロコク
“中”でプワ~ッとふくらみ、プシュ~ッとしぼむバイブが爆誕
 ラブグッズを集め始めて十何年経っても、私が感じている醍醐味は初期の頃から変わりません。  それは「人体にはない動...
桃子 2024-03-24 06:00 エロコク
“即ホ”肉食妻と潜望鏡プレー 40代ネトナン師、嬉しい悲鳴からの地獄#3
 高学歴・高収入のジンさん(仮名・49歳会社経営/前妻との間に子供アリ)。彼は経営者の傍ら、「ネトナン師(ネット上のナン...
蒼井凜花 2024-03-29 18:04 エロコク
パパのサイズに慣れちゃった! 29歳人妻の恐るべき適応能力
 今回、登場いただくのは浮気妻の明日香さん。ご主人とは5年前からセックスレスで、欲求不満解消と小遣い稼ぎを兼ねてパパ活し...
中山美里 2024-03-19 06:00 エロコク
押すではなく「吸う」! 後戻りできない快感に酔いしれて♡
 長らく謎だったGスポットの正体ですが、昨今ではクリトリスの一部だというのが定説になっています。  膣側からそれを...
桃子 2024-03-17 06:00 エロコク
新人ネトナン師が慄く 巨乳欲情妻「即ホ」前に車内フェラの洗礼 #2
 高学歴・高収入のジンさん(仮名・49歳会社経営/前妻との間に子供アリ)。彼は経営者としての傍ら、「ネトナン師(ネット上...
蒼井凜花 2024-03-16 10:39 エロコク
また欲しくなっちゃった♡ 36歳主婦のラブグッズの隠し場所
 男って不便。だって、オナニーするのに視覚的な刺激がいるわけでしょ? その点、女のオナネタ第1位は妄想ですから、隠す必要...
中山美里 2024-03-12 06:00 エロコク
初心者も熟練者も細長~いボディでいろんなプレイを楽しんで
 ワインボトルを細長~くしたようなボディー、パキッとした赤がすてきです。  最新の「ロンプ ポップ」を手に私は、も...
桃子 2024-03-10 06:00 エロコク
全国津々浦々男をキープ!31歳女トラック野郎のパパ活大作戦
 最近、何げなくニュース番組を見ていたら前総理の安倍さんの映像が流れまして。ふと思い出したのが平成26年に安倍さんがぶち...
中山美里 2024-03-05 06:00 エロコク
初心者も上級者も大満足♡バイブと吸引系が一体化した神グッズ
 アダルトグッズ界はあちこちに、すごいアイデアマンがいるようで、しばしば斬新なアイデアが搭載されたグッズがリリースされま...
桃子 2024-03-03 06:00 エロコク
「セックスは心でするもの…」乳房、卵巣を失った人妻の甘美な気付き #5
 乳がんを患い、両乳房と卵巣を切除した香織さん(仮名・49歳主婦/子供アリ)。彼女は抗がん剤治療が一区切りついたタイミン...
蒼井凜花 2024-03-01 06:00 エロコク