LINEの返信が遅い…仕事で忙しい男性のホンネと女子の対応策

若林杏樹 漫画家
更新日:2023-01-04 06:00
投稿日:2023-01-04 06:00
 好きな人からLINEの返信がなく、待つ時間ってツライですよね。
「仕事が忙しい」という理由を出されると、なんて返せばいいかわからないですし、連絡をせがむのもめんどくさい女だと思われそうです。

なぜ返信が遅いの?

 もやもやする気持ちを彼にぶつけたい気持ちは、とてもよくわかります。

 しかし、文句を言う前に本当に忙しいのでしょうか? もしかしたら、うまくかわされてしまっているのかもしれません。

 今回は多忙な彼氏のホンネと、あなたが交際を続けたい場合にどんな行動を取れば良いのかをお伝えします。

LINEを返せない仕事は、ない。彼の現状や気持ちをきちんと聞くべし!

 はっきり言うと、LINEを数日間も返せないほど多忙を極める仕事はないです。

「おはよー」と送って、「おはよー」と返せないなんてありえません。

 では、なぜ連絡が返ってこないのでしょうか。

 男性側のホンネとしては、以下の理由が考えられます。

・連絡がものすごくルーズな人
・病んでいる
・あなたとは別に本命がいる
・あなたは何人かいるうちの一人
・あなたをそんなに好きじゃない、そして興味もない。とりあえず付き合った。

 少なくともあなたより大切なものがある状態なので、非常にピンチな状況です。

あなたに優先順位をあげられない?

 LINEの返信が来ず、「仕事で忙しい」と言われて納得している段階で、彼氏についてよくわかってない可能性があります。

 彼が超機密事項の仕事をしていない限り、どんな仕事で忙しいのか教えてくれるはずです。

 彼の仕事内容や人間関係、どんな暮らしをしているかを聞いて理解するのは重要です。しかし、はっきりと答えずに、聞くとウザそうにする人だったら、この先もうまく行くはずがありません。

 彼女なのにLINEが返ってこない。何日か放置されている。それ自体がおかしいってことに気づきましょう。

登場人物紹介

ダラ先輩
あけましておめでとうございますっ。今年はもっともっと自分のために時間を有効活用するのが目標〜! だらだらYouTubeを見ちゃうのやめたい……。

ギャルちゃん
あけおめ〜ことよろ〜! 去年はインプットの年だったから、今年は勉強したことをしっかりとアウトプットしていくぞー! 良い年にしたいなー☆

若林杏樹
記事一覧
漫画家
初の著書『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』がベストセラーに。前職は私立大学職員。ニックネームはあんじゅ先生。
漫画ブログX

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ
性欲満たしたいだけでしょ?マチアプスピード婚を“汚点”と言い切る40男
「冷酷と激情のあいだvol.193〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合ってスピード結婚へと至った夫とのレスに悩む妻...
並木まき 2024-05-07 10:33 ラブ
子づくり提案→アバズレ認定に絶望しかない…37歳バリキャリ女性の後悔
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-04 06:00 ラブ
圏外男性からの告白LINE、顔を合わせるの気まずっ!上手に断る3本立て
 異性に告白されるのは嬉しいものですが、中には好きになれない相手、恋人として見れない相手からの告白もありますよね。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-04 06:00 ラブ