早く成長してほしい…後輩が育たない先輩がやりがちなミス

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2023-05-19 06:00
投稿日:2023-05-19 06:00
 みなさんは後輩に対してイラッとすること、どのくらいありますか? 私はこれまで後輩の立場になる方が多かったので、そこそこの怒られ経験はあります。
 でもぶっちゃけ、怒られて良かったと思えることって少ないです。今回は、私の悲しい怒られ経験の話をさせてください。みなさんはどう思いますか?

 

 

怒っても仕事の効率は上がらない

 先輩の立場って、難しいですよね。

 人を育てながら自分の仕事もこなさないといけないので、効率よくやらないと回らなくなります。

 だからこそ後輩には、なるべく早く成長してほしいと考える人も多いのではないでしょうか。

 その気持ち、よくわかります……! でも、怒らないでほしいんです(泣)。

 たとえば昔、私は「帰りの挨拶をしない」とスナックのママに怒られました。これだけ聞けば完全に私が悪いのですが、実は気づかいのつもりだったんです。

 とても盛り上がっている席があり、私は終電で帰る。邪魔にならないように、その席にいない人に小さな声で挨拶をして帰るつもりだったのですが、それがママの目には良く映らなかったんですね。

正論で追い詰めて、部下の感情は置き去りに…

 今でもその時を思い出すと、ちょっと喉が詰まる感じがします。

 それからは何も考えずに挨拶して帰るようになったのですが、ママに対しては「一面だけ見て怒るタイプなのかも」と思うように……。

 それ以来、困ったことがあっても相談できませんでした。なのでもし、最近後輩にイラッとしがちな人がいたら、怒る前にできることはなかったか考えてみてください。

 何かミスが起こる原因があるのか? 別の理由があってとった行動ではなかったか?

 怒る前にまず、話を聞いてくれる先輩が増えればいいなと願っています。

登場人物紹介

マキさん:どろんぱのナンバーワンホステス。あまり出勤日は多くないが、きっちり稼いで颯爽と帰っていく姿が後輩からの尊敬を集めている。3人の子持ち。

ママ:どろんぱのママ。若い頃からその美貌と賢さですべてを手に入れてきた。そのせいでやっかまれるのも少なくないが、本人は問題と思っていない。

おくげちゃん
記事一覧
漫画家・イラストレーター
酒呑みまんが家。ふしぎで妖しい話を描いています。就活が嫌すぎて3年間ドイツに逃亡するなど放浪癖あり。京都市出身、東京在住。水商売歴10年。XInstagramでは毎日漫画を更新中。実績などはこちら

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


幸せの価値、そして――。
 家族親子恋人たちお年寄りも若者も桜に埋もれて過ごす時、人は皆幸せそうだ。  季節はもうすぐ梅雨――。
ほっこり癒し漫画/第74回「ヘルプみーこ」(中編)
【連載第74回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
今さら聞きにくい? 英語の新敬称「Mx.」や「X」って何
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
夫の胸ポケからキャバ名刺→子の刻に家出!?いいから落ち着けが止まらない
 LINEの文面だけでも、意外と「焦ってる」「取り乱してる」と分かるものですよね。今回は、そんな慌ただしいLINEを3つ...
すげえ!BoA完コピおじいに喝采。スナック常連の濃ゆいエピソード3選
 みなさんの職場には癒しキャラはいますか? スナックで働いているといろんな人を見るのですが、癒しキャラもとっても多いんで...
好きを仕事にしても「しんどい」よ。憧れだけではない現実との向き合い方
 キャリアについてよく聞くフレーズが「好きを仕事に」。確かに、好きなことでお金を稼げたら一挙両得! 幸せな毎日が送れそう...
「マタニティハイ」要注意! おブスな振る舞いが誰かを傷つける可能性も
「妊娠して幸せの絶頂です!」と感じている女性必見! 今回は、マタニティハイでやりがちなNG言動を4つ紹介します。  妊...
クネクネの正体はおとうさん!“たまたま”が真実を知った瞬間
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
【花屋実践】春から秋まで眼福♡ずぼら激推し良コスパの姫リョウブって?
 今年も自らの無計画さを後悔する季節がやってきました。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋の店横にある屋外LAB(「植物...
「ぼっち・ざ・ろっく!」のぼっちちゃんも仰天!承認欲求モンスター図鑑
 承認欲求は、人間であれば持っている自然な欲求。誰だって「自分の話を聞いて欲しい」「自分を認めて欲しい」と感じることがあ...
気まずい既読スルー後は演技力が命!《文章未完+矢印》で打ち途中を装う
 友達や知り合いからLINEが届いても、LINEの内容や忙しさによってはつい返信を後回しにしてしまいがち。そのまま忘れて...
6月病とは? 実は5月よりもタチ悪い説が…早め対策がマスト
「GWが明けてからも5月病にならず元気だったのに、6月になってからなんだかやる気が出ない…」「6月に入ってから、体も心も...
2024-05-21 06:00 ライフスタイル
【調香師監修】頭のにおいは“武器”!愛され頭皮になるヘアケア&香り術
 男性から女性への愛情行為のひとつに「頭皮のにおいを嗅ぐ」しぐさがあります。カレが貴女の頭のにおいを嗅いできたら、それは...
まさに鈴カステラ! 爪とぎ中に立派な“たまたま”がポロリ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「秋波を送る」は、もはや美人だけの特権ではない。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
令和なのに「婦人会=奴隷」な件! 田舎あるあるに見る窮屈な人間関係
 田舎は人と人の繋がりが濃く、助け合ったり情報を共有し合ったりできるメリットがあります。しかし、その濃さや交友関係の狭さ...