おやおやおや、寅子の言動がNGだらけで“アメション”田中絹代と重なる

桧山珠美 TVコラムニスト
更新日:2024-07-08 18:20
投稿日:2024-07-08 18:20

NHK朝ドラ「虎に翼」~第15週「女房は山の神百石の位?」#71

 昭和26年。視察のためにアメリカに行っていた寅子(伊藤沙莉)が帰国する。刺激を受けてますます張り切る寅子に、新しい時代の女性の代表として密着取材をさせてほしいという雑誌の依頼が舞い込む。

 家族を巻き込んでの取材に笑顔で対応する花江(森田望智)を筆頭に、猪爪家の面々は様子がおかしいが…。

【人気で読まれています】『虎に翼』脚本家、アニメ界でなぜ高評価?朝ドラ人気の要因は公平な目線

【本日のツボ】 

NG寅子に「おやおやおや?」

 ※※以下、ネタバレあります※※

 アメリカ視察から帰国した寅子。ヒールにストッキングにサングラス、素敵なワンピースに身を包み、メイクも変わり、口紅も濃いめ、すっかりアメリカかぶれしてしまったようです。

 はた目にはちょっとイタく見える寅子に、やはり、日米親善使節として渡米し、それまでは古き良き日本の女性を演じていたにも関わらず、帰国後、報道陣に向かって「ハロー!」と言い、ファンに投げキッスを送るなど、すっかりアメリカかぶれした映画女優、田中絹代が重なりました。

 その振る舞いが顰蹙を買い、「アメション女優」などといって揶揄されることに…。アメションとは「アメリカで小便(ションベン)して帰ってきただけ」という蔑称ですが、少し舞い上がっているような寅子が心配です。

 久しぶりに帰ってきたのに、可愛い娘たちが待つ自宅ではなく、職場に寄ってしまう寅子。やっと帰ってきたのは夜遅く。お土産も、花江に美容クリームは良しとしても、全部英語で書かれた料理本を渡し、「あら全部、英語…」という花江に対して「花江なら読めるわよ」と寅子。花江の複雑な表情にも気づいていないようでした。

 子どもたちへのお土産もお菓子と英語の本でした。「どれも面白そうでしょ。たくさん勉強して世界を広げて頂戴。分からないところは辞書を引くのよ」と。子どもたちもやはり複雑な表情で、花江に「とらちゃんにお礼を言って」と促され、ようやく「ありがとう」と言った感じでした。

 寅子に悪気はないのは重々承知していますが、NG行動の数々に「おやおやおや?」と思ってしまいました。

「お金は私が充分に家に入れてるんだから」

「新時代の開拓者・佐田寅子 理想的な社会をつくる為 格闘する日々に密着…」。雑誌の取材を受けることになり、その担当は明律大女子部時代からなじみの竹中記者(高橋努)でした。

「みんなお嬢ちゃんの言葉を聞きたがってんだよ。あんたは世の娘さんたちの希望の星なんだから」。“希望の星”というフレーズが気に入ったのでしょうか。寅子の目がキラキラとしていました。

 取材がくると家族に報告した時のことです。「子どもたちの洋服も新調しなきゃ。出費がかさむわね」と花江が言い、直明(三山凌輝)が気遣って「僕が買おうか?」と。「いいのいいの。直明ちゃんが気にすることじゃないわ」と遠慮する花江に対して、「そうよ。お金は私が充分に家に入れてるんだから」と寅子。

 なんだか、寅子が「俺が稼いでいるんだから」とエラそうに主張し、妻への気遣いを一切見せないダメ夫のように見えてきます。

 本日の寅子の言動はNGだらけ。波乱含みの月曜日でした。

桧山珠美
記事一覧
TVコラムニスト
大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。読売新聞「アンテナ」、放送批評誌「GALAC」、日刊ゲンダイ「あれもこれも言わせて」などで連載中。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


直言ら16名全員無罪!憲法記念日に放送された寅子が語る「法」の解釈
 昭和11年12月。1年半に及んだ直言(岡部たかし)の「共亜事件」がいよいよ結審の日を迎えた。  寅子(伊藤沙莉)...
桧山珠美 2024-05-04 06:00 エンタメ
直言の判決いかに? 寅子の表情、優三腹くだり…テンポ絶妙な法廷シーン
 公判中に倒れた直言(岡部たかし)は、自分の無実を信じる寅子(伊藤沙莉)の気持ちに応え、取り調べで自白を強要されたことを...
桧山珠美 2024-05-02 17:13 エンタメ
『虎に翼』の週タイトルになぜ「?」はる記“主婦乃手帖”で一発逆転なるか
 直言(岡部たかし)は寝たきりでろくに食事も取ろうとしない。そんな様子をはる(石田ゆり子)は心配していた。  一方...
桧山珠美 2024-04-30 13:50 エンタメ
大谷結婚モロ被りの不穏も何のその!各世代イケメン網羅のキムタクドラマ
 木村拓哉(51)主演ドラマ「Believe-君にかける橋-」(木曜21時、テレビ朝日系)がスタートしました。待ちに待っ...
永瀬廉は大人の色気、髙橋海人はヘタレの真逆 確かに築くキンプリ2人体制
 昨年より、2人体制となったKing & Prince(以下、キンプリ)の永瀬廉(25)と髙橋海人(25)。4月期に始ま...
こじらぶ 2024-04-27 06:00 エンタメ
岩ちゃんか仲野太賀か…優三株の上昇、高等試験に落ち続ける原因判明!?
 突然、猪爪家に検察が押しかけ、はる(石田ゆり子)は直言(岡部たかし)が贈賄で逮捕されたと告げられる。  証拠品と...
桧山珠美 2024-04-26 16:45 エンタメ
まるでコント!寅子との恋フラグは立たず、崖から落ちる花岡(岩ちゃん)
 親睦を深めるためハイキングに行くことになったが、花岡(岩田剛典)たちの態度に溝を感じ、浮かない気持ちの寅子(伊藤沙莉)...
桧山珠美 2024-04-24 14:35 エンタメ
ガンちゃん登場! 目の前にビール瓶2本…寅子の酒豪ぶりは母のはる譲り説
 本科と呼ばれる明律大学法学部に進学した寅子(伊藤沙莉)たち。法改正が行われ、女子も正式に弁護士になるための試験を受けら...
桧山珠美 2024-04-22 15:40 エンタメ
「366日」、髙橋海人「95」学生服コスプレ繚乱!関口メンディー何留?
 新ドラマを見ていて気づいたことがあります。それは過去と現在を行き来するドラマで、俳優さんたちがそのまま高校時代や大学時...
すわ、嫁姑戦争勃発か!? 月のもので結束力まで描く脚本の妙
 実際の事件を調べるため、まんじゅうを作ってみることにした寅子(伊藤沙莉)たち。すると涼子(桜井ユキ)が急に謝罪したいと...
桧山珠美 2024-04-19 15:50 エンタメ
「お月のもの」ネタ再び、寅子らの生理談議にマスターのヘンな気遣い
 よね(土居志央梨)は貧しい生い立ちを明かし、涼子(桜井ユキ)や寅子(伊藤沙莉)など、同級生らが恵まれていることに憤りを...
桧山珠美 2024-04-18 16:50 エンタメ
森香澄は“嫌われる女”を演じてる説 「女子アナ」抹消計画を進行中!?
 元・テレビ東京の「女子アナ」で、昨年3月に退社してフリーに転身後、バラエティ番組を中心に引っ張りだことなっている森香澄...
堺屋大地 2024-04-17 06:00 エンタメ
朝ドラ史上初の快挙!ヒロインの月のもの(生理)事情が描かれた
 生徒数が減り、存続の危機に陥る明律大学女子部。宣伝のため2年生の寅子(伊藤沙莉)たちは先輩の久保田(小林涼子)・中山(...
桧山珠美 2024-04-15 15:48 エンタメ
平野、神宮寺、岸のNumber_i返り咲きの春! 欲いえばもっともっと…
 さくら満開の春、Number_iがテレビに帰ってきました平野紫耀(27)、神宮寺勇太(26)、岸優太(28)、お久しぶ...
「ニャニャニャニャニャ」寅子の必殺技!いずれ強い虎になる“伏線”か?
 判決の日。寅子(伊藤沙莉)たちの予想は外れ、妻が着物を取り戻すことが認められる。大喜びする女子部の面々だったが、よね(...
桧山珠美 2024-04-12 18:20 エンタメ
不祥事芸人・フジモンの賛否両論の復帰劇!実は吉本への貢献度が抜群?
 昨年10月に当て逃げ事故を起こして活動自粛していたフジモンことFUJIWARA・藤本敏史が、3月23日放送の『さんまの...
堺屋大地 2024-04-12 06:00 エンタメ