熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観

コクハク編集部
更新日:2020-11-22 06:00
投稿日:2020-11-22 06:00
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹介します。香川県、徳島県、愛媛県、高知県で成る四国は、坂本龍馬や板垣退助など、幕末のスーパースターを輩出したことでも有名。そんな四国の男性は、どのような特徴があるのでしょうか?

四国出身の男性の性格&特徴!

 まずは、四国出身の男性の性格や特徴からチェックしていきましょう!

四国の中でも県民性が激しく異なる

 日本列島を構成する中でも一番小さな島、「四国」。とはいえ、まるっとまとめられないくらい、その県民性は異なります。そこで、まずは簡単にそれぞれの県民性をご紹介していきます。

香川県

 香川県の男性は、よく言えば合理的、悪く言えばずる賢い一面を持っています。このような要領が良い性格のことを、讃岐弁では「へらこい」と呼ぶのだそうです。話上手で人付き合いも良く仕事熱心でもあるため、周りからの評価は高いでしょう。

徳島県

 徳島県の男性は、真面目で勤勉。エネルギッシュで、何事にもポジティブに次々に取り組む姿勢を見せます。貯蓄も得意な反面、プライドの高さから見栄を張って大盤振る舞いをしてしまうことも。また、我が子への教育に熱心なのも特徴です。

愛媛県

 愛媛県は東部、中部、南部の3地域で性格はやや違うものの、基本的には楽天家で穏やかな性格の人が多いです。マメに連絡をしたりと人間関係を大切にしますが、淡白な一面があるため、恋愛する上ではなかなか真剣交際に発展しないことも。

高知県

 四国の中でも独特な性質を持つのが、高知県の男性。負けず嫌いで意地っ張り、男気溢れる性格のことを、土佐弁では「いごっそう」と呼びます。郷土愛が強く、情に熱く、お酒好きなのも特徴。また、熱しやすく冷めやすい一面もあります。

気が強くポジティブ

 四国の男性をまるっとまとめると、気が強くポジティブなのが一番の特徴かもしれません。さっぱりした性格の人が多く、郷土愛も強めですので、出身地が同じだとその場で一気に意気投合してしまうことも。

 どの県も「阿波踊り」「讃岐うどん」「お遍路」など、四国特有の文化を大切にしているため、話題の中で登場させると盛り上がること間違い無いでしょう。

基本的には金銭感覚がしっかりしている

 基本的には金銭感覚がしっかりしているのも、四国の男性の特徴。特に、香川県、徳島県は男女共に堅実で、貯蓄率も高いようです。

 ただし、愛媛県南部、高知県は、お財布の紐が緩め。気前がよく奢るのも好き、ギャンブル好きな傾向にあるため、交際中に経済観念についてはチェックしておいたほうが無難です。

四国出身の男性の恋愛傾向は?

 一言でまるっとまとめられない四国出身の男性ですが、恋愛傾向も各県で個性があるようです。

保守的で慎重派

 四国出身の男性は、基本的に保守的で慎重派。人当たりもよく、気になる女性とはスマートに距離を縮めていきますが、交際までに時間がかかることも。「本当にこの人で良いのか」と、頭の中ではじっくり検討している可能性があります。

 ただし、高知県男性に限ってはストレートな恋愛を好みます。好きになったら一直線にアプローチが始まるでしょう。

熱しやすく情熱的

 保守的な一面がある四国出身の男性ですが、好きになった人は何がなんでも手に入れたいと情熱的にアプローチをすることも。特に、徳島県、高知県の男性は、熱しやすいため、男らしく大胆に攻めていくはずです。

 とはいえ、冷めやすいのが玉にキズ。遊びは遊びと割り切って、浮気をすることもあるようです。ただ、基本的には一途で義理人情を大事にするため、結婚後もきちんと愛情表現を欠かさなければ浮気の心配は低いでしょう。

喧嘩をすると引かない

 プライドが高めな四国出身の男性とは、できれば喧嘩を避けたいもの。一旦こじれてしまうと、自分からはなかなか謝れない傾向にあるため、女性側がおおらかな心で許してあげられたらベストです。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ラブ 新着一覧


付き合う付き合わないの二択だけ?マチアプの即決文化に馴染めない50男
「冷酷と激情のあいだvol.202〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った男性と進展しない関係に悩む46歳の絵里さ...
並木まき 2024-07-03 14:06 ラブ
50まで恋愛したい46歳女。「私は暇つぶし要員?」マチアプ男に恋煩い中
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-03 13:58 ラブ
脳筋知ってる?筋肉LOVE彼氏をおバカで可愛いと思えるか判定LINE3選
「脳筋」とは、「脳みそまで筋肉」の略語。ポジティブな言葉として使われる時もあるけれど、とにかく頭を使うより体を使うのが得...
恋バナ調査隊 2024-06-29 06:00 ラブ
“リアル峰不二子”と運命の出会い。俺どうする?局部のコンプレックス #1
 恋愛をするにあたり、避けて通れないのが「ベッドでの秘め事」だ。愛する人と肌を合わせ、温もりを感じ、ひとつになる幸せは何...
蒼井凜花 2024-07-05 12:34 ラブ
夫や彼氏からの「ドン引き誕プレ」5選 女ゴコロが1ミリも分かってないな
 夫や彼氏からの誕プレには期待しちゃいますよね。自分のことをよくわかっている相手ですし、誰よりも「喜ばせたい」と思ってく...
恋バナ調査隊 2024-06-28 06:00 ラブ
「私、CAの試験に受かっていたの」お見合い現場で遭遇する"怪しい経歴”
 アラフォー世代の婚活で見栄を張って“怪しい経歴”を語る方がいます。これまで何件か聞いたのが、航空会社のCA(客室乗務員...
植草美幸 2024-06-28 06:00 ラブ
やる気マンマン? 起業したい系男子が増殖中…本気か、金目当てか?
 年上の女性を狙う「起業したいんです」系男子が増殖しています。そのなかには起業を口実に女性からお金を引っ張ろうとするウソ...
内藤みか 2024-06-27 06:00 ラブ
田舎に住んでるとマッチングアプリは役立たず!? 婚活女性が涙した悲劇4選
 マッチングアプリが普及してからは出会いの幅が一気に広がりましたよね。ですが、田舎ではあまり役に立たないようです。いった...
恋バナ調査隊 2024-06-27 06:00 ラブ
1年365日少年すぎる夫の操縦法 うちの旦那はピュアなの? おバカなの?
 結婚すると、女性はより現実的な思考になる人が多いのに比べて、男性はいつまでも夢を追いかけがち。時には、少年すぎる考えの...
恋バナ調査隊 2024-06-24 06:00 ラブ
夫はバツイチ。元妻の「あんた」呼ばわり“カチコミ”LINEどう対応する?
 夫がバツイチだった場合、どうしても避けられないのが元妻との関係…。理解のある人ならいいのですが、夫に未練があったり、不...
恋バナ調査隊 2024-06-23 06:00 ラブ
ゾッコンした女は恋愛上級系?それなら…交際戸惑う48歳バツ1男の胸の内
「冷酷と激情のあいだvol.200〜女性編〜」では、たまたま入ったバーで出会った男性と友達以上恋人未満の関係が続き、40...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
40代、昔なら“無い男”と告白前旅行はアリ?恋の始め方を見失う45歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
人気の電話占い師は20年前からお見通し 新しい彼氏が最速でできる方法
 恋をすると占い師に頼る女性がかなり多いのではないかと思います。特に梅雨時は、気持ちもじめっとしてしまうのか、思い悩んで...
内藤みか 2024-06-20 06:00 ラブ
略奪婚その後の幸せは確約されていない? 4人の女が直面したリアルな現実
 不倫の末に掴む幸せは、果たして長く続くのでしょうか?  今回は“略奪婚のその後”に迫ります。現在不倫中で、相手と...
恋バナ調査隊 2024-06-19 06:00 ラブ
【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ