女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス」#3

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-01-29 06:00
投稿日:2021-01-29 06:00
 これまで二回にわたり、ウィズコロナのセックスを提案してきました。前回は、安心・安全・気持ちいいセックスの体位5つをお伝えしましたが、今回は挿入なしでも心地いいと思えるプレイを、官能作家の筆者が提案したいと思います。

 一回目はコチラ
 二回目はコチラ

1. 男性がヨガる!睾丸マッサージ

優しく、相手に確認しながら(写真:iStock)
優しく、相手に確認しながら (写真:iStock)

 初回では、背後からの「手コキ」「手マン」をオススメしたのですが、今回は睾丸マッサージです。

 しっかり消毒した手でペニスをしごく際、もう一方の手で睾丸を揉みほぐし、可能ならば、陰嚢(いんのう)から肛門へと続く蟻の門渡り(ありのとわたり)も指でなぞってあげてください。

 官能小説でもよくこの行為を登場させますが、陰嚢・睾丸・蟻の門渡りは、男性にとって意外な性感ポイントで、事実、多くの男性が快感のうなり声をあげるのです。

 コロナ禍でなければ、フェラチオと併せて責めてほしいほど、重要な部位と言っていいでしょう。

 もちろん、男性によって「くすぐったい」「ちょっと苦手」という方もいると思いますので、「ここはどう?」「力はこれくらいで大丈夫?」「痛くない?」と訊いてあげましょう。

 また、女性も一緒に気持ちよくなりたいときは、彼の脚のスネあたりにまたがり、なるべく顔を遠ざけて(もしくは、飛沫感染防止に顔を横に向けて)ワレメやクリトリスを押しつけながら、マッサージをするのはいかがでしょうか。

 彼と一緒に気持ちよくなれる手法の一つです。

2. 清潔なアダルトグッズで

アダルトグッズに挑戦!(写真:iStock)
アダルトグッズに挑戦! (写真:iStock)

「セックスでの感染が怖い」と危惧するカップルには、アダルトグッズがオススメです。

 今では女性専用のグッズがネットで手軽に購入できますし、「女性も持っていて当たり前」と、おおらかな時代になりましたね。

 フランスでは、某有名ファッション誌の付録に「ピンクローター」があったと、パリ在住の日本人男性が教えてくれました。(その男性いわく、「つまらない男とエッチをするなら、おひとり様で気持ちよくなろう」という意味もあるとのこと)

 アダルトグッズは、彼に使用してもらうのはもちろん、自分のオナニー姿を見てもらうのもいいですね。男性用も多く出ていますので、お好みの逸品を持参し、換気のいい場所へGO!

 ただ、アダルトグッズでも気を付けたいのが「除菌」です。

 使用する際は新品でも除菌シートで拭く、濡れても可能なものはお湯で洗浄する、モノによってはコンドームをつけるなど、つねにウィルスや雑菌があるとの意識を忘れずにいてくださいね。

3. 興奮するが、危険も伴うリモートセックス!

リモートセックスするときは細心の注意を(写真:iStock)
リモートセックスするときは細心の注意を (写真:iStock)

 テレワークが日常となり、リモートセックスを楽しむカップルも多いことでしょう。

 そこで提案。パソコン画面のアングルだけでは飽きてしまうので、スマホを使用したダブル使いもオススメです。

 一方では顔を映し、もうひとつは局部を映して同時中継なんて興奮しませんか?

 ただ、リモートセックスには危険も伴います。

 相手の許可を取らずにこっそり録画されていた、と言う恐れもあり得ますので、十分気を付けてくださいね。また、私の知人女性は「彼と逢えない時、浮気されるのが心配」と、率先して「自分の恥ずかしい動画」を送っているとのこと。

 ラブラブなうちはいいのですが、恋愛は相手があってのこと。いきすぎたワイセツ動画で彼に辟易されないよう、エロスのさじかげんに配慮したいものです。

 万が一、恋人と別れた際、動画が相手のスマホに残ることも忘れずにいてください。

  ◇  ◇  ◇

 いかがでしたか? 睾丸マッサージ、アダルトグッズ、リモートセックスについてお伝えさせていただきました。

 不自由な時代だからこそ、工夫と配慮を念頭に、パートナーとの安心安全なセックスライフをお送りいただけますように。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


初夜は近親相姦の序章 ウェディングドレスを切り裂かれ… #2
 元保育士のR子さん(25歳主婦/子供なし)は、昨年、都内にある総合病院の御曹司の妻となった。まさに「玉の輿婚」だ。 ...
蒼井凜花 2022-12-02 06:00 エロコク
ホステスも愛人も両立させなきゃ! 四十路熟女のマル秘テク
 今回ご登場いただいたのは東京は江東区の下町、亀戸のスナックでホステスをしている彩花さん。彼女、お店の常連さん数人を相手...
中山美里 2022-11-29 06:00 エロコク
かわいいだけじゃない!挿入すると自然と膣のお腹側も刺激♡
 野菜やフルーツにエロチックな妄想を刺激されるのは世界で広く見られる現象ですが、お国柄もあるようですね。アメリカではナス...
桃子 2022-12-02 17:35 エロコク
月のお手当30万円のはずが…ヤリ逃げされた31歳主婦の後悔
 今年もあとわずか。年末年始は還付金詐欺が増えるそうなので「医療費控除を払い戻す」なんて甘言にご注意いただきたいものです...
中山美里 2022-11-22 06:00 エロコク
挿入しながらクリ刺激OK!ペニスリングとしても優秀
 数え切れないほどのラブグッズを試してきた私ですが、いまだに飽きることはありません。それは年に数度はアッと驚くようなグッ...
桃子 2022-11-20 06:00 エロコク
足先を終始舐められ…ドM美青年のペニス欲しがり同時イキ #4
 かつて六本木の高級クラブでホステスとして働いていたP子さん(41歳主婦/子供アリ)。クールビューティを体現するかのよう...
蒼井凜花 2022-11-18 06:00 エロコク
“デキちゃった婚”の巨乳人妻が援助額より重要視しているコト
 今回お話を聞かせてくれたのは東京・豊島区在住の人妻で、巨乳が魅力的な小百合さん。  彼女には8歳になる息子さんが...
中山美里 2022-11-15 06:00 エロコク
吸引+舌の衝撃!ピンクの舌が敏感な部分を力強く舐め上げる
「SU-SHITA-吸う舌-」=「吸う舌」。疑似オーラルセックスを多角的に楽しめるグッズが登場しました。「吸う」といえば...
桃子 2022-11-13 06:00 エロコク
「勃起させてすみません!」顔面騎乗で詫びる20歳下M男 #3
 かつて六本木の高級クラブのホステスだったP子さん(41歳主婦/子供アリ)。  ロングヘアのクール美人の彼女には、...
蒼井凜花 2022-11-19 02:18 エロコク
パパにするなら50代独身男性! 20歳の学生がハマった愛人沼
 男女の「生涯未婚率」(調査年に50歳である男女のうち結婚歴がない人の割合)は、40年以上にわたり、男女ともに右肩上がり...
中山美里 2022-11-08 06:00 エロコク
コスパ最高! 吸われて敏感になったところを先端から刺激♡
 物価高に悩まされる日が続いています。なんでもかんでも値上がりするご時世では、ラブグッズを買うにも“お得感”を求めるのは...
桃子 2022-11-06 06:00 エロコク
「僕の股間をいたぶって」20歳下ドM男のペニスを爪先で…#2
 かつて六本木の高級クラブで働いていたP子さん(41歳主婦/子供アリ)。  彼女はクラブ時代の仲間と定期的に行われ...
蒼井凜花 2022-11-11 17:42 エロコク
「閉経前に女を楽しみたい」バツ1美魔女がプチ愛人になった
 超高齢社会の日本ですが、いつの時代も変わらないのが「いくつになっても女でいたい」という女心です。  現在、愛人を...
中山美里 2022-11-01 06:00 エロコク
人気の「し」の字形バイブ、“指振愛撫”でGスポットを刺激♡
 お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、2週連続で「し」の字形バイブの紹介です。それだけ、いま市場ではこのタイプが...
桃子 2022-10-30 06:00 エロコク
実の娘と“親子丼”!? 41歳バツ1女性が愛人とお別れしたワケ
 読者のみなさんは親子丼はお好きですか? だしの染みた軟らかい鶏肉とトロ~リとした卵をご飯と一緒に口の中に……って、そっ...
中山美里 2022-10-25 06:00 エロコク
挿入&クリ刺激も心地いい「し」の字型♡フィット感もgood!
 今年一番のトレンドともいえる「し」の字形バイブ。挿入しながら、クリトリスにも何らかの刺激を与えるハイブリッドタイプの勢...
桃子 2022-10-23 06:00 エロコク