女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス」#3

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-01-29 06:00
投稿日:2021-01-29 06:00
 これまで二回にわたり、ウィズコロナのセックスを提案してきました。前回は、安心・安全・気持ちいいセックスの体位5つをお伝えしましたが、今回は挿入なしでも心地いいと思えるプレイを、官能作家の筆者が提案したいと思います。

 一回目はコチラ
 二回目はコチラ

1. 男性がヨガる!睾丸マッサージ

優しく、相手に確認しながら(写真:iStock)
優しく、相手に確認しながら (写真:iStock)

 初回では、背後からの「手コキ」「手マン」をオススメしたのですが、今回は睾丸マッサージです。

 しっかり消毒した手でペニスをしごく際、もう一方の手で睾丸を揉みほぐし、可能ならば、陰嚢(いんのう)から肛門へと続く蟻の門渡り(ありのとわたり)も指でなぞってあげてください。

 官能小説でもよくこの行為を登場させますが、陰嚢・睾丸・蟻の門渡りは、男性にとって意外な性感ポイントで、事実、多くの男性が快感のうなり声をあげるのです。

 コロナ禍でなければ、フェラチオと併せて責めてほしいほど、重要な部位と言っていいでしょう。

 もちろん、男性によって「くすぐったい」「ちょっと苦手」という方もいると思いますので、「ここはどう?」「力はこれくらいで大丈夫?」「痛くない?」と訊いてあげましょう。

 また、女性も一緒に気持ちよくなりたいときは、彼の脚のスネあたりにまたがり、なるべく顔を遠ざけて(もしくは、飛沫感染防止に顔を横に向けて)ワレメやクリトリスを押しつけながら、マッサージをするのはいかがでしょうか。

 彼と一緒に気持ちよくなれる手法の一つです。

2. 清潔なアダルトグッズで

アダルトグッズに挑戦!(写真:iStock)
アダルトグッズに挑戦! (写真:iStock)

「セックスでの感染が怖い」と危惧するカップルには、アダルトグッズがオススメです。

 今では女性専用のグッズがネットで手軽に購入できますし、「女性も持っていて当たり前」と、おおらかな時代になりましたね。

 フランスでは、某有名ファッション誌の付録に「ピンクローター」があったと、パリ在住の日本人男性が教えてくれました。(その男性いわく、「つまらない男とエッチをするなら、おひとり様で気持ちよくなろう」という意味もあるとのこと)

 アダルトグッズは、彼に使用してもらうのはもちろん、自分のオナニー姿を見てもらうのもいいですね。男性用も多く出ていますので、お好みの逸品を持参し、換気のいい場所へGO!

 ただ、アダルトグッズでも気を付けたいのが「除菌」です。

 使用する際は新品でも除菌シートで拭く、濡れても可能なものはお湯で洗浄する、モノによってはコンドームをつけるなど、つねにウィルスや雑菌があるとの意識を忘れずにいてくださいね。

3. 興奮するが、危険も伴うリモートセックス!

リモートセックスするときは細心の注意を(写真:iStock)
リモートセックスするときは細心の注意を (写真:iStock)

 テレワークが日常となり、リモートセックスを楽しむカップルも多いことでしょう。

 そこで提案。パソコン画面のアングルだけでは飽きてしまうので、スマホを使用したダブル使いもオススメです。

 一方では顔を映し、もうひとつは局部を映して同時中継なんて興奮しませんか?

 ただ、リモートセックスには危険も伴います。

 相手の許可を取らずにこっそり録画されていた、と言う恐れもあり得ますので、十分気を付けてくださいね。また、私の知人女性は「彼と逢えない時、浮気されるのが心配」と、率先して「自分の恥ずかしい動画」を送っているとのこと。

 ラブラブなうちはいいのですが、恋愛は相手があってのこと。いきすぎたワイセツ動画で彼に辟易されないよう、エロスのさじかげんに配慮したいものです。

 万が一、恋人と別れた際、動画が相手のスマホに残ることも忘れずにいてください。

  ◇  ◇  ◇

 いかがでしたか? 睾丸マッサージ、アダルトグッズ、リモートセックスについてお伝えさせていただきました。

 不自由な時代だからこそ、工夫と配慮を念頭に、パートナーとの安心安全なセックスライフをお送りいただけますように。

エロコク 新着一覧


圧迫されると興奮…学生時代の経験が招いた新しい快楽の世界
「性癖という自覚はなかったけど、好きだった」という“ある行為”が、何かのタイミングでセクシャルな喜びにつながることがある...
大泉りか 2021-04-20 06:10 エロコク
小さなボディに似つかわしくない強振動!10秒で迎える絶頂♡
 最近、「極天クリサリスローター」が手放せません。全長9・2センチと小ぶりで、シンプルを極めたフォルム。鏡と見まごうほど...
桃子 2021-04-18 06:00 エロコク
思わず赤面! うっかりやらかしたLINEのエッチな誤変換10選
 官能作家を生業としている筆者のパソコンとスマホの中は、一般の方はまず使わない「官能用語」のオンパレードです。まるで「体...
蒼井凜花 2021-04-16 06:00 エロコク
水分98%の「iroha petit」 プニプニ触感で全身を愛撫して
 ラブグッズの醍醐味は、人の体からは繰り出せない刺激を体験できるところにある、と私は思っています。振動や回転は生身の人間...
桃子 2021-04-11 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#5
 イケメン俳優Oさん(36)とついにセックスに至ったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)。しかし、彼のセックス...
蒼井凜花 2021-04-09 06:45 エロコク
吸盤のようにピタッと張り付き…2種類の刺激で極上の時間を
 クリトリスが性的に敏感な器官であることは、いまさら説明の必要もなく、ピンポイントで攻めると強い快感が得られます。一方で...
桃子 2021-04-03 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#4
 イケメン俳優・Oさん(36)とついにセックスすることになったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)。濃厚なフェ...
蒼井凜花 2021-04-09 06:42 エロコク
まっすぐ挿れればヘッドの先端が“ちょうどいいところ”を刺激
 棒の先に、うずらの卵を2回りほど大きくしたような楕円体がついている――。 「Gストレート」の形状を言い表すとこう...
桃子 2021-03-28 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#3
 イケメン俳優・Oさん(36)とSNSを通じて知り合い、付き合いが始まったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)...
蒼井凜花 2021-04-09 06:47 エロコク
カップル向けバイブを一人で…ハンズフリーで深い快感に酔う
 U字形バイブはカップル向けに作られているものが多いので、自分ひとりの密かなお楽しみのために使いたい……という女性からは...
桃子 2021-03-21 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#2
 SNSがきっかけでイケメン俳優・Oさん(36歳)と知り合い、LINEで親交を深めて付き合いが始まったR子さん(31歳独...
蒼井凜花 2021-04-09 07:13 エロコク
スイッチオンで…クリがまっすぐきゅーっと吸い上げられる!
 基礎化粧品をシリーズ使いしている女性は少なくないですよね。相乗効果を狙うほか、シリーズへの信頼感というものがあるのでし...
桃子 2021-03-19 17:53 エロコク
上級者も満足♡多彩な機能で身も心もヒートアップ間違いなし
 バイブ選びはビギナーの方が難しいと思われがちですが、実は中~上級者の方がハードルが高いものです。あの機能も欲しいし、こ...
桃子 2021-03-07 10:43 エロコク
コンパクトな見た目を裏切るパワフルな振動にうっとり♡
 ゆっくりとセクシュアルな妄想を広げて、じっくりと自分の体を気持ち良くしていく……。そんなセルフプレジャーを楽しみたい夜...
桃子 2021-02-28 06:00 エロコク
終わった後も肌が突っ張らない潤滑剤♡セルフプレジャーにも
 女性には基礎化粧品を季節や肌の調子によって使い分ける習慣がありますが、潤滑剤も同じように考えてほしいと思います。香りで...
桃子 2021-02-21 06:00 エロコク
振動だけじゃない!肉感的な本体が生き物みたいにぐねぐねと
 ローターとは元来、「挿入を目的とせず」「振動によって主に体の表面に刺激を与えるもの」を意味していました。今もそのイメー...
桃子 2021-02-14 06:00 エロコク