色と香りがアナタを癒す!花師オススメの「旬の香り花」5選

斑目茂美 開運花師
更新日:2021-02-03 06:10
投稿日:2021-02-03 06:00

おこもり生活、ストレス解消していますか?

 お花屋さんは店まるごと「ヒーリングスポット」でござんすよ
お花屋さんは店まるごと「ヒーリングスポット」でござんすよ

 おこもり生活が長引く気配でございます。

 猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんには、今日もマスク姿で下を向いたお客様がご来店なさいます。神奈川とはいえ、カントリー風情満載の立地&地域密着型の店舗であることから、お客様との他愛のない話も大事なお仕事でございます。

 周囲の飲食店は軒並み休業、さまざまな行動が制限され、店内でのお客様との大事な井戸端会議も「手短に!」とお互い気を遣う始末……。ストレスが溜まっちゃいますのでございます。

 店の周囲に立ち並ぶ会社や研究所に働いている人たちも、多くが在宅勤務に切り替わり、街の様子もすっかり一変してしまいました。和田アキ子さんの「あの鐘を鳴らすのはあなた」が毎日頭の中で大音量にてヘビーローテーションでございます。

 いったいどなたが「あの鐘」を鳴らしてくださるのでしょうか。一日も早くその「あなた」が登場してくださることを心から祈ります。

 そんな中でも、お花屋さんにいらっしゃる皆様、口々に同じようなことをおっしゃいます。

明るい色の花を見るとホッとする」「花の香りはいいよね~

 そうなんです。

 五感に訴える花の「色」と「香り」は、問答無用でアナタの脳にガツンとやってきます。「色」も「香り」も、心と体に良い作用がある、ということは科学的にも立証されているのでございます。

 モヤモヤした気持ちも、落ち込んでいた気分も、「花」という存在がダイレクトに打ちのめしてくれるかもしれません。こんな時こそ利用しない手はございませんよ~。

 しかも!! ただいま、季節は春に向かっております。今が旬の「香り」を楽しむお花がなんと多いことか! その中でも開運花師・斑目オススメの「香りの花」をご紹介させていただきます。

 ということで、今回は「今が旬でございます。開運香りの花」の解説でございます。

オススメ「旬の香り花」5選でござんす

 自然の植物や花、果物などの良い香りは「恋愛運」「金運」「仕事運」「家庭運」などのおおよそ「爆上がりして欲しいなぁ」と思う運気を上げる作用があるようでございます。

 今回ご紹介は今の季節に入手しやすい「旬の香り花5選」でございます。

1. スイトピー

「甘い匂い」のスイトピー
「甘い匂い」のスイトピー

 名前ですでに「甘い匂い」って言っちゃってます。

 本来はもっと強い香りのするお花ではございますが、現在流通している品種は優しい香りに変化しております。

 お色もたくさんございますが、多くは淡く優しい春色で、香りと共に傷ついたアナタをふんわりと包み込んでくれるはずです。

 ついでに「恋愛運」「出会い運」など人間関係の向上にも効果があるかもしれませんよ~。

2. フリージア

黄色のフリージアで元気に
黄色のフリージアで元気に

 春の花の中でも香りの強いお花でございます。色によっても香りが少し変わってまいりますが、黄色は甘酸っぱく、白は甘い香りで、強い割には全く嫌味がなく、たくさんの飾っても「幸せ」と感じてしまうお花でございます。

 人気の高い黄色のフリージアの色はまさに「ビタミンカラー」。

 目の中に入る「黄色」は元気になる色の代表格でございます。また、市場で出回っているフリージアの香りの香水や芳香剤は自然由来というよりも合成が多いようで、自然のフリージアの香りをかぐことはストレスを軽減し、血圧を下げるといわれております。

3. ヒヤシンス

鎮静作用にてすぐに眠くなるでござんす byさぶ店長
鎮静作用にてすぐに眠くなるでござんす byさぶ店長

 年末から切花としても出回り、春になると球根植物のガーデニング商品としても出回るヒヤシンスも香り高い花。

 フローラルで上品な香りはたった一本でも効力がございます。

 美しい色の小さなユリの花が一本の茎にたくさんくっついたような容姿は、時間の経過とともに咲き方も変化していき、「香り」「花姿」ともに大いにアナタを楽しませてくれるお花でございます。

 ヒヤシンスの香りは鎮静作用もあるとされ、リラックス効果も期待できるため寝室に飾ることをオススメいたします。

 特にピンク色なんていかがでしょうか。元気に女性ホルモンも放出しちゃいましょう!

4. ストック

カーネーションの香りに似ている「ストック」
カーネーションの香りに似ている「ストック」

 甘い香りとちょっぴりスパイシーな香りも含むストックは、カーネーションの香りに似ているといわれております。

 ワタクシお花屋さんでございますが、日々どんなにさまざまな香りの花に囲まれていても、ストックの香りは格別で瞬時に判ります。春の花の中でも1、2位を争う香りの強さでございます。

 ストックの香りは疲労回復に効果があるとされております。

5. ユリ

「ユリ」は香りの女王サマ
「ユリ」は香りの女王サマ

 言わずと知れた「香りの女王」。通年入手可能で種類も豊富。

 意外と知られていませんが、香りのしないユリの種別もございますし、フローラル系というよりスパイシーな香りがするものもあったりで、鎮静効果や集中力、代謝をアップさせてダイエット効果が期待できる香りを持つユリもございます。色も花姿も香りも、実は一言では言えないほどたくさん!

 それでもやはり香りが割と強いものもございますので、アナタのお好きな香りのものを探してみるのも楽しいかも。

 ユリは「恋愛運」を高めるといわれております。「歩く姿はユリの花」とイケてる女性に例えられる美しさは、ぜひアナタにユリの「生気」を取り込んでいただきたいところでございます。

花の色と香りで元気な一日を

 いかがですか? オススメ香りの高い花、気になりませんか? 知り合いのアロマ屋さんも「コロナ渦になってからアロマに興味を持つ方が増えたで~」と言っておりました。

 イライラしても笑っても同じ一日ならば、やっぱりアナタには笑って過ごす一日であって欲しい。これからやってくる春は希望の匂いでございます。「あの鐘」を鳴らすのはアナタなのかもしれませんよ!!

 元気になれる「色」と「香り」で、アナタの一日が笑って過ごせますことを……遠いお空の向こうから祈ってお祈りしておりますよ~。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”同士がイチャイチャ♡にゃんたま島でBL現場を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「茹でた孫食べた」平和だー!天然ママとの“爆笑”誤変換LINE
 家族同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。実は、毎日何気なく送り合っているLINEの中には、見過ごせない爆笑誤変換...
LINEで嫁姑バトル勃発!「といいますと?」連発攻撃の行方は
 近年、お姑さんと同居する二世帯住宅が増えています。経済的、子育て的にもメリットがあるのは事実ですが、やはり嫁姑バトルが...