なんで嫌がることするの…?共に暮らすために大切な基準とは

七味さや 漫画家・イラストレーター
更新日:2021-02-09 06:01
投稿日:2021-02-08 06:00
「私があんなに嫌がってたのに、全然やめてくれなかった……」そんなパートナーがいた経験、ありますか? もしくは今のパートナーに、嫌だと泣いてもやめてくれないことがあったとしたらどうしよう?
 バーベキューに誘われたけど、彼氏に難色を示されたリコちゃん。彼に秘密で参加しちゃったんだけど、思わぬトラブルに巻き込まれちゃって——!?

(漫画:七味さや)
(漫画:七味さや)

喜ばせてくれるかよりも、嫌がることをしないかを見よう

 うっとりするようなサプライズ、感動的なプロポーズ……女性が「喜びそうなこと」をしてくれる男性って、素敵で憧れちゃいますよね。

 でも、こうしたことはアイデアと企画力、お金さえあればできてしまうんです。ピンと来ない方はバチェラーシリーズをご覧いただければわかるのですが、愛情がなくても人を喜ばせることって案外簡単なんですよね。

 逆に「相手が嫌がることをしない」方が、ずっと難しかったりします。嫌だと言っているのに女性と会う。連絡なしの朝帰りが日常茶飯事……。これ、残念ながら結婚しても続きます。「やめて」と言っても聞く耳を持ってくれない。これって実は大問題で、不仲や離婚につながっていきます。

 そもそも誠実さと愛情があれば、相手が嫌がっていたり悲しんでいたりしたら聞く耳を持ってくれるはず。配慮してやめてくれるか、どうしても譲れない場合はお互いの着地点を探そうとするはずでしょう。これは恋人や夫婦に限らず、共同生活をしていく上ではとっても重要な姿勢です。

 ついついうれしいことをしてくれるかどうかでパートナーの器を測りがちですが、一生を添い遂げるつもりであれば「嫌がることをしないかどうか」という基準を重視しておいて損はありません。もちろん、普段からなんでもイヤイヤとわがままになっていたらパートナーも音を上げてしまうので、そこは要注意でしょう。

登場人物紹介

(漫画:七味さや)
(漫画:七味さや)

リコ
離婚から立ち直りたいアラサー。同僚の柏原さんと付き合いたてほやほや。ってか何この男、ずけずけと許せないんですけど!

風太くん
リコ「シンちゃんのフリーランス仲間? グラフィックなんとかデザイナー? らしい。知らんけど。初対面で酔っ払って絡むとか失礼だし、ヒゲ剃れって話だし、一瞬でもかっこいいって思っちゃったのほんっっっとに後悔!!」

シンちゃん/ノラ
リコの高校時代からの友人たち。シンちゃん「みんな仲良くしてー!!」ノラ「私の焼いた肉が冷めるだろ(怒)」。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ