交際6年の彼女がいても…浮気を繰り返してしまう男の言い分

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-02-13 05:52
投稿日:2021-02-13 05:40
「冷酷と激情のあいだvol.31〜女性編〜」では、浮気を繰り返す彼氏の真意が分からない女性・Aさんの苦悩をご紹介しました。さて、そんなAさんと交際をしているFさんは、Aさんとの交際や将来について、どんなふうに考えているのでしょうか?

誠実な恋人ではない自覚はある

傷つけているのもわかっている(写真:iStock)
傷つけているのもわかっている (写真:iStock)

「Aとは、完全に“腐れ縁”って領域に入ったと思っていますね(笑)。出会いは知人の紹介で、それから何度も別れたりくっついたりを繰り返しちゃっています。

 俺は、Aじゃなくてもいいんですけど……、Aが俺のことを好いてくれているのがわかるし、他の女性たちよりも、Aは俺の良い理解者だなっていうのはあります」

 過去には同棲をしてみたものの、一つ屋根の下で異性と暮らすのは「性に合わない」と感じたというFさん。Aさんとの同棲中にも、別の女性と浮気をしてしまうなど、Aさんに対して誠実な恋人ではないという自覚はあるそうです。

女好きなのかもしれない

浮気しない自信がない(写真:iStock)
浮気しない自信がない (写真:iStock)

「Aのことは好きですし、浮気はしちゃいけないことだっていうのもわかっています。でも、酒が入るとふらふらと女性と関係を持ってしまうことも多くて……。

 そんな自分がダメだっていうのはわかっているんですけど、意思が弱いんでしょうね。浮気をしない自信がないから、結婚にも踏み切れないのかもしれません」

 自営業で、コロナ禍な今はテレワークがメインというFさんですが、最近は、SNSを通じて親しくなった女性が何人かいるのだとか。

「俺、本当にAが言うように、みんなよりも女好きなのかもしれないですね。コロナ禍で飲み会が減ったから、SNSで友達の知り合いの女の子と知り合って、メッセージのやりとりとかするんですけど、そんなことをしているうちに『あなたのこと、好きかも』とか言われちゃって、俺もその子のことを『いいな』って思ってしまう。

 先日は、そういう感じで知り合った女の子とデートして、関係をもったことがAに知られて修羅場でした」

完全に消えてしまった方がいいのかも

待ち続ける彼女が不憫で…(写真:iStock)
待ち続ける彼女が不憫で… (写真:iStock)

 浮気をやめられない理由について、自分なりに分析してみた結果、「たぶん、女好きってだけだと思う。だから、Aに対して生涯を通じて責任を負う自信がない」と語り出したFさん。

「Aが悪い訳ではないと思います。単純に、俺の意思が弱いだけ。だから、本当ならAには俺のことなんて忘れてもらって、誠実な男性と結婚してもらいたいなって考えています。Aは俺のことを好きだから、ここまで6年も付き合ってくれているけれど、正直なところ、そんなAの気持ちに誠実に応えられる自信がありません。

 Aも知っていますが、俺、過去にも結婚しているんですけど、別れた理由はやっぱり俺の浮気なんです。それで普通の男なら懲りて、今後は浮気なんてしないで、ひとりの女性をちゃんと愛していこうってなると思うんですけど、自分でもよく分からないけれど、俺の場合はそうならなかったんです。

 だから、Aには『こんな俺と関わらせちゃって、申し訳ないな』って気持ちですね。でも、だからと言って、Aに誠実になることができないんです。

 Aが俺くらい不真面目だったら、俺と付き合いながらも別の出会いを求めるんでしょうけど、彼女はすごく真面目な子。だから、俺が近くにいる以上は、待ち続けるんだと思っています。

 そんな関係を続けていてもAのためにならないし、どこかで俺がAの前から完全に消えたほうがいいのかなぁ……って気がしていますね。いつ、そうするかはわからないけれど、結婚できないから、彼女の気持ちを奪っておくのが申し訳ないってのが本音です」

  ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

ラブ 新着一覧


コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ