交際6年の彼女がいても…浮気を繰り返してしまう男の言い分

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-02-13 05:52
投稿日:2021-02-13 05:40
「冷酷と激情のあいだvol.31〜女性編〜」では、浮気を繰り返す彼氏の真意が分からない女性・Aさんの苦悩をご紹介しました。さて、そんなAさんと交際をしているFさんは、Aさんとの交際や将来について、どんなふうに考えているのでしょうか?

誠実な恋人ではない自覚はある

傷つけているのもわかっている(写真:iStock)
傷つけているのもわかっている (写真:iStock)

「Aとは、完全に“腐れ縁”って領域に入ったと思っていますね(笑)。出会いは知人の紹介で、それから何度も別れたりくっついたりを繰り返しちゃっています。

 俺は、Aじゃなくてもいいんですけど……、Aが俺のことを好いてくれているのがわかるし、他の女性たちよりも、Aは俺の良い理解者だなっていうのはあります」

 過去には同棲をしてみたものの、一つ屋根の下で異性と暮らすのは「性に合わない」と感じたというFさん。Aさんとの同棲中にも、別の女性と浮気をしてしまうなど、Aさんに対して誠実な恋人ではないという自覚はあるそうです。

女好きなのかもしれない

浮気しない自信がない(写真:iStock)
浮気しない自信がない (写真:iStock)

「Aのことは好きですし、浮気はしちゃいけないことだっていうのもわかっています。でも、酒が入るとふらふらと女性と関係を持ってしまうことも多くて……。

 そんな自分がダメだっていうのはわかっているんですけど、意思が弱いんでしょうね。浮気をしない自信がないから、結婚にも踏み切れないのかもしれません」

 自営業で、コロナ禍な今はテレワークがメインというFさんですが、最近は、SNSを通じて親しくなった女性が何人かいるのだとか。

「俺、本当にAが言うように、みんなよりも女好きなのかもしれないですね。コロナ禍で飲み会が減ったから、SNSで友達の知り合いの女の子と知り合って、メッセージのやりとりとかするんですけど、そんなことをしているうちに『あなたのこと、好きかも』とか言われちゃって、俺もその子のことを『いいな』って思ってしまう。

 先日は、そういう感じで知り合った女の子とデートして、関係をもったことがAに知られて修羅場でした」

完全に消えてしまった方がいいのかも

待ち続ける彼女が不憫で…(写真:iStock)
待ち続ける彼女が不憫で… (写真:iStock)

 浮気をやめられない理由について、自分なりに分析してみた結果、「たぶん、女好きってだけだと思う。だから、Aに対して生涯を通じて責任を負う自信がない」と語り出したFさん。

「Aが悪い訳ではないと思います。単純に、俺の意思が弱いだけ。だから、本当ならAには俺のことなんて忘れてもらって、誠実な男性と結婚してもらいたいなって考えています。Aは俺のことを好きだから、ここまで6年も付き合ってくれているけれど、正直なところ、そんなAの気持ちに誠実に応えられる自信がありません。

 Aも知っていますが、俺、過去にも結婚しているんですけど、別れた理由はやっぱり俺の浮気なんです。それで普通の男なら懲りて、今後は浮気なんてしないで、ひとりの女性をちゃんと愛していこうってなると思うんですけど、自分でもよく分からないけれど、俺の場合はそうならなかったんです。

 だから、Aには『こんな俺と関わらせちゃって、申し訳ないな』って気持ちですね。でも、だからと言って、Aに誠実になることができないんです。

 Aが俺くらい不真面目だったら、俺と付き合いながらも別の出会いを求めるんでしょうけど、彼女はすごく真面目な子。だから、俺が近くにいる以上は、待ち続けるんだと思っています。

 そんな関係を続けていてもAのためにならないし、どこかで俺がAの前から完全に消えたほうがいいのかなぁ……って気がしていますね。いつ、そうするかはわからないけれど、結婚できないから、彼女の気持ちを奪っておくのが申し訳ないってのが本音です」

  ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ