交際6年の彼女がいても…浮気を繰り返してしまう男の言い分

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-02-13 05:52
投稿日:2021-02-13 05:40
「冷酷と激情のあいだvol.31〜女性編〜」では、浮気を繰り返す彼氏の真意が分からない女性・Aさんの苦悩をご紹介しました。さて、そんなAさんと交際をしているFさんは、Aさんとの交際や将来について、どんなふうに考えているのでしょうか?

誠実な恋人ではない自覚はある

傷つけているのもわかっている(写真:iStock)
傷つけているのもわかっている (写真:iStock)

「Aとは、完全に“腐れ縁”って領域に入ったと思っていますね(笑)。出会いは知人の紹介で、それから何度も別れたりくっついたりを繰り返しちゃっています。

 俺は、Aじゃなくてもいいんですけど……、Aが俺のことを好いてくれているのがわかるし、他の女性たちよりも、Aは俺の良い理解者だなっていうのはあります」

 過去には同棲をしてみたものの、一つ屋根の下で異性と暮らすのは「性に合わない」と感じたというFさん。Aさんとの同棲中にも、別の女性と浮気をしてしまうなど、Aさんに対して誠実な恋人ではないという自覚はあるそうです。

女好きなのかもしれない

浮気しない自信がない(写真:iStock)
浮気しない自信がない (写真:iStock)

「Aのことは好きですし、浮気はしちゃいけないことだっていうのもわかっています。でも、酒が入るとふらふらと女性と関係を持ってしまうことも多くて……。

 そんな自分がダメだっていうのはわかっているんですけど、意思が弱いんでしょうね。浮気をしない自信がないから、結婚にも踏み切れないのかもしれません」

 自営業で、コロナ禍な今はテレワークがメインというFさんですが、最近は、SNSを通じて親しくなった女性が何人かいるのだとか。

「俺、本当にAが言うように、みんなよりも女好きなのかもしれないですね。コロナ禍で飲み会が減ったから、SNSで友達の知り合いの女の子と知り合って、メッセージのやりとりとかするんですけど、そんなことをしているうちに『あなたのこと、好きかも』とか言われちゃって、俺もその子のことを『いいな』って思ってしまう。

 先日は、そういう感じで知り合った女の子とデートして、関係をもったことがAに知られて修羅場でした」

完全に消えてしまった方がいいのかも

待ち続ける彼女が不憫で…(写真:iStock)
待ち続ける彼女が不憫で… (写真:iStock)

 浮気をやめられない理由について、自分なりに分析してみた結果、「たぶん、女好きってだけだと思う。だから、Aに対して生涯を通じて責任を負う自信がない」と語り出したFさん。

「Aが悪い訳ではないと思います。単純に、俺の意思が弱いだけ。だから、本当ならAには俺のことなんて忘れてもらって、誠実な男性と結婚してもらいたいなって考えています。Aは俺のことを好きだから、ここまで6年も付き合ってくれているけれど、正直なところ、そんなAの気持ちに誠実に応えられる自信がありません。

 Aも知っていますが、俺、過去にも結婚しているんですけど、別れた理由はやっぱり俺の浮気なんです。それで普通の男なら懲りて、今後は浮気なんてしないで、ひとりの女性をちゃんと愛していこうってなると思うんですけど、自分でもよく分からないけれど、俺の場合はそうならなかったんです。

 だから、Aには『こんな俺と関わらせちゃって、申し訳ないな』って気持ちですね。でも、だからと言って、Aに誠実になることができないんです。

 Aが俺くらい不真面目だったら、俺と付き合いながらも別の出会いを求めるんでしょうけど、彼女はすごく真面目な子。だから、俺が近くにいる以上は、待ち続けるんだと思っています。

 そんな関係を続けていてもAのためにならないし、どこかで俺がAの前から完全に消えたほうがいいのかなぁ……って気がしていますね。いつ、そうするかはわからないけれど、結婚できないから、彼女の気持ちを奪っておくのが申し訳ないってのが本音です」

  ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ