欲しかったのは経済的な安定…年上女性と再婚した男の打算

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-01-02 09:29
投稿日:2021-01-02 06:00
「冷酷と激情のあいだ〜女性編〜 vol.27」では、再婚直後にコロナ禍に突入し、結婚を後悔している女性・Rさんの叫びをご紹介しました。
 では、Rさんの夫であるTさんの真意はどこにあるのでしょうか。

再婚の決め手は妻の経済力

妻の稼ぎが目的だった(写真:iStock)
妻の稼ぎが目的だった (写真:iStock)

「Rが、このところ僕と離婚したがっているのは、薄々気づいています。ちょっと前とは僕への態度も口調も違うので、おそらく気持ちも冷めているでしょうね。

 だけど、僕は妻から何を言われても離婚するつもりはありません」

 出会いから結婚までは、かなりスムーズに展開したふたり。Tさんは、妻であるRさんと知り合った直後から「再婚するならこの女性だ」と感じたそうです。その理由は?

「お金ですよ。以前の結婚では、前妻が稼げないタイプで苦労して、それが嫌で離婚しました。なので、再婚するときには僕よりも稼げる女性を選ぼうって決めていたんです。

 だけどコロナ禍になる前だって、景気はそこまでよくなかったし、僕より経済的に頼りになる女性との出会いが、なかなかありませんでした。

 なので、Rと出会って名刺を交換した瞬間に『この人だ!』って思ったんです。それで、僕から熱烈にアプローチして付き合ってもらうことにしました」

 コロナ禍に入る直前に再婚をしたふたり。ともに再婚同士なので、大人らしい結婚生活が営めるものとTさんは期待していたそうです。

経済的に不安になるよりマシ

妻がいなくてラッキー(写真:iStock)
妻がいなくてラッキー (写真:iStock)

「だけど、結婚してみたら女性って。みんな同じようなところに文句を言うんですね(笑)。僕の稼ぎが悪いだの、生活態度がおかしいだのって。

 Rは2歳年上だし、そういうことは言わないだろうって思って結婚したのに、誤算でしたね」

 再婚では、口うるさくない女性を妻に選びたかったと言うTさん。しかし、コロナ禍で顔を合わせる時間が多くなり、口論をする時間も増えたとのことです。

「口論を重ねるうちに、どんどんお互いの気持ちって離れるじゃないですか。正直、僕だってお金のことがなければ、Rとは離婚してもいいかなって思っているくらいです。

 でも、これからコロナ禍が明けても、しばらくは経済的に不安定な社会が続くでしょうし、だったら、経済的に頼りになるRとは離婚すべきじゃないなって思うんです。

 ガミガミ口うるさく言われる生活は、ストレスになりますけど、離婚して経済的な不安を抱えていくよりマシです。

 最近は、僕と一緒に居たくないのか、テレワークだけど妻は朝から夕方まで出かけてくれているし、家にいるのも快適です」

結婚生活なんてなんてそんなもの

お金がすべて(写真:iStock)
お金がすべて (写真:iStock)

 妻から離婚を突きつけられても、絶対に離婚届にサインをするつもりはないと断言するTさん。何度か妻からは「このままだと離婚」と告げられてはいるものの「協議が整わなければ、調停やって、それでもダメなら裁判だと思うので、粘れるところまで粘るつもりです」と口にします。

「Rと愛のある結婚生活を営むのは、おそらくもう無理でしょうね。でも、結婚生活なんて、多かれ少なかれそんなもんなんじゃないですか? 経済的な理由から離婚したくないって言うのは、珍しい話でもなんでもないと思うんですよね」

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ