欲しかったのは経済的な安定…年上女性と再婚した男の打算

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-01-02 09:29
投稿日:2021-01-02 06:00
「冷酷と激情のあいだ〜女性編〜 vol.27」では、再婚直後にコロナ禍に突入し、結婚を後悔している女性・Rさんの叫びをご紹介しました。
 では、Rさんの夫であるTさんの真意はどこにあるのでしょうか。

再婚の決め手は妻の経済力

妻の稼ぎが目的だった(写真:iStock)
妻の稼ぎが目的だった (写真:iStock)

「Rが、このところ僕と離婚したがっているのは、薄々気づいています。ちょっと前とは僕への態度も口調も違うので、おそらく気持ちも冷めているでしょうね。

 だけど、僕は妻から何を言われても離婚するつもりはありません」

 出会いから結婚までは、かなりスムーズに展開したふたり。Tさんは、妻であるRさんと知り合った直後から「再婚するならこの女性だ」と感じたそうです。その理由は?

「お金ですよ。以前の結婚では、前妻が稼げないタイプで苦労して、それが嫌で離婚しました。なので、再婚するときには僕よりも稼げる女性を選ぼうって決めていたんです。

 だけどコロナ禍になる前だって、景気はそこまでよくなかったし、僕より経済的に頼りになる女性との出会いが、なかなかありませんでした。

 なので、Rと出会って名刺を交換した瞬間に『この人だ!』って思ったんです。それで、僕から熱烈にアプローチして付き合ってもらうことにしました」

 コロナ禍に入る直前に再婚をしたふたり。ともに再婚同士なので、大人らしい結婚生活が営めるものとTさんは期待していたそうです。

経済的に不安になるよりマシ

妻がいなくてラッキー(写真:iStock)
妻がいなくてラッキー (写真:iStock)

「だけど、結婚してみたら女性って。みんな同じようなところに文句を言うんですね(笑)。僕の稼ぎが悪いだの、生活態度がおかしいだのって。

 Rは2歳年上だし、そういうことは言わないだろうって思って結婚したのに、誤算でしたね」

 再婚では、口うるさくない女性を妻に選びたかったと言うTさん。しかし、コロナ禍で顔を合わせる時間が多くなり、口論をする時間も増えたとのことです。

「口論を重ねるうちに、どんどんお互いの気持ちって離れるじゃないですか。正直、僕だってお金のことがなければ、Rとは離婚してもいいかなって思っているくらいです。

 でも、これからコロナ禍が明けても、しばらくは経済的に不安定な社会が続くでしょうし、だったら、経済的に頼りになるRとは離婚すべきじゃないなって思うんです。

 ガミガミ口うるさく言われる生活は、ストレスになりますけど、離婚して経済的な不安を抱えていくよりマシです。

 最近は、僕と一緒に居たくないのか、テレワークだけど妻は朝から夕方まで出かけてくれているし、家にいるのも快適です」

結婚生活なんてなんてそんなもの

お金がすべて(写真:iStock)
お金がすべて (写真:iStock)

 妻から離婚を突きつけられても、絶対に離婚届にサインをするつもりはないと断言するTさん。何度か妻からは「このままだと離婚」と告げられてはいるものの「協議が整わなければ、調停やって、それでもダメなら裁判だと思うので、粘れるところまで粘るつもりです」と口にします。

「Rと愛のある結婚生活を営むのは、おそらくもう無理でしょうね。でも、結婚生活なんて、多かれ少なかれそんなもんなんじゃないですか? 経済的な理由から離婚したくないって言うのは、珍しい話でもなんでもないと思うんですよね」

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ