欲しかったのは経済的な安定…年上女性と再婚した男の打算

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-01-02 09:29
投稿日:2021-01-02 06:00
「冷酷と激情のあいだ〜女性編〜 vol.27」では、再婚直後にコロナ禍に突入し、結婚を後悔している女性・Rさんの叫びをご紹介しました。
 では、Rさんの夫であるTさんの真意はどこにあるのでしょうか。

再婚の決め手は妻の経済力

妻の稼ぎが目的だった(写真:iStock)
妻の稼ぎが目的だった (写真:iStock)

「Rが、このところ僕と離婚したがっているのは、薄々気づいています。ちょっと前とは僕への態度も口調も違うので、おそらく気持ちも冷めているでしょうね。

 だけど、僕は妻から何を言われても離婚するつもりはありません」

 出会いから結婚までは、かなりスムーズに展開したふたり。Tさんは、妻であるRさんと知り合った直後から「再婚するならこの女性だ」と感じたそうです。その理由は?

「お金ですよ。以前の結婚では、前妻が稼げないタイプで苦労して、それが嫌で離婚しました。なので、再婚するときには僕よりも稼げる女性を選ぼうって決めていたんです。

 だけどコロナ禍になる前だって、景気はそこまでよくなかったし、僕より経済的に頼りになる女性との出会いが、なかなかありませんでした。

 なので、Rと出会って名刺を交換した瞬間に『この人だ!』って思ったんです。それで、僕から熱烈にアプローチして付き合ってもらうことにしました」

 コロナ禍に入る直前に再婚をしたふたり。ともに再婚同士なので、大人らしい結婚生活が営めるものとTさんは期待していたそうです。

経済的に不安になるよりマシ

妻がいなくてラッキー(写真:iStock)
妻がいなくてラッキー (写真:iStock)

「だけど、結婚してみたら女性って。みんな同じようなところに文句を言うんですね(笑)。僕の稼ぎが悪いだの、生活態度がおかしいだのって。

 Rは2歳年上だし、そういうことは言わないだろうって思って結婚したのに、誤算でしたね」

 再婚では、口うるさくない女性を妻に選びたかったと言うTさん。しかし、コロナ禍で顔を合わせる時間が多くなり、口論をする時間も増えたとのことです。

「口論を重ねるうちに、どんどんお互いの気持ちって離れるじゃないですか。正直、僕だってお金のことがなければ、Rとは離婚してもいいかなって思っているくらいです。

 でも、これからコロナ禍が明けても、しばらくは経済的に不安定な社会が続くでしょうし、だったら、経済的に頼りになるRとは離婚すべきじゃないなって思うんです。

 ガミガミ口うるさく言われる生活は、ストレスになりますけど、離婚して経済的な不安を抱えていくよりマシです。

 最近は、僕と一緒に居たくないのか、テレワークだけど妻は朝から夕方まで出かけてくれているし、家にいるのも快適です」

結婚生活なんてなんてそんなもの

お金がすべて(写真:iStock)
お金がすべて (写真:iStock)

 妻から離婚を突きつけられても、絶対に離婚届にサインをするつもりはないと断言するTさん。何度か妻からは「このままだと離婚」と告げられてはいるものの「協議が整わなければ、調停やって、それでもダメなら裁判だと思うので、粘れるところまで粘るつもりです」と口にします。

「Rと愛のある結婚生活を営むのは、おそらくもう無理でしょうね。でも、結婚生活なんて、多かれ少なかれそんなもんなんじゃないですか? 経済的な理由から離婚したくないって言うのは、珍しい話でもなんでもないと思うんですよね」

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ