年齢差結婚の定義は? メリット&デメリット&向いている人

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-12 06:49
投稿日:2021-03-12 06:00
 武田真司さんと静まなみさん、加藤茶さんと加藤綾菜さんのように、芸能人でも多い“年齢差結婚”。当然、年齢が大きく違えば、精神年齢や価値観の違いなど、デメリットも多そうですよね。でも、実は年齢差結婚にはたくさんのメリットもあるんですよ。そこで今回は、年齢差結婚のメリットやデメリット、向いている人についてご紹介します!

そもそも“年齢差結婚”って何才差から?

 “年齢差結婚”には、具体的な定義はありません。人によって認識も違っており、5才差からという人もいれば、20才差からと考える人もいるようです。ただ、一般的に10才ほど年齢が離れていれば、多くの人が“年齢差結婚”という認識になるでしょう。

幸せいっぱい♡ 男女別、年齢差結婚のメリット

大人の男性の魅力(写真:iStock)
大人の男性の魅力 (写真:iStock)

 それではさっそく、年齢差結婚のメリットからチェックしてみましょう!

男性が年上、女性が年下の場合

・何年経っても、ずっと“自分より若い女性”として見てもらえる
・男性の精神年齢が高いため、“大人の男性”の魅力を感じられる
・男性に経済力がある場合が多い
・一緒にいて自分も成長できる

 男性のほうが年上の場合、当然、目の前にいるのは自分よりも“若い女性”です。そのため、女性扱いをしてもらえますし、いつまでも若々しい気持ちでいることができます。

 また、一般的に女性よりも精神年齢が低いとされる男性も、年齢を重ねることで大人の男性に成長します。大きな包容力や経済力などがあり、安定した結婚生活が送れるというメリットがあるでしょう。

女性が年上、男性が年下の場合

リスペクトしてくれる(写真:iStock)
リスペクトしてくれる (写真:iStock)

 ・いつまでも若く綺麗でいようと努力できる
 ・男性の体が健康な期間が長い
 ・夫が妻をリスペクトしてくれることが多い
 ・女性の意見を取り入れてくれやすい

 女性のほうが年上の場合、男性よりも経験が豊富なことから、意見を尊重してもらえたり、リスペクトしてもらえたりすることが多いようです。また、男性のほうが年下だと、若い世代の流行に詳しくなり、「若い女性に負けないよう美を磨こう!」と、高い美意識を保つことができます。

結婚に後悔することも…年齢差結婚のデメリット

 年齢差結婚は、メリットばかりではありません。年齢差によっては、デメリットを感じることもあるようです。

男性が年上、女性が年下の場合

子育てと介護に追われる日々…(写真:iStock)
子育てと介護に追われる日々… (写真:iStock)

 ・子育て中に夫の介護が始まる
 ・子育て中に夫が定年を迎える
 ・夫の加齢により、老後をアクティブに楽しめない
 ・青春時代の流行りについて話が合わない

 男性のほうが年上の場合は、健康上の問題が大きいようです。年齢差によっては、子育てと夫の介護が被ってしまうことも。大変さよりも夫への愛情が勝っていないと、結婚したことに後悔する人もいるでしょう。

女性が年上、男性が年下の場合

金銭面ですれ違うことも(写真:iStock)
金銭面ですれ違うことも (写真:iStock)

 ・老いによる引け目から、常に若い女性との浮気が心配
 ・年齢によっては子供を産める期間が短い
 ・男性に経済力がない

 女性のほうが年上の場合、女性は加齢に、男性は経済力のなさに負い目を感じてしまい、すれ違ってしまうこともあるようです。お互いが成長しあえる関係性を築けるかどうかが、後悔するかしないかの分かれ道となるでしょう。

どんな人が年齢差結婚に向いている? 4つのチェックポイント

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 では、どんな人が年齢差結婚に向いているのでしょうか? チェックしてみましょう!

1. もともと経済力がある人

 もともと経済力がある人は、年齢差結婚に向いているでしょう。相手が年上男性の場合、万が一、介護が必要となったり、定年を迎えて働けなくなっても、金銭的に問題がなければ安心できますし、相手が年下男性で、たとえ経済力が足りなくても女性が余裕を持って接することができるため、愛情を保ちやすいでしょう。

2. どんな相手からも良い部分を吸収できる人

 年齢差があると、経験値や健康問題、経済問題で格差が生まれることがあります。その時、相手の悪い面ばかりを気にするのではなく、どんな人や環境からも良い部分を見つけて吸収できる考え方ができる人であれば、年齢差結婚をしても失敗しにくいでしょう。

3. 10年先のことを考えて行動できる人

 その場限りの考えで行動せず、10年先を見越して行動できる人は、年齢差結婚に向いています。男性が年上なら、介護までを見越して人生計画を立てられるか、男性が年下なら経済力がつくまで家計をどうやりくりするかなど、具体的な方法を考えられるからです。

4. 相手を思いやり、尊重できる人

 多くの男性はプライドが高いものです。そのため、夫が年齢差によって負い目に感じてしまう健康の問題や経済力の問題に対して、相手を傷つけずに尊重し、サポートする力のある女性は年齢差結婚に向いているでしょう。

 そもそも、そういった部分も考えた上で結婚しないと、年齢差結婚で幸せになるのは難しいかもしれません。相手を尊重し合って多くのことを学び合い、成長し合える夫婦を目指せると良いですね。

“相手を尊重する心”があれば年齢差結婚は上手くいく♡

大切なのはお互いを思いやる心(写真:iStock)
大切なのはお互いを思いやる心 (写真:iStock)

 年齢差結婚は、考え方一つで相手との違いを良くも悪くも捉えることができます。年齢差結婚をしたいのであれば、心から相手を尊重する気持ちを大切にしてみてください。そうすれば、お互いの経験から多くを学び、成長できる最高の夫婦になれるはずです。

ラブ 新着一覧


婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ