年齢差結婚の定義は? メリット&デメリット&向いている人

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-12 06:49
投稿日:2021-03-12 06:00
 武田真司さんと静まなみさん、加藤茶さんと加藤綾菜さんのように、芸能人でも多い“年齢差結婚”。当然、年齢が大きく違えば、精神年齢や価値観の違いなど、デメリットも多そうですよね。でも、実は年齢差結婚にはたくさんのメリットもあるんですよ。そこで今回は、年齢差結婚のメリットやデメリット、向いている人についてご紹介します!

そもそも“年齢差結婚”って何才差から?

 “年齢差結婚”には、具体的な定義はありません。人によって認識も違っており、5才差からという人もいれば、20才差からと考える人もいるようです。ただ、一般的に10才ほど年齢が離れていれば、多くの人が“年齢差結婚”という認識になるでしょう。

幸せいっぱい♡ 男女別、年齢差結婚のメリット

大人の男性の魅力(写真:iStock)
大人の男性の魅力 (写真:iStock)

 それではさっそく、年齢差結婚のメリットからチェックしてみましょう!

男性が年上、女性が年下の場合

・何年経っても、ずっと“自分より若い女性”として見てもらえる
・男性の精神年齢が高いため、“大人の男性”の魅力を感じられる
・男性に経済力がある場合が多い
・一緒にいて自分も成長できる

 男性のほうが年上の場合、当然、目の前にいるのは自分よりも“若い女性”です。そのため、女性扱いをしてもらえますし、いつまでも若々しい気持ちでいることができます。

 また、一般的に女性よりも精神年齢が低いとされる男性も、年齢を重ねることで大人の男性に成長します。大きな包容力や経済力などがあり、安定した結婚生活が送れるというメリットがあるでしょう。

女性が年上、男性が年下の場合

リスペクトしてくれる(写真:iStock)
リスペクトしてくれる (写真:iStock)

 ・いつまでも若く綺麗でいようと努力できる
 ・男性の体が健康な期間が長い
 ・夫が妻をリスペクトしてくれることが多い
 ・女性の意見を取り入れてくれやすい

 女性のほうが年上の場合、男性よりも経験が豊富なことから、意見を尊重してもらえたり、リスペクトしてもらえたりすることが多いようです。また、男性のほうが年下だと、若い世代の流行に詳しくなり、「若い女性に負けないよう美を磨こう!」と、高い美意識を保つことができます。

結婚に後悔することも…年齢差結婚のデメリット

 年齢差結婚は、メリットばかりではありません。年齢差によっては、デメリットを感じることもあるようです。

男性が年上、女性が年下の場合

子育てと介護に追われる日々…(写真:iStock)
子育てと介護に追われる日々… (写真:iStock)

 ・子育て中に夫の介護が始まる
 ・子育て中に夫が定年を迎える
 ・夫の加齢により、老後をアクティブに楽しめない
 ・青春時代の流行りについて話が合わない

 男性のほうが年上の場合は、健康上の問題が大きいようです。年齢差によっては、子育てと夫の介護が被ってしまうことも。大変さよりも夫への愛情が勝っていないと、結婚したことに後悔する人もいるでしょう。

女性が年上、男性が年下の場合

金銭面ですれ違うことも(写真:iStock)
金銭面ですれ違うことも (写真:iStock)

 ・老いによる引け目から、常に若い女性との浮気が心配
 ・年齢によっては子供を産める期間が短い
 ・男性に経済力がない

 女性のほうが年上の場合、女性は加齢に、男性は経済力のなさに負い目を感じてしまい、すれ違ってしまうこともあるようです。お互いが成長しあえる関係性を築けるかどうかが、後悔するかしないかの分かれ道となるでしょう。

どんな人が年齢差結婚に向いている? 4つのチェックポイント

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 では、どんな人が年齢差結婚に向いているのでしょうか? チェックしてみましょう!

1. もともと経済力がある人

 もともと経済力がある人は、年齢差結婚に向いているでしょう。相手が年上男性の場合、万が一、介護が必要となったり、定年を迎えて働けなくなっても、金銭的に問題がなければ安心できますし、相手が年下男性で、たとえ経済力が足りなくても女性が余裕を持って接することができるため、愛情を保ちやすいでしょう。

2. どんな相手からも良い部分を吸収できる人

 年齢差があると、経験値や健康問題、経済問題で格差が生まれることがあります。その時、相手の悪い面ばかりを気にするのではなく、どんな人や環境からも良い部分を見つけて吸収できる考え方ができる人であれば、年齢差結婚をしても失敗しにくいでしょう。

3. 10年先のことを考えて行動できる人

 その場限りの考えで行動せず、10年先を見越して行動できる人は、年齢差結婚に向いています。男性が年上なら、介護までを見越して人生計画を立てられるか、男性が年下なら経済力がつくまで家計をどうやりくりするかなど、具体的な方法を考えられるからです。

4. 相手を思いやり、尊重できる人

 多くの男性はプライドが高いものです。そのため、夫が年齢差によって負い目に感じてしまう健康の問題や経済力の問題に対して、相手を傷つけずに尊重し、サポートする力のある女性は年齢差結婚に向いているでしょう。

 そもそも、そういった部分も考えた上で結婚しないと、年齢差結婚で幸せになるのは難しいかもしれません。相手を尊重し合って多くのことを学び合い、成長し合える夫婦を目指せると良いですね。

“相手を尊重する心”があれば年齢差結婚は上手くいく♡

大切なのはお互いを思いやる心(写真:iStock)
大切なのはお互いを思いやる心 (写真:iStock)

 年齢差結婚は、考え方一つで相手との違いを良くも悪くも捉えることができます。年齢差結婚をしたいのであれば、心から相手を尊重する気持ちを大切にしてみてください。そうすれば、お互いの経験から多くを学び、成長できる最高の夫婦になれるはずです。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ