70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-01-19 06:01
投稿日:2021-01-19 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。

最初のデートで「相手の自宅」を提案された

「根拠のない自信をもつ!」
「根拠のない自信をもつ!」

case6-3.冴島凛さん(仮名/41歳)

 橋本マナミさん似の妖艶な雰囲気を持つ冴島凛さん(仮名/41歳)は、29歳年上で70歳の旦那様からナンパされて出会い、結婚に至りました。

 当日はお茶のみで解散しましたが、次回の初デートで旦那様から提案された場所はというと。旦那様が複数所有しているうちの、住居として使用しているマンション。最初のデートが相手の自宅。抵抗はなかったのでしょうか?

「あなたを騙さない」という証明に…

「彼はナンパで出会った初対面の人。『次に会うときは(自分の部屋に)お酒や食べ物を用意しておくから、ゆっくり話そう』と言われて、即答はできませんでした。でも、返答に窮した私の心情を察したのか、彼が説得してきたんです。『日本人女性は関係の浅い相手の自宅でデートというと抵抗を持つけど、男性の部屋を見ると一番手っ取り早く、その人の生活や本性がわかるんだよ。既婚者はもちろん、ほかに彼女がいたら必ず痕跡があるから、自宅には呼べないはず。呼ぶ側の僕からすれば、自宅に招待することは『あなたを騙さない』という証明になるんだ』と。いま思うと丸め込まれたのかもしれませんが(笑)、当時は『なるほど』と納得したんです」

自宅デートの基本は相手を「信用」してから

頑張らなくても認めてくれる人を選ぶ(写真:iStock)
頑張らなくても認めてくれる人を選ぶ (写真:iStock)

 筆者も同じように口説かれたら同意してしまいそうですが……ちょっと待って! 最近は物騒な世の中。

「信用できない相手の部屋や車内などの、密室で2人きりになってはいけない」という、筆者の母の教えを基本にしたほうがいいと思います。

「なにかあってもなんとかなるだろう」と旦那様の自宅を訪ね、自宅デートでは会話が途切れず盛り上がり、以降、ほぼ毎日会うようになった凛さんのケースは、稀というか幸運といえるのではないでしょうか。

 凛さんのように外食ではなく自宅で、「相手を信用できる」と感じられたらリラックスモードで恋仲は急速するかもしれませんが、訪問するか否かの判断は、自身の“嗅覚”による判断におまかせします。

 見誤って穢された例を知っているので、筆者はお勧めできませんが。

反対する両親を説得するために彼がしたこと

結婚=財産共有という一面も(写真:iStock)
結婚=財産共有という一面も (写真:iStock)

 男性の自宅が初デートという難関を突破した凛さんと旦那様は順調に愛を育み、結婚前に必ずといっていいほど通過する儀式を経験します。女性側の、ご両親への挨拶です。反対されたのでは。

「彼が70歳で父親が75歳、母親が69歳ですから、心配とともに反対されました。『不動産投資をしている人』と伝えても、『先がない人と結婚して大丈夫なのか。騙されているのではないか』と。そこで父親が、彼に対して質問状を作成したんです。彼は、『今までの彼女のご両親に、こんな屈辱的な仕打ちは受けたことがない』と憤慨しながらも、質問状への返事とともに、自身の履歴書や経歴書をつくってくれました」

 旦那様の真摯な姿勢に、ご両親は「娘を不幸にするような悪い人ではない」と判断したのでしょう。結婚は賛成の運びとなりました。

家事を任せてくれないのはなぜ?

 ただインタビュー中、凛さんが旦那様への不満をしばしば口にすることが気になりました。「きみは家事が下手だ」と言われて、現状は室内の掃き掃除と自身の洗濯しか担当させてもらえないこと。出会ったのが6月で、凛さんが住むマンションの更新期限が8月というタイミングで「じゃあ同棲しようよ」と言われたものの、今でも毎月7万円を旦那様に支払っていて、「彼が年上だからといって、ちやほやされてはいません」と語ったこと。

 あらら? 楽観主義者の筆者は、裏返して考えてしまいました。掃き掃除と自身の洗濯しかしていないのは、旦那様が面倒を見てくれているということでは。人生はいつなにが起きるかわかりませんが、平均寿命のみで考えれば、先に亡くなるのは旦那様です。「一通りの家事はできますが、得意ではありません」という凛さんのために、「自分が亡きあとは、こうするんだよ」という、背中を見せてくれているのかもしれません。

 結婚は、財産を共有する意味も含みます。資産家の旦那様が月7万円という、同棲前の凛さんが住む賃貸マンションと同等の金額を求めるのは、「自分の資産を相続しても、お金に目がくらまないように」という教えなのかもしれないのです。

内埜さくら
記事一覧
恋愛コラムニスト
これまでのインタビュー人数は3500人以上。無料の恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い(現在休止中。準備中のため近日中にブログにて開始を告知予定)。恋愛コメンテーターとして「ZIP!」(日本テレビ系)、「スッキリ」(同)、「バラいろダンディ」(MX-TV)、「5時に夢中!」(同)などのテレビやラジオ、雑誌に多数出演。

URL: https://ameblo.jp/sakura-ment

関連キーワード

ラブ 新着一覧


サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ