「アリーキャット」は寝る間を惜しんでも見る価値あり!

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-03-30 06:00
投稿日:2021-03-30 06:00
 1日24時間という時間は、人に与えられた平等な“資源”です。みなさんには“資源”を費やしてまで、もう一度観たい作品はありますか? 筆者はフリーライターという仕事柄、取材のために年間100本以上は映画やドラマ、作品が完成していない場合は台本を読むことがあるのですが、久々に見つけました。窪塚洋介さんと「Dragon Ash」の降谷建志さんが共演した映画、『アリーキャット』です。

猫が結んだ奇妙な縁

色気がだだ漏れ…!(C)日刊ゲンダイ
色気がだだ漏れ…! (C)日刊ゲンダイ

 窪塚さん演じる朝秀晃は、ボクシングの元東洋チャンピオン。ボクシングでの後遺症に悩まされながら生きる意味を見出だせず、警備会社でアルバイトとして働いています。独身で、孤独な生活を送っている唯一の癒やしが、野良猫のマル。ですがマルが失踪してしまい、保健所に向かった玄関先で、降谷さん演じる自動車の整備工場で働く、梅津郁巳と出会います。郁巳がマルを引き取り、抱っこして現れるのです。

秀晃「マルは俺の猫だ!」
郁巳「この子は俺がリリィと名づけた。今日からリリィですよ~」

 コミカルなやり取りが続けられますが、猫を通じて郁巳(降谷さん)は秀晃(窪塚さん)を「マル」と、秀晃は郁巳を「リリィ」と呼ぶ関係に。その後、お互いに本名を呼び合わないので、「マル」と「リリィ」として作品を楽しんでください。

 マルは市川由衣さん演じる元恋人にストーキングされているシングルマザー・土屋冴子のボディガードを請け負います。その場に居合わせてストーカーを殴ってしまったリリィも一緒に行動することになり、3人で東京へ。マルとリリィはバディ関係になります。

『池袋ウエストゲートパーク』の“キング”を思い出す逃走シーン

 以降は、バディ×ロードムービー×ストーカー×リベンジポルノ×ドラッグ×汚職×殺人など、内容がてんこ盛り。冴子が隠している事情によりマルとリリィ、冴子と冴子の過去の同僚(柳英里紗さん)が池袋を逃げ回るシーンは、TBS系ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(IWGP)を彷彿とさせ、“キング”を思い出す人もいるかもしれません。

 圧倒的な存在感を放つ窪塚さんがいてこそ本作が成立するのですが、降谷さんの熱くてやさしい、天然エッセンスが入ったお芝居も秀逸。撮影中は品川庄司さんに“新人俳優”とイジられたそうですが、窪塚さんからは「建志くんは懐が深くて、僕らにフルオープンハートで接してくれたから、純度と温度を上げていける現場になった」と評しています。一見、コワモテに見えますが実は降谷さんの親しみやすい人柄が、役に反映されたとも言えそうです。

女も見惚れる市川由衣のサービスショット

 筆者は本作で、窪塚さんと降谷さん以外にも、市川由衣さんと火野正平さんにも注目。市川さん演じる冴子はヒロインではありますが、泥水をすすってきた女性。“サービスショット”が満載です。「どうしたらこんなスタイルを維持できるのか」と、尊敬の念で見入ってしまいました。冴子が“サービスショット”中のまま、マルが冴子に言った「一生の選択は、いつも一瞬だ」という台詞にも、考えさせられるものがありました。今この瞬間も、なにをするかしないかは、選択の連続。「後悔しない人生を送るために今できることはなにか」と、短い台詞に胸をえぐられたのです。

火野正平の「昭和の色気」がたまらない

 登場シーンは少ないものの、火野正平さんの存在感はほかの役者さんには出せないほど重厚。役柄としては色気が必要ないのに、“昭和の色男”や“元祖プレイボーイ”と呼ばれた色気を放っています。低音ボイスと相手を思いやりながらも恐怖心を与えるお芝居が、作品をピリッと引き締めています。

DVD発売中 税込5,170円 販売:東映 発売:東映ビデオ
DVD発売中 税込5,170円 販売:東映 発売:東映ビデオ

 コロナ禍でも緊急事態宣言が明けた地域が多いですが、おうち生活は長引きそうです。自宅ですごすひとときに鑑賞してみては。本作は賛否両論ありますが、筆者はすでに2回鑑賞しました。仕事以外でいつか、もう一度鑑賞する予定です。

エンタメ 新着一覧


紗栄子が未成年アーティストと“禁断の恋”…道義的責任は?
 タレント・女優で実業家の紗栄子(34)が、当時17歳のアーティスト、YOSHI(18)と半年ほど極秘交際していたことが...
2021-05-15 17:03 エンタメ
「ドラゴン桜2」ヤンキー“西西コンビ”が東大専科より人気
 ドラマや映画では、時にメインキャスト以外から、視聴者に熱い支持を受ける“愛されキャラ”が現れることがある。どうやら現在...
2021-05-15 17:03 エンタメ
元関ジャニ∞渋谷すばるの「39歳結婚発表」は理想的だった
城下尊之【芸能界ぶっちゃけトーク】  人気アイドルグループの関ジャニ∞の元メンバー、渋谷すばる(39)が先週末に結婚を...
2021-05-15 17:03 エンタメ
EXIT兼近もハマる「ウマ娘」擬人化コンテンツはなぜ人気?
 お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹(30)がハマっていることでも知られるスマホゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」。約...
2021-05-15 17:03 エンタメ
横山めぐみはオスカー退社も…ベテラン女優は受難の時代に
「女優として、もうひと花咲かせたい」――。  長らく所属していたオスカープロモーションから4月末での退社が明らかになっ...
2021-05-15 17:03 エンタメ
元おニャン子新田恵利 実母の「介護とみとり」胸中を語る
 仕事と介護の両立に励んで6年半、タレント新田恵利(53)が最愛の母ひで子さんをこの春、自宅でみとっていた。享年92。こ...
2021-05-15 17:03 エンタメ
「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖
 2021年前期のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」が来週17日(月)からスタートする。ヒロインの「モネ」を演じるのは...
2021-05-15 17:03 エンタメ
「里帰り不倫」福原愛 格差婚には“離婚できない”リスクも
【芸能界「男と女のラブゲーム」の末路】#5 福原愛  芸能界の不倫・熱愛報道を家族問題評論家の池内ひろ美が分析する。 ...
2021-05-15 17:03 エンタメ
韓国ドラマに完敗…日本通でも「倍返しだ!」を知らない
【奇妙?単純? 韓流の方程式】#30  韓国ドラマ「愛の不時着」「梨泰院クラス」が日本を席巻してから1年以上が過ぎた。...
2021-05-15 17:03 エンタメ
セクゾ菊池10周年"男泣き"!ニノ荒イジリ 松潤&櫻井は愛ムチ
 嵐の二宮和也(37)が中心となって開設し、登録者数230万人を突破するなど勢いに乗るYouTube「ジャにのちゃんねる...
こじらぶ 2021-05-15 10:14 エンタメ
「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選2」の見どころを解説
【大高宏雄の新「日本映画界」最前線】  ジャン=ポール・ベルモンドの作品(計5本)が見られる。5月12日からの新宿武蔵...
2021-05-14 17:03 エンタメ
スライム乳の小向美奈子はストリッパー歴12年 逮捕3回経て
 元グラビアアイドルで、現在、ストリッパーとして活動する小向美奈子(35)の近況を「NEWSポストセブン」が伝えている。...
2021-05-14 17:03 エンタメ
松坂桃李ピカ一のポンコツ男 地で行くダサさに∞の可能性
 今、“ポンコツ”を演じさせたら、松坂桃李(32)の右に出る役者はいないだろう。4月24日から始まったNHK土曜ドラマ「...
2021-05-14 17:03 エンタメ
松坂慶子“30年の親子断絶”支えた 夫・高内春彦氏の献身愛
 GW前に古株の芸能関係者で話題になったのが、松坂慶子(68)のプライべートだった。女性誌に久しぶりに夫のジャズギタリス...
2021-05-14 17:03 エンタメ
虹コン・清水理子が初ソロCD発売「残るものは格別の喜び」
 虹のコンキスタドールの清水理子(24)が12日、初のソロデビューシングル「あなたへ」(キングレコード)をリリースした。...
2021-05-14 17:03 エンタメ
カウンターの健サンが何と「サブちゃん、こっちこないか」
【石倉三郎 粋に活きてえなぁ】#6 (前回から続く)  役者に成る! なんてユメは雲散霧消だなへへへのへだ、なんて自...
2021-05-14 17:03 エンタメ