“女子アナ”上等!結婚願望が叶わないトホホ女性の共通点とは

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-03-09 06:15
投稿日:2021-03-09 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、日本仲人協会にて「2015~2019年 5年連続 成婚数全国1位」に表彰されたやり手の仲人、五十嵐まこ先生に「40歳オーバーで結婚願望が叶わない女性の共通点」について、全3回にわたって聞く2回目です。五十嵐先生は、“気軽に相談できる隣のお見合いお姉さん”ではありますが、入会者には「連続でダメ出しもします」とのこと。やや辛口のアドバイスもありますが、ご承知おきを。

男性が好む「永久不滅のスタイル」とは?

「郷に入っては郷に従え」
「郷に入っては郷に従え」

――前回、五十嵐先生は40歳オーバーで結婚願望が叶わない女性の共通点として、「柔軟性がない」の一言に尽きるとおっしゃっていました。前回の項目以外に共通点はあるのでしょうか。

五十嵐まこ先生(以下、五十嵐先生) 私は会員の皆様にヘアメイクやファッションアドバイスをしているのですが、女性には年齢を問わず、男性に好かれやすい永久不滅のスタイルを提案しています。その女性の年代や雰囲気に合っていることが条件ですが、ピンク色やオフホワイトといった、お顔の色が映える明るい色のお洋服です。お洋服のデザインは、基本的に女性らしいラインを演出できる、ノースリーブのワンピース。言うなれば、女子アナ風ファッションに近いかもしれません。

40代以上でもイタくない? 男性の反応は?

――40代の女性だと、そのファッションに抵抗を覚える人も多いのでは……。

五十嵐先生 たしかに、「40代の私がそんな洋服を着たら、無理な若作りをしていると思われるのでは?」とか、「いつもと違うファッションをしている私は自分ではないからイヤです」とおっしゃる女性は大勢いらっしゃいます。男性は「視覚」で相手に惹かれることを理解できていないから、拒否するのです(ちなみに女性は「聴覚」で惹かれるとのこと)。

 40代の女性が婚活用ファッションに身を包んでも、男性はネガティブな反応を示しません。むしろ、「若々しくていいですね。会ってみたいです」とおっしゃいます。私服はボーダーのカットソーと黒いパンツという40代のYさんは、婚活用のヘアメイクとファッションにチェンジして、たった2カ月で成婚退会しました。ずっとそのままの格好をしていなければいけないわけではありません。婚活中だけなのに受け入れられないということは、みずからご成婚へのシャッターを閉ざしていることと同義です。

――見た目のフルチェンジが、選んでもらえる入り口になるということですね。

五十嵐先生 昔は身上書とともに、写真館で撮影した大きなお写真を交換するのが正式なお見合い方法でしたが、今はお相手のお写真をスマホでチェックするのが一般的です。スマホという小窓の中で、たくさんいる女性との勝負に勝たなければいけないのです。

 つまりご成婚の第一関門は、自分の写真をクリックしてもらうこと。弊社では40代の女性も大勢ご成婚していますが、年齢的に間口が狭いのもたしか。「同年代の男性がいい」という女性が多いのですが、同年代の男性は30代女性とも真剣交際に発展できています。年下の女性との勝負に勝ち抜かなければ、会ってすらもらえないということです。

 写真をクリックしてもらい、会っていただくためには、間口を広くする必要があります。間口を広げる簡単な方法が、婚活用のヘアメイクとファッションなのです。

 間口をみずから狭くしてしまうかのように拒む女性に、私は根気強く伝えています。

「あなたが60代など年上の人と出会いたいのであれば、そのままの見た目でいいでしょう。あなたが同年代か年下と出会いたいと言うから、選んでもらえる見た目につくり変えないとダメなのよ」と。加えて婚活用のお写真は自撮りではなく、プロのカメラマンに撮ってもらうことも鉄則です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「毒親育ちの会」の彼、ほろ酔いの抱擁から全てが始まった
「毒親」「親ガチャ」という言葉が使われるようになって久しい。そんな中、「毒親育ち」の男女が集う会で、運命的な出会いを果た...
蒼井凜花 2022-01-21 06:00 ラブ
女性が年上の年齢差結婚ってどう?メリット&長続きのコツ
 少し前までは女性が年上というカップルは珍しく、周囲から注目されることに悩んでいた人も多かったよう。でも、最近では、女性...
恋バナ調査隊 2022-01-21 06:00 ラブ
手のつなぎ方でわかる男性心理4選&つなぎたくなる瞬間♡
 気になっている男性と手をつなぐと、一気に二人の距離が縮まったような気持ちになりますよね♡ 実は、手のつなぎ方で男性が自...
恋バナ調査隊 2022-01-20 06:00 ラブ
年上男性と付き合いたい♡キュンとさせる恋愛テクニック6選
 年上男性を好きになると、どうやって自分のほうに振り向かせればいいのか悩んでしまいますよね。アピールの仕方を間違えて、「...
恋バナ調査隊 2022-01-19 06:00 ラブ
私に冷めたの…?冷たい彼氏に焦る時の対処法3つ&NG行動
 大好きな彼氏に冷たくされて、焦ることってありますよね。「嫌いになったの?」「ほかに好きな人ができた?」など、いろいろネ...
恋バナ調査隊 2022-01-19 06:00 ラブ
別れ際が綺麗な女性にはメリットがある! 上手な別れ方5つ
 彼から突然別れを切り出されたら、多くの女性は取り乱してしまうでしょう。追いすがってしまう人もいるかもしれません。しかし...
恋バナ調査隊 2022-01-18 06:00 ラブ
モテない女性に共通する残念LINE5選…男性が引く内容5つ
 モテるモテないには、それなりに理由があるよう。もしもあなたが、見た目に問題がないのにまったくモテないんだとしたら、こん...
恋バナ調査隊 2022-01-18 06:00 ラブ
いつでも新婚気分♡ 別居婚のメリット&向いている夫婦の特徴
 ひと昔前までは、結婚したら一緒に住むというのが当たり前の世の中でした。しかし今は、夫婦のライフスタイルによっては「別居...
恋バナ調査隊 2022-01-16 06:00 ラブ
不倫夫が憎い…!サレ妻が決意した恐ろしい制裁LINE5選
 夫に不倫されてしまった「サレ妻」の女性は、毎日悲しくて涙に暮れる日々を送っているかもしれません……。でも、中には、男性...
恋バナ調査隊 2022-01-15 06:00 ラブ
今が正常な状態…交際3ヶ月でデート頻度を減らした男性の事情
「冷酷と激情のあいだvol.73〜女性編〜」では、「仕事」を理由にデートを減らしている恋人・ソウタさん(仮名・29歳男性...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
仕事を理由にデート激減…恋人の真意がわからない女性の不安
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
はじめての食事デート♡ 心がける4つのこと&会話のポイント
 気になる男性とはじめての食事デートの約束ができたら、「絶対にデートを成功させたい!」と思うのは当然でしょう。そこで今回...
恋バナ調査隊 2022-01-14 06:00 ラブ
あなたは何も悪くない! 彼に暴言を吐かれた時の3つの対処法
 恋人やパートナーに暴言を吐かれ、深く傷つく女性が増えています。一番信頼し、愛している相手だけに、ダメージも大きいもの。...
内藤みか 2022-01-13 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? 軽い女度診断4項目&気をつけるべきこと
 自分では意識していなくても、男性から「軽い女」だと思われていたらがっかりしてしまいますよね。今回は、今すぐできる軽い女...
恋バナ調査隊 2022-01-13 06:00 ラブ
一生モテる女性の特徴とは? 常にモテるためにやるべきこと
 彼氏が途切れなかったり、周りから一目を置かれ続けている女性っていますよね。ここで言うモテる女とは、声をかけられることが...
若林杏樹 2022-01-12 12:13 ラブ
100年の恋も冷めるでしょ…彼氏のドン引き行動エピソード4選
 彼氏に100年の恋も一瞬で冷めるような「ドン引き行動」をされたことがある女性は多いようです。ドン引き行動の原因はさまざ...
恋バナ調査隊 2022-01-14 18:15 ラブ