“女子アナ”上等!結婚願望が叶わないトホホ女性の共通点とは

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-03-09 06:15
投稿日:2021-03-09 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、日本仲人協会にて「2015~2019年 5年連続 成婚数全国1位」に表彰されたやり手の仲人、五十嵐まこ先生に「40歳オーバーで結婚願望が叶わない女性の共通点」について、全3回にわたって聞く2回目です。五十嵐先生は、“気軽に相談できる隣のお見合いお姉さん”ではありますが、入会者には「連続でダメ出しもします」とのこと。やや辛口のアドバイスもありますが、ご承知おきを。

男性が好む「永久不滅のスタイル」とは?

「郷に入っては郷に従え」
「郷に入っては郷に従え」

――前回、五十嵐先生は40歳オーバーで結婚願望が叶わない女性の共通点として、「柔軟性がない」の一言に尽きるとおっしゃっていました。前回の項目以外に共通点はあるのでしょうか。

五十嵐まこ先生(以下、五十嵐先生) 私は会員の皆様にヘアメイクやファッションアドバイスをしているのですが、女性には年齢を問わず、男性に好かれやすい永久不滅のスタイルを提案しています。その女性の年代や雰囲気に合っていることが条件ですが、ピンク色やオフホワイトといった、お顔の色が映える明るい色のお洋服です。お洋服のデザインは、基本的に女性らしいラインを演出できる、ノースリーブのワンピース。言うなれば、女子アナ風ファッションに近いかもしれません。

40代以上でもイタくない? 男性の反応は?

――40代の女性だと、そのファッションに抵抗を覚える人も多いのでは……。

五十嵐先生 たしかに、「40代の私がそんな洋服を着たら、無理な若作りをしていると思われるのでは?」とか、「いつもと違うファッションをしている私は自分ではないからイヤです」とおっしゃる女性は大勢いらっしゃいます。男性は「視覚」で相手に惹かれることを理解できていないから、拒否するのです(ちなみに女性は「聴覚」で惹かれるとのこと)。

 40代の女性が婚活用ファッションに身を包んでも、男性はネガティブな反応を示しません。むしろ、「若々しくていいですね。会ってみたいです」とおっしゃいます。私服はボーダーのカットソーと黒いパンツという40代のYさんは、婚活用のヘアメイクとファッションにチェンジして、たった2カ月で成婚退会しました。ずっとそのままの格好をしていなければいけないわけではありません。婚活中だけなのに受け入れられないということは、みずからご成婚へのシャッターを閉ざしていることと同義です。

――見た目のフルチェンジが、選んでもらえる入り口になるということですね。

五十嵐先生 昔は身上書とともに、写真館で撮影した大きなお写真を交換するのが正式なお見合い方法でしたが、今はお相手のお写真をスマホでチェックするのが一般的です。スマホという小窓の中で、たくさんいる女性との勝負に勝たなければいけないのです。

 つまりご成婚の第一関門は、自分の写真をクリックしてもらうこと。弊社では40代の女性も大勢ご成婚していますが、年齢的に間口が狭いのもたしか。「同年代の男性がいい」という女性が多いのですが、同年代の男性は30代女性とも真剣交際に発展できています。年下の女性との勝負に勝ち抜かなければ、会ってすらもらえないということです。

 写真をクリックしてもらい、会っていただくためには、間口を広くする必要があります。間口を広げる簡単な方法が、婚活用のヘアメイクとファッションなのです。

 間口をみずから狭くしてしまうかのように拒む女性に、私は根気強く伝えています。

「あなたが60代など年上の人と出会いたいのであれば、そのままの見た目でいいでしょう。あなたが同年代か年下と出会いたいと言うから、選んでもらえる見た目につくり変えないとダメなのよ」と。加えて婚活用のお写真は自撮りではなく、プロのカメラマンに撮ってもらうことも鉄則です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ