まだ間に合う!40歳OVERで結婚願望が叶わない女性の共通点

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-03-16 12:13
投稿日:2021-03-16 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、日本仲人協会にて「2015~2019年 5年連続 成婚数全国1位」に表彰されたやり手の仲人、五十嵐まこ先生に「40歳オーバーで結婚願望が叶わない女性の共通点」について、全3回にわたって聞く最終回です。五十嵐先生は、“気軽に相談できる隣のお見合いお姉さん”ではありますが、入会者には「連続でダメ出しもします」とのこと。やや辛口のアドバイスもありますが、ご承知おきを。

男性を立てることができない女たち

「相手を尊重する気持ち」
「相手を尊重する気持ち」

――五十嵐先生は40歳オーバーで結婚願望が叶わない女性の共通点として、「柔軟性がない」の一言に尽きるとおっしゃっていました。前々回前回の項目以外に、共通点はあるのでしょうか。

五十嵐まこ先生(以下、五十嵐先生) 男性を立てることができない女性です。「自分はすごい」と思ってもらいたいがためにしがちな“マウンティング”は、男性に限りません。40歳をすぎてある程度仕事で経験を積んでいる女性も、ご自身の優位性を誇示してしまいがちなのです。

 女性会員の中には初回のお見合いで、お相手を“口撃”して帰ってしまうパターンもありました。“知識の披露とお互いの意見の否定合戦”になってしまったのでしょう。

――せっかくのお見合いの場で、そんな事態が起こり得るのですね。

五十嵐先生 今ご成婚できていない女性の大半は、ただしい「男性の立て方」を知らない、あるいはできないと言っても過言ではありません。

男性を褒めて伸ばせば幸せになれる

褒めて嫌な気になる人はいない(写真:iStock)
褒めて嫌な気になる人はいない (写真:iStock)

――具体的に「男性を立てる」ためにはどうすればいいのでしょうか。

五十嵐先生 第一に、お相手を褒めることです。一般的にはお仕事にかんする内容を褒めるといいとされていますが、趣味や一生懸命頑張っていること、思考の筋道など、探せば褒めるポイントはいくつも見つかるはずです。

 人によりプライドのありかは異なります。会話を重ねるしか見つける方法はありませんが、そこをいち早く察知することも、コミュニケーションスキルの一種なのです。

 また、人間としての関係が深まってきた場合は、頼ることも男性を立てるスキルとなります。たとえ自分でできる事柄でも、お相手を頼ってみるのです。これを面倒だと捉える女性が多いのも事実ですが。

――たしかに。ジェンダーレスで仕事を頑張っているのに、なぜプライベートでまで相手を気遣わないといけないの? と考える女性はいるかもしれません。

五十嵐先生 男性は褒められ頼られるとご自身の存在意義を感じ、自信を持つようになります。結果、「いい男」に成長するのです。

 男性を立てられれば、最終的にはご自身も幸せになれるということ。正直、女性のほうが地頭がいい方が多いからこそ、身につけていただきたいです。

 以前インタビューした男性は、「◯◯さん、お弁当いっぱい食べて、食欲旺盛ですごいですね!」と褒められただけで「1日中ハッピーでした」と語っていました。

 その場にいた女性スタッフ全員が、「かわいい! それだけでいいんですね」と伝えたところ、「多くの男性は、女性より脳のつくりがシンプルにできているんでしょうね」とのこと。

 筆者が大好きな作家・林真理子先生は、ご著書のあとがきで初対面で相手のどこかを必ず褒めると書かれていた記憶があります。褒める訓練は、しておいて損はないかもしれません。

謙虚な気持ちと感謝の心を持っていますか?

ささやかな贈り物がうれしい(写真:iStock)
ささやかな贈り物がうれしい (写真:iStock)

五十嵐先生 男性を立てる言動にもつながりますが、謙虚な気持ちと感謝の心を持ち合わせていない女性は、いずれ男性から「交際終了」のご連絡が来ます。

 初回でのお見合いは、大抵がホテルのラウンジ。コーヒー1杯でも高額です。しかも、男性が全額支払うのが暗黙の了解。お見合いでご成婚へ至るには、男性は女性の2倍ほどお金をかけているかもしれません。その事実を「当たり前」と受け止めて、お礼を言わない“ごっつぁん女”は、どの男性にも選ばれません。男性は、ご自身に見合ったお相手にしかペイしないからです。

 結婚相談所では、「真剣交際」に進む前の「仮交際」中、同時進行で複数のお相手とデートができます。「ごちそうさまでした」の一言すら伝えられない女性は、奢りがいがない。早々に足切りされてしまうのは当然なのです。

――では、謙虚な気持ちと感謝の心を持っている女性に共通点はありますか?

五十嵐先生 お見合い前に、「当日はなにかお返しを持っていったほうがいいですか?」と、質問してくる女性です。男性がお茶代をごちそうしてくれるとわかっているので、手土産を持参しようとします。

 男性は気に入ったお相手に対しては、格好をつけたくなるもの。会員女性の中には、ラウンジで「ケーキでもいかがですか?」と勧められたり、「僕もおなかが空いたので……」と、上階で天ぷらやお寿司をごちそうになる女性もいました。

 彼女たちのように、奢るに値する女性は短期間でご成婚できます。

 余談ですが筆者は本インタビュー後、五十嵐先生からお守りの“おみや”をいただきました。お守りを。そして、日本仲人協会で成婚退会した女性からは伊勢名物の「赤福」を。

 初対面なのに「会う前から自分のことを考えていてくれた」と、感動しました。値が張る品物ではなくてもいい“小さなおみや習慣”は、徹底したいと思いました。

内埜さくら
記事一覧
恋愛コラムニスト
これまでのインタビュー人数は3500人以上。無料の恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い(現在休止中。準備中のため近日中にブログにて開始を告知予定)。恋愛コメンテーターとして「ZIP!」(日本テレビ系)、「スッキリ」(同)、「バラいろダンディ」(MX-TV)、「5時に夢中!」(同)などのテレビやラジオ、雑誌に多数出演。

URL: https://ameblo.jp/sakura-ment

関連キーワード

ラブ 新着一覧


成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ