まだ間に合う!40歳OVERで結婚願望が叶わない女性の共通点

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-03-16 12:13
投稿日:2021-03-16 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、日本仲人協会にて「2015~2019年 5年連続 成婚数全国1位」に表彰されたやり手の仲人、五十嵐まこ先生に「40歳オーバーで結婚願望が叶わない女性の共通点」について、全3回にわたって聞く最終回です。五十嵐先生は、“気軽に相談できる隣のお見合いお姉さん”ではありますが、入会者には「連続でダメ出しもします」とのこと。やや辛口のアドバイスもありますが、ご承知おきを。

男性を立てることができない女たち

「相手を尊重する気持ち」
「相手を尊重する気持ち」

――五十嵐先生は40歳オーバーで結婚願望が叶わない女性の共通点として、「柔軟性がない」の一言に尽きるとおっしゃっていました。前々回前回の項目以外に、共通点はあるのでしょうか。

五十嵐まこ先生(以下、五十嵐先生) 男性を立てることができない女性です。「自分はすごい」と思ってもらいたいがためにしがちな“マウンティング”は、男性に限りません。40歳をすぎてある程度仕事で経験を積んでいる女性も、ご自身の優位性を誇示してしまいがちなのです。

 女性会員の中には初回のお見合いで、お相手を“口撃”して帰ってしまうパターンもありました。“知識の披露とお互いの意見の否定合戦”になってしまったのでしょう。

――せっかくのお見合いの場で、そんな事態が起こり得るのですね。

五十嵐先生 今ご成婚できていない女性の大半は、ただしい「男性の立て方」を知らない、あるいはできないと言っても過言ではありません。

男性を褒めて伸ばせば幸せになれる

褒めて嫌な気になる人はいない(写真:iStock)
褒めて嫌な気になる人はいない (写真:iStock)

――具体的に「男性を立てる」ためにはどうすればいいのでしょうか。

五十嵐先生 第一に、お相手を褒めることです。一般的にはお仕事にかんする内容を褒めるといいとされていますが、趣味や一生懸命頑張っていること、思考の筋道など、探せば褒めるポイントはいくつも見つかるはずです。

 人によりプライドのありかは異なります。会話を重ねるしか見つける方法はありませんが、そこをいち早く察知することも、コミュニケーションスキルの一種なのです。

 また、人間としての関係が深まってきた場合は、頼ることも男性を立てるスキルとなります。たとえ自分でできる事柄でも、お相手を頼ってみるのです。これを面倒だと捉える女性が多いのも事実ですが。

――たしかに。ジェンダーレスで仕事を頑張っているのに、なぜプライベートでまで相手を気遣わないといけないの? と考える女性はいるかもしれません。

五十嵐先生 男性は褒められ頼られるとご自身の存在意義を感じ、自信を持つようになります。結果、「いい男」に成長するのです。

 男性を立てられれば、最終的にはご自身も幸せになれるということ。正直、女性のほうが地頭がいい方が多いからこそ、身につけていただきたいです。

 以前インタビューした男性は、「◯◯さん、お弁当いっぱい食べて、食欲旺盛ですごいですね!」と褒められただけで「1日中ハッピーでした」と語っていました。

 その場にいた女性スタッフ全員が、「かわいい! それだけでいいんですね」と伝えたところ、「多くの男性は、女性より脳のつくりがシンプルにできているんでしょうね」とのこと。

 筆者が大好きな作家・林真理子先生は、ご著書のあとがきで初対面で相手のどこかを必ず褒めると書かれていた記憶があります。褒める訓練は、しておいて損はないかもしれません。

謙虚な気持ちと感謝の心を持っていますか?

ささやかな贈り物がうれしい(写真:iStock)
ささやかな贈り物がうれしい (写真:iStock)

五十嵐先生 男性を立てる言動にもつながりますが、謙虚な気持ちと感謝の心を持ち合わせていない女性は、いずれ男性から「交際終了」のご連絡が来ます。

 初回でのお見合いは、大抵がホテルのラウンジ。コーヒー1杯でも高額です。しかも、男性が全額支払うのが暗黙の了解。お見合いでご成婚へ至るには、男性は女性の2倍ほどお金をかけているかもしれません。その事実を「当たり前」と受け止めて、お礼を言わない“ごっつぁん女”は、どの男性にも選ばれません。男性は、ご自身に見合ったお相手にしかペイしないからです。

 結婚相談所では、「真剣交際」に進む前の「仮交際」中、同時進行で複数のお相手とデートができます。「ごちそうさまでした」の一言すら伝えられない女性は、奢りがいがない。早々に足切りされてしまうのは当然なのです。

――では、謙虚な気持ちと感謝の心を持っている女性に共通点はありますか?

五十嵐先生 お見合い前に、「当日はなにかお返しを持っていったほうがいいですか?」と、質問してくる女性です。男性がお茶代をごちそうしてくれるとわかっているので、手土産を持参しようとします。

 男性は気に入ったお相手に対しては、格好をつけたくなるもの。会員女性の中には、ラウンジで「ケーキでもいかがですか?」と勧められたり、「僕もおなかが空いたので……」と、上階で天ぷらやお寿司をごちそうになる女性もいました。

 彼女たちのように、奢るに値する女性は短期間でご成婚できます。

 余談ですが筆者は本インタビュー後、五十嵐先生からお守りの“おみや”をいただきました。お守りを。そして、日本仲人協会で成婚退会した女性からは伊勢名物の「赤福」を。

 初対面なのに「会う前から自分のことを考えていてくれた」と、感動しました。値が張る品物ではなくてもいい“小さなおみや習慣”は、徹底したいと思いました。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...