まだ間に合う!40歳OVERで結婚願望が叶わない女性の共通点

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-03-16 12:13
投稿日:2021-03-16 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、日本仲人協会にて「2015~2019年 5年連続 成婚数全国1位」に表彰されたやり手の仲人、五十嵐まこ先生に「40歳オーバーで結婚願望が叶わない女性の共通点」について、全3回にわたって聞く最終回です。五十嵐先生は、“気軽に相談できる隣のお見合いお姉さん”ではありますが、入会者には「連続でダメ出しもします」とのこと。やや辛口のアドバイスもありますが、ご承知おきを。

男性を立てることができない女たち

「相手を尊重する気持ち」
「相手を尊重する気持ち」

――五十嵐先生は40歳オーバーで結婚願望が叶わない女性の共通点として、「柔軟性がない」の一言に尽きるとおっしゃっていました。前々回前回の項目以外に、共通点はあるのでしょうか。

五十嵐まこ先生(以下、五十嵐先生) 男性を立てることができない女性です。「自分はすごい」と思ってもらいたいがためにしがちな“マウンティング”は、男性に限りません。40歳をすぎてある程度仕事で経験を積んでいる女性も、ご自身の優位性を誇示してしまいがちなのです。

 女性会員の中には初回のお見合いで、お相手を“口撃”して帰ってしまうパターンもありました。“知識の披露とお互いの意見の否定合戦”になってしまったのでしょう。

――せっかくのお見合いの場で、そんな事態が起こり得るのですね。

五十嵐先生 今ご成婚できていない女性の大半は、ただしい「男性の立て方」を知らない、あるいはできないと言っても過言ではありません。

男性を褒めて伸ばせば幸せになれる

褒めて嫌な気になる人はいない(写真:iStock)
褒めて嫌な気になる人はいない (写真:iStock)

――具体的に「男性を立てる」ためにはどうすればいいのでしょうか。

五十嵐先生 第一に、お相手を褒めることです。一般的にはお仕事にかんする内容を褒めるといいとされていますが、趣味や一生懸命頑張っていること、思考の筋道など、探せば褒めるポイントはいくつも見つかるはずです。

 人によりプライドのありかは異なります。会話を重ねるしか見つける方法はありませんが、そこをいち早く察知することも、コミュニケーションスキルの一種なのです。

 また、人間としての関係が深まってきた場合は、頼ることも男性を立てるスキルとなります。たとえ自分でできる事柄でも、お相手を頼ってみるのです。これを面倒だと捉える女性が多いのも事実ですが。

――たしかに。ジェンダーレスで仕事を頑張っているのに、なぜプライベートでまで相手を気遣わないといけないの? と考える女性はいるかもしれません。

五十嵐先生 男性は褒められ頼られるとご自身の存在意義を感じ、自信を持つようになります。結果、「いい男」に成長するのです。

 男性を立てられれば、最終的にはご自身も幸せになれるということ。正直、女性のほうが地頭がいい方が多いからこそ、身につけていただきたいです。

 以前インタビューした男性は、「◯◯さん、お弁当いっぱい食べて、食欲旺盛ですごいですね!」と褒められただけで「1日中ハッピーでした」と語っていました。

 その場にいた女性スタッフ全員が、「かわいい! それだけでいいんですね」と伝えたところ、「多くの男性は、女性より脳のつくりがシンプルにできているんでしょうね」とのこと。

 筆者が大好きな作家・林真理子先生は、ご著書のあとがきで初対面で相手のどこかを必ず褒めると書かれていた記憶があります。褒める訓練は、しておいて損はないかもしれません。

謙虚な気持ちと感謝の心を持っていますか?

ささやかな贈り物がうれしい(写真:iStock)
ささやかな贈り物がうれしい (写真:iStock)

五十嵐先生 男性を立てる言動にもつながりますが、謙虚な気持ちと感謝の心を持ち合わせていない女性は、いずれ男性から「交際終了」のご連絡が来ます。

 初回でのお見合いは、大抵がホテルのラウンジ。コーヒー1杯でも高額です。しかも、男性が全額支払うのが暗黙の了解。お見合いでご成婚へ至るには、男性は女性の2倍ほどお金をかけているかもしれません。その事実を「当たり前」と受け止めて、お礼を言わない“ごっつぁん女”は、どの男性にも選ばれません。男性は、ご自身に見合ったお相手にしかペイしないからです。

 結婚相談所では、「真剣交際」に進む前の「仮交際」中、同時進行で複数のお相手とデートができます。「ごちそうさまでした」の一言すら伝えられない女性は、奢りがいがない。早々に足切りされてしまうのは当然なのです。

――では、謙虚な気持ちと感謝の心を持っている女性に共通点はありますか?

五十嵐先生 お見合い前に、「当日はなにかお返しを持っていったほうがいいですか?」と、質問してくる女性です。男性がお茶代をごちそうしてくれるとわかっているので、手土産を持参しようとします。

 男性は気に入ったお相手に対しては、格好をつけたくなるもの。会員女性の中には、ラウンジで「ケーキでもいかがですか?」と勧められたり、「僕もおなかが空いたので……」と、上階で天ぷらやお寿司をごちそうになる女性もいました。

 彼女たちのように、奢るに値する女性は短期間でご成婚できます。

 余談ですが筆者は本インタビュー後、五十嵐先生からお守りの“おみや”をいただきました。お守りを。そして、日本仲人協会で成婚退会した女性からは伊勢名物の「赤福」を。

 初対面なのに「会う前から自分のことを考えていてくれた」と、感動しました。値が張る品物ではなくてもいい“小さなおみや習慣”は、徹底したいと思いました。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ