“ギャップモテ”したい女子必見♡ 男性が惚れる7つのケース

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-04-30 06:00
投稿日:2021-04-30 06:00
 いつもキツい女性がふいに見せる笑顔や、強気な女性が弱音を吐く瞬間など、いわゆる“女性のギャップ”に弱い男性は多いです。世間では「ギャップモテ」なんて言いますよね。でも、実はこれ、心理学的にも一理あるのだとか。
 そこで今回は、ギャップを使って男性の心を惹きつける7つのタイプについてご紹介します。ぜひ今日から意識してみてくださいね♡

ギャップモテを心理学で説明すると「ゲインロス効果」

「ゲインロス効果」を恋愛に使っちゃおう♡(写真:iStock)
「ゲインロス効果」を恋愛に使っちゃおう♡ (写真:iStock)

 心理効果の一種である「ゲインロス効果」をご存知ですか? これは、最初に損失(マイナス状態)から始まると、その後にくる利益(プラス状態)がより大きく感じられる作用のこと。

 たとえば、普段、99%冷たい男性が、ふいに1%の優しさを見せた時、「本当は優しい人なんだ!」と、妙に感動してしまいませんか? 逆に、99%優しい男性が1%の冷たさを見せた時にも、同じように「本当は冷たい人なんだ!」と感じやすくなります。

 このように「意外性=ギャップ」は、その後にくる一面の効果をより強く感じるという作用があり、恋愛にも役立つテクニックなのです。

ギャップモテする女性♡ 7つのタイプ

横丁系飲み屋が大好き♡(写真:iStock)
横丁系飲み屋が大好き♡ (写真:iStock)

 それでは、実際にはどのようなギャップが恋愛に活用しやすいのでしょうか? 7つのタイプをみていきましょう!

1. バリキャリ女子が実はど天然女子だった

 ・普段バリバリ仕事をこなしている同僚。プライベートで飲み会に行った時、靴下を左右間違えて履いていて、しかも気づいておらず、天然な部分に萌えた。(32歳 営業)

 このパターンのように、意外な一面を見せてくれる女性はギャップモテします。しかもこの場合、天然というだけあって、自分のドジに気づいていない面も「可愛い」と思われたようですね。

2. ブランド品ばかり持っているのに大衆居酒屋が好き

 普段から、高いブランド品ばかり持っている彼女と初デートする時、高級レストランにいくことになると覚悟していたら「大衆居酒屋で飲みたい!」と言われ、一気に心を持っていかれた(30歳 自営業)

 確かに「高級レストランに行くのか」と身構えていた分、「なんて庶民的で可愛いんだ!」と、心を鷲掴みにされる気持ちがよくわかります。より自分と身近に感じる場面に、男性は弱いようですね。

3. 笑わない女上司が酔うと笑い上戸に

 普段、笑わない女上司と歓送迎会で飲んだ時、笑い上戸になって、隣できゃっきゃっと笑っている姿を見て「可愛いな」と思った。(37歳 IT関係)

 普段、無愛想な人がたまに見せる笑顔って本当に衝撃を受けますよね。普段笑わないのが上司であれば、なおさら壁ができてしまっているはず。きゃっきゃっと楽しそうに笑う姿に、きっと大きなギャップを感じたのでしょう。

夢に向かって猛勉強中(写真:iStock)
夢に向かって猛勉強中 (写真:iStock)

4. ふわふわしているのに裏で人並み以上の努力をしている

 将来のことを何も考えていなさそうな天然の女性が、建築家になりたいという夢を目指して実は猛勉強していることを知った。意外なギャップに恋しそうになった。(39歳 美容師)

 見た目がふわふわ天然っぽい女子って、ついつい何も考えていないのかな? という印象を持たれてしまいがち。それが、実は人知れず、人の何倍もの努力をしていると知ってしまった時、男性は一気に心を持っていかれるそう。意外な一面を見せるギャップのパワーはすごいですね!

5. チャラチャラしているのに礼儀作法が完璧

 普段ノリがよく、喋り方もチャラチャラしている女友達。知り合いのホームパーティーに一緒に行くことになったが、電車では降りる人を待ってから乗り、座り方も足を閉じて美しく、家に上がる時に靴を揃え、手土産を持ってきいるのを見て、「すごく礼儀正しいんだな」と、一気に好感度が上がった。(40歳 自動車関係)

 チャラチャラした印象からの礼儀正しい所作は、まさにプラスイメージが大きく感じられるパターンですよね。相手を見直すとともに、好感度が上がって一気に恋愛対象になるなんてこともあるかもしれません。

6. 年下なのに会話の話題が豊富

 10歳年下のバイトの後輩と休憩が一緒になって会話していた時、どんな話をしても知識があり、あまりの話題の豊富さに、「年下のお子様」という印象から一気に「尊敬できる存在」に変わった。(41歳 ミュージシャン)

 年上女性が好みの男性だと、「年下なんて眼中にない!」という考えの人も多いですよね。そんな場合でも、意外なギャップを見せることによって意識させることは十分できるようです。

7. 美人で高嶺の花なのにすごく気さく

 社内でも美人で高嶺の花として有名な女性が、俺が落とし物をした時に笑顔で拾ってくれて「私もおっちょこちょいでよく落としますよ」と、気さくに笑ってくれた。本気で好きになった。(34歳 会社員)

 このギャップモテは、マイナスからプラスというよりも、「美人」というプラス情報からさらに「気さく」という別ベクトルのプラス情報のギャップを感じたパターンですね。一目惚れしてしまうのも無理ありません。

意外な一面を武器にギャップモテを狙おう♡

あなただけの“ギャップ”は恋の武器になる(写真:iStock)
あなただけの“ギャップ”は恋の武器になる (写真:iStock)

 ご紹介したギャップ以外にも、家事をしなさそうな女性の家庭的な部分、クールな女性の甘えん坊な部分などもギャップモテします。さらに、外見では、普段パンツスタイルの女性のスカート、メガネからコンタクトに変えた瞬間なども、ギャップを感じますよね。

 ぜひ「あなただけのギャップ」を見つけて、恋の武器にしてみてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性に“彼女にしたくない”と思われる女性の特徴5つ&NG行動
 好きな人ができたら、その人の彼女になりたいと思うのは当然ですよね。でも、あなたが片思いをしている場合には、付き合うかど...
恋バナ調査隊 2021-05-16 06:23 ラブ
結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば...
山崎世美子 2021-05-15 06:00 ラブ
彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます...
恋バナ調査隊 2021-05-15 06:00 ラブ
私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ