“メガネ女子”ってモテるの? 男性が感じる5つの魅力&注意点

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-04-27 06:13
投稿日:2021-04-27 06:00
 “メガネ女子”というと、「真面目」「暗そう」といったネガティブなイメージを持つ人が多いでしょう。そのため、あえてメガネではなくコンタクトを使っている女性も多いはず! でも、今はモテるメガネ女子が急増中なんですよ。そこで今回は、男性が感じるメガネ女子の魅力や、注意点についてご紹介します。

メガネ女子がモテる♡ 男性が思うメガネ女子の5つの魅力

メガネ女子人気急上昇(写真:iStock)
メガネ女子人気急上昇 (写真:iStock)

 かつてメガネは視力が悪い人のアイテムでしたが、今ではその価値観は変わってきています。むしろ、メガネ女子に惹かれる男性も多くいるんだとか♡ では、男性はメガネ女子のどこに魅力を感じているのでしょうか?

1. 地味な印象

 男性は、メガネ女子の地味な印象に魅力を感じる人が多いです。「地味」というと、悪い意味で受け取る女性が多いですが、メガネ女子の地味さに惹かれる男性は、「控えめな女性」「守ってあげたい」と、プラスに捉えているんです。

 特に、派手な女性が苦手な男性にとって、メガネ女子は理想的な女性に映るはず。控えめな女性という印象から、親しみやすさを感じる男性も多いでしょう。 

2. 知的に見える

 メガネというと、子供の頃には「勉強ができそう」というイメージを持っている人も多いでしょう。このイメージは、大人になってからも変わることはありません。

 落ち着いて知的に見えるメガネ女子に、「話をしてみたい」「一緒にいたら癒されそう」と惹かれる男性は少なくありません。つまりは、どんなに美人でスタイルが良くても、中身のない女性には「惹かれない」というのが、男性の本音とも言えますね。

3. 普段とのギャップ

 メガネ女子を魅力的に感じている男性の中には、メガネをかけたり、外したりする姿に普段とのギャップを感じて惹かれる男性が多くいます。メガネをかけて真剣に仕事をしている姿から、ホッと一息ついてメガネを外した姿にドキッとしてしまう男性も多いでしょう。

4. ナチュラルさ

 女性の中には「仕事はメガネ、プライベートではコンタクト」と、使い分けをしている人がいますが、実は、そんな使い分けに魅力を感じている男性もいます。

 仕事中にいつもメガネをかけている女性が、プライベートで外している姿を見て、「メガネをしていない時は、あどけない顔をしているんだな」と、ナチュラルさに惹かれることも。彼女が自分だけに見せる、メガネを外した姿に特別感を感じている男性も少なくありません。

5. 大人っぽい色気

「メガネ」と「色気」の関係については、女性からするとあまりピンとこないかもしれませんね。でも、男性の中には、メガネで顔が部分的に隠れていることをミステリアスに感じ、色っぽさを感じる人も多くいます。また、メガネのズレを直したり、かけ直すしぐさに色気を感じる男性もいるでしょう。

ただ、かければいいわけじゃない! メガネ女子を目指す際の3つの注意点

似合うメガネはよく吟味して(写真:iStock)
似合うメガネはよく吟味して (写真:iStock)

 メガネ女子がモテると聞けば、単純に「私もメガネをかけよう」と思う人もいるかもしれませんね。しかし、単にメガネをかければモテるというわけではないんです。そこで、モテるメガネ女子になるために知っておきたい注意点をご紹介します。

1. 似合うメガネを選ぶ

 モテるメガネ女子を目指すためには、何よりもフレーム選びが重要。どんなに流行りのフレームでも、顔型や雰囲気に合っていなければ、「真面目な人」「目が悪い人」で終わってしまうでしょう。

 そうならないためには、女性らしい華奢なフレームでありながらも、自分に合ったメガネを選ぶことが大切! お店でいくつもフレームを試し、しっくりくるメガネを選びましょう。自分で選ぶのが難しい場合には、お店の人に相談しながら選ぶのがおすすめです。

2. 身だしなみに手を抜かない

 メガネ女子は、地味さが魅力の一つでもありますが、それは決して身だしなみに手をかけていないということではありません。

 実は、モテるメガネ女子はメイク、ファッション、ヘアスタイルにきちんと手をかけています。特に、アイメイクは重要。メガネをかけると目元に目がいきやすいため、控えめでありながらも、女性らしい華やかな目元を目指しましょう。

3. メガネを大切に扱う

 モテるメガネ女子を目指すのであれば、メガネのお手入れも欠かせません。

 メガネは、意外と汚れや傷などが目立つもの。せっかく素敵なメガネをかけていても、汚れや傷が目立てば「雑な女性なのかなぁ」と、印象が一気に下がってしまうでしょう。そうならないためには、普段からメガネを丁寧に扱うことが必須ですよ。

好印象を狙って♡ 魅力的なメガネ女子を目指そう

メガネでイメージチェンジ♡(写真:iStock)
メガネでイメージチェンジ♡ (写真:iStock)

 メガネ女子の魅力について、お伝えしてきました。一昔前、メガネは女性にとってマイナスだと捉えられることが多かったですが、今ではメガネをかけていることで好印象を持たれることも増えています。

 今まで、コンタクトにこだわっていた人も、メガネをかけたことがない人も、この機会にメガネの魅力を取り入れてみませんか? きっと、新たな魅力がプラスされるはずですよ♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
美人の結婚が遅い3つの理由、男性の切ない本音を紐解くと…
 女性から羨ましがられる美人は、結婚も早いだろうと誰もが思いますよね。でも、実際に周囲を見回してみると、見た目は平均点の...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
「性欲強めになったのは…」今カレにはナイショ!元カレの影響6選
「好きな人の口癖がうつっちゃった」なんて経験がある女性は、多いのではないでしょうか?  人は好意を持っている相手や長く...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
男「日曜会えない?」独女「100人の部下が動いてて」残念あるあるLINE
 40代になっても独身を貫く人には、いくつかの共通点があります。  男性としては、独女特有の共通点を察知した途端、...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ