強力すぎる!?恋愛が成就するおまじない6選&成功するコツ♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-26 06:00
投稿日:2021-05-26 06:00
 好きな彼に告白したいけれど勇気はない……と悩んでいる人は多いはず。そんな時は、おまじないのパワーを信じてみるのも良いかもしれません。
 世の中には、科学では証明できないような不思議な現象がたくさんあります。今回は、そんな神秘的な力を使ったおまじないを6つご紹介します。ぜひ、あなた自身でその効果を体験してみてくださいね♡

彼と両思いになれる! 恋愛のおまじない6選♡

 それではさっそく、恋愛のおまじないをご紹介します。ピンときたものから、試してみてくださいね。

1. 「香水」を使ったおまじない

“恋を呼ぶハーブ”「バーベナの香水」を使ったおまじない(写真:iStock)
“恋を呼ぶハーブ”「バーベナの香水」を使ったおまじない (写真:iStock)

 好きな人と会う日に、「バーベナ」の香水をつけていくおまじないです。バーベナは、昔から魔術や呪術に使われてきたハーブ。赤や白のハート型の花びらが印象的で、柑橘を連想させる香りが特徴的です。魔女が恋の媚薬に入れて使ったという言い伝えもあり、別名、“恋を呼ぶハーブ”とも呼ばれています。

 バーベナの花言葉は、「魔力」「魅力」。彼の近くで、ふんわりバーベナの香りを漂わせれば、彼の心があなたに動いてくれるかもしれません。

2. 「薬指のリングネイル」のおまじない

 結婚指輪をはめる左手の薬指にリングネイルをすると、恋愛運がアップするというおまじないです。リングネイルとは、爪にリングをしているようなデザインのネイルアートのこと。

 彼から指輪をはめてもらう映像を強くイメージしながら、爪の真ん中に好みの色で真横にラインを描き、ラインの真ん中にストーンをのせます。爪を見るたびに彼との素敵な未来を思い浮かべれば、その通りの現実になっていくそうですよ♪

3. 「枕に念じる」おまじない

枕にお願い(写真:iStock)
枕にお願い (写真:iStock)

 毎晩、寝る前に、自分の枕に指で彼のフルネームを書きましょう。その時に、「◯◯くんのことが好きです。告白されますように!」と、強く念じます。そのまま、その枕を使って寝ることで彼の気持ちが徐々にあなたに傾く……というおまじないです。

 毎晩、強く念じるだけでも、ポジティブな現実を引き寄せてくれそうですね。

4. 「月のパワー」を使ったおまじない

 新月には、物事を前進させるパワーがあると言われています。そこで、新月になってから3時間を過ぎたタイミングで白い紙とピンク色のペンを準備し、彼とどうなりたいかなど願い事を強く念じながら、「◯◯できた」というように、完了系で書き込んでいきます。

 書き込んだ紙を人に見られない場所に保管すれば、おまじないは完了です。余裕があれば、その際にローズヒップティーを飲みながら書き込んでいくと、より効果アップが望めます。

5. 「彼の名前を書く」おまじない

 彼の名前を何回も書いて、強くイメージするおまじないもあります。何でも良いので、紙に彼の名前を50回書いてから、封筒に入れましょう。封筒は、誰にも見られない場所に隠します。これを1週間続けてください。すると、なんと彼から告白されるそう!

 告白されたら、溜まった紙と封筒は燃やします。彼を想いながら書くほど、効果は高くなります。

6. 赤い糸を使ったおまじない

“運命の赤い糸”を使って♡(写真:iStock)
“運命の赤い糸”を使って♡ (写真:iStock)

 “運命の赤い糸”は、結婚や縁結びの神である「月老(ユエラオ)」が司っていると言い伝えられていますが、そんな赤い糸を左手の小指にくくりつけるというおまじないがあります。

 糸をつけたら、彼を想いながら「この糸の先にいるのは◯◯(名前)」と声に出して唱えましょう。3日後、「この糸は、彼のところへ向かう」と声に出して言い、ベランダから空に赤い糸を投げます。言霊の力と縁結びの神の力を借りて、彼のハートを射止めてくださいね。

なかなか叶わない人に…おまじないを成功させるコツ♡

信じる気持ちが一番大事(写真:iStock)
信じる気持ちが一番大事 (写真:iStock)

 おまじないは、すぐに叶う人となかなか叶わない人がいますよね。実は、おまじないをする際には、ぜひ意識してほしい2つのコツがあるのです。

完全に信じ切る

 どんなに効果の強いおまじないでも、おまじないをかける本人が「本当に叶うの?」と疑っていたら、本来のパワーを発揮することができないと言われます。

 完全に疑いの心をなくして、「このおまじないは必ず効く!」と確信しながら行うことが、おまじないを成功させる一番のコツと言えるでしょう。

継続して行う

 おまじないといっても、効果が出る前にやめてしまったのでは意味がありません。成功させるコツは、叶うまで継続して行うこと。実は、おまじないによって願いが叶うまでには、少しのタイムラグが生じるそう。

 毎日続けることで自分自身の意識も変わっていき、望む現実を引き寄せられるようになるのです。ぜひ、途中で諦めずに恋を叶えてくださいね。

恋愛に効くおまじないで運命の彼を引き寄せて♡

理想の現実を引き寄せよう(写真:iStock)
理想の現実を引き寄せよう (写真:iStock)

 おまじないを試してみたいものの、正直なかなか信じられない人もいるかもしれません。でも実は、「現実」は、“過去の自分がイメージしたものが映し出されているだけ”とも言われます。おまじないという手段を使って、あなたの潜在意識に彼との未来を強くインプットするだけでも、現実は変わっていくものなのかもしれません。

 ぜひ、おまじないを使って、理想の現実を強力に呼び寄せてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「ヤリモク男」を見分ける5つの方法 狙われる女性の特徴は?
 好きなタイプの男性からアプローチされたら、すぐにOKしてしまう女性もいるでしょう。でも、どんなにタイプでも、相手をしっ...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
「ダサい彼氏」改造計画!諦める前に一緒に取り組む5つの策
 彼氏のことは好きだけど、「なんかダサい……」と感じている女性は少なくないようです。しかし、実際はというと、ダサいと思い...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
彼氏の家にお泊まりしてドン引き!「歯磨きしたことないよ」
 大好きな彼氏とのはじめてのお泊まりデート。ドキドキワクワクしながら家に向かってみたら、彼氏の素顔や知られざる真実にドン...
恋バナ調査隊 2022-06-26 06:00 ラブ