【原宿編】結婚できるか不安になり…占いコンにすがってみた

高輪らいあん 街コンライター
更新日:2019-06-14 18:13
投稿日:2019-05-29 06:00
 もたもたしてる間に、幼なじみは結婚して子育てするなど教科書のような人生を歩み始めた――。アラサーに突入して焦燥感が高まり、体当たりで恋人探しをスタートさせた。もちろん、マッチングアプリは試したけれど、付き合ったと思ったら連絡つかなくなるなど様々な恐怖体験を経験し、アプリ恐怖症になってしまった。素性の知れないオトコとやりとりするのって不気味だわ。そんな私がポチったのは街コンサイトだった。

猫の手も借りたい婚活

甘いモノ食べて帰ろう(写真:iStock)
甘いモノ食べて帰ろう (写真:iStock)

 どーも! らいあんです。前回、「年上の女と話したくない」発言を受け、深く傷つき、年下男恐怖症になった哀れなアラサー女です。今回は気分転換を兼ね、傷を癒やすべく、占いコンで自分の未来を占ってみようかな~てな感じです。はぁ、癒やされたい。

  ◇  ◇  ◇

 原宿から徒歩5分の雑居ビル。築40年は経過してそうでなんだか怪しい雰囲気。このビルの8階に占い会社が入っているそう。こんなとこに一体どんな男女が集まるんだろう……と不安になりつつも勇気を振り絞る。

 ドアを開くと金髪のお兄さんが笑顔で出迎えてくれた(めっちゃ怪しい)。

 まず入り口で、本日の占い師を選ぶらしい。女性2名のチラシが置いてあり、紹介文と顔写真を見てどちらかを選択する。どちらの先生も、スピリチュアルな占い師で守護霊の言っていることが分かるのだとか。現世で生きる私に、守護霊からのアドバイスを代弁としてくれるのだ。両方とも美人でステキ。髪型はショートヘアとロングヘアだったので、なんとなくショートカットで明るい雰囲気の先生を選んだ。本来30分5000円のところ、特別価格10分500円で占ってくれるという(時間は3/1、価格は10/1!!)

 占いフロアは清潔でフラットな空間にテーブルが2台並んでいた。男性が7人、女性が1人。なんで男性が多いのかさっぱり分からないが(男の人って占い信じないイメージ)、これで全員集合らしい。

 占い師のいる別室には1人ずつ呼ばれるのでそれまでコーヒーやお茶を飲みながら談笑する。完全に大人のカルチャースクールといったほんわか雰囲気。男性は30代~40代が多く、「こういう占いは初めて」と言って緊張している様子。料理や映画の話など、文化的な会話をして盛り上がった。

守護霊ってなに?

先生、泣いてもいいですか?(写真:iStock)
先生、泣いてもいいですか? (写真:iStock)

 順番が回ってきた。守護霊をみてもらうのは私も初めて。どういう顔をすればいいか分からなくて、つい真顔に……。

先生「よろしくお願いします。守護霊みていきますね」

私「あ、あの守護霊という概念があまりよく分かっていないのですが、なくなったご先祖様といった認識でいいんでしょうか?」

先生「いえ、もっと広い意味で、直近のご先祖様ではなく、ソウルメイトといったイメージですね。お客様の場合は武将の格好されてます」

私「へ、へぇ~。戦国時代とかかな? 結構さかのぼるんですね」

 先生は守護霊が言っていることに意識を集中させている。長い沈黙……。

 なんだか怖い!
 日頃の愚行を見透かされてる気持ちになり変な汗出てきた。

私「なんか言ってます?」

先生「う、うーん……。なんでしょうか」

私「……。」

先生「そうですね……。『焦るな』っておっしゃってます。なんか焦ってますか?」

私「はい、焦ってますね」

 焦りしかないわ。いま焦んないで、いつ焦るんだ? って感じですわ。というか、そのコメントは最近どっかでいわれたことある。

 そうだ、こないだ法事で久しぶりに会った親戚の叔父さんに言われたんだ。5つ上の姉と間違えられて、会った瞬間「結婚おめでとうございます」と言われたやつ。

「あ、してないです。妹です」と即座に訂正すると、「いや、焦んないほうがいいです。本当に」って。

 耳を塞ぎたくなるやり取りだったため、掘り下げて会話をしなかったけれど、あれはどういう意味だったのだろうか。

 からの~~~、

 守護霊にも重ねてコメントいただきましたけど、私はどうすればいいのでしょうか。結婚はおろか、相手もいないんだよぅ~! 焦るだろう。27にもなって、紹介出来る男が一人もいないなんて、親が心配するわ。

先生「何を焦ってるんですか?」

私「全てに焦ってますね。結婚はできるかどうか分からないし、若さや健康が失われることも。全てが不安です」

先生「大丈夫ですよ。焦らないで、いままであった理不尽なことが全てプラスになりますから。将来のことも、健康に関しては過去に崩されたことがあるからそう思うのかもしれませんが、ご自身が思ってるよりも大丈夫ですよ」

 大丈夫ですよ――。

 よく分かんないけど、いま一番言って欲しかった言葉をもらえた気がする。占いってお金払って言葉を買いに行くものなのかな? それで現状をしのいで前に進めるなら、安いもんなのかもしれない。

……泣いてもいいですか?

あっという間に終了

もうちょっと頑張ってみようかな(写真:iStock)
もうちょっと頑張ってみようかな (写真:iStock)

 スピリチュアル占いは10分間だったのであっという間に終了。

 席に戻って、参加者の人たちと情報を共有する。上司と衝突しがちだという男性Aは「戦うのをやめろ」と諭され、甘えん坊そうな男性Bは「もっと周りを見るように」と助言されたそうで顔を赤くしていた。

 私は具体的な対策、何も言われなかったな。不安がよぎったものの、先生に笑顔で「大丈夫」と背中を押された以上、もうなにも聞けねぇ。

 満身創痍の婚活。挫折しそうだったけど、街コンという荒野でもうちょっと頑張ってみようかな。

イライラ度★☆☆☆☆

(次の街へつづく)

高輪らいあん
記事一覧
街コンライター
港区高輪生まれの“陰キャ”独女27歳。都内の花屋で勤務している。プライベートでは黒髪、色白、そしてモヤシのような華奢な身体というモテ要素?を装備し、恋人を作るべく街コンで奮闘する日々。いかんせん顔がマヌケで人の気持ちを逆なでする声のため、他人からは「やる気がない」と思われがちで、男女問わず罵倒されることも……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ