【原宿編】結婚できるか不安になり…占いコンにすがってみた

高輪らいあん 街コンライター
更新日:2019-06-14 18:13
投稿日:2019-05-29 06:00
 もたもたしてる間に、幼なじみは結婚して子育てするなど教科書のような人生を歩み始めた――。アラサーに突入して焦燥感が高まり、体当たりで恋人探しをスタートさせた。もちろん、マッチングアプリは試したけれど、付き合ったと思ったら連絡つかなくなるなど様々な恐怖体験を経験し、アプリ恐怖症になってしまった。素性の知れないオトコとやりとりするのって不気味だわ。そんな私がポチったのは街コンサイトだった。

猫の手も借りたい婚活

甘いモノ食べて帰ろう(写真:iStock)
甘いモノ食べて帰ろう (写真:iStock)

 どーも! らいあんです。前回、「年上の女と話したくない」発言を受け、深く傷つき、年下男恐怖症になった哀れなアラサー女です。今回は気分転換を兼ね、傷を癒やすべく、占いコンで自分の未来を占ってみようかな~てな感じです。はぁ、癒やされたい。

  ◇  ◇  ◇

 原宿から徒歩5分の雑居ビル。築40年は経過してそうでなんだか怪しい雰囲気。このビルの8階に占い会社が入っているそう。こんなとこに一体どんな男女が集まるんだろう……と不安になりつつも勇気を振り絞る。

 ドアを開くと金髪のお兄さんが笑顔で出迎えてくれた(めっちゃ怪しい)。

 まず入り口で、本日の占い師を選ぶらしい。女性2名のチラシが置いてあり、紹介文と顔写真を見てどちらかを選択する。どちらの先生も、スピリチュアルな占い師で守護霊の言っていることが分かるのだとか。現世で生きる私に、守護霊からのアドバイスを代弁としてくれるのだ。両方とも美人でステキ。髪型はショートヘアとロングヘアだったので、なんとなくショートカットで明るい雰囲気の先生を選んだ。本来30分5000円のところ、特別価格10分500円で占ってくれるという(時間は3/1、価格は10/1!!)

 占いフロアは清潔でフラットな空間にテーブルが2台並んでいた。男性が7人、女性が1人。なんで男性が多いのかさっぱり分からないが(男の人って占い信じないイメージ)、これで全員集合らしい。

 占い師のいる別室には1人ずつ呼ばれるのでそれまでコーヒーやお茶を飲みながら談笑する。完全に大人のカルチャースクールといったほんわか雰囲気。男性は30代~40代が多く、「こういう占いは初めて」と言って緊張している様子。料理や映画の話など、文化的な会話をして盛り上がった。

守護霊ってなに?

先生、泣いてもいいですか?(写真:iStock)
先生、泣いてもいいですか? (写真:iStock)

 順番が回ってきた。守護霊をみてもらうのは私も初めて。どういう顔をすればいいか分からなくて、つい真顔に……。

先生「よろしくお願いします。守護霊みていきますね」

私「あ、あの守護霊という概念があまりよく分かっていないのですが、なくなったご先祖様といった認識でいいんでしょうか?」

先生「いえ、もっと広い意味で、直近のご先祖様ではなく、ソウルメイトといったイメージですね。お客様の場合は武将の格好されてます」

私「へ、へぇ~。戦国時代とかかな? 結構さかのぼるんですね」

 先生は守護霊が言っていることに意識を集中させている。長い沈黙……。

 なんだか怖い!
 日頃の愚行を見透かされてる気持ちになり変な汗出てきた。

私「なんか言ってます?」

先生「う、うーん……。なんでしょうか」

私「……。」

先生「そうですね……。『焦るな』っておっしゃってます。なんか焦ってますか?」

私「はい、焦ってますね」

 焦りしかないわ。いま焦んないで、いつ焦るんだ? って感じですわ。というか、そのコメントは最近どっかでいわれたことある。

 そうだ、こないだ法事で久しぶりに会った親戚の叔父さんに言われたんだ。5つ上の姉と間違えられて、会った瞬間「結婚おめでとうございます」と言われたやつ。

「あ、してないです。妹です」と即座に訂正すると、「いや、焦んないほうがいいです。本当に」って。

 耳を塞ぎたくなるやり取りだったため、掘り下げて会話をしなかったけれど、あれはどういう意味だったのだろうか。

 からの~~~、

 守護霊にも重ねてコメントいただきましたけど、私はどうすればいいのでしょうか。結婚はおろか、相手もいないんだよぅ~! 焦るだろう。27にもなって、紹介出来る男が一人もいないなんて、親が心配するわ。

先生「何を焦ってるんですか?」

私「全てに焦ってますね。結婚はできるかどうか分からないし、若さや健康が失われることも。全てが不安です」

先生「大丈夫ですよ。焦らないで、いままであった理不尽なことが全てプラスになりますから。将来のことも、健康に関しては過去に崩されたことがあるからそう思うのかもしれませんが、ご自身が思ってるよりも大丈夫ですよ」

 大丈夫ですよ――。

 よく分かんないけど、いま一番言って欲しかった言葉をもらえた気がする。占いってお金払って言葉を買いに行くものなのかな? それで現状をしのいで前に進めるなら、安いもんなのかもしれない。

……泣いてもいいですか?

あっという間に終了

もうちょっと頑張ってみようかな(写真:iStock)
もうちょっと頑張ってみようかな (写真:iStock)

 スピリチュアル占いは10分間だったのであっという間に終了。

 席に戻って、参加者の人たちと情報を共有する。上司と衝突しがちだという男性Aは「戦うのをやめろ」と諭され、甘えん坊そうな男性Bは「もっと周りを見るように」と助言されたそうで顔を赤くしていた。

 私は具体的な対策、何も言われなかったな。不安がよぎったものの、先生に笑顔で「大丈夫」と背中を押された以上、もうなにも聞けねぇ。

 満身創痍の婚活。挫折しそうだったけど、街コンという荒野でもうちょっと頑張ってみようかな。

イライラ度★☆☆☆☆

(次の街へつづく)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ
出会いはナンパ!他とは比較にならないほどカラダの相性が…
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-12 06:14 ラブ
喧嘩別れするカップルの5つの特徴! 後悔しないためには?
 恋人ができた時、誰も別れることなんて考えないでしょう。しかし、交際を続けていると思いがけないことで喧嘩になり、別れてし...
恋バナ調査隊 2021-01-12 06:00 ラブ
付き合ったらヤバい男性が送るLINEの特徴&見抜く方法
 世の中には、かっこいい顔をしていながらも、浮気男やマザコン、サイコパス男、ストーカーなど、中身がヤバい男性が存在します...
恋バナ調査隊 2021-01-11 06:00 ラブ
友人の“恋愛アドバイス”はどこまで聞く? 困った時の考え方
 アドバイスと言う名のダメ出しを食らったことってありませんか? 正しいことを言われているし、欠点は直すべきなんだろうけど...
七味さや 2021-01-11 06:00 ラブ
尽くされる女性の8つの特徴&彼氏にもっと愛される方法♡
 女性の中には、「男性に尽くす女性」と「男性から尽くされる女性」がいます。尽くし続ける恋愛に疲れてしまう女性もいる一方、...
恋バナ調査隊 2021-01-10 06:00 ラブ
頑張りすぎないで…絶対的に愛される“程よい手抜き”のススメ
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。愛されたい、大事にされたいという思いが強ければ強いほど頑張ってしまうものです...
山崎世美子 2021-01-09 06:00 ラブ
幸せだったのに…わずか結婚1年で妻に出て行かれた夫の困惑
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-01-09 06:00 ラブ
離婚の裏に2つのエピソード…結婚1年で軌道修正した妻の激白
「冷酷と激情のあいだvol.28〜男性編〜」では、わずか結婚1年で、年上妻から離婚された男性・Hさんの困惑をご紹介しまし...
並木まき 2021-01-09 06:06 ラブ
もしかして好きかも?男性が恋の始まりを予感する9つの瞬間
 男性が恋の始まりを予感する瞬間には、さまざまなパターンが存在します。そこで今回は、男性が恋の始まりを感じる8つの瞬間を...
恋バナ調査隊 2021-01-09 06:00 ラブ
“枯れ専女子”の4つの特徴&年上男性にハマってしまう理由♡
 最近、よく耳にする「枯れ専女子」。聞いたことはあるけど、実際にどんな女性のことを指すのか、イメージが湧かない人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-08 06:00 ラブ