実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-10 06:01
投稿日:2021-05-10 06:00
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし、デートのたびにドキドキしていては疲れてしまいますし、刺激があっても安心感がなければ交際は長続きしません。そこで今回は、ドキドキしない恋愛の魅力や、ドキドキしない相手を恋愛対象として見るべきか、見極めるポイントをご紹介します。

ドキドキしない恋愛の5つの魅力

ドキドキよりのーんびり(写真:iStock)
ドキドキよりのーんびり (写真:iStock)

 恋愛に刺激を求める人は、「ドキドキ感のない相手との恋愛なんて考えられない!」と、興味を持てないかもしれませんね。でも、ドキドキしない恋愛だからこそ、得られる魅力があるんですよ。

1. 癒しや安心感がある

 思い焦がれた相手と交際できれば、誰だってドキドキするものです。しかし、ドキドキ感は、意外と疲れるもの。帰宅後に緊張がほぐれ、「楽しかったけど、疲れたな」と思った経験がある人も多いでしょう。

 その点、ドキドキしない恋愛であれば、疲れることはありません。どんな時も緊張することがなく、リラックスした時間を過ごすことができます。安心感が得られるため、彼との時間が癒しとなるでしょう。

2. 無理や我慢の必要がない

 大好きな男性と付き合うことになれば、嬉しい反面、「彼に釣り合うような女性にならないと……」「嫌われないように頑張らないと!」と、プレッシャーを感じてしまう人もいるでしょう。

 でも、ドキドキしない恋愛の場合には背伸びをする必要もなく、そのままの自分でいることができます。等身大の自分を好きでいてくれる相手は、とても頼もしい存在となるでしょう。

3. 飽きやマンネリがない

 恋愛初期のドキドキは、いつまでも続くわけではありません。一緒にいる時間が長くなれば自然と慣れが生じて、ドキドキしなくなるもの。そして、飽きやマンネリ化を感じることになります。

 その点、最初からドキドキがない恋愛は、飽きることもマンネリ化を感じることもありません。交際当初から気持ちが安定しているわけですから、一緒にいる時間が長くなったからといって「飽きてきたな」と、感じることは少ないでしょう。

4. 実は相性抜群の相手

 ドキドキしないのに一緒にいて「楽しい」「また会いたい」と思える相手というのは、実は相性が良い証拠。そんな相性抜群の相手と良い関係が築けるのは、当然のことです。

 最初こそ「これって好きなんだろうか?」と、戸惑うこともあるかもしれませんが、むしろドキドキしない彼だからこそ、運命の相手であるかもしれません。

5. 交際が長続きしやすい

 ドキドキ感のある恋愛は、意外と熱しやすく冷めやすいです。お互いの気持ちが落ち着いてきたころに、別れを迎えるケースが少なくありません。

 その点、ドキドキしない恋愛は物足りなさを感じるかもしれませんが、お互いに無理も我慢もせずにいられるため、居心地の良い関係を作れます。喧嘩も少なく、不満を持つこともありませんから、別れにもつながりにくいのです。

ドキドキしない相手を恋愛対象か見極める3つのポイント

ドキドキしないけど手を繋げる?(写真:iStock)
ドキドキしないけど手を繋げる? (写真:iStock)

 ドキドキしない恋愛には魅力があると聞くと、「じゃあ、アプローチしてくれている男性なら誰でもOKだろう」と思う人もいるかもしれません。しかし、ドキドキしないからといって、相手は誰でも良いわけではありませんよ。

1. 一緒にいて楽しいかどうか

 恋人として一緒に時間を過ごすうえで大切なのは、一緒にいて楽しいかどうか。どんなに顔がタイプで経済力がある男性でも、一緒にいて「つまらない」と思うのであれば、いつか限界がきてしまいます。

 逆を言えば、自分のタイプでなかったとしても、「彼といると楽しいな」と思える相手こそが、相性の良い相手だといえるでしょう。

2. 自分らしくいられるか

 彼と一緒にいる時に、素の自分を出せるかどうかは見極めポイントのひとつ。好きな人と交際することができても、相手に合わせてばかりでは続きません。もちろん、彼に愛されるための努力は必要ですが、いつも我慢や無理をしていては疲れてしまいます。

 素のままでいる自分を認めて愛してくれる彼であれば、安心感のある落ち着いた恋愛を楽しむことができるでしょう。

3. スキンシップできるか

 ドキドキしない恋愛というと、「好きじゃない男性と付き合うこと」だと勘違いしている人もいるかもしれません。

 しかし、ドキドキしない恋愛とは、あくまでもドキドキ感がないだけで、愛情がないというわけではありません。それを確かめるためには、彼とスキンシップできるかどうかが鍵となります。手をつなげるか、キスをできるか、と考えていくことで、恋愛対象になるかどうかが判断できるでしょう。

ドキドキしない相手こそ運命の相手かも♡

もしかしたら運命の相手かも(写真:iStock)
もしかしたら運命の相手かも (写真:iStock)

 女性の多くは、ドラマや映画のようなドキドキする恋愛を思い描いている人が多いでしょう。確かに、そんな恋愛は刺激があって楽しいですよね。しかし、実際のところ、一緒にいて安心できる人、居心地の良い人との恋愛の方が長続きするもの。今は恋愛対象外だと思っている気の合う男友達こそが、実はあなたの運命の相手かもしれませんよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...