アラフォー妻の告白 「既婚者合コン」で夫以外の男性に… #1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-05-28 12:16
投稿日:2021-05-28 06:00
 男女ともに「個人を尊重した、自由な生き方」が叫ばれる昨今、出会いの場にも「多様性」が浸透しています。その一つが、既婚者合コン。配偶者やパートナーを持つ一方で、仕事や家庭とは別の交友関係を作り、気が合えばさらにその先も……という男女が少なくないのです。

 今回、取材に応じてくれたのはウォーキング講師の人妻・I子さん(42歳・子供なし)。モデルと言ってもいいほど長身スリムなロングヘアのクールビューティで、見事な美脚。しかも、講師をしているせいでトークのスキルはもちろん、笑顔もチャーミングな女性です。

 禁断の「既婚者合コン」の詳細を語ってくださり、その内容は、官能作家である筆者の「人妻合コン・不倫の夜」という小説にも反映させてもらいました。今回は、既婚者合コンの実態をご紹介したいと思います。

40過ぎると気になる「女の賞味期限」

私はこのまま枯れていくの?(写真:iStock)
私はこのまま枯れていくの? (写真:iStock)

――既婚者合コンに参加された経緯をお聞かせください。

「友人の誘いです。飲み友達の既婚女性と呑みに行った際、酔いの勢いで、私が『ここ一年、夫とはレスで、子供もいないし、この先作る予定もない。このまま枯れていくなんて女として悲しい……』と、つい悩みを吐露したんですね。すると、友人が『既婚者限定の合コンに行かない? 私、常連なの』と誘ってくれて……。

 それまで、既婚者合コンという存在は知らなかったのですが、あとで検索すると、けっこうあることを知りました。

 その知人女性は私より一つ年上の43歳の専業主婦です。ご主人が単身赴任で、小学生の娘さんが一人。昔からお酒が好きで、一人でバーに行くこともしばしばあるという、「ザ・自由人」というタイプです。

 同居するお母様に娘さんの世話を頼み、『大学時代の知人と呑んでくる』という理由で、あちこちで開催される既婚者合コンに参加しているようです」

――なるほど、既婚者合コンの常連女性がきっかけですか?

「はい、四十歳を過ぎると、多くの女性が『若さには勝てない』『トキめきが欲しい』『そもそも、自分は女としてどう見られているんだろう』と、誰もが一度は考えると思うのですが、彼女も私と同じように『女の賞味期限』的なものを感じたと言っていました」

会場から一斉に視線が

イタリアンレストランを貸し切って…(写真:iStock)
イタリアンレストランを貸し切って… (写真:iStock)

――続けてください。

「初参加の合コンは、赤坂のイタリアンレストランを貸し切って男女15名ずつのパーティでした。合コンの種類はいくつかあり、例えば、『三十代の男女のパーティ』『五十代以上限定のシニアパーティ』などの年代別なものから、『オトナ女子好きな年下男性募集』『男性の年収が2000万円以上で、プラチナカード保持者のハイクラスパーティ』など、細分化されています。

 会費も合コンによって違いますね。私たちは『男女ともに四十代以上のパーティ』に行きました」

――どのような感じで催されるのですか?

「まずは受付でネームプレートを渡されます。私は苗字は伏せて『I子・42歳』と書きました。料理はビュッフェ式でお酒も飲み放題。2時間半で5000円です。

 会場に入ったとたん、驚きました。すでに会場入りしていた男女の視線がいっせいに突き刺さったんです。値踏みされている――否応なくそう思いました。

 知人女性には、あらかじめ「I子さんは綺麗だから大丈夫だと思うけど、いつも以上にお洒落してきたほうがいいコトあるわよ』と、意味深なアドバイスを受けたので、ボディラインがはっきり出る淡いピンクのワンピースとハイヒール、ヘアも美容院でセットしてもらいました(笑)。

 知人女性は慣れたもので、一人の男性に向かって「あらあ、この前もお会いしましたよね」なんて、気軽に駆け寄っていきましたよ」

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ゾッコンした女は恋愛上級系?それなら…交際戸惑う48歳バツ1男の胸の内
「冷酷と激情のあいだvol.200〜女性編〜」では、たまたま入ったバーで出会った男性と友達以上恋人未満の関係が続き、40...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
40代、昔なら“無い男”と告白前旅行はアリ?恋の始め方を見失う45歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
人気の電話占い師は20年前からお見通し 新しい彼氏が最速でできる方法
 恋をすると占い師に頼る女性がかなり多いのではないかと思います。特に梅雨時は、気持ちもじめっとしてしまうのか、思い悩んで...
内藤みか 2024-06-20 06:00 ラブ
略奪婚その後の幸せは確約されていない? 4人の女が直面したリアルな現実
 不倫の末に掴む幸せは、果たして長く続くのでしょうか?  今回は“略奪婚のその後”に迫ります。現在不倫中で、相手と...
恋バナ調査隊 2024-06-19 06:00 ラブ
【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ
50歳独女の初体験未遂は突然始まった。オタのオフ会で男を物色したら…
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。あなたは大好きな人に「うちに泊まっていく?」って誘われた...
mirae.(みれ) 2024-06-17 06:00 ラブ
「俺って特別な存在?」まで聞いといて言わんのかーい! 告らせたい男と女の攻防戦はLINEでも
 好きな男性には、自分から告白するより告白されたいですよね。いい雰囲気になってきたら「今言って!」と、告白を引き出したく...
恋バナ調査隊 2024-06-16 06:00 ラブ
成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ