アラフォー妻の告白 「既婚者合コン」で夫以外の男性に… #1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-05-28 12:16
投稿日:2021-05-28 06:00
 男女ともに「個人を尊重した、自由な生き方」が叫ばれる昨今、出会いの場にも「多様性」が浸透しています。その一つが、既婚者合コン。配偶者やパートナーを持つ一方で、仕事や家庭とは別の交友関係を作り、気が合えばさらにその先も……という男女が少なくないのです。

 今回、取材に応じてくれたのはウォーキング講師の人妻・I子さん(42歳・子供なし)。モデルと言ってもいいほど長身スリムなロングヘアのクールビューティで、見事な美脚。しかも、講師をしているせいでトークのスキルはもちろん、笑顔もチャーミングな女性です。

 禁断の「既婚者合コン」の詳細を語ってくださり、その内容は、官能作家である筆者の「人妻合コン・不倫の夜」という小説にも反映させてもらいました。今回は、既婚者合コンの実態をご紹介したいと思います。

40過ぎると気になる「女の賞味期限」

私はこのまま枯れていくの?(写真:iStock)
私はこのまま枯れていくの? (写真:iStock)

――既婚者合コンに参加された経緯をお聞かせください。

「友人の誘いです。飲み友達の既婚女性と呑みに行った際、酔いの勢いで、私が『ここ一年、夫とはレスで、子供もいないし、この先作る予定もない。このまま枯れていくなんて女として悲しい……』と、つい悩みを吐露したんですね。すると、友人が『既婚者限定の合コンに行かない? 私、常連なの』と誘ってくれて……。

 それまで、既婚者合コンという存在は知らなかったのですが、あとで検索すると、けっこうあることを知りました。

 その知人女性は私より一つ年上の43歳の専業主婦です。ご主人が単身赴任で、小学生の娘さんが一人。昔からお酒が好きで、一人でバーに行くこともしばしばあるという、「ザ・自由人」というタイプです。

 同居するお母様に娘さんの世話を頼み、『大学時代の知人と呑んでくる』という理由で、あちこちで開催される既婚者合コンに参加しているようです」

――なるほど、既婚者合コンの常連女性がきっかけですか?

「はい、四十歳を過ぎると、多くの女性が『若さには勝てない』『トキめきが欲しい』『そもそも、自分は女としてどう見られているんだろう』と、誰もが一度は考えると思うのですが、彼女も私と同じように『女の賞味期限』的なものを感じたと言っていました」

会場から一斉に視線が

イタリアンレストランを貸し切って…(写真:iStock)
イタリアンレストランを貸し切って… (写真:iStock)

――続けてください。

「初参加の合コンは、赤坂のイタリアンレストランを貸し切って男女15名ずつのパーティでした。合コンの種類はいくつかあり、例えば、『三十代の男女のパーティ』『五十代以上限定のシニアパーティ』などの年代別なものから、『オトナ女子好きな年下男性募集』『男性の年収が2000万円以上で、プラチナカード保持者のハイクラスパーティ』など、細分化されています。

 会費も合コンによって違いますね。私たちは『男女ともに四十代以上のパーティ』に行きました」

――どのような感じで催されるのですか?

「まずは受付でネームプレートを渡されます。私は苗字は伏せて『I子・42歳』と書きました。料理はビュッフェ式でお酒も飲み放題。2時間半で5000円です。

 会場に入ったとたん、驚きました。すでに会場入りしていた男女の視線がいっせいに突き刺さったんです。値踏みされている――否応なくそう思いました。

 知人女性には、あらかじめ「I子さんは綺麗だから大丈夫だと思うけど、いつも以上にお洒落してきたほうがいいコトあるわよ』と、意味深なアドバイスを受けたので、ボディラインがはっきり出る淡いピンクのワンピースとハイヒール、ヘアも美容院でセットしてもらいました(笑)。

 知人女性は慣れたもので、一人の男性に向かって「あらあ、この前もお会いしましたよね」なんて、気軽に駆け寄っていきましたよ」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ