「大地のハンター展」で最強の“女の敵”に遭う 2021.6.9(水)

コクハク編集部
更新日:2021-06-09 06:00
投稿日:2021-06-09 06:00
 上野の国立科学博物館で開催中の「大地のハンター展」に行ってきました。この「大地のハンター展」は、さまざまな生物の「捕食」に焦点を当てて構成されています。ざっくり言ってしまえば「肉食系」の集い。絶滅したものから、現生のものまで多岐にわたって紹介しています。

低身長女子は巨大ワニの夢を見るか

大きなお口でやっつけて!(C)コクハク
大きなお口でやっつけて! (C)コクハク

 来場者の度肝を抜くのが「太古のハンター」エリアに展示している、白亜紀に生息していた巨大ワニ「デイノスクス」の実物大生体復元モデル。

 でかい! 強そう! かっこいい!

 私は低身長がコンプレックスなので、こういう大型生物にめっぽう弱いのです。ここまで大きくなくてもいいけどさ。

 チビチビとさんざん馬鹿にしてきた奴らを、ペロっと丸呑みしてくれないものだろうか。いや、その前に私が、デイノスクスにおいしく食べられてしまいそうだ。

リアル「ワニワニパニック」状態に興奮

ワニが勢ぞろいでお出迎え(C)コクハク
ワニが勢ぞろいでお出迎え (C)コクハク

 足を進めていくと、「水辺のハンター」エリアに到着。

 ワニが一堂に介してお出迎えをしてくれます。リアル「ワニワニパニック」状態。

 岡崎京子先生の名作中の名作「pink」を読んで以来、ワニが大好きなんですよ。なんなら飼ってみたい。ワニのいる生活ってどんな感じなんだろう。

イケメンワニのギャップにキュン死

やだ…イケメン♡(C)コクハク
やだ…イケメン♡ (C)コクハク

 数いるワニの中でも私の推しはこちら。

マレーガビアル」サマ。

 ちょっと角張った頭部に、シュッと尖った顎がなんともイケメン。鋭い歯と小ぶりの前足のギャップにきゅんきゅんします。ギャップ萌え~♡

カエル界のアイドルは女の敵

まじで勝てる気がしない…(C)コクハク
まじで勝てる気がしない… (C)コクハク

 今回の展示で一番印象的だったのがこちらのカエルちゃん。カエル界の絶対的アイドルと名高い「ベルツノガエル」です。

 どうですか。このむっちりBODYに黒目がちの潤んだ瞳。癒しと許しをたたえた口元のほほえみ。

 モテ要素をこれでもかとぶっこんだチートキャラです。

 こんなかわいい顔しているのに「口に入ればカエルや昆虫のほか、小型の鳥類や哺乳類まで捕食する」との説明が……。

 うわー。怖いわー。まじ怖いわー。

 こういうタイプが合コンにいるとぜーんぶメンズをかっさらっていくんだよね。まさに「女の敵」 。

 この手の女子に何度煮え湯を飲まされたことか! 「ベニツノガエル」系女子に完敗した夜、泣きながら食べた味噌ラーメンの味を私は忘れない。

「BEASTERS」のキャラにも会える

「BEASTERS」おもしろいよ!(C)コクハク
「BEASTERS」おもしろいよ! (C)コクハク

「大地のハンター展」はアニメ化もされている板垣巴留先生の人気漫画「BEASTERS」とコラボしています。

推しキャラは「ゴウヒン」ジャイアントパンダの精神科医なんです(C)コクハク
推しキャラは「ゴウヒン」ジャイアントパンダの精神科医なんです (C)コクハク

 キャラクターが要所要所で解説をしてくれる「BEASTERS」ファンにはうれしい演出です。

「タガメサイダー」の気になるお味

おいしくいただきました(C)コクハク
おいしくいただきました (C)コクハク

 お土産に「タガメサイダー」なるものを購入。

 うん、普通のサイダーでした。

 食糧難を救うとして注目の「昆虫食」。機会があればいろいろ試してみたいところ。ちょっと勇気がいるけどねー。

おわりに

食うか食われるか!(C)コクハク
食うか食われるか! (C)コクハク

「大地のハンター展」は6月13日まで。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、来場にはオンラインによる事前予約が必要です。

 さまざまな生き物の捕食シーンを見てみませんか?

(編集K)

 address:東京都台東区上野公園7-20 国立科学博物館(東京・上野公園)

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影には動体視力が必須!瞬きする暇もないんです
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
実はコスパ最強の蘭「レナンセラ」飾るだけでも“女性美”UP!
 もーワタクシ、ワクワクが止まりません!  少しずつ以前の生活を取り戻してきた世の中。ゴールデンウィークも3年ぶり...
平均月給11万円!シンママ保険外交員のリアルを知って欲しい
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「食品のまとめ買い」は節約の味方!正しい保存法をおさらい
 長引くコロナ禍で仕事に支障が出てしまい、節約のために自炊をはじめた人は多いようです。確かに、毎日の食費を少しずつでも浮...
あなたは受け恋?追い恋? 5月23日~5月29日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
腹ペコ“たまたま”大集合!にゃんたまを虜にする手作りごはん
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
“悩める母の会”で育児の悩みを共有したら… 2022.5.21(土)
 皆さんは子育ての悩みって誰に相談していますか? 保育園の先生やママ友は周りにいるけれど、よく知っている人には逆に話しに...
「ひとしかえして」よく読むとめちゃ怖い!意味深LINE3選
 何気なく送り合っているLINE。でも、もしかしたらそのLINE、よく読んでみるととても怖い意味が隠されているかもしれま...
不安で行動ムリ…恐怖心克服の秘訣は“根拠のない自信”にあり
「根拠のない自信」って、みなさんは持っていますか? なんとなくうまくできる気がする、そういうふうに導かれている気がするー...
【3COINS】キッチングッズ買い足しで自炊が楽しくなった♡
 3COINSのキッチン用品を定期的にオンラインで購入。在宅ワークで自炊する際に、3COINSのキッチングッズは大活躍間...
“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...