まずは小さな一歩から…#zerowasteで地球にやさしい生活を

上村菜穂 女性集客講師
更新日:2022-05-31 10:54
投稿日:2021-05-25 06:00
 皆さんは「#zerowaste」をご存知でしょうか? 現在、Instagram上では、世界中で790万回以上の使用がされている#(ハッシュタグ)です。Wikipediaによる定義は、ごみをゼロにすることを目標に廃棄物を減らす環境社会政策を指します。まさに21世紀を生きる私たちが向き合うべきキーワードですよね。
 “地球にやさしく”に何となく関心や問題意識を持っていても「自分は何をしたらいいんだろう?」と筆者も感じていました。そこで今回は簡単にできる地球にやさしい取り組みをまとめてみました。

個人でも地球のために今日からできる#zerowaste活動とは?

1. 使い捨てを減らし、洗いまわせるものへシフト

 飲み物が欲しい時にいつでも手に入る自動販売機はとても便利ですよね。自動販売機の数において、人口や国土面積を勘案した普及率は世界一である日本。しかし、ペットボトルを買う生活が当たり前になっていたら、少し立ち止まってみましょう。

 マイボトルという言葉が徐々に浸透していますが、荷物になることを少しだけ我慢して、ペットボトルから水筒に変えれば、ゴミはもっと少なくなります。私も数年前にペットボトルから水筒に変えたときは、地球にもやさしい上に節約効果もあるので、もっと早く実行するべきだったと反省しました。

 同様に、多くの食品用ラップも使い捨てになりがちですが、洗って使い回すことができるミツロウラップや、シリコンの蓋に替えるのはいかがでしょうか。

2. 欧米でトレンドの”Bulk Shop”(バルク・ショップ)をチェック

 先日いただいた卵6個入りのケースに「捨てずにまた持ってきてください」と書かれていて、いつもスーパーで卵を購入している私は驚きました。生活の中で卵のケースを買っては捨てる……の繰り返しが当たり前になっていましたが、使い回しても問題ないですよね。

 日本ではまだ一般的ではありませんが、欧米では"Bulk Shop"(バルク・ショップ)という「量り売りショップ」が浸透しています。ナッツやドライフルーツだけではなく、お店によって、お豆腐やお魚、お米からスイーツ、石鹸や洗剤まで、さまざまなお店が取り組んでいました。

 店舗数が限られているので、「量り売りショップ」とネットで検索をして、ご近所にどのようなお店があるか調べてみるといいでしょう。

3. 寄付や不用品回収を活用する

 人気のフリマアプリを使いこなしてお小遣い稼ぎが流行っています。一方、そのために必要な写真撮影や梱包に負担を感じてしまう人がいるのも事実です。

 そんなときは「寄付 東京(自分の生活エリア)」などで検索をしてみましょう。キーワードは「寄付」以外にも「不用品回収」「不用品買取」などがおすすめです。

 目的別にみると、

・利益重視 → フリマアプリで出品。綺麗な写真とわかりやすい説明が必須
・環境や社会のため → 寄付、不用品回収、不用品買取を活用

 で選ぶとよいでしょう。

 後者の場合は、あくまで利益を目的にするのではなく、「捨てるなら誰かに使ってもらおう」というスタンスでいることが大切です。

 寄付は本の寄付、衣服の寄付など特化しているサービスもあります。本が多い、衣服が多い、などのときは特化している支援先が上手く社会へ還元してくれるでしょう。

 自分にとって不要になったものでも、誰かにとって必要なものになれば嬉しいですよね。

知っておきたい!企業が行っている#zerowaste活動

1.無印良品の「水プロジェクト」で飲み物代がタダに!

 意外と知られていませんが、無印良品はまずは1日1本でも空のペットボトルを減らすことから。持続可能な社会への第一歩として、無印良品は「自分で詰める水」を提案します。と掲げ、給水サービスを行っています。

 お水ばかりの毎日では飽きてしまう……という人には、水に溶ける粉末類で、ジャスミン茶やルイボスティーなどもあります。

『水 – MUJI Life』というアプリも開発されており、無印良品以外の給水サービスも教えてくれて、土地勘のないお仕事先でも飲み物に困りません。

2. 老舗・大丸松坂屋百貨店の「エコフ リサイクルキャンペーン」

 日本を代表する百貨店の一つである大丸松坂屋。環境のために、「エコフ リサイクルキャンペーン」をされているのはご存知でしょうか?

 不用になった衣料品・くつ・バッグを店頭に持参すると、引き取り1点につき「ショッピングサポートチケット(1,000円分)」を1枚いただくことができるサービスです。

 ただし、

・各店舗ごとに開催時期が異なるので事前に調べることが必須
・くつ下、ベルト、財布、革小物、手袋、マフラー、ストール、帽子など対象外のアイテムも多い
・利用対象外売場もある
・ショッピングサポートチケットは、レシート1枚につき税込11,000円のお買い物ごとに1枚、最大9枚までの利用制限がある

 などの注意事項があります。

 あくまでリサイクルキャンペーンということを念頭に置いて、「捨てるならリサイクルをしよう」という気持ちでいることが大切です。

おわりに

 意外と身近に簡単にできることがありませんか?

「量り売りショップ」にまつわるお話ですが、秋田県出身の母にこの話をしたところ、「私が子供のころ、おばあちゃんたちは、お鍋を持ってお店にお魚やお豆腐など買いに行っていたよ」と教えてくれました。

 おばあちゃんの知恵袋ではないですが、昔の人の行いを知ることによって、便利な生活をしている現代の私たちの暮らしも、やさしい暮らしに変えられるのでは? と思ったエピソードでした。

 Instagram上には、「#zerowaste」「#ゼロウェイスト」でたくさんのお役立ち情報があるので、自分にあったものを取り入れてみてください。

 みんなの力で地球を守っていきたいですね!

上村菜穂
記事一覧
女性集客講師
広告費をコストカットし、理想のお客様が集まるSNSづくりをコンセプトに活動中。スキルや経験を活かして、人の力になりたいと思う女性が自分らしいライフスタイルを送れることを掲げている。14歳で女性向けメールマガジン20,000人。楽天、ロート製薬、東京大学などで2,000名以上に向けて講演。継続レッスンの受講生も、広告費をかけずに何百万円の売上アップや企業案件受注をしている。
HPInstagramメールマガジン

ライフスタイル 新着一覧


モテモテ“たまたま”に熱愛発覚! ロマンチックな鼻チューにドキッ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
シゴデキだけどなかなか厄介!? 高学歴部下を持つメリットとデメリット
 自分の部下を好きに選べるなら、どんな人がいいですか? 「ポンコツはイヤ! 高学歴で聡明な、シゴデキの部下が欲しい!」と...
酷暑で園芸瀕死でも夏のお助け花「ペンタス」、どんだけ咲いてくれるのw
 暑いです。ただでさえ更年期のお年頃のワタクシ、この厳しい暑さは格別でございます。  猫店長「さぶ」率いる...
あの上司が“うさぎスタンプ”で甘えてるっ!職場への誤爆&赤面LINE10選
 職場のグループLINEは、仕事を円滑に進めるために、今や欠かせないものでしょう。でも、あろうことかそんな職場LINEに...
予約必須店で失態!食い意地が勝り、朝10時からフルコースの“敗者復活”
 汗ばむ気温のとある週末、筆者は湖畔の景色を見ながら、優雅にフルコースをいただいておりました。時計の針はまだ午前10時を...
“面倒くさい”ママ友って本当に必要?メリットとデメリットを検証してみた
 あなたにとって、ママ友は必要ですか? それとも不要ですか?「仲良しのママ友を作って、一緒に子育てを楽しみたい」と思う人...
暑い日こそIN・鍋!のんびり“たまたま”君の大あくびをパチリ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
心をすり減らす“毒友”と縁を切る3つの方法 その違和感に目を背けないで
 自分にとって毒になる友人、毒友。一緒にいて違和感を抱くあの人も、あなたにとって毒友なのかもしれません。今回は、毒友の特...
3歳娘にアタマジラミ!? 我が家を救ったアナログな退治法と意外な美容家電
 2人の保育園児を育てる我が家では先日、ちょっとした“事件”がありました。下の子どもの頭にアタマジラミが住み着いてしまっ...
女友達へのディスり誤爆!《純粋アピールのフルコンボだったじゃんね笑》深夜LINEの後悔が止まらない…
 深夜に誰かへLINEを送るときはくれぐれもご注意を。“深夜テンション”でネガティブになりすぎたり、ヤケクソになっていた...
「女人禁制」の読みは「にょにんきんせい」とは限らない?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
「明日は何時?」親の老いをLINEでも実感…切ないけれど受け入れる!
 人間誰しもいつかは老いがやってくるものです。ただ、これまでたくさんの愛情と安心を与えてくれた絶対的な存在の「親の老い」...
アラフォーが若者とのカラオケで失敗しない方法3つ 10年前の選曲はあり?
 職場での飲み会後、二次会としてよくあるのがカラオケ。アラフォーともなると、若〜い後輩を引き連れてカラオケに行くこともあ...
「スナック常連客に嫌われるNG行為」初めての店ではマジ注意して!
 いわゆる夜のお店というのは、「大人の社交場」と言われることがあります。昔からなんとなく納得してはいたんですけど、最近や...
キィー!羨ましい! 実はめらめらとママ友に嫉妬している6つの瞬間
 子どもがいると切っても切れない仲になるのが、ママ友。母として生きている女同士、話が盛り上がりますよね。その一方で、近い...
美しすぎる方向転換…国宝級“たまたま”にどこまでもついて行きます
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...