まずは小さな一歩から…#zerowasteで地球にやさしい生活を

上村菜穂 女性集客講師
更新日:2021-05-25 06:00
投稿日:2021-05-25 06:00
 皆さんは「#zerowaste」をご存知でしょうか? 現在、Instagram上では、世界中で790万回以上の使用がされている#(ハッシュタグ)です。Wikipediaによる定義は、ごみをゼロにすることを目標に廃棄物を減らす環境社会政策を指します。まさに21世紀を生きる私たちが向き合うべきキーワードですよね。
 “地球にやさしく”に何となく関心や問題意識を持っていても「自分は何をしたらいいんだろう?」と筆者も感じていました。そこで今回は簡単にできる地球にやさしい取り組みをまとめてみました。

個人でも地球のために今日からできる#zerowaste活動とは?

1. 使い捨てを減らし、洗いまわせるものへシフト

#zerowasteってなに?(写真:iStock)
#zerowasteってなに? (写真:iStock)

 飲み物が欲しい時にいつでも手に入る自動販売機はとても便利ですよね。自動販売機の数において、人口や国土面積を勘案した普及率は世界一である日本。しかし、ペットボトルを買う生活が当たり前になっていたら、少し立ち止まってみましょう。

 マイボトルという言葉が徐々に浸透していますが、荷物になることを少しだけ我慢して、ペットボトルから水筒に変えれば、ゴミはもっと少なくなります。私も数年前にペットボトルから水筒に変えたときは、地球にもやさしい上に節約効果もあるので、もっと早く実行するべきだったと反省しました。

 同様に、多くの食品用ラップも使い捨てになりがちですが、洗って使い回すことができるミツロウラップや、シリコンの蓋に替えるのはいかがでしょうか。

2. 欧米でトレンドの”Bulk Shop”(バルク・ショップ)をチェック

量り売りショップを利用してみる(写真:iStock)
量り売りショップを利用してみる (写真:iStock)

 先日いただいた卵6個入りのケースに「捨てずにまた持ってきてください」と書かれていて、いつもスーパーで卵を購入している私は驚きました。生活の中で卵のケースを買っては捨てる……の繰り返しが当たり前になっていましたが、使い回しても問題ないですよね。

 日本ではまだ一般的ではありませんが、欧米では"Bulk Shop"(バルク・ショップ)という「量り売りショップ」が浸透しています。ナッツやドライフルーツだけではなく、お店によって、お豆腐やお魚、お米からスイーツ、石鹸や洗剤まで、さまざまなお店が取り組んでいました。

 店舗数が限られているので、「量り売りショップ」とネットで検索をして、ご近所にどのようなお店があるか調べてみるといいでしょう。

3. 寄付や不用品回収を活用する

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 人気のフリマアプリを使いこなしてお小遣い稼ぎが流行っています。一方、そのために必要な写真撮影や梱包に負担を感じてしまう人がいるのも事実です。

 そんなときは「寄付 東京(自分の生活エリア)」などで検索をしてみましょう。キーワードは「寄付」以外にも「不用品回収」「不用品買取」などがおすすめです。

 目的別にみると、

・利益重視 → フリマアプリで出品。綺麗な写真とわかりやすい説明が必須
・環境や社会のため → 寄付、不用品回収、不用品買取を活用

 で選ぶとよいでしょう。

 後者の場合は、あくまで利益を目的にするのではなく、「捨てるなら誰かに使ってもらおう」というスタンスでいることが大切です。

 寄付は本の寄付、衣服の寄付など特化しているサービスもあります。本が多い、衣服が多い、などのときは特化している支援先が上手く社会へ還元してくれるでしょう。

 自分にとって不要になったものでも、誰かにとって必要なものになれば嬉しいですよね。

知っておきたい!企業が行っている#zerowaste活動

1.無印良品の「水プロジェクト」で飲み物代がタダに!

無印良品の取り組みに注目
無印良品の取り組みに注目

 意外と知られていませんが、無印良品はまずは1日1本でも空のペットボトルを減らすことから。持続可能な社会への第一歩として、無印良品は「自分で詰める水」を提案します。と掲げ、給水サービスを行っています。

 お水ばかりの毎日では飽きてしまう……という人には、水に溶ける粉末類で、ジャスミン茶やルイボスティーなどもあります。

『水 – MUJI Life』というアプリも開発されており、無印良品以外の給水サービスも教えてくれて、土地勘のないお仕事先でも飲み物に困りません。

2. 老舗・大丸松坂屋百貨店の「エコフ リサイクルキャンペーン」

着なくなった服を寄付してお得に買い物を(写真:iStock)
着なくなった服を寄付してお得に買い物を (写真:iStock)

 日本を代表する百貨店の一つである大丸松坂屋。環境のために、「エコフ リサイクルキャンペーン」をされているのはご存知でしょうか?

 不用になった衣料品・くつ・バッグを店頭に持参すると、引き取り1点につき「ショッピングサポートチケット(1,000円分)」を1枚いただくことができるサービスです。

 ただし、

・各店舗ごとに開催時期が異なるので事前に調べることが必須
・くつ下、ベルト、財布、革小物、手袋、マフラー、ストール、帽子など対象外のアイテムも多い
・利用対象外売場もある
・ショッピングサポートチケットは、レシート1枚につき税込11,000円のお買い物ごとに1枚、最大9枚までの利用制限がある

 などの注意事項があります。

 あくまでリサイクルキャンペーンということを念頭に置いて、「捨てるならリサイクルをしよう」という気持ちでいることが大切です。

おわりに

できることからはじめよう(写真:iStock)
できることからはじめよう (写真:iStock)

 意外と身近に簡単にできることがありませんか?

「量り売りショップ」にまつわるお話ですが、秋田県出身の母にこの話をしたところ、「私が子供のころ、おばあちゃんたちは、お鍋を持ってお店にお魚やお豆腐など買いに行っていたよ」と教えてくれました。

 おばあちゃんの知恵袋ではないですが、昔の人の行いを知ることによって、便利な生活をしている現代の私たちの暮らしも、やさしい暮らしに変えられるのでは? と思ったエピソードでした。

 Instagram上には、「#zerowaste」「#ゼロウェイスト」でたくさんのお役立ち情報があるので、自分にあったものを取り入れてみてください。

 みんなの力で地球を守っていきたいですね!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


会話が途切れる瞬間が怖い…口下手な人にオススメの会話術
 会話のキャッチボールが続かなくて気まずい……。そんな嫌な汗が出るような空気を味わったことはありますか? きっと誰しも一...
ネットカフェの落し穴…女性が少しでも安心できる利用方法
 先日、ネットカフェで男性客が女性店員を人質にとり、個室に長時間立てこもるという事件が起きました。ネットカフェは本来はと...
23区内では初登場「ポケふた」ゲット大作戦 2021.6.24(木)
 先日ご紹介したポケモンマンホール通称「ポケふた」に、新しい仲間が加わりました。  ポケGO大好きかつ、マンホール...
ルール違反はダメにゃ!ボス“にゃんたま”が若頭に怒りの鉄拳
 ごはん場で出逢ったにゃんたまωにロックオン。  猫の世界では、ごはんを食べる順番は大概、ボスにゃんたま君からとい...
燃えるように美しい…炎の花「グロリオサ」の簡単アレンジ法
 ワタクシ、残念ながら子供に恵まれず、子供がいないゆえ他人の子供を可愛がっております。花屋とお花の講師をしていますが、生...
職場や取引先で「パワハラ交際」を強要される女性たちの葛藤
 職場の上司や取引先の人に気に入られたら、どうしますか? 仕事上メリットがあるかもしれないと思うし、仕事関係の人に無下な...
なぜ“にゃんたま”を撮り続ける?カメラマンの気持ちいい瞬間
 私はなぜ、にゃんたまωを撮り続けるのか?  きっと、にゃんたまを撮影している時が一番「集中力」が高まるから。 ...
6月21日~6月27日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ママ友より平和!猫のおかあさんになって変わった交友関係
 猫が来てから、人がうちに遊びに来るようになりました(引っ越して我が家が最寄り駅から近くなったことも理由かもしれませんが...
父の日に読みたい♪ お父さんの不器用でも愛を感じるLINE5選
 家では威厳のある態度を見せているのに、LINEでは、なんだか可愛く見えてしまうお父さんたち。なぜか、どのお父さんのLI...
隠す必要なし! 自分の弱さを正直に吐き出す大きなメリット
 あなたは他人からどう思われたいですか? もしかしたら、現実の自分より良く見せたいと思っている人もいるかもしれません。で...
戦士のつかの間の休息…ワイルド“にゃんたま”をこっそり激写
 この島で暮らすにゃんたま君たちはみんな戦士。強くなればなるほど縄張りエリアは拡大し、パトロールにも体力を要します。 ...
運命変わる土用の丑の日に…金運UPの花「アナベル」の育て方
「今日は何を買おうかな~」  猫店長「さぶ」率いる我が花屋、仕入れるお花の選定のため、最寄りの花市場にワタクシほぼ...
鎌倉大仏に手を合わせる 2021.6.16(水)
 長らくご無沙汰していた鎌倉大仏にご挨拶に行ってきました! お天気にも恵まれて、大仏様を拝んでいるとパワーをもらった気が...
“推し活=オタク”なんて古い! 推しの種類&得られるメリット
 実は今、年代問わず“推し活”をする人が増えてきています。推し活というと「暗い」「オタク」といったネガティブなイメージを...
6月14日~6月20日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...