親に結婚を反対される理由は? 確認すべきポイント&説得方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-08 06:00
投稿日:2021-07-08 06:00
 親に結婚の報告をしたのに「反対されてしまった……」と落ち込んでいる人は、今、とても辛い気持ちですよね。反対される理由によっても、悩みの深さは変わってくるでしょう。そこで今回は、結婚に反対されるおもな理由や、反対された時に確認すべきポイント、親の心に届く説得方法までをご紹介します。

結婚に反対される理由はそれぞれ

どうして反対するの?(写真:iStock)
どうして反対するの? (写真:iStock)

 親が結婚に反対する場合、多くはざっと以下のような理由があるようです。

・相手の素行の問題……暴力や浮気、ギャンブル癖など
・年齢の問題……2人が若すぎる、年齢差がありすぎるなど
・収入面の不安……無職、または職を転々としているなど
・健康の問題……生活に支障のある病気や病歴など
・見た目の問題……だらしない、親から見て気に入らないなど
・その他、家庭環境や離婚歴、子供の有無など

 どの理由も、娘を心配しているからこその反対だとは思うのですが、当人同士にしかわからない事情だってあるはず。それをどこまで伝えられるかも、ポイントになってくるでしょう。

結婚に反対される理由がわかったら「確認すべきポイント」

「2人の人生だから自分たちで決めたい」(写真:iStock)
「2人の人生だから自分たちで決めたい」 (写真:iStock)

 両親がなぜ結婚に反対するのか、その理由がわかったら、まずは3つのポイントを整理してみると良いかもしれません。

1. 親が反対する理由を「深く掘り下げて」確認

 上記でご紹介した親が結婚に反対する理由を見ていくと、「2人が若すぎるから結婚には反対」「収入面で問題があるから反対」など、まだざっくりしていますよね。そこで、「なぜ若すぎると反対なの?」「収入面の何が問題なの?」と掘り下げて話し合うのです。

 そうすると、たとえば「◯歳になったらOK」「年収◯◯円になればOK」など、最低限の具体的なOKの条件が見えてくるはずです。深く話すことで、時には「自分たちがその若さで結婚した時に、苦労したから」など、別の感情や問題が見えてくることも。「何が引っかかっているのか」を明確化することが、解決への近道になるでしょう。

2. 反対される理由は「解決できるもの」かを確認

 反対される理由を具体的に知ることができたなら、今度はその問題が解決できるものかどうかを考えてみましょう。もしも、解決できるものであれば、2人で解決に向かって進む姿を見せることで親の心が変わるかもしれません。また、解決することで、結婚に反対する理由はなくなるでしょう。

 しかし、逆に解決できない問題であれば、その問題を抱えたままでOKしてもらうしかありません。その場合、最大限理解をしてもらうよう努力し尽くした上で、「2人の人生だから自分たちで決めたい」ということを、誠意を持って伝えましょう。案外、結婚した後に和解が進むことだってあるようですよ。

3. 「2人の気持ち」を再度確認

 結婚に反対されて、2人でその理由を見つめ直す際、あらためて2人の気持ちを確かめ合いましょう。親から条件が出されている時には、その条件を受け入れてでも結婚したいのかを、しっかり話し合うことが大切です。

 2人の意思が固ければ固いほど、親も「そんなに好きなら、もう何を言っても仕方がない」と思ってくれるかもしれません。反対に、その問題によって2人が争い合ってしまうようなら、親はますます反対したくなるでしょう。

心を動かす! 結婚に反対される時の親への説得方法

食事会で彼の人柄を知ってもらう(写真:iStock)
食事会で彼の人柄を知ってもらう (写真:iStock)

どんな理由があるにせよ、両親も人間です。どうにかして心を動かすことができるかが、ポイントになるのではないでしょうか。そこで、両親の心に届くような説得方法をチェックしてみましょう。

親の意見をしっかり聞く

 自分の親となると、つい「なんでわかってくれないの!」と強気になってしまいがち。でも、それでは心は動きません。自分たちを受け入れてほしいなら、まずは相手のことを受け入れることが先です。

 親の話を途中で止めないで、しっかりと傾聴する姿勢を見せましょう。そして、否定はせず、気持ちを理解したことを伝えた上で、自分たちの意見を述べるようにしてくださいね。

彼の人柄を伝える努力をする

 結婚の報告の場だけで、彼の本当の人柄を伝えることは難しいでしょう。結婚を認めてくれていない状態でも、たとえば食事の場をセッティングしたり、旅行をプレゼントして一緒に出かけたりなど、少しでも彼の人柄が親に伝わるような努力をしてみてください。

 案外、大切な娘をとられたくない、という気持ちから反対している可能性だってあります。彼が良い人だとわかれば「娘を預けてもいいか」と思ってくれるかもしれませんよ。

妥協案を提示する

 親と2人の意見が真っ向から対立している状態でも、間をとって解決策を提案することはできます。両者の言い分を限界まで取り入れながら、「この提案ではどう?」「これなら許してくれる?」と、いくつかの選択肢を提案してみてください。それによって、親の考えが変わる可能性だってあるはずです。

結婚に反対される理由を掘り下げて上手に説得しよう!

きっとわかってくれるはず(写真:iStock)
きっとわかってくれるはず (写真:iStock)

 親が結婚を反対するのは、その多くが娘を心配する気持ちから来ているのです。まずは、その愛情に感謝の気持ちを伝えて誠意を込めて説得すれば、親の心も変わるかもしれません。ぜひ、もう無理だと諦めず、親や彼を信じて、前向きに進んでいってくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...