婚活成功への道♡ 結婚相談所を比較するなら?選び方11のコツ

コクハク編集部
更新日:2021-05-19 06:00
投稿日:2021-05-19 06:00
 突然のコロナ禍。人とのコミュニケーションが少なくなり、健康やお金、仕事への不安を抱えている人も多いでしょう。でも、そんな今だからこそ、「誰かと一緒に生きていきたい」と、婚活を真剣に考え始めている人も増えています。
「集まること」がNGという風潮ですので、どうしても新しい出会いは少ないものの、実は、結婚相談所業界が盛り上がっているのも事実。そこで今回は、安心できる結婚相談所の選び方をコクハク編集部で徹底リサーチ! 今年こそ結婚したいあなた、必見です♡

結婚相談所の選び方の5つのコツ! 種類・会員数・年齢層・費用で見るポイント

幸せな結婚のために(写真:iStock)
幸せな結婚のために (写真:iStock)

 実は今、結婚相談所は国内に2,000社以上もあるそうです。中には、「高いお金を払って入会したのに、ぜんぜん出会えない……」と、トラブルに発展するケースも。運命の人と早く巡り会うためにも、まずは選び方のポイントをチェックしていきましょう。

1. 大きく分けると3タイプ! 結婚相談所の「種類」で選ぶ

 結婚相談所は、大きく分けると以下の3つの種類に分かれます。

・データマッチング型

「データマッチング型」は、結婚相談所に登録をしている人の中から、コンピューターが自動的にマッチングをして紹介してくれるシステムです。スマホで操作できて、気軽なのもメリット。マイペースに婚活を行いたい人におすすめです。

 ただし、マッチング後はお見合いの日程調整や連絡先交換などのやりとりを自分で行わないといけないため、積極的にアプローチする必要があることを覚えておきましょう。

・仲人型

「仲人型」は、専任のコンシェルジュが相性の良さそうな相手を紹介してくれるシステムです。定期的にアドバイスやカウンセリングを受けることができますし、「コンピューター」ではなく「人」による紹介となるので、希望に沿った相手と出会いやすいのが特徴。

 また、仲人型の結婚相談所は、基本的に身分証明書などの提出が必須である場合が多いため、安心できるのもメリットでしょう。「自分からアプローチするのが苦手……」という人には、心強いシステムですね。

・ハイブリット型

 近年増えているのが、「ハイブリット型」。「データマッチング型」と「仲人型」の両方の特徴を併せ持つシステムです。データによるマッチングだけではなく、専任コンシェルジュからの紹介も受けることができるため、万能タイプだと言えるでしょう。

 サポート体制もしっかりしており、登録者数も多いですが、比較的費用が高いのも特徴。短期決戦で婚活を進めたいという人は、試してみる価値があると思います。

2.「大手 or 地元密着型」で選ぶ

 結婚相談所の規模は千差万別です。大きく分けると、「大手」で全国展開している結婚相談所、もしくは、「地元密着型(中小)」でエリアが限られている結婚相談所の2つ。

 多くの出会いを求めたいのであれば大手の結婚相談所が良いですし、地元で相手を選びたいということであれば、地元密着型の結婚相談所がおすすめ。

 また、大手の結婚相談所であれば、信用性の高い会社が運営しているのも安心ポイントですね。価格面でもいくつかのプランから選べる場合が多いですし、サービスの質にも期待できます。

3.「会員数」で選ぶ

 会員数も、結婚相談所を選ぶうえで重視したいポイントです。会員数は結婚相談所の規模の大きさに比例するため、出会いの数にも影響してきます。多くの出会いを求めているのであれば、会員数4万人以上のところを目安にすると良いようですよ。

 また、ここでチェックするべきは、その結婚相談所がきちんと情報を開示しているかどうかです。「成婚率業界NO.1!」と謳われていても、定義が曖昧。下記で詳しくご紹介しますが、成婚率の高さにはカラクリがある場合もあるので注意しましょう。

4.「費用」で選ぶ

結果的に膨大な費用がかかってしまうことも…(写真:iStock)
結果的に膨大な費用がかかってしまうことも… (写真:iStock)

 結婚相談所を選ぶ時には、費用面もしっかり見る必要があります。注意が必要なのは、「無料」「入会料0円」など、安さにつられてしまうこと。

 結婚相談所では、入会費、月会費、お見合い料、成婚料……など、成婚までのタイミングによって費用がかかります。つまり、初回無料だったとしても、結果的に膨大な費用がかかってしまう可能性があるので注意が必要です。

 費用面で選ぶ場合のポイントとしては、やはり価格がわかりやすい結婚相談所を選ぶことが肝心。サービス内容によっていくつかのコースが用意されている結婚相談所も多いため、自分のお財布と相談しながら最終的にどれくらい費用がかかるのかを計算して決めるようにしましょう。

5.「年齢層」で選ぶ

 それぞれの結婚相談所では、会員数の年齢層が違います。一般的には男女ともに30〜40代の登録者が多いようですが、たとえば、年下がいい、年上がいい、など、自分が希望する年齢層の相手が多いかどうかもチェックしてみると良いでしょう。

 また、あなたが20代での登録の場合、リーズナブルなプランが用意されている結婚相談所もあります。お得なキャンペーンなどもあるようですので、資料請求などを行って吟味してみると良いですね。

結婚相談所を比較する時の注意点! トラブルを避ける6つのコツ

まずは無料カウンセリングを(写真:iStock)
まずは無料カウンセリングを (写真:iStock)

 せっかく結婚相談所に入会したのに、さまざまなトラブルに遭遇してしまう人もいます。実際にありがちなケースとしては……

・入会前に言われていた費用と違う
・紹介される人数が少なすぎる
・希望条件の人から断られてしまうが、条件以外の人からアプローチされる
・専任コンシェルジュからのサポートが少ない
・退会ができない

など。これらのトラブルを避けるためにも、以下の6つのポイントを確認するようにしてください。

1. 口コミはあてにならない!? 無料相談や資料請求は必須

 結婚相談所を選ぶ時に口コミを参考にする人は多いですが、あまりおすすめできません。結婚相談所との相性はもちろん、出会いにはタイミングや運もあるため、人によって満足度の捉え方が違うからです。

 そこで、おすすめしたいのが、各結婚相談所で行っている「無料相談」を活用すること。雰囲気や担当者との相性、そして、信用できるかをチェックすることができます。無料相談に行く前には、事前にリサーチしておくことがポイント。資料請求をして、熟読しておきましょう。わからないところがあったら、無料相談の際に質問できるので安心です。

 また、できれば一度で決めずに、いくつかの結婚相談所と比較してみましょう。自分に合った結婚相談所だとストレスも減りますから、婚活へのモチベーションが保ちやすくなりますよ。

2. 実は罠かも? 成婚率だけで選ぶのはNG

「成婚率◯%」と、多くの結婚相談所で謳われていますが、これを鵜呑みにするのは危険。そもそも、「成婚」の定義は「真剣交際が始まったら成婚」「婚約したら成婚」など、各社で違うため、比較することができないからです。

 また、成婚率の算定方法についても、カラクリがあります。よく使われている算定方法を見てみましょう。

・CASE1:1年間の成婚退会者数30人÷現在の在籍会員数100人=成婚率約30%
・CASE2:1年間の成婚退会者数30人÷1年間の全退会者数50人=成婚率約60%

 成婚退会者数は同じでも、成婚率を高く表記しているCASE2のほうが良く見えてしまいますよね。大手は算出方法が明らかにされている場合が多いので安心ですが、中には成婚率を非公開にしているところもあるため、注意しましょう。

後悔しないためにもチェックは念入りに(写真:iStock)
後悔しないためにもチェックは念入りに (写真:iStock)

3. 料金プランは重要ポイント! 安さにつられすぎてはNG

 結婚相談所の費用は、各社ピンキリ。あるデータによると、半年分で15万円〜60万円ほど幅があるとも言われています。料金は安いに越したことはないですし、また、安いからと言ってサービスが悪いとも一概には言えません。

 費用面から結婚相談所を見る時、チェックしたいのが料金プランです。以下3つのポイントは、必ずチェックするようにしましょう。

・各プラン、必要な費用がきちんと明示されているか
・活動中、どのタイミングでお金が発生するか
・プランによって、サービスはどう変わるのか

 婚活する期間を決め、成婚までにどれくらい料金がかかるのかをシミュレーションして、自分の理想的な婚活が行えるプランを選べると良いですね。

4. 活動内容や退会について書面で説明してもらう

 結婚相談所を選ぶ時、上記でご紹介した「無料相談」を利用する人は多いでしょう。その際、金額やシステム、活動内容について口頭で説明してもらうだけではなく、書面を使って説明してもらうことをおすすめします。万が一トラブルに発展した時、「言った言わない」の水掛け論になってしまう可能性もあるため、必ず確認しておきましょう。

 また、退会する方法についても同様。違約金によるトラブルは、とても多いのです。特に、クーリングオフの期間、退会する時に返金があるか、違約金は発生するかなど、明確にしておきましょう。

 また、詳しい資料を求めた際、出し渋るような様子が見られるのであれば、「信用できない」と判断しても良いかもしれません。一度持ち帰って検討する勇気を持つことも大切です。

5. 出会いの数に影響する! 会員の平均年齢は要確認

 結婚相談所を選ぶ時には、会員の平均年齢、年齢層も確認しておきましょう。多くの結婚相談所では、男性は20才〜75才くらいまで、女性は18才〜75才くらいまでの入会が認められており、会員の年齢には大きな幅があります。

 シビアな話になりますが、女性の場合、結婚相談所では若い年代の人のニーズが高いのも事実です。たとえば、50代の人が30代の会員が多い結婚相談所を選んでしまうと、マッチングしづらくなってしまうことは想像できますよね。

 一般的には、自分と同じくらいの年代の人が多い結婚相談所のほうがマッチングしやすいと言われているので、選ぶ時の参考にすると良いでしょう。

6. 通いやすい店舗があるかもチェック

 結婚相談所に入会した後は、定期的に通うことになります。自宅から遠い結婚相談所を選んでしまうとどうしても婚活しづらくなってしまううえ、結婚相談所からのサポートを十分に受けられなくなってしまう可能性があります。通いやすい店舗があるか、事前に確認しておくと安心ですよ。

結婚相談所選びが婚活成功のカギを握る! 自分に合う相談所へGO♡

来年の今ごろは結婚してるかも?(写真:iStock)
来年の今ごろは結婚してるかも? (写真:iStock)

 人との出会いが少なくなっている今だからこそ、結婚相談所を利用して婚活をはじめる人は増えています。もちろん、結婚相談所に入会したからといって、必ずしも成婚できるとは限りません。でも、ご紹介した選び方のポイントを押さえておけば安心! 出会いの数も増え、婚活成功にぐっと近づくはずです。

 結婚相談所というとハードルが高いというイメージがあるかもしれませんが、今ではオンライン上でのお見合いや、データマッチング型など、気軽に婚活が行える世の中になってきています。結婚相手を探している人は、ぜひこの機会に婚活に取り組んでみてはいかがでしょうか?

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ