嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-22 06:00
投稿日:2021-06-22 06:00
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてしまうもの。男性と女性が見ているところは違うので、あなたが気づいていない可能性も大……! そこで今回は、女性が気をつけたい、彼氏をドン引きさせる言動についてご紹介します!

彼女の「性格」にドン引き

束縛彼女にドン引き(写真:iStock)
束縛彼女にドン引き (写真:iStock)

 性格って、なかなか変わらないものですよね。まずは、彼女の素の性格を見てしまった彼氏がドン引きしたエピソードからご紹介します。

束縛がひどい

・常に居場所をLINEで確認してきて、ドン引きした。(35歳/自営業)
・仕事で返信が遅れた時、鬼のように電話がかかってきて引いた。(28歳/営業)

 束縛がひどい彼女の行動に、ドン引きしてしまう男性は多いようです。特に、LINEや電話などで彼氏の居場所を確認してきたり、連絡が取れないと不安になって電話をかけまくったりすると、男性には「逃げたい」という意識が生まれてしまうのかもしれません。

舌打ちをしていた

・道で通行人とぶつかった時、舌打ちが聞こえて幻滅した。(32歳/IT関係)
・いつも優しいのに、喧嘩の時に舌打ちされて一気に冷めた。(33歳/会社員)

 女性が舌打ちをすると、男性的は結構なショックを受けるようです。特に、普段の態度が優しい女性であればあるほどギャップを感じてしまい、相手のことを信じられなくなってしまうのでしょう。

彼女の「私生活」にドン引き

汚い家だな…(写真:iStock)
汚い家だな… (写真:iStock)

 続いては、彼女の家に遊びに行った時に、その私生活にドン引きしてしまったという男性の声です。チェックしてみましょう!

部屋が汚い

・インテリアは女性らしいのに、部屋の隅のほこりがすごくて引いた。(29歳/営業)
・キッチンに古いカップ麺の容器がそのまま置いてあって、ドン引き。(34歳/会社員)

 彼女の部屋の汚さに、ドン引きしてしまう彼氏は少なくないようです。一見、綺麗に片付いていても、ほこりや洗っていない容器などがあると、だらしない私生活を連想してしまってドン引きしてしまうのでしょうね。

トイレが汚い

・トイレ自体は綺麗なのに、便座の裏がすごく汚くて引いた。(36歳/管理職)
・部屋は綺麗だったけど、トイレ掃除を忘れていたらしく、汚くて驚いた。(25歳/営業)

 彼氏を家に呼ぶ時の掃除で見落としがちなのが、トイレの便座の裏です。女性は便座を上げないので、つい、掃除がおろそかになってしまうのかもしれません。幻滅ポイントになるため、お家デートの時は気をつけたいですね……。

彼女の「過去」にドン引き!

社内にほかにも恋人が…(写真:iStock)
社内にほかにも恋人が… (写真:iStock)

 続いては、彼女の過去にまつわるドン引きエピソードをチェックしてみましょう!

経験人数にドン引き

・社内恋愛中の彼女が、複数人の同僚と付き合っている事実を知って冷めた。(28歳/美容師)
・過去の経験人数を聞いたら、50人を超えていてドン引きした。(30歳/教員)

 彼女の過去の経験人数に、ドン引きする彼氏は多いですよね。人数が多いこともそうですが、同じ社内の同僚と複数人付き合っているというエピソードは、確かに誰でもドン引きしてしまうかもしれません。

二股していた

・過去に二股をかけたことがあると聞いて、信頼できなくなった。(31歳/清掃業)
・二股をかけたことがあるらしく、またやるだろうと思って別れた。(27歳/アルバイト)

 信頼関係に大きく影響するのが、二股や浮気などの過去です。男性からすると、「一度したことはまたやるだろう」という気持ちになってしまうようですね。彼に聞かれない限り、できれば自分からは言わないほうが良いでしょう。

彼女の「エチケット」にドン引き!

ムダ毛にはご用心(写真:iStock)
ムダ毛にはご用心 (写真:iStock)

 最後に、彼女のエチケットに関するドン引きエピソードです。エチケットに関しては、本人に悪気はないものの、生理的に無理……という気持ちになってしまうのでタチが悪いんですよね。さっそく見ていきましょう!

食べ方が汚い

・デートの時、くちゃくちゃと音を立てて食べるのが生理的に無理だった。(25歳/営業)
・食べながら大きな口を開けて笑っていて、口の中が丸見えで引いた。(27歳/IT関係)

 エチケット関係で多いのが、食べ方の汚さです。特に、音を立てて食べる、口を開けて中身が丸見えなど、食事中に不快な気持ちにさせられると100年の恋心も冷めてしまうようです。普段から気をつけたい部分ですね!

ムダ毛が生えていた

・電車で脇毛が生えているのを見てしまって、なんとも言えない気持ちに……。(39歳/営業)
・夏のデートで背中の毛がボーボーだったのを見た時、恋が終わった。(32歳/建築関係)

 男性の多くは、ムダ毛に厳しいんですよね……。脇毛や背中の毛、剃りたての手足のムダ毛に引いてしまう男性は多いようです。男性の美意識も高まっている昨今、完璧なムダ毛処理は恋愛に欠かせない必須事項なのかもしれません。

彼氏にドン引きされる前に彼女としての行動を見直そう

自分の行動を見直そう(写真:iStock)
自分の行動を見直そう (写真:iStock)

 一度ドン引きしてしまうと、そこからもう一度熱い恋心を蘇らせるのは相当難しいこと。そうなってしまう前に、普段から彼女としての行動を見直してみましょう。言葉遣いやエチケット、私生活で彼が引いてしまうほどのことをしていないか考え直して、彼が自慢したくなるような彼女を目指してくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...