同性からも距離を…“慇懃無礼な女性”が送る非モテLINEの特徴

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-05-16 06:00
投稿日:2021-05-16 06:00
 社会には、うわべだけ丁寧に見えて実はすこぶる失礼な「慇懃(いんぎん)無礼な人」も散見されます。こういったタイプは、自己中心的な考えの持ち主であることも多く、最初はよくても人間関係が深まるにつれて非モテになりやすい傾向も。一方、自分ではそのつもりがなくても「慇懃無礼な女」のイメージが定着すれば、モテなくなるばかりか同性からも距離を置かれてしまうことにもなりかねません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、相手に慇懃無礼な印象を与えやすいNGなLINEの特徴を解説します。

1:「承知しました」を多用しお礼を言わない

 年上や取引先に対し「了解しました」を使うのは失礼にあたるものの「承知しました」を使っていればなんでもいいというわけでもありませんよね。

 慇懃無礼な女性ほど、この「承知しました」を神ワードかのように多用したがるクセも見受けられます。相手が自分を慮ってくれたり気遣ってくれたりしたことに対しても、お礼を言わずに、ただ「承知しました!」だけで済ませるようなLINEは、頻度が高まるにつれ、丁寧などころかただの図々しい慇懃無礼女のイメージが定着しがちでしょう。

 お礼を言うべきシーンでは、たとえLINEであっても「ありがとうございます」の言葉を省略しないのがマナーです。

2:立場をわきまえない「お力になれず申し訳ない」

 相手が提案してくれたことに対して自分では応えることができないときには「お力になれずに申し訳ありません」は鉄板のフレーズ。しかし、先に自らが何かを“お願い”し、それに対して相手が動いてくれたことに「お力になれず申し訳ない」とお断りを入れるのは、強烈に失礼な印象を与えます。

 相手が自分のために動いてくれたことに対して、まずは感謝を伝えるのは当然ながら、お断りをするにしても「不義理をはたらくことになり申し訳ない」といった趣旨で伝えるのが正しく、「力になれない」を使うのはお門違いでしかありません。

 言葉の本来の意味を理解せず「お力になれず申し訳ない」は、何かを断るときに万能で使えると誤って覚えている人ほど送りがちなLINEでしょう。

3:年上に対して「すごいですね」を多用

 相手を褒めるのはコミュニケーションにおける基本ながら、相手が年上である場合に、やたらに「すごいですね」を多用する女性も、慇懃無礼な印象が強まりがちです。

「すごいですね」は場面によっては相手を評価しているフレーズでもあることから、自分が感服した気持ちを伝えたいだけであっても、多用するほどに小馬鹿にしている印象をも醸します。

 返事に困ったときには「すごいですね」と言っておけば円滑なコミュニケーションがとれると考えている人ほどやりがちな落とし穴でもありますが、多用によって“ステレオタイプ”な印象を醸し、仕事ができない人などのネガティブなイメージにも結びつきやすいLINEです。

おわりに

 本人が丁寧なLINEを心掛けていても、場面や文章によっては強烈に失礼な人や、非常識な人にしか見えないケースも多々あります。LINEだけでなく、メールでも同様です。慇懃無礼な人だと思われるのは、百害あって一利なしでしょうから、お心当たりがあったならば、気をつけておくのが得策でしょう。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


権力者の威勢をアピール!ボスのクールな横チラ“にゃんたま”
 きょうは、昨年秋のにゃんたまωの思い出。  ボスにゃんたま君は、怒っているのでもケンカをしようとしているわけでも...
9月20日~9月26日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ほっこりに感謝♡ おじいちゃんから届いた大爆笑LINE5選
 長い月日を生き抜いてきたおじいちゃんたちは、深い洞察力や豊富な経験を武器に、どんな新しい時代にも対応していく強さを持っ...
佐久間由衣×奈緒 運命の共演!<後>“脳内結婚したい”相手は?
 ドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系)での桐山梨沙役を好演し、注目度上昇中の佐久間由衣さん(26)が主...
佐久間由衣×奈緒 運命の共演!<前>お互いの愛を伝え合って…
 ドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系)での桐山梨沙役を好演し、注目度上昇中の佐久間由衣さん(26)が主...
裏の顔にドン引き…女友達から届いたマウンティングLINE5選
 上から目線でものを言ったり、自分のほうが優位であることを示そうとする「マウンティング女子」。でも、本人には悪気がないこ...
仕事にも恋愛にも使える!最強ツール“マインドマップ”とは?
 消化しなければいけないタスクがたまってしまった時、皆さんはどうやって整理していますか? 私は学生の時に語学の勉強で使っ...
来年カレンダーの表紙モデル!イケメン“にゃんたま”の立ち姿
 ご好評につきまして、来年のにゃんたまカレンダーが出来上がりました。  きょうは、「開運!にゃんたまカレンダー20...
コロナ禍の敬老の日に何を贈る? ド定番アイテムとその理由
「私ってそんなに老けて見えるのかしら?」  猫店長「さぶ」率いる我が花屋。ご来店なさったお客様から会うなり質問され...
嫌われない?大丈夫? 友達に送ったドタキャン連絡LINE5つ
「今日の予定、面倒臭い。ドタキャンしたいなぁ……」と思うことってありますよね。そんな時、「どんな言い訳で断ったら、不自然...
他人の服を汚した時の4つの対処法!トラブルを避けるには?
 うっかり飲み物をこぼしてしまったなどで、他人の服を汚してしまうと焦りますよね。特に、相手が激しく怒ってしまった場合には...
9月13日~9月19日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“にゃんたま”のあとを追って思い出す…ジブリ映画の名ゼリフ
 きのうもきょうも、にゃんたまωのあとを追う!  私はたまに、ジブリ映画「耳をすませば」の“ある台詞”を思い出しま...
“攻める女”瀧内公美<後>「褒められると危険を感じてしまう」
 女優、瀧内公美さん(31)の主演映画『由宇子の天秤』が、9月17日より渋谷ユーロスペースにてロードショー(ビターズ・エ...
“攻める女”瀧内公美<前>「このままでは役者生命が続かない」
 映画『火口のふたり』(2019年、R18+指定)で柄本佑さん(34)と主演を務め、第93回キネマ旬報ベスト・テン主演女...
ダイソーの「もしもノート」を買ってみた 2021.9.12(日)
 先日、ダイソーで「もしもノート」なる商品を見つけました。  その名の通り「もしも」の時に備え、自分の情報を記すも...